就活にピアスをしても良い?第一印象への影響やピアスホールの隠し方を解説

このページのまとめ

  • 就活の際は原則として、ピアスを含めアクセサリー類を着用しないのがマナー
  • 基本的にピアスホールがあるだけでは、就活で不利になることはない
  • 就活の際、複数のピアスホールや耳たぶ以外のピアスホールがある場合は隠した方が良い

就活にピアスはしても良い?第一印象への影響やピアスホールの隠し方を解説のイメージ

就活のとき、ピアスはしない方が良いの?ピアスホールが開いていていると印象が悪くなる?
普段のおしゃれに欠かせないアイテムとして多くの方が着用するピアスですが、就活のときにしても良いものか、悩む就活生の方も多いと思います。このコラムでは、就活のときピアスが与える印象や外すべきかどうか、またピアスホールの隠し方などについてを紹介します。



 

目 次

就活中はピアスをしない方が良い?

ピアスは就活中、面接や説明会などの場では身に付けないようにしましょう。ピアスが小さいものであれば目立ちにくくはありますが、着用しないことが常識的なマナーです。なお原則として、就活中はピアスだけでなくアクセサリー全般を着用しないこと。就活中は身だしなみを整えることは重要ですが、おしゃれをする必要はありません。これから社会に出る人間として、TPOをわきまえるよう心がけましょう。



 

女性と男性ではピアスのイメージが違う?

近年、ファッションに対して寛容な企業が多く、ピアスを開けることは容認されることが増えました。しかし、男性がピアスを着用することに対してはまだ抵抗を感じる方が多く、特に年配の方にその傾向が強くあるといわれています。就活の場ではマイナスイメージを持たれてしまう可能性があるでしょう。ピアスを開けている男性は就活のとき、ピアスを身につけることはもちろん、ピアスホールも隠すなどの処置をしておくのが無難といえます。

就活でピアスホールはどうすれば良い?

就活の場でピアスを着用することはNGです。しかしピアスを外してもピアスホールは残っているので、どうすれば良いか迷う方も多いでしょう。就活のときピアスホールはどのように対処すれば良いか、解説します。

両耳に1つずつ程度であれば気にする必要ない

面接や説明会などの就活の場では、そもそもピアスを着用していなければピアスホールが残っていても問題ないとされるケースがほとんどです。両耳に1つずつ程度なら気にする必要はないでしょう。

穴が複数など以下に該当する場合、隠す処置が必要

両耳に1つずつなら一般常識の範囲内といえますが、「ピアスホールが複数ある」「軟骨や鼻、唇など耳たぶ以外の場所にピアスを開けている」「ピアスホールを拡張している」「男性でピアスを開けている」などに該当する場合は、隠すなどの処置をしておくと安心でしょう。



 

ピアスホールの隠し方

ピアスホールを複数開けていたり、ピアスホールを拡張していたりする場合、就活の際はピアスホールを隠したり目立たなくしたりするなどの対処をしておくと安心です。ピアスホールを隠す方法がいくつかあるのでまとめました。

ファンデーション

女性であればメイク道具として持っている方も多いファンデーション。就活でピアスホールを隠す際は、普段使用している自分の肌に合う色のものを使うと良いでしょう。より目立たなく仕上げるためにリップクリームやコンシーラーを併用するのもおすすめです。ただしいずれもメイクで穴を隠すため、ピアスホールが大き過ぎる場合はカバーしきれない可能性があります。メイクに慣れていないと不自然になるケースもあるので注意しましょう。

ファンデーションテープや絆創膏

就活のときピアスホールを隠すのに便利なアイテムとして、ファンデーションテープがあります。
ファンデーションテープとは傷跡などを隠すための肌色のテープです。
一人ひとりの肌に合わせられるよう、カラーにはいくつかのバリエーションがあるので、自分の肌に馴染む色を選ぶと良いでしょう。ファンデーションテープを手に入れられなかった場合は、絆創膏で代用できます。ピアスホール用に小さくカットして使用できます。ただし、自分の肌色と差のあるもので隠すとかえって目立ってしまいます。隠すために適した色の絆創膏を選ぶよう注意しましょう。

透明ピアスや肌色ピアス

樹脂などで作られている透明ピアスや肌色ピアスを付けるのも、就活でピアスホールを目立たなくする一つの方法です。また透明ピアスは、耳ではない場所にピアスを開けている場合は有効な場合もあるので試してみると良いでしょう。

就活前から着用を控えておく

ピアスホールは長期間着けなければ小さく目立たなくなります。ピアスホールをできる限り小さくするために、就活に入る前からピアスを着けないようにしておくと良いでしょう。特に開けてすぐのピアスホールは安定していない状態のため、小さくしやすいようです。

ピアスホールは、ファンデーション、コンシーラーといったメイク道具や絆創膏、透明ピアスなどで手軽に隠すことができます。ただし、メイクが汗で落ちたりテープ類が悪目立ちしたりするなど思わぬ事態が発生することもあるので要注意。どの方法で隠すのが自分にとって最適か、就活を始める前に実際に試すなどして確かめておきましょう。

関連記事
ピアスホールは就職に影響する!目立たなくする方法とは?



 

ピアス厳禁の業界とピアスに寛容な傾向がある業界

就活のとき、ピアスは外しておくことがマナーですが、ピアスホールに関しては多くの場合あまり問題にはなりません。しかし業界によってはその限りでないケースがあります。
たとえば、銀行や保険といった金融業界、公務員など堅い職業では、ピアス本体はもちろんピアスホールまでチェックされることは珍しくありません。“堅い”イメージがある業界や企業では、外見から受ける印象をより厳しくチェックする傾向があります。ピアスをした就活生がこうした堅い業界への就職を志望する場合、ピアスホールを隠すか、そもそもピアスを開けないようにするのが良いでしょう。

アパレル業界など、ファッション系の職種の場合はピアスをしていても評価に影響しないケースがほとんどです。ピアスを着用することにより、おしゃれさや個性が評価される可能性もあるでしょう。ただし、詳細は企業によって異なります。志望先がピアスに対して厳しいのか寛大なのかを知っておくことが重要です。就活の際は社風やコンセプトを把握するために、企業研究はしっかりと行っておくと良いでしょう。



 

本記事の執筆者

梶川沙綺(かじかわさき)

新卒でレバレジーズ株式会社に入社。年間1000名以上の就活生の支援を行い、入社3年目で神戸支社の立ち上げに携わる。現在は本社でサービスの向上にも関わりながらキャリアコンサルタント国家資格取得に向けてスキルアップ奮闘中。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。