失敗しない就活リップの選び方!プチプラでもポイントをおさえれば印象UP

このページのまとめ

  • 就活リップは無難かつ自分の肌に合うカラーを選ぶ
  • 就活では「塗りやすい」「落ちにくい」「保湿成分入り」のリップを選ぶと重宝する
  • 「濃いカラー」「ツヤ感があり過ぎる」「ラメ入り」などのリップは就活に不向き

失敗しない就活リップの選び方!プチプラでもポイントをおさえれば印象UPのイメージ

就活生の中には、メイクに悩む方も多いのではないでしょうか。メイクも身だしなみの一環として、常識的なマナーを持ち合わせているかどうかを判断する基準のひとつです。中でもリップカラーは、第一印象を決める大事なポイントですが、就活準備の中でも意外と忘れがちです。急にリップが必要になった場合でも大丈夫なように、カラーの選び方やプチプラでも人事受けしやすいリップの特徴をお伝えします。


 

目 次

大前提、就活にメイクは必要なの?

就活のとき、メイクはした方が良いのでしょうか?答えはイエスです。メイクは社会人の身だしなみマナーのひとつ。肌がきれいでも、スッピンは避けた方が良いでしょう。
身だしなみを整えることは自信にも繋がるので、メイクの仕方に悩んでいる就活生は参考にしてみてください。

清潔感のあるナチュラルメイク

就活で印象の良いメイクは、清潔感がある“ナチュラルメイク”
メイクをするときのポイントは、「就活」を意識することです。就活では、清潔感とともに、入社後もTPOをわきまえて行動できそうかどうかも判断基準にしています。
メイクをしていても、濃く、派手な色を使ったメイクは、「清潔感がない」「TPOにそぐわない」と捉えられ、良い印象には繋がりません。普段からメイクをしていて慣れているという人も「健康的で明るい印象のナチュラルメイク」を心掛けてください。服装やTPOにも合うよう意識しましょう。

説明会や面接当日になってメイクをしても、顔が白く浮いてしまう・アイラインやリップが上手く引けない・眉毛が変な形になる…などイメージ通りにならないこともあります。あまりメイクが得意ではないという人は、今から毎日練習をしてみると良いでしょう。

第一印象を決める「就活リップ」

顔を見るとき、まず視線が向かうのが目元、そして口元です。目元はメイクしても、リップには何もしない、または透明なリップクリームだけ塗る、という方も中にはいるでしょう。就活の際はナチュラルメイクを意識することが大事とはいえ、あまり手を加えなさ過ぎるのも「身だしなみができていない」「血色が悪く不健康そう」など、相手にあまり良くないイメージを与えてしまう可能性があります。
第一印象で「明るい」「健康的」「マナーができている」というイメージを抱いてもらうには、リップまで気を使うことが大切です。

関連記事
就活に化粧は必要?好印象を与えるメイクのパーツ別ポイントを知ろう
就活ですっぴんはだめ?清潔感のあるナチュラルメイクが好印象のカギ



 

就活用リップカラーの選び方

就活リップはどんなことに気をつけて選んだら良いのでしょうか。選ぶ際のポイントをチェックしてみましょう。

ナチュラルな色味を選ぶ

就活リップは、“唇にほんのり血色感を与えるもの”が理想的です。カラーに迷ったら、ナチュラルな印象を与えるベージュ系のリップや、メジャーであるピンク系のカラーを選ぶのがおすすめ。その中でもベージュピンク、コーラルピンクなど落ち着いたトーンのリップは、メイクに慣れていない方でもパッと顔色を明るく見せてくれます。

自分の肌に馴染む色を選ぶ

メイクをしたときリップだけが浮いた印象にならないために、自分の肌色に馴染むカラーを選ぶことも大切です。
肌色は大きく分けて、イエローベース(黄みがかった肌色=イエベ)と、ブルーベース(青みがかった肌色=ブルベ)に分類されます。一般的に、イエベにはコーラル系・オレンジ系のカラー、ブルベにはピンク系・ローズ系のカラーが似合うといわれています。リップカラーを選ぶ前に自分のパーソナルカラーを調べ、自分の肌色と調和をとるようにするのも良いでしょう。

【色別】相手に与える印象例

カラーは、それぞれ相手に与える印象が違います。会社訪問や面接の際、先方にどんな印象を与えたいか考えてみましょう。
以下はそれぞれのカラーが相手に与える印象例です。就活リップ選びの参考にしてみてください。
【色別】相手に与える印象例のイメージ

普段使い慣れているリップが就活で使えるようなカラーの場合はそちらを使うのも良いですが、これを機に今まで使ったことがない色のリップを試してみるとより馴染むものが見つかることもあるでしょう。自分の顔がパッと明るくなるカラーを見つけてみてください。

関連記事
就活にふさわしい髪型や服装ってどんなもの?
就活中のネイルはアリ?採用担当者からの印象に関しても解説!



