ピアスホールは就職に影響する!目立たなくする方法とは?

このページのまとめ

  • 就職活動中はピアスを含めたアクセサリーを付けないのが基本
  • ピアスホールは開いていること自体、マイナスイメージに繋がることがある
  • 透明ピアス、ファンデーション、コンシーラーなどでピアスホールを隠すことができる
  • 就職活動中は個性を抑えた、シンプルなリクルートスーツが理想的なスタイル

就職活動中は、男性でも女性でもリクルートスーツを着用するのが基本です。
髪も化粧もシンプルにし、過度な装飾を控えた清潔感のある姿こそ、日本の就活スタイルと言えます。
そのため、ピアスや指輪、ブレスレットといった華美なアクセサリーを身につけるのは避けたほうが良いでしょう。
特にピアスは、ピアスホールが開いていること自体、あまり良く思われないことがあるようです。
そこで、当コラムでは就活におけるピアスやピアスホールが与える影響、対処法についてご紹介します。



 

ピアスは就職にどう影響する?

就職活動中は、ピアスを含めたアクセサリー類は着用しないのが基本です。
なぜならアクセサリーはあくまでもおしゃれのためのもの。ビジネスの場におしゃれは必要ないと考えられているので、アクセサリー類を身に付けていると自身の評価を下げてしまう可能性があります。
ピアスを付けているからといって、面接の合否が決まるというわけではありませんが、面接官の中には「面接にピアスを付けてくるなんてあり得ない」という認識の方がいるようなので、控えめなものであっても基本的につけないほうが無難でしょう。

しかし、ピアスを付けていなくても、ピアスホールが残ってしまいます。
ピアスホールがあると就活に影響するのでは?と不安に思う方は少なくないようですが、左右の耳に1つずつ開いているだけなら気にしない企業が多いので、あまり神経質に考えなくても大丈夫です。
ひと目でわかるほどピアスホールが大きかったり、数が多っかたりしなければ、大抵の面接官は耳たぶに開いた小さな穴には気づかないでしょう。

そもそもピアスホールがあるかないかよりも、髪型やメイク、身だしなみ、立ち振る舞いが与える影響のほうが大きいので、部分的なことを気にしすぎるのはやめて、全体が与える印象を意識するべきです。自分の見栄えをアピールするよりも、相手に与える印象を優先しましょう。

ただし、金融や公務員といった堅い業界ではピアスホールがあること自体、マイナスイメージに繋がってしまうことがあります。
ファッション・アパレル業界であればピアスを付けていても許される可能性がありますが、堅い業界では身だしなみの規定が他の業界と比べて厳しいので、ピアスホールを塞ぐか隠すかしたほうが良いでしょう。

▼関連記事
就活時には外すべき?ピアスが与える印象と対処法まとめ



 

ピアスホールを隠すには

最近では女性だけでなく男性でも日常的にピアスを付けている方が増えています。
普段から当たり前のようにピアスを付けている方は、大きいものや派手なものでなければ就職活動中も付けていて問題ないように感じるでしょうが、ピアスホールの数が多かったり、堅い業界を目指していたりするのなら隠したほうが良いでしょう。
ピアスホールは使用しないと塞がるので、就活前からピアスをやめて穴を塞ぐ方法もありますが、せっかく開けたのだから就活のために塞ぐのは嫌だという方は少なくありません。
女性の場合は髪で隠すこともできますが、髪は顔にかからないようにすっきりと束ねるのが理想的です。男性の場合も髪が長いと良い印象を持たれないことがほとんどなので、髪で隠すよりもピアスホールを隠せるアイテムを使いましょう。

透明ピアス

ピアスホールは目立たない透明ピアスをつけることで隠すことができます。
透明なので至近距離で見つめられない限り、ほとんどわからない状態にできるでしょう。
最近ではピアスホールを目立たなくさせるための肌色のピアスも売られているので、塞ぎたくない方にオススメの方法です。
ただし、「ピアスを付けている」ことに変わりはないので、企業や面接官によっては厳しくチェックされる可能性があるでしょう。

