ここに注意!就活で使う証明写真の基本とは

このページのまとめ

  • 証明写真は、採用担当者が本人に会う前に第一印象が決まってしまう重要なアイテム
  • 証明写真機やスマートフォンで撮影する方法もあるが、おすすめはプロが撮影してくれるフォトスタジオ
  • 就活の場合はスーツで撮影するのが基本で、姿勢やヘアスタイルにも気を配る
  • 業界や企業によって求める人材像が異なるため、しっかり調べてそれに合わせた印象の写真を撮影しよう

就活で欠かせないアイテムの1つである証明写真。
履歴書やエントリーシートといった書類に貼付しますが、どのような写真を貼れば良いのでしょうか。
当コラムは、悩む方も多い証明写真についてまとめています。
服装や表情、撮影場所などの解説もあるので、気になる方は参考にしてください。

就活の証明写真の基本

就活で必ずといっていいほど使用する証明写真。
履歴書やエントリーシートに貼付して企業に提出するため、直接会う前に証明写真を通してその学生の第一印象が決まるといっても過言ではありません。
写真の内容によっては採用担当者に会う前に好印象を与えることも、マイナスイメージを与えることも可能なため、「写真くらい…」と軽視するのは危険でしょう。

写真を撮る方法としては、街なかにある証明写真機やフォトスタジオが主流ですが、近年はスマートフォンや手持ちのカメラで自撮りする…という方もいるようです。
しかし、スマホ撮影や自撮りのものは光の加減や背景に問題があったり、角度のついた写真になってしまったりする可能性があるので避けたほうがベター。
特に自撮りでは真っ直ぐの角度を保つことが難しく、軸がずれた写真になってしまうので履歴書の写真として使用することができなくなります。
やむを得ずスマートフォンで撮影をするときは、自撮りにならないよう第三者に撮影をお願いするようにしましょう。

おすすめなのは、プロが撮影してくれるフォトスタジオ。
使用サイズによって背景とのバランスを調整してくれたり、顔の角度や表情に対するアドバイスをしてくれたりするのが特徴です。
さらに、業界や業種に合わせたヘアメイクを行ってくれる、自分が与えたい第一印象に合わせて撮影をしてくれる…といったサービスを行っていることも。
費用はほかの撮影方法に比べて高額ですが、撮影した写真だけでなくデジタルデータの販売もしているのが一般的です。
写真が足りなくなるたびに証明写真機で自分で調整して撮影する手間を考えると、プロに撮影してもらえるうえにデジタルデータで気軽に焼き増しも可能なフォトスタジオのほうが、使い勝手が良いのではないでしょうか。

▼関連記事
就活を勝ち抜くおすすめの証明写真とは

証明写真の服装

撮影時の服装で悩む方もいるようですが、就活の証明写真の場合はスーツで撮影するのが基本。
たとえ私服勤務の会社に提出するものであってもスーツで撮影します。

「写真だから分からない」と思って身だしなみに気を使わないのは危険。
証明写真は書類選考から面接が終わるまでの長い期間使用されるものであり、面接中は本人よりも履歴書を見る回数のほうが多いとも言われています。
採用担当者が見る機会が多いため、スーツのシワや汚れといった身だしなみには特に注意しましょう。

また、髪型や髪色にも注意が必要。
髪を染めている方は就活シーンに合う色かを確認し、明るすぎたり色落ちが気になったりする場合は自然な色に染め直します。
男女問わずに長過ぎる髪は清潔感に欠けるため、以下を参考に清潔感のある髪型に整えましょう。

男性の場合

短髪が基本で、眉と耳を出すのがポイント。
襟に髪がかからないよう襟足を短くし、サイドの髪で顔が隠れないようセットします。

女性の場合

男性と同様に眉と耳を出すのが基本で、前髪がある場合は斜めに流したりオールバックにしたりして顔にかからないようにします。
肩より長い髪はまとめますが、ヘアピンやヘアゴムは装飾のないものを使用する、ヘアピンが見えないようにする点に注意しましょう。

