就活でネクタイピンは必要?正しい選び方や付け方をご紹介!

このページのまとめ

  • 就活でネクタイピンを付けても問題ないが、必要なものというわけではない
  • ネクタイピンはジャケットを着ているか、ワイシャツだけかで付ける位置が変わる
  • 就活には、わに口式とクリップ式のシルバーのネクタイピンがオススメ

スーツスタイルに合わせる、さり気ないおしゃれアイテムであるネクタイピン。
就活用のリクルートスーツを一通り揃える際、ネクタイピンも購入するべきか悩んでいる方は少なくないようです。
そこでこのコラムでは、就活生がスーツを着る際にネクタイピンは必要なのか?という疑問を解消。ネクタイピンの止め方や注意点もご紹介します。



 

目 次

就活でネクタイピンは必要?

結論から言うと、就活にネクタイピンを付ける必要はないとされています。
あくまでも「ファッションの一部」として利用されているというのが、現在のネクタイピンの印象です。ネクタイに対する装飾品としてファッション要素が強く、オシャレやこだわりを取り入れたい場合に用いられることが多い傾向にあります。

しかし、就活にてネクタイピンの使用が問題視されるわけではありません。面接の評価に影響することはほとんどなく、使用するのは自由です。ただし、もし就活で使用するのであれば、選び方や付け方に注意が必要です。
まずはネクタイピンを使う意味を知り、選ぶ際のポイントや正しい付け方などもチェックしていきましょう。

関連記事
ネクタイピンは就活に必要?正しい止め方も一緒にご紹介!
就活男子必読!ライバルに差をつけるネクタイの選び方

ネクタイピンを付ける意味

ネクタイにとってネクタイピンの存在とは、いったいどのようなものなのでしょうか。
使われる目的として、以下のような理由が挙げられます。

・ネクタイが曲がらないようにするため
・ネクタイが垂れ下がらないようにするため
・ジャケットからはみ出さないようにするため
・形よく見せるため(立体的に見せる)

上記から見えてくるのは、固定するため、ネクタイの劣化を防ぐため、といった目的意識です。
その他に、ファッションの一部として身につけている、という人も多くいます。
一昔前の時代では、ネクタイピンは必須アイテムでした。
そのため、付けることがビジネスマナーとされていた時代を歩んできた年配の方が使用しているイメージを持つ方もおおいようですが、現在はネクタイの機能性やファッション性が向上したこともあり、ネクタイピンを付けている姿を見ることは珍しくなってきています。
しかし、ファッションアイテムとして利用されることが多くなってきたことから、ネクタイピンのデザインも徐々に多様化。今では、おしゃれの一部として身につけるもの、というイメージの方が定着しつつあるようです。
ワンポイントの装身具を身につけることで、アクセントにもなり、スマートな印象を持たれることもあるでしょう。



 

就活用のネクタイピンを選ぶポイント

就活用のネクタイピンは、以下のことに注意して選ぶのがおすすめです。

色はシルバー

就活におすすめの色はシルバーです。
シンプルなデザインのシルバー色が適しており、カラーのものはカジュアルな印象が強いため避けたほうがよいとされています。装飾が派手なものや形が個性的なものは控え、フォーマルなデザインのネクタイピンを選ぶとよいでしょう。

ピン幅5~6mmの小ぶりサイズ

派手にならないような小ぶりサイズが理想的。スマートに見えるピンの幅は5~6㎜くらいとされています。細すぎず太すぎないものを選びましょう。
ビジネスシーンを意識したデザインのネクタイピンを選ぶことで、就活生らしい装いをすることができます。

タイクリップ式

ネクタイピンのデザインとして主流なのは、挟み込むクリップ型の「タイクリップ」です。
その他に、バネが使われていない「タイバー」、ピンタイプの「タイピン」、ブローチのように使用する「タイタック」、短いネクタイ用の「ショートクリップ」、昭和中期によく見かけられた「タイチェーン」など、あらゆるタイプがあります。
ネクタイとワイシャツを一緒に挟み込めるタイクリップは、就活シーンにおすすめのタイプです。バネの力で挟む仕様となっており、挟む部分がギザギザとしたワニの口の形をしていることから「ワニ口式」とも呼ばれています。
バネが使われていないクリップ式のタイバーもタイクリップ同様、シンプルなデザインが多いのが特徴です。
ピンやチェーンタイプのものは華やかな印象になりがちなため、就活シーンには不向きなタイプとされています。



 

ネクタイピンの正しい付け方

ネクタイピンを正しい位置に付けていなければ、就活中にマイナスの評価を得てしまう可能性があります。
間違った付け方をしないためにも、就活シーンを想定し、タイクリップ(ワニ口式)とタイバー(クリップ式)をメインに、ネクタイピンの正しい付け方をみていきましょう。

1.シャツ、ネクタイ(大判/小判)を一緒にはさむ

ネクタイピンはシャツやネクタイを一緒にはさみます。

2.「右から左」に向かって差し込む

ネクタイピンを右から左に向かって差し込みましょう。

3.正しい位置に調整する

ネクタイピンを付ける位置は上着を着ているか着ていないかで変わります。下記を確認しましょう。

上着ありの場合は第1ボタンの少し上

上着を着ているときは、ネクタイピンが少し見える程度が理想的な位置になります。
就活以外の華やかな場面で使用する際には、上着からしっかりと覗く高めの位置に付けるのがおすすめ。また、あえて斜めに留めたり、カラーものでアクセントにしたりなど、付け方や種類によってオシャレ度がぐっと上がります。
華やかなシーンでは、ネクタイピンもアクセサリーの一つとして活用できるでしょう。

上着なしの場合はワイシャツの第4と第5ボタンの間

ワイシャツのみの場合には、上の方に付けてしまうとネクタイがぶらぶらと動いてだらしなく見えてしまいます。そのため、シャツの第4と第5ボタンの間で留めるのが理想です。
また、ピンが斜めになるのが気になるときには、ボタンに沿うように付けるとズレを防止することができます。

関連記事
就活に必要なものとは?基本アイテムと役立つアイテムをまとめてご紹介



 

本記事の執筆者

梶川沙綺(かじかわさき)

新卒でレバレジーズ株式会社に入社。年間1000名以上の就活生の支援を行い、入社3年目で神戸支社の立ち上げに携わる。現在は本社でサービスの向上にも関わりながらキャリアコンサルタント国家資格取得に向けてスキルアップ奮闘中。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。