印象アップを狙う就活女子向け・定番前髪のつくり方

このページのまとめ

  • 就活はおしゃれよりも「清潔感」が大事
  • 定番の前髪は、「斜め前髪」「センター分け」「オールバック」
  • お辞儀をしても髪が落ちてこないようにセットする
  • ぱっつん前髪はセットの仕方次第で就活向けになる
  • ヘアアクセサリーはスーツに合えば使用OK

就活では見た目の印象があなたの評価を左右します。
特にすぐ顔の近くにあって目につきやすい前髪は、乱れていると印象が悪くなってしまうでしょう。
見た目で評価が下がってしまうのは何としてでも避けたいところ。
今回は女性のヘアスタイル、その中でも前髪に注目してアドバイスしたいと思います。

就活で好印象な前髪とは?

就活では身だしなみでマナーや常識が判断されます。身だしなみのポイントは、スーツのシワ・汚れ、ネクタイの色、鞄、靴、と多々ありますが、その中でも顔の正面にある前髪は、人の印象に大きな影響を及ぼします。

女性は前髪が短い人もいれば長い人もいて、就活時のセットに悩むことも多いでしょう。就活中のヘアスタイルは意外と選択肢がありますが、すべての方に共通していえるのは、「就活では清潔感が第一である」ということ。
たとえおしゃれに決まっていても、派手な髪型は清潔感があるとはいえず、ビジネスの場ではマイナス評価になりかねません。
プライベートで「眉毛を隠すのが好き」という人がいますが、就活する時は眉毛や額は見えた方が、表情が伝わり人事の印象に残ります。
髪型にこだわりを持つ気持ちはわかりますが、就活では自分がしたいおしゃれより、相手に与える印象を考えてヘアスタイルを決めましょう。

定番前髪のつくり方

どんな前髪にしようか迷ったら、次の定番スタイルを試してみましょう。

斜め前髪

就活の定番といえば、斜め前髪。額を半分だけ出すイメージで、「おでこを見せるのが嫌」という人にも比較的抵抗の少ないスタイルです。
斜め前髪をつくるには、前髪を7:3もしくは8:2くらいに分け、左右に流します。前髪が流れにくい時は、ヘアアイロンやカーラーで巻くとうまく形がつけられます。
必要であればスプレーやピンを使って固定し、髪が乱れないようにまとめましょう。
「前髪が短くて斜めにしづらい」という人は、後ろの髪を前にもってきて、前髪を覆うようにしてピンで留めると簡単にスタイリングが完成します。

センター分け

前髪を5:5で分けるセンター分けは、真面目で誠実な印象。前髪が短いと途中で毛が落ちてしまうので、眉毛よりも長さがある人におすすめです。
センター分けも斜め前髪と同様、ヘアアイロンやカーラーを使うと形がうまく決まります。前髪を左右に分けたらピンで留めたりスプレーで固定したりし、髪が落ちてこないように整えましょう。

オールバック

額全体を見せるオールバックはアクティブな雰囲気が演出できます。オールバックにしている女子は少なく印象に残りやすいので、前髪が長い人はトライしてはいかがでしょうか。
ただ、顔全体を見せるオールバックは似合う・似合わないが分かれる髪形でもあるので、ほかのスタイルも試して自分に合うものを選びましょう。
オールバックにする時は前髪全体にワックスをなじませて頭の上に持ち上げ、ピンで固定します。後ろの髪と同じくらいの長さがあれば、ポニーテールで一緒にまとめてもOKです。
ワックスはつける過ぎるとテカテカして清潔感がなくなるため、適量を使うようにしてください。

気をつけるべきヘアスタイル

就活のヘアスタイルで気をつけたいポイントをご紹介します。

前髪が目にかからないように

前髪が目にかかると暗い印象になってしまいます。前髪はご紹介したようなスタイルにセットし、眉や目をしっかり見せるのがポイント。眉が見えると相手に意思が伝わりやすいといわれます。

お辞儀をしても大丈夫か

髪をセットしたら、お辞儀をした時に落ちてこないか確認を。お辞儀をする度に髪を直すのはせわしなく、飲食や医療系の業界では「衛生的でない」と思われてしまいます。
後ろ髪は耳が出るようにして、顔に髪がかからないように気をつけましょう。

後れ毛や短い毛に注意する

きちんとセットしたつもりでも、短い毛がハネてしまうのはよくあること。毛が出てしまう時はワックスで固め、まとまりをキープしましょう。
シニヨンやポニーテールは後れ毛が出ないように気をつけます。最近はおしゃれの意味で後れ毛を残すことはありますが、就活で優先されるのはおしゃれよりも清潔感。襟足や耳の後ろから髪が出ていないか、鏡を合わせて確認しましょう。

髪色は黒が基本

就活中の髪色は基本的には黒が良いといわれています。特に公務員や金融といった堅めの業界では、就活前に黒髪に戻すようにしましょう。
髪色にうるさくない業界であっても、あまり明るい茶髪は「遊んでいる」と思われかねないので避けるべき。茶髪にするとしても、黒髪に近く自然なダークブラウン、トーンでいうと8レベル以下を目安にします。
ただ、茶髪が許容されるかは企業や担当者の感覚によるため、黒髪が一番安全であることに変わりはありません。

ぱっつん前髪・ヘアアクセサリーはどこまでOK?

就活中に茶髪やパーマを控える人は多いですが、「ぱっつん前髪」「ヘアアクセサリー」のラインは微妙で、どこまで許されるのかわからないという人もいるでしょう。
実際に就活では、どういう扱いになっているのでしょうか?

ぱっつん前髪

ぱっつん前髪に否定的な意見があるのは、目にかかりそうなぎりぎりの長さがうっとうしい、前髪が重く新卒らしいフレッシュさがないといった理由からでしょう。
逆にいえば、ぱっつん前髪であっても斜め前髪やセンター分けにセットするか、適度にすいて前髪を軽くすれば大丈夫。ヘアアイロンやカーラーで毛先をカールさせると自然な流れがつくれます。

ヘアアクセサリー

「ヘアアクセサリーは装飾品なので就活では駄目なのでは?」と考える人もいますが、スーツに合うデザインであればOKです。
色は黒や紺、暗めの茶色とし、落ち着いたデザインのものを選びましょう。また、アクセサリーを顔に近い位置につけるのは印象が良くないので、前髪ではなく後ろ髪を留める時に使ってください。
前髪を留める時はシンプルなヘアピンを使い、なるべくピンが見えないようにセットしましょう。


「就活マナーや選考対策を完璧にしたい」という人は、新卒支援のキャリアチケットを使ってみませんか?
新卒特化型の就職エージェントであるキャリアチケットは、就活の希望や悩みを伺うカウンセリングから求人提案、企業とのやりとり、選考対策までを一貫してサポート。
自己分析やグループディスカッションを行う少人数制のセミナーでは、人事目線でのフィードバックで就活の基礎が身につきます。
キャリアチケットを使った場合の選考通過率は、1人で対策した時の1.39倍。チャットツールを使ってあなた専任のアドバイザーにいつでも質問できるので、1人で悩みを抱えることもありません。
サービスのご利用は全て無料ですので、ぜひ一度キャリアチケットにご相談ください!

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

カウンセリングで相談してみる

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!

お電話からカンタン登録 !

無料

0120-962-647

受付時間:平日/土曜 9:00 ~ 18:00