不動産業界で働きたい!志望動機の例文と書き方を紹介します

このページのまとめ

  • 不動産業界の志望動機を書く際は、業務内容をしっかりと把握してから取りかかるのが大切
  • 不動産業界は開発、流通、賃借、管理の4つの業務内容に分類できる
  • 志望動機を書く際は「なぜ不動産業界を目指すのか」「なぜ応募先企業を選んだのか」具体的な理由を挙げよう
  • 応募先企業で働くビジョンを明確にし、どんな能力やスキルを活かせるかを志望動機に盛り込もう

不動産業界で働きたいという方はどのような業務内容に惹かれているのでしょうか。
高層ビルや商業施設の開発をする会社や町の不動産屋さんとして物件の賃貸業を行うところなど、不動産業界と一口に言っても業務内容は企業によってさまざまです。
今回は応募先企業の人事担当者に好印象を残せる志望動機の書き方について掘り下げます。
まず不動産業界の各分野ごとの業務内容を深めましょう。あわせて例文も紹介しますので、志望動機を作成する際に参考にしてみてください。
不動産業界に興味がある方や、志望動機がうまくまとまらない、と悩んでいる方におすすめのコラムです。

 

不動産業界について理解してから志望動機を作成しよう

不動産業と言えば、建物を売ったり貸したりすることで利益を得る仕事、と認識している人が多いでしょう。
しかし不動産の仕事内容は販売業や賃借業だけではありません。段階別に分類されており、次に挙げる4つの業務から成り立っています。

まず建物を建てるための土地を購入したり計画を建てたりする開発業、次にできあがった物件を販売する流通業、賃貸向けの物件の借り手と賃借契約を結ぶ賃借業、物件を長く使えるように保守する管理業の4種類です。

不動産業界に進みたいと思っているのであれば、まずは業界研究を優先させましょう。
企業の名前や規模だけしかわからないうちに志望動機に取り掛かるのも得策ではありません。
企業の知識が浅いうちに志望動機を書いてしまうと、曖昧な表現しかできず人事担当者に好印象を残すのは難しくなるからです。

不動産業の事業内容を掘り下げ、それぞれの分野をしっかりと理解してから希望する企業や業種内容に合わせた志望動機を練り上げるようにしましょう。

 

不動産業界の4つの分野にはどんな特徴がある?

この項目では不動産業界の4つの仕事の詳しい内容について紹介します。以下の解説をご覧ください。

開発業

デベロッパー(開発)は大型商業施設の建設や街の再開発などに携わり、土地の購入や計画を立てることが主な仕事です。
デベロッパーは2種類に分けられます。
ホテルやリゾート、大手自社ビルなど街全体の大きな開発に携わるものは総合デベロッパー。鉄道沿線の土地に特化した開発を行う企業や住宅専門の企業などを扱うものは専門デベロッパーと呼ばれています。

住宅開発に関してはデベロッパーは主に建売販売の住宅を扱い、建設業がメインとなるハウスメーカーは注文住宅を請け負うのが普通です。
しかし、デベロッパーのグループ会社に注文住宅を扱うハウスメーカーが入っている場合は開発と建設の両方に携わることになります。

建設業は不動産業には含まないのが一般的とされていますが、開発業と建設業は密接につながっており、切っても切れない関係であると言えるでしょう。

流通業(販売業)

流通業は販売業とも言い、物件の売買を仲介する仕事を指します。建売住宅や注文住宅の戸建ての家やマンションの分譲など物件を企業や個人に販売する仕事です。
デベロッパーが特定の物件を保有している例もあれば、販売業だけを専門に独立して行う企業もあり、企業によって業務の範囲は異なります。

賃借

街で見かける不動産屋さんの多くが携わっている賃借業。アパートやマンションなど賃貸向けの物件を借り主と契約を結び、物件を貸借することで利益を得る事業です。
あわせて不動産の持ち主であるオーナーと契約を交わし、物件の宣伝活動を行う仕事も行います。

賃貸向けの仲介業者は全国で名の通っている大手企業や地域に密着した中小企業の不動産屋などさまざまです。
物件には住宅用のアパートだけではなく、オフィスや商業施設なども含まれます。

管理

新築や中古にかかわらず出来上がった建物が長期間安全に使えるよう保守したり、入居者が満足して暮らせるためのサービスを提供をしたりする管理サービス事業です。
借り主が入居した後の集金管理や入居者管理、更新・清算手続きなど管理業の業務内容は多数。
入居中の建物の不具合から入居者間のトラブルまで、適宜対応することが求められます。

 

志望動機を作成するときのポイント

不動産業の業務内容を大まかに把握したら、志望動機の作成に取りかかってみましょう。

一番大切なポイントは、不動産業界で働きたい理由と、その中でも志望企業を選んだ理由を明確にすることです。
ただ単に「地図に載るような大きな仕事をしたいから」という理由では説明があいまいで人事担当者に良い印象は残せないかもしれません。
跡を残す大きな仕事は不動産業だけでなく建設業でも同じことが言えるからです。

なぜ不動産業でなければならないか、またどうしてその企業でなければならないのかが分かるような、志望動機の読み手を納得させる理由を書き込みましょう。

次に将来どんなビジョンを描いているのかを具体的に示すことも重要です。またそのビジョンを現実のものにするために自分にどんな能力があり、仕事ではどうスキルを活かせるかをしっかりと主張しましょう。

▼関連記事
人気の不動産業界!志望動機作成のポイントと例文

 

志望動機例

不動産業界の志望動機の例文を以下に記載します。例文を参考に、自分だけのオリジナルの志望動機を作成してみましょう。

私は貴社が住宅需要が高まる諸外国で事業を展開している点に興味を持ち応募を決めました。
貴社は不動産のリーディングカンパニーの中でも15カ国以上で住宅や商業施設の開発を実施しています。
特に貴社がオーストラリアで手がけた壁面緑化が施されたセントラルパーク事業の高層ビルには非常に感銘を受けました。

私は高校時代にオーストラリアに留学し、語学に通じています。また大学時代、ボランティアサークルのリーダーとして地域の商店街を活性させるためにイベントを企画し、前年度より売上20%アップを達成した経験もあります。
語学力と企画力、人をまとめるコミュニケーション力を活かして、貴社の営業職として貢献してまいりたいと考えます。
現在、宅建の資格取得を目指して勉強中です。貴社で役に立てるよう努力してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

志望動機や自己PRなど、応募書類を用意するだけでも新卒の就活生にとってはハードルが高いと感じられるかもしれません。
面接対策ともなれば、どのように対策すればよいのか悩むのも当然のことでしょう。
もし一人で就活を進めるのに不安があるのであれば、就活のエキスパートの力を頼ってみてはいかがでしょうか。

キャリアチケットでは熟練の就活アドバイザーがあなたの希望や適性に合わせた求人のご紹介から、応募書類の書き方・面接対策までをしっかりサポート。
困ったことは遠慮なく質問して解決できるので、安心して就職活動を進められますよ!
まずはお気軽にご相談ください!

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる! LINE友だち登録をする