知っておきたい!就活用の靴の選び方

就職活動では、スーツや鞄以外にも靴が必要になります。 「どんな靴を選んだらいいかわからない…」と悩んでいる人もいるのではないでしょうか。 ビジネスの場にふさわしい靴選びのポイントを押さえ、就職活動に臨みましょう。

目次

就活時は靴もチェックされている!

就職活動では、スーツのほかに靴も用意する必要があります。
「足元で目立たないから何でもいいだろう」と思っていませんか。
面接時には靴もチェックされているため、汚れがあったりビジネスにふさわしくなかったりすると、評価が下がる恐れもあります。
服装や身だしなみで減点されるのは誰もが避けたいと考えることでしょう。
靴も身だしなみの大切なポイントであると覚えておきましょう。

就職活動の場では、スーツに合うシンプルな革靴やパンプスを選ぶのが基本です。
ローファーなどのカジュアルテイストなものは不向きであると言えるでしょう。
革靴の素材には、本革と合成皮革があります。
本革は履き続けると足に馴染んでくるという利点がありますが、耐水性が低く小まめな手入れが必要です。
合成皮革は傷が目立ち、長持ちしにくいデメリットがありますが、耐水性が高いメリットがあります。

身なりが引き締まると就活への気持ちも引き締められると考えるでしょう。
細部まで気を配り、面接官に好印象を与えましょう。

▼関連記事
就活でローファーは避けるべき?人事に好印象な靴の選び方を男女別に解説!
 

就活時の靴:男性編

男性の場合は、黒のひも靴が一般的です。
足にフィットしやすく、歩きやすいことがひも靴のメリットと言えるでしょう。
革靴のデザインには、「プレーントゥ」と「ストレートチップ」、「Uチップ」などがあります。

プレーントゥは、甲の部分に縫い目がないのが特長です。
シンプルなデザインでビジネスシューズの定番と言われています。
ストレートチップは、プレーントゥと違って爪先に横一本の縫い目があるのが特長。
スーツに似合うデザインであるため、1足所持していれば冠婚葬祭などあらゆる場面で使用することができます。
Uチップは、爪先にUの字の縫い目があるのが特長です。
デザイン性が高く若々しさやアクティブな印象を与えることが可能。
革靴1つとっても、デザインによって相手に与える印象が変わります。
ビジネスの場でふさわしい革靴を選びましょう。

また、靴を選ぶときは、靴の裏の素材にもチェックが必要です。
革底は水に弱く滑りやすいですが、ゴム底は水に強く滑りにくいメリットがあります。
就職活動中は悪天候の中でも向かわなくてはならないこともあるので、ゴム底のものを選ぶのがおすすめです。

就活時の靴:女性編

女性の場合は黒のパンプスが一般的。
ヒールは3~5cm程度で、太いものを選ぶと歩きやすくなります。
ピンヒールは不安定で疲れやすいデメリットがあるため、避けるようにしましょう。

プレーンタイプは、装飾のないシンプルなデザインのパンプスです。
全身がまとまって見えるのですっきりとした印象を与えることができます。
パンプスに履きなれていない場合は、ストラップ付きを選ぶのも1つの手です。
ストラップ付きタイプは、通常タイプと比べるとカジュアルに見えますが、ストラップで足を固定するので歩きやすくなります。
また、緩めのサイズを選んでも脱げにくいのがポイントと言えるでしょう。

せっかくスーツを仕立てたのに、ふさわしくないパンプスを身につけてしまうとマイナス評価に繋がる可能性も。
特にスカートタイプのスーツを着用する場合は、パンプスに目がつきやすいので注意が必要です。
ビジネス用の靴の違いに注意し、トータルコーディネートを考えながら自分に合った靴を選びましょう。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。