就活のブラウスは意外と見られている?女性用シャツの選び方や注意点

このページのまとめ

  • 就活ブラウスを選ぶ際は色や襟、サイズと形状記憶タイプにこだわろう
  • 就活ブラウスは長袖が無難だが、半袖でも問題ない
  • 就活ブラウスはスーツとの相性もわかるスーツ専門店で購入するのがオススメ

就活中、リクルートスーツの下に着用するブラウスやシャツ。
「ジャケットを羽織るからどれでもいい」と適当に選んでいませんか?
シャツは、襟の有無やサイズ感、デザインであなたの印象が大きく変わるアイテムの1つです。
そこで当コラムでは、女性用のシャツの選び方にクローズアップ。自分に合ったシャツを購入し、身だしなみを万全にして就活に臨みましょう。



 

目 次

就活ブラウスの選び方の4つのポイント

就活で着用するブラウスは白の無地を選ぶのが基本。襟のタイプは相手に与える印象や好みで選びましょう。また、「スーツの下に着るから」と適当に選ばず、自分にぴったりのサイズを選ぶことも大切です。

1.白の無地が基本

ピンクや水色など淡い色のシャツも販売されており、業界によっては色付きのシャツを許容している企業もあります。しかしほとんどの就活生が選んでいるように、基本的には白が無難です。
どの業界でも対応できる白を選ぶと間違いないでしょう。

また、ストライプやチェックといった柄物のシャツもありますが、カジュアル過ぎる印象を与えるため就活には適しません。そのほかにも、フリルやギャザーがあしらわれたデザイン性の高いものも個性が出過ぎるため避けたほうが無難です。
シャツではなく動きやすいカットソーを選択する人も中にはいますが、こちらも避けたほうが無難。美容やアパレルなどの一部の業界で許容されていることもあるようですが、ほとんどの企業で好まれない傾向にあるため注意しておきましょう。

2,スキッパーカラーorシャツカラーを選ぶ

顔に一番近い場所にある襟は、形やデザインにより着ている人の印象を大きく変えることができます。襟のタイプは、スキッパーカラーとシャツカラーの2種類。見せたいイメージに合わせて襟の形を選んでみましょう。

シャツカラー

第一ボタンがあるタイプを指します。上までボタンをしっかり留め、ジャケットの内側に襟を収めて着用するのが正解です。知的で真面目な印象を与えます。
Yシャツやカッターシャツとも呼ばれており、金融や公務員などの堅い業界からITやベンチャー企業などの比較的柔軟な業界まで幅広く対応できるタイプです。どのタイプを購入すべきか迷った際は、シャツカラーを購入しておくと良いでしょう。

スキッパーカラー

第一ボタンのないタイプを指します。襟をジャケットの外へ出して着るのが正解です。首元が開いているためスッキリ見え、快活でアクティブな印象を与えます。
首周りの締め付けが苦手という人に適したタイプです。ただし、あまりに襟が大き過ぎると派手な印象を与えてしまうため購入する際は注意してください。

3.自分に合ったサイズを選ぶ

デザインや生地も大事ですが、サイズ感も重要なポイントの1つです。自分に合うサイズのものを着こなすことで、好印象を与えることに繋がります。体型に合うシャツを購入するためのチェックポイントは以下のとおりです。

首周り

シャツカラータイプであれば、第一ボタンまで留めなくてはなりません。第一ボタンを留めて首が苦しくないかを確認しましょう。指2本分のゆとりがあるサイズがちょうど良いとされています。

肩幅

自分の肩幅に合うサイズを選びましょう。小さ過ぎると肩周りが窮屈になり動きが制限され、大き過ぎるとジャケットの下で生地が泳いでしまいます。

バスト

サイズの小さいシャツを選ぶと、ボタンの間からインナーが見え窮屈な印象を与えかねません。トップバストに対してプラス10センチ程度のサイズが目安といわれています。

袖丈

腕を下ろした際に、手首あたりに袖の先端がくる長さが好ましいといわれています。女性の場合はジャケットからシャツが出ない長さを目指しましょう。
ジャケットとのバランスが大事なので、セットでフィッティングすることをおすすめします。