 

プチプラでもポイントを押さえれば大丈夫!

就活リップを選ぶとき、どうしても気になるのがその費用。スーツや交通費などすでに多くの費用がかかっているので、出来るだけリーズナブルなものを選びたいと考える方も多いでしょう。
しかし、最近のリップはプチプラでも質のいいものが沢山あります。さらにドラッグストアやコンビニなどでも手に入りやすいため、買い物に行く時間がなくても手軽に購入できるでしょう。
選ぶ際は、カラーのほかに下記3点を気をつけておけば、使い勝手がよく好印象なリップ選びが出来ます。

サッと塗れる

朝や訪問先に出向く前など、メイクにあまり時間をかけていられないという方も多いのではないでしょうか。
何かと忙しい就活生向けのリップを選ぶ際は、“時短できる”というポイントも必須です。
コンパクトで取り出しやすいスティックタイプは、ちょっとした塗り直しの際などに重宝するでしょう。中でも、リップ本体が楕円型になっているものは、塗るときに唇の形に沿いやすく、はみ出しにくいのでおすすめです。また、1本でリップクリームと口紅の役目を果たす色付きリップなども、素早く塗り直せるので、就活生の強い味方になってくれます。
メイクそのものを時短したいという方には、リップとしてもチークとしても使えるクリームタイプのものも便利なアイテムなので、活用してみてください。

落ちにくい

就活の際、忙しくてリップを塗り直す時間がない、という場面も多いでしょう。マスクをする機会も増えており、落ちにくくあまり塗り直す必要がないというのもリップ選びの大切なポイントといえます。ツヤの少ないマットタイプのリップや、唇を「染める」ティントリップは、落ちにくいうえに色持ちも良いとされています。飲食をしても落ちにくく、マスクにもつきにくいリップを候補に入れてみるのも良いでしょう。

唇への負担が少ない

リップは長時間塗ったままでいると、乾燥し、唇が荒れてしまうこともあります。特に落ちにくいリップとして紹介したマットタイプのリップやティントリップは、落ちにくい反面、乾燥しやすく唇が荒れてしまいやすいので要注意です。選ぶ際に、ヒアルロン酸やオイルなど保湿効果のある成分が含まれているかどうか、確認するのが良いでしょう。

関連記事
マスカラしてもOK?就活メイクのポイントとは
就活メイクの基本コツを解説!第一印象をアップさせて内定を獲得しよう



 

就活の場にふさわしくないリップとは?

先にも述べましたが、「清潔感がない」「TPOにそぐわない」メイクは、相手に良い印象を与えません。選んだリップが自分に似合っていたとしても、就活の場にふさわしいものか、今一度考えてみましょう。就活のときに選ぶべきでないリップとはどんなものか、みていきましょう。

カラーが濃過ぎるもの

濃過ぎるカラー、個性的過ぎるカラーなどは派手なイメージを与え、就活生のフレッシュさや清潔感が損なわれがちです。就活先の業種や社風によって問題ない場合もありますが、基本的に避けたほうが良いでしょう。

ツヤ感のあり過ぎるものやラメ入りのもの

ツヤ感があり過ぎたり、ラメが入っていたりするものは、TPOにそぐわないリップの代表格であり、常識的なメイクが問われる就活の場ではふさわしくありません。ツヤ感は適度に、ラメ入りのものは選ばないようにしましょう。

関連記事
女性のビジネスカジュアルとは?基本的なマナーとNGアイテムも解説
なにが正解?面接官受けする就活メイクはコレだ


 

本記事の執筆者

村上明日香(むらかみあすか)

プロフィール概要:大学3年生の秋に大手・ベンチャーともに複数内定を獲得し、レバレジーズ株式会社に新卒入社。インターン時代から就活セミナーの企画運営に携わり、1年目から支店の立ち上げのメンバーとして関西を中心に延べ1000名以上の就活支援に携わる。入社3年目の現在は新入社員向けの研修企画や育成業務を担当している。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。