言動や身だしなみをセルフチェック!面接時の必須マナー

あなたの話し方やクセなどで、面接官に悪い印象を与えていませんか? 第一印象や人柄をチェックされている面接。社会人としてのマナーを身に付け、相手に好印象を与える言動や身だしなみで面接に臨みましょう。 ここでは、会場への到着時刻の目安や服装、言葉づかいなど、面接時に必要なマナーを紹介します。

目次



 

到着時刻と受付のマナー

面接は、開始前から始まっていると言っても過言ではありません。
まず、面接会場への到着時刻にも以下2点の注意が必要です。

・到着は10~15分前
・早すぎる到着もNG

遅刻やギリギリの時間に到着するのは論外。10分程前に到着すれば、心にも余裕を持って面接に臨めます。
また、早すぎる到着も避けましょう。社会人は、スケジュールに沿って1日の業務を進めることが多く、開始時刻より30分早く着いてしまうと、面接官のそのほかの業務を早めたりするなどの不都合が生じます。

万が一、遅刻してしまう時は、開始時間前の早い段階で先方に電話連絡をし、「交通機関の遅れ」「開始時間の間違え」など理由を簡潔かつ正直に伝えて謝罪します。何より、遅刻を避けるためには、前日の確認と、早めの出発が重要。会場に着くのが早すぎた場合は、近くで時間を潰し、適切な時間に訪問しましょう。

そして、会場で受付をする際は、「○○時からの面接で伺いました、□□ □□(フルネーム)と申します。」と、きちんと名前と用件を伝えます。
最近では、受付に電話が設置されていることが多いので、指示通りに操作し、邪魔にならない場所で待ちましょう。

▼関連記事
面接の受付でのマナーと対応法とは?印象アップに繋がるポイントを解説
 



 

入室のマナー

入室時のマナーも大切。礼儀正しく落ち着いた身のこなしを踏まえておくことで、第一印象を良くすることができます。

まずは、入室前のノック。
ノックの回数も重要です。実は国際的には、4回が正式な回数ですが、最近では省略型の3回ノックが正解とされています。因みに、ついやってしまいがちな2回ノック。これは、トイレの「入ってますか?」の確認の合図なので、面接時には避けましょう。

中の面接官から「どうぞ」などの声を確認したら、いよいよ入室。
「失礼します。」と言って部屋に入ります。その際、ドアを閉める場合は、きちんとドアに向き合って静かに閉めましょう。
その後、面接官の方へに向き直し「○○大学の□□ □□(フルネーム)です。本日は、よろしくお願いします。」と挨拶。その際は、姿勢を良く保ち、約30度でお辞儀をします。面接官から「どうぞ」と座ることを促されてから、指示された椅子に座りましょう。

鞄やコートを置く場所も、チェックされていることがあります。
鞄は、自分の座る椅子の横に置き、コートはその上に軽くたたんで置きましょう。コートの着脱は、面接会場の外であることが、社会人としてのマナーです。

▼関連記事
就活の結果はマナーで決まる!面接室への正しい入室方法
 



 

退室のマナー

面接が終わり、退室する際にもマナーはあります。
面接官から「以上です。」と言われ面接が終了したら、まずは着席したまま「ありがとうございました。」とお礼を言います。速やかに椅子の横に立ったら、再度「本日はありがとうございました。」と一礼。その際のお辞儀は、約45度の丁寧なものが好ましいでしょう。
足元の鞄などを手に取り、出口へ向かい、退室する前に面接官に向き直り「失礼いたします。」と挨拶して退室するのがスマートな退室方法です。

退出後、携帯電話をチェックしたりだらしない態度をとるのはNGです。建物を出るまで、もしくは最寄の駅に着くまでをチェックされていると考えてください。普段から良い姿勢、ハキハキとした受け答えなどを意識した生活を心がけて面接に臨むと、自然に

面接官や応募企業の社員の方は、面接の受け答えだけではなく、その前後の言動や立ち振る舞いも見ています。相手に失礼な態度をとらないのは大原則。非常識な印象を与えないよう、社会人としてのマナーを身に付けておきましょう。

▼関連記事
面接室から退室してもマナーはチェックされている?



 

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。