会社説明会はどんな服装で行くべき?

このページのまとめ

  • 指定がない場合はスーツ、服装自由の場合も基本的にはスーツ、私服指定の場合はオフィスカジュアルが無難
  • オフィスカジュアルは、かっちりしすぎないビジネス用の服装であり、落ち着いた色味のジャケット+シャツ+パンツを選ぶのが基本
  • 服装を指定する企業の意図はそれぞれだが、就活にふさわしい格好ができているかチェックしている企業もあるので気を抜かないこと
  • スーツを着る場合は、クリーニングに出すなどこまめにケアを行い、清潔感をキープする
  • 服装だけでなく、髪型やメイクも就活の場を意識したものにする

会社説明会に参加する際、服装について何も指示がなかったり、「自由な服装で構いません」「私服でお越しください」と言われたりすると、何を着ていけば良いか悩むものです。当コラムでは、そんな疑問を解決すべく、会社説明会に行く際のベストな服装を解説します。就活中の方はぜひ参考にしてみてください。

会社説明会の服装は何がベスト?

会社説明会に着ていくべき服装を、「指定なし」「服装自由」「私服指定」の3つのパターンに分けてご紹介します。

指定がない場合

会社からの指定がない場合は、男女ともにスーツを着ていきましょう。なぜなら、会社説明会も就活の一環であり、企業側は就活生のことをしっかりとチェックしているからです。服装が後の選考に影響することは少ないようですが、会場内で浮いてしまい、悪目立ちしてしまうのは避けた方が無難です。

服装自由の場合

服装自由とされている場合も、基本的にはスーツを着用しましょう。しかし、IT業界や広告業界、外資系企業、ベンチャー企業などでは、社員が私服勤務していることが多く、あまり服装を気にしない傾向があります。そのため、企業の社風に合わせてスーツか私服かを選ぶのも良いでしょう。私服については、私服指定の場合を参照してください。

私服指定の場合

私服を指定されている場合は、清潔感のあるオフィスカジュアルを意識した服装にしましょう。オフィスカジュアルとは、かっちりしすぎないビジネス用の服装のことで、具体的には、ジャケット+シャツ+パンツといった服装を指します。Tシャツ、ジーパンのようなラフ過ぎる服、派手な色や目立つ柄物の服、露出の多いプライベート感のある服は、就活の場ではふさわしくありません。

▼関連記事
合同説明会に相応しい服装とは?身だしなみのマナーをご紹介

服装を指定する会社の意図は?

服装自由または私服指定と言われると、何を着たら良いか悩みますが、それと同時に「何か意図があって服装を指定しているのかな?」と疑問に感じる人もいるでしょう。以下では、会社側が服装を指定する意図について解説します。

服装自由の場合

服装自由にしている理由は、企業によっても異なります。
たとえば、「就活生に負担がかからないようにするため、服装自由としている」という企業がある一方、「自由といっても、就活の場にふさわしい格好をしているかどうかチェックしている」という企業もあります。
しかし、就活生からすれば企業の意図は分かりませんから、後者のような考え方の企業に合わせて、服装自由でも十分に注意しておかなければなりません。

私服指定の場合

私服を指定する場合も、上記と同様です。「リラックスした状態で参加してほしい」という企業もあれば、服装自由の場合と同様、「私服での参加でも、TPOに合わせられるか」という企業もあるでしょう。
また、ファッション業界などでは、「個々のセンスが見たい」という理由で私服指定するケースもあります。その場合は、その企業のブランドのコンセプトに合わせた上で、自分なりのアレンジをしたコーディネートになるよう心がけましょう。

オフィスカジュアルのマナー

オフィスカジュアルは、スーツよりは少し崩したビジネス用の服装で、前述の通り、ジャケット+シャツ+パンツ(夏はシャツ+パンツ)を合わせた服装が基本です。しかし、これらのアイテムをただ使えば良いというわけではなく、他にも気をつけなければならない点があります。

ジャケット

シンプルなデザインで、色は黒やネイビー、グレーなど、合わせやすいものを選びます。また、女性の場合はジャケットの代わりにカーディガンを着ても良いですが、リラックス感が出てしまうロング丈のものは避けましょう。

シャツ

オーバーサイズのものはだらしない印象になるため、ジャストサイズを選びましょう。また、裾はそのままにせず、タックインします。色は、白、薄いピンク、薄い水色など、淡い色が好印象です。女性はシャツの代わりにブラウスを着ても良いでしょう。

