就活コートの選び方・扱い方を徹底解説

就活の際、寒い時期にはコート選びが必要になることも。しっかり防寒できる素材やデザインであることはもちろん、就活スーツに適した色をチョイスすることも重要だといえるでしょう。今回は、就活のコート選びに役立つ情報のほか、コート以外にチェックすべき身だしなみのポイントも合わせてご紹介します。

目次

就活にふさわしいコートの色は?

コートは、冬場の就活を乗り切るための便利アイテムの1つ。この項目では、色選びの参考にしてほしい情報をまとめています。

就活中に着用するコートの色は、黒や紺、グレーが無難。就活用のスーツに馴染む色を選ぶことが大切といえます。スーツに合ったものを選ぶことで、ビジネスシーンにふさわしい落ち着いた雰囲気を出すことができるでしょう。
女性の場合は、ベージュのコートを選択する人も多いようです。
落ち着いたイメージにしたいときにはダークカラーを、明るさを出したいときにはベージュを、好みに合わせてチョイスすると良いでしょう。

コートの柄は、無地がベターです。柄物はカジュアルなイメージにつながりやすく、良くも悪くも目を引く可能性があるため、避けた方が望ましいといえます。

裏地は、派手な色や柄を避ければ問題はないでしょう。畳んだ際や脱ぎ着する際など裏地が見えたときのことを考えて、コートの表地と同様にシンプルなデザインを選択することをおすすめします。

▼関連記事
就活に着ていくコートはどうしたらいいの?

就活用コートのおすすめのデザインはコレ

就活用コートのデザインは、装飾が控えめでシンプルなものが好まれる傾向にあります。コートの色と同じく、デザインも落ち着いた印象を与えるものをチョイスしましょう。

ステンカラーコートは、就活シーンにも最適といえます。襟腰のあるシンプルなデザインがポイントで、汎用性が高いコートです。

ダブルボタンのものが多くウエスト部分にベルトの装飾があるトレンチコートもおすすめ。フォーマルな印象が強く、就活スーツに合わせて着ている人も多い傾向にあります。

チェスターコートは、ビジネスシーンだけでなくフォーマルなシーンでも活躍します。スーツのジャケットのようなデザインが特徴。上品な雰囲気もあり、就活スーツとコーディネートしやすいコートの1つです。

コートの丈は、太ももから膝の付け根辺りまでを目安に考えると良いでしょう。着用したときに、スーツのジャケットが見えない丈であれば問題ないと考えられます。

着脱可能なライナーが付いたタイプだと、コートの暖かさが調整可能。真冬から春先にかけて着回しできるため便利です。

▼関連記事
就活のコートにおすすめの色や形を男女別にご紹介!着脱時のマナーも解説

コート選びは素材にも注目しよう

コートの素材は、ナイロンやポリエステル、コットン、ウールなどさまざまなものがあります。素材によって性質が異なるため、注意して選びましょう。

・ナイロンやポリエステルの特徴
メリットは、軽く汚れにくいことと、防水性が高いことが挙げられます。デメリットは、コットンやウールと比較すると防寒性が劣る傾向にあることです。

・コットンやウールの特徴
防寒性の高さがメリットです。寒い時期の就活には適した素材だといえます。ナイロンやポリエステルと比較すると重さがあり、防水性も低い傾向にあるようです。

上記を参考に、自身が優先したい特徴がある素材を選ぶと良いでしょう。
汚れにくい素材や軽い素材を選びたい場合は、ナイロン製やポリエステル製をおすすめします。防寒性の高い素材を選ぶときは、コットン製やウール製をチョイスしましょう。

防水性が高いものや撥水加工が施されているものだと、急な雨のときでも安心です。
防シワ機能付きのコートも便利だといえます。コートやスーツにシワが多いと、清潔感がないと捉えられる可能性も。だらしない印象を与えないためにも、身だしなみは細部まで配慮することが大切だといえます。

▼関連記事
就活でPコートを来ても問題ない?スーツの上に着るコートでお悩みの方へ

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる! LINE友だち登録をする