ファンデーション・コンシーラー

大きな穴でなければ、肌の色に合ったファンデーションやコンシーラーを塗り込むことでピアスホールを隠すことができます。
しかし、パウダータイプのファンデーションだけだと汗で落ちてしまう可能性があるため、汗に強いリキッドタイプを塗ってから、上からパウダータイプで押さえるなどの工夫をしましょう。
また、塗ったファンデーションやコンシーラーが崩れると、余計目立つことになってしまったり、服について汚してしまったりする恐れがあるので、面接の直前に行うのがポイントです。

ファンデーションテープ・絆創膏

ファンデーションテープは本来、あざや傷跡を隠すために開発された医療用テープですが、小さく切って貼るだけでピアスホールを隠すことができます。
肌色で目立たない上、薄くて耐水性、伸縮性、通気性も良く、医療用なので肌が敏感な方でも安心です。比較的大きい穴でも隠すことができるでしょう。
また、ファンデーションテープはドラッグストアやネット通販で購入することができますが、絆創膏を適度な大きさに切って貼る、という方法もあります。

リップクリーム

意外かもしれませんが、透明のリップクリームをファンデーションと同じように塗り込むことで、ピアスホールを目立たなくさせることができます。
少量を手に取って、両側から塗りましょう。リップクリームは唇の保護もできるので、一石二鳥です。
ただし、リップクリームを塗ると髪の毛がくっついてしまうことがあるので注意しましょう。



 

理想的な就活スタイルとは

就職活動中はリクルートスーツが理想的なスタイルです。
「みんな同じような格好をしてつまらない」と思う方がいらっしゃるかもしれませんが、面接官に好印象を与え、協調性をアピールするためには悪目立ちしないことが重要になります。

男性の場合

スーツの色はブラックかネイビー、チャコールグレーが無難。シャツは清潔な印象を与える白が基本です。
ネクタイは派手な色や柄物を避け、レジメンタルなどのストライプ柄を選びましょう。
靴はブラックやダークブラウンの革靴を履き、靴下はスーツの色に合わせて濃いめの色を選ぶのがポイントです。
髪はなるべく自然な色にし、清潔さを重視して短めに。前髪は眉が見える長さにしましょう。
また、ひげの剃り残しがないように注意することが大切です。
冬場はコートが欠かせません。ステンカラーコートやトレンチコートといったベーシックなデザインのコートを選ぶと印象が良くなるでしょう。
鞄はリュックサックなどは避け、A4サイズの書類やパンフレットが余裕で入れられるものがオススメです。
ビジネスシーンに相応しく、床に置いても倒れないものが良いでしょう。

女性の場合

女性もスーツの色はブラックかネイビー、チャコールグレーが無難です。ブラウスは白が基本で、パンツスタイルよりスカートスタイルのほうが良いでしょう。
女性はヒールが3cmから5cmの歩きやすいパンプスを履き、ベージュのストッキングを合わせるのが正統派です。
髪はポニーテールやハーフアップなど、耳を出した髪型の方が面接官受けが良くなります。お辞儀をする際に髪の毛で顔が隠れないようにするのがポイントです。
次に女性はノーメイクを避け、ファンデーションは素肌の色に近いものを使用。眉は細くせず、派手なアイシャドーやマスカラを控え、グロスを塗りすぎないようにします。濃すぎないナチュラルメイクでシンプルにまとめるのがポイントです。
爪は綺麗に短く整えるのがマナー。派手なマニキュアやネイルは止めて、透明なマニキュアに留めておきましょう。
香水も避け、なるべく何もつけないようにするべきです。

キャリアチケットは新卒に特化した就職支援エージェントです。
経験豊富な就活アドバイザーがマンツーマンで様々な相談に対応し、面接時のマナーについてもアドバイスしています。
1人での就職活動が不安な方はぜひキャリアチケットをご利用ください!

▼関連記事
就活の必須アイテム!リクルートスーツの選び方とは?



 

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。