スタジオ撮影の場合はヘアメイクサービスを利用することができますが、証明写真機などを使用する場合は自分で身だしなみを整える必要があります。

▼関連記事
証明写真の撮影のコツは?表情や身だしなみのポイント

撮影時の表情

表情や姿勢も、その人の第一印象や人となりを判断する重要なポイントになります。
以下を参考に、好印象を与えられるような写真を撮影してみましょう。

背筋を伸ばす

背筋が伸びていないなどの悪い姿勢では、だらしない印象ややる気のなさが強調されてしまうかもしれません。
しっかりと背筋を伸ばすことで誠実な印象を与えることが出来ます。

口角を上げて微笑する

口角が下がっていたり真一文字では「怒っている」「暗い」といった印象になりやすいので注意。
証明写真であっても真顔で撮る必要はないので、女性は口角を上げて微笑むくらい、男性は口角を上げつつキリッとした表情になるよう意識してみましょう。

目力を意識する

目がどんよりしていると「やる気のなさ」「フレッシュさに欠ける」と捉えられるため、いつもより強めの目線がポイント。
いつもより大きめに目を見開いてやる気をアピールしましょう。

上記が基本となりますが、志望業界によって引き締まった表情が良いこともあれば、柔らかく笑顔に近い表情のほうが高評価を得ることもあります。
業界や求める人物像に合わせて表情を変えてみるのも、選考を突破する方法の1つかもしれません。

▼関連記事
証明写真のコツは身だしなみと表情!就活の第一印象アップ

撮影時の注意点

最後に、撮影時に注意したいポイントをまとめて紹介します。
これから証明写真を撮影する方は参考にしてください。

顎を引きすぎない

女性でよく見受けられるのが、顎を引きすぎて上目遣いになっている証明写真。
顎の引き過ぎは自信の無さや相手に媚びているといったイメージにつながるため、避けたほうが良いでしょう。
逆に、顎が上がりすぎていると「偉そう」「だらしない」といった印象になるため、顎の位置には注意が必要です。

派手なメイク・ノーメイクは避ける

就活メイクは「上品」「控えめ」「清楚」が基本のため、普段どおりのメイクでは不釣り合いになることも。
特に、普段からカラーコンタクトやつけまつげ、はっきりとしたリップなどを使用している方は気をつけましょう。
また、ビジネスシーンにおいてノーメイクはマナー違反とされています。
普段はメイクをしない方も、ビジネスシーンに適切な控えめメイクを施すのが基本です。

ネクタイの緩みや歪みに注意

男性で多いのが、ネクタイが緩んでいたり歪んでいたりする写真。
どちらも非常にだらしない印象となり、社会人としてふさわしくないと評価されてしまうかもしれません。
撮影前にはしっかりとネクタイを締めなおし、ボタンが見えていないか鏡でチェック。
ボタンが見えているとネクタイが曲がっている証拠なので、しっかりと確認しましょう。

内容次第で第一印象が変わることもある照明写真。
書類の段階から好印象を与えるためにも、求める人物像を確認するなどして「企業に合った写真」を貼付してみてはいかがでしょうか。

企業情報の収集に限界を感じている…という方は、就職支援サービスのキャリアチケットを利用してみましょう。
キャリアチケットは、年間3,000人以上の就職相談を行っている新卒専門の就職エージェント。
就職情報サイトでは手に入らない企業情報を持つスタッフがあなた専任となり、内定までをサポートいたします。
170以上の優良企業を取り扱っており、キャリアチケットにしかない企業情報も多数。
企業紹介だけでなく、書類添削や面接練習といったサービスも行っています。
なかなか書類選考を通らない、自分なりに対策しているけど結果が出ない…という方は一度ご相談ください。
プロ視点からアドバイスをいたします。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

カウンセリングで相談してみる

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!