就活で使う靴下はどんな物がいい?注意すべきポイントとは

このページのまとめ

  • 男性の場合は、黒や紺の無地で座ったときに素肌が見えない丈の靴下を選ぶ
  • 女性の場合はスカートでもパンツでもストッキングを履く
  • 汚れや履き口ゴムの緩み、伝線に注意する
  • 見えないからと気を抜かず、見られている意識を持って選考に臨もう

就活が始まると、リクルートスーツを着用する機会が増えるでしょう。
しかし、スーツを着慣れていない学生の中には、合わせるべき小物の正解が分からない…という方も。
当コラムでは、そんな方に向けてスーツに合わせるべき靴下を紹介しています。
男女別に解説しているほか、注意すべきポイントもまとめているので参考にしてください。

就活時の靴下はどんなものを選べばいい?~男性編~

靴下はスーツで隠れる部分のため、「見えないだろう」と考えて気を抜く方もいるかもしれません。
しかし、油断しやすいアイテムだからこそ面接官がしっかりとチェックしている…ということも。
他の身だしなみが完璧でも、スーツにそぐわない靴下を履いていれば評価が下がることもあるため、以下を参考にビジネスマナーに沿った靴下を選びましょう。

色と柄

色は黒や紺、ダークグレーなど、目立たずにスーツに合う色を選びます。
赤や青といったカラーソックスはもちろん、白もビジネスシーンには不向きなので気をつけましょう。
柄は無地で、ワンポイントも避けたほうが無難です。

▼関連記事
スーツに合う靴下は何色?就活で注意すべき身だしなみ

素材

一般的なスーツ用靴下はポリエステルなどの化繊と綿の混合素材ですが、おすすめは綿の比率が高いもの。
綿素材は吸湿性が高く、においや蒸れを防ぐ効果が高いとされています。
履き心地や耐久性、保温性も期待できるため、綿100%や綿80%などの素材を選ぶと良いでしょう。

長さ

長さは、「座って裾が上がったときに素肌が見えない丈」が目安。
素肌が見えなければ、すねの中央ほどの長さのミドル丈や膝下までのハイソックスなど個人の好みで選んで問題ないでしょう。
日常生活で使用している方も多いスニーカーソックス(くるぶし丈)は、カジュアル過ぎることに加えて素肌が見えてしまうのでスーツには不向きです。

できれば新品

汚れがあったりくたびれていたりする靴下を履いていると目立つだけでなく、「だらしない」「細部に気を使えない」といった印象を与えてしまうかもしれません。
特に最終面接など重要な場面では細かな部分まで見られることが多いため、常に新品の靴下を用意しておくのがおすすめ。
高級なものである必要はないので、リーズナブルなものを数足準備しておくと安心です。

上記の条件に合えば、基本的にはどんな靴下を着用しても問題ありません。
どうしても条件に合うものが見つからない…という場合は、スーツ販売店などで相談してみましょう。

就活時の靴下はどんなものを選べばいい?~女性編~

フォーマルな場において素肌を見せることは好ましくないため、男性の場合は丈の長い靴下を着用すると前項で説明しました、
では、足が出るスカートをはく女性はどうしたらいいのでしょうか。

女性の場合は、スカートスタイルでもパンツスタイルでも足を覆うストッキングを着用するのがマナーです。
詳細は以下をご覧ください。

自分の肌の色に近いベージュが基本。
しかし、一口にベージュといっても白っぽいものから小麦色まで幅広く展開されているため、見本などで色味を確認しましょう。
ベージュのストッキングは履き慣れないから…と、黒を選ぶ方もいるようですが、黒いストッキングは喪服を想像させるため避けます。

伝線しづらいもの

ストッキングは靴下に比べて非常に薄く作られているため、小さな傷でも全体に渡って伝線する可能性が高め。
近年では伝線しづらい加工が施されていたり、特殊な織り方で伝線を防いだりできるストッキングが販売されているので活用しましょう。