裾丈

裾丈が短いと、座ったりかがんだりした際にスカートやパンツからシャツが出てきてしまいます。気づかず出たままにしているとだらしない印象を与えかねません。出てこないよう裾は長めのものを選びましょう。

スーツは試着ができるため、自身のサイズにピッタリのものを選びやすいのですが、ブラウスやYシャツを試着できないお店も中にはあります。買うときには、首まわりと裄丈(ゆき丈)のサイズを店員さんに測ってもらい、そのサイズに合ったシャツを選ぶようにしましょう。
どうしてもピッタリのサイズを購入したい場合には、試着OKのお店に足を運んで試すのがおすすめです。

4.形状記憶シャツを選ぶ

シャツを着用する機会が増えれば、洗濯する機会も増えます。形状記憶タイプでなければ毎回アイロンがけの手間がかかり面倒です。購入の際はなるべくノンアイロンで大丈夫なシャツを選ぶと良いでしょう。

関連記事
就活女子におすすめのYシャツは?印象アップできる選び方や着こなしのコツ
就活のYシャツ選びのポイントを解説!男女別マナーを知ろう



 

就活でブラウスを着用する際の3つの注意点

就活で着用するブラウスをせっかく購入しても「買ったのは失敗だった」ということにならないため、襟のタイプ以外にもこだわっておくべきポイントが3つあります。

1.3~4枚は購入しておく

就活ではブラウスの着用機会が増えるため、予備に3~4枚準備しておきましょう。替えのシャツがあれば、会社説明会や面接などが連日続いた日も安心して清潔なシャツを着用し臨むことができます。

2.透けないようにインナーを着る

ブラウスは安い価格帯のものを購入しても構いませんが、薄過ぎる生地は避けましょう。また、透けないようにベージュのタンクトップやキャミソールなどのインナーを着用するのは相手に対する配慮といえます。

3.半袖の場合、汗染みに注意

就活のブラウスは半袖を着用しても問題ありません。ただ、半袖のブラウスでジャケットを着用すると肌が裏地に直接触れるため、スーツに汗が付着して裏地が傷みやすくなる原因になります。汗染みや傷みに注意しましょう。

関連記事
就活の服装…半袖シャツでも大丈夫?ネクタイは必須?
スカートは苦手!就活で着るパンツスーツの選び方とは?



 

就活用のブラウスはどこで買う?

就活ブラウスの購入方法は様々にあります。ここではいくつかある購入先のメリット・デメリット をご紹介します。

スーツ専門店

万全な身だしなみを目指すのであれば、スーツ専門店での購入が確実でしょう。価格帯も豊富で、ファストブランドと変わらないくらいお手頃なシャツもあるようです。また、スーツと合わせて購入できるのでトータルコーディネートが叶う、購入の手間が省けるといったメリットもあります。

ワイシャツ専門店

ワイシャツ専門店ではスーツそのものの取り扱いがないため、セットで試着することができません。ジャケットからシャツの袖が見えない長さのものを購入するためにも、自身のスーツを持ち込むことをおすすめします。

ファストファッション

ブランドによってはファストファッションでも取り扱いがあります。ファストファッションブランドであれば安価なものを購入できますが、サイズ展開の幅は狭めです。

ネット販売

店頭販売以外にネット通販でもシャツを購入することができます。ただし、試着ができないというデメリットもあるため、自分のサイズが把握できている場合のみ通販を利用するようにしましょう。

今回は、就活女子のためのシャツ・ブラウス選びについてまとめてみました。好印象を与えられる身だしなみに近づくためにもぜひ参考にしてみてください。

一人での就活に不安をお持ちの方、キャリアチケットにご相談ください。
就職エージェントであるキャリアチケットでは、経験豊富なアドバイザーが丁寧・親身にあなたに合ったサービスを提供。
個別の書類添削や面接対策など、本命企業の内定を勝ち取るための就活準備を徹底的にサポートいたします。まずはあなたの現状についてお聞かせください。お問い合わせお待ちしています。



 

本記事の執筆者

梶川沙綺(かじかわさき)

新卒でレバレジーズ株式会社に入社。年間1000名以上の就活生の支援を行い、入社3年目で神戸支社の立ち上げに携わる。現在は本社でサービスの向上にも関わりながらキャリアコンサルタント国家資格取得に向けてスキルアップ奮闘中。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。