パンツ

デニム素材のものや、ダボッとしたシルエットのものだと、カジュアルになりすぎしまうので、テーパードパンツやチノパンなどを選びましょう。女性は膝丈のスカートでも可です。色は、男性なら黒やベージュ、カーキ、女性なら黒やネイビー、グレーが無難です。

スニーカーやサンダルはふさわしくないので避けましょう。男性は革靴、女性はローヒールのパンプスが基本です。色は、男性はパンツのベルトの色に合わせて黒か茶色を、女性は黒かネイビー、グレーなどを選びます。

カバン

カバンは、オフィスカジュアルに合うシンプルなデザインのトートバッグを選びましょう。A4サイズの書類が入り、床においた際に自立できるものが便利です。

会社説明会でのスーツの着こなし方

会社説明会で、服装の指定がない場合や、服装自由と指示される場合は、スーツを着ることが多いでしょう。しかし、スーツを着用する場合にも注意点があります。

スーツ

スーツは、無地の黒かネイビーを選ぶのが基本です。ダークグレーなど、少し派手な印象を与える色は、業種に応じて判断しましょう。
また、パンツスーツはセンタープレスがないと、少しだらしない印象を受けることがあるので、ケアを欠かさないようにすることが大切です。そのためには、数着所持し、常にクリーンな状態のものを着れるようにしておきましょう。

シャツ

男女ともに真っ白なワイシャツを選びましょう。クリーンかつベーシックなイメージの白は、あらゆる業界で使えます。また、シャツもスーツと同様、清潔感をキープすることが大切です。着用後は毎回クリーニングに出すか、自宅で洗う場合は、襟や袖口の汚れを洗濯石鹸などでしっかり落とし、乾燥後に忘れずにアイロン掛けをしましょう。

靴も汚れたままにせず、こまめにケアします。履いた後はブラッシングで埃を落とし、クリーナーで汚れを取り、ツヤを出すために革クリームを付けて磨きましょう。ただし、磨きすぎは素材を傷める原因になるので注意が必要です。
また、革靴は、毎日履くと汗の水分で劣化が早まってしまう恐れがあるため、使用頻度が高い場合は2足用意し、交互に使うのが望ましいです。

カバン

カバンは黒色の装飾の少ないシンプルなビジネスバッグを選びましょう。A4サイズが入り、床に置いても自立するタイプであることが必須です。仕切られたポケットが多いと、小物類が整理しやすく使いやすいでしょう。

髪型やメイク…身だしなみにも注意!

せっかく清潔感のあるフォーマルな装いをしても、髪型やメイクなどが就活の場にふさわしくないものだと、第一印象が悪くなってしまいます。服装だけでなく、髪型やメイクにも注意しましょう。

髪型のマナー

就活において大切なのは清潔感です。男性の場合、黒髪・短髪が基本ですから、眉毛にかかるくらい前髪が長かったり、もみあげや襟足が長かったりする場合は短めにカットしましょう。整った髪型を作るのであれば、ワックスを使用しても問題ありません。

また、女性の場合は、眉毛と耳が見えるように髪をゴムやピンで留め、お辞儀をしたときに髪がかからないようなスタイルにします。ゴムやピンは、目立たないように隠すと自然な仕上がりになるでしょう。崩れるのが心配な場合はスプレーで固めておくと安心です。

女性の場合はメイクにも気をつける

就活時のメイクは、オシャレのためのものではなく、身だしなみの1つとして行うものです。企業側がどういう印象を受けるかを考えて行いましょう。
また、業界や職種などによっても、好まれる身だしなみに違いがあるので、受ける業界や職種に合わせるのも大切です。たとえば、誠実な印象を与えたい場合は、眉の形をややシャープに仕上げたり、華やかな印象を与えたい場合は、アイシャドウにオレンジやピンク系を使うなど、ひと工夫してみましょう。


一人での就活に不安がある方は、就職支援サービスを活用してみてはいかがでしょうか。
キャリアチケットは、新卒向けの就活支援サービスです。個別サポートや就職セミナーが受けられ、自己分析や面接対策にフィードバックがもらえるので、自信を持って面接に臨むことができます。実際に、当社独自の対策で、内定獲得率が39%アップしたという実績もあります。
興味のある方はお気軽にご相談ください。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

カウンセリングで相談してみる

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!

お電話からカンタン登録 !

無料

0120-962-647

受付時間:平日/土曜 9:00 ~ 18:00