予備を持ち歩く

前述のように、ストッキングはいつ、どこで伝線するか分かりません。
企業に到着してお手洗いでチェックしたら伝線していた…というときのために、予備のストッキングは常にカバンに入れて持ち歩くと安心です。

フットカバーを併用する

就活中はパンプスで1日中歩き回ることも多いため、慣れない靴で靴ずれを起こしたり蒸れが気になったりすることもあるでしょう。
それらを防ぐために、パンプスから見えないフットカバーやトゥクッションを併用するのもおすすめ。
ただし、着用する場合はパンプスからフットカバーなどが見えないよう気をつけましょう。

スカートスタイルの場合はヒップまで覆うタイプのストッキングを着用しますが、パンツスタイルの場合は膝下丈のストッキングを着用しても問題ありません。
また、消臭効果や着圧効果のあるストッキングも市販されているので、悩みに合わせて使ってみるのもおすすめです。

注意すべきポイントは?

就活時に使用する靴下の基本が分かったら、次は注意すべきポイントを見ていきましょう。

まず、汚れたり使用しすぎてくたびれていたりするものは注意。
洗いすぎて色落ちしていたり、履き口のゴムが緩んでいたりするのもだらしない印象につながるので避けたほうが良いでしょう。
ただし、毎回新品を使う必要はなく、上記のように目立った痛みがなければ使用しても問題はありません。

ビジネス用ソックスは綿とポリエステルなど混合素材のことが多く、生地も薄めに作られているケースがほとんど。
しかし、生地が薄ければ穴が空きやすかったり足が冷えたりする可能性も考えられます。
靴下に穴が空きやすい人は丈夫な綿素材のものやつま先が補強してあるものを選ぶ、足の冷えが気になる人は保温効果の高い靴下を着用するなど、悩みに合わせて工夫すると良いでしょう。

女性の中にはタイツやデニール数(厚さ)が高いものを着用している方も見受けられます。
しかし、タイツはカジュアルな印象があるので就活には不向き。
30デニール以上のものはタイツと認識される可能性が高いため、一般的なストッキングの厚さを選びましょう。

靴下はスーツで隠れて見えないことが多いので、多少の汚れなどは気にしない…という方もいるでしょう。
ですが、面接官はいつ、どこで、なにをチェックしているか分かりません。
見えないところにも気を使い、「見られている」という意識を常に持つことが大切です。

靴下以外の身だしなみも見直そう

靴下に関するマナーは理解できたでしょうか?
最後に、男女別のスーツ選びのポイントをお伝えするので、参考にしてください。

男性編

黒または紺のシングル3つボタンが主流で、一番下のボタンは止めないのがマナーです。
肩幅をしっかりと合わせ、袖からシャツが1~2センチ出る長さがベスト。
ジャケットの着丈はおしりが隠れるくらいで、ズボンの裾は靴の甲にかかる長さを目安にしましょう。

女性編

黒の2つボタンが主流で、ボタンはすべて留めるのがマナーです。
また、袖からブラウスを出さないのも男性と異なる点なので注意。
スカート丈はひざが半分隠れ、座ったときに膝上10センチ以内になる長さがベストです。

男女ともにアクセサリー類をつけるのは避け、清潔感のある身だしなみを心がけましょう。

リクルートスーツの着こなしが合っているか気になる方は、採用担当者の目線からアドバイスを行っているキャリアチケットにご相談ください。
キャリアチケットでは、専任アドバイザーによる就活支援を実施。
基本的なビジネスマナーの確認や提出書類の添削、面接練習など段階に合わせたサポートを行っています。
キャリアチケットが100%現地取材を行った優良企業の求人紹介も可能です。
なかなか条件に合う求人が見つからない…とお悩みの方はぜひ一度ご利用ください。

▼関連記事
就活生必見!覚えておきたいスーツの正しい選び方

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる! LINE友だち登録をする