第一印象が大事!就職活動にふさわしい髪型とは?

このページのまとめ

  • 髪型は就活において重要とされる第一印象に大きく影響すると言われている
  • 人事担当者が気にしているのは髪の色や長さ、乱れなど
  • 男性に最適な髪型はベリーショート
  • 女性にはポニーテールやハーフアップ、シニヨン、ショートヘアがおすすめ
  • 清潔感やフレッシュさを意識して髪型や身だしなみを整えよう

髪型は第一印象に大きく影響するとも言われています。それでは、就活に適しているのはどのような髪型なのでしょうか。好印象を与えるために大切なのは、顔周りがスッキリしていて清潔感があることです。こちらのコラムでは、就活にふさわしい髪型や気をつけたいポイントについてご紹介します。
 

就活中の髪型の基本と身だしなみ

就活において重要とされている第一印象。その第一印象を決めるのは、視覚情報・聴覚情報・言語情報の3つです。そのうち視覚情報が50%以上を占めると言われています。
視覚情報に含まれるのは、表情や服装、髪型などです。中でも髪型は第一印象に大きく影響すると考えられます。

多くの人事担当者が気にしているのは、髪の色や長さ、乱れです。ふさわしくない髪型であれば、マイナス評価につながってしまうこともあります。特に前髪が長過ぎると表情が伝わりづらくなってしまうため、注意が必要です。

第一印象を良くするには、清潔感がある髪型で就活に臨みましょう。就活中の髪型に迷った場合は、「爽やかさ」「誠実さ」「知的に見えること」を意識してみると良いかもしれません。

そのほか、好印象を与えるために髪型以外の身だしなみに気をつけることも重要です。
スーツにシワがないか、靴や鞄が汚れていないかを事前に確認しておきましょう。
女性はノーメイクを避け、就活にふさわしいメイクをすることも必要と言えます。男性はメイクをする必要はありませんが、目の下のクマが気になる場合はコンシーラーで隠すと良いでしょう。
 

就活の髪型はこんな点に気をつけよう

就活中の髪型で気をつけたいのは、以下のようなポイントです。

就活においては、黒髪が良いとされています。その理由として挙げられるのは、日本人の顔に馴染み、落ち着きや誠実さを感じられること。
実際、黒髪にしている就活生が多く、明るすぎる色は変に目立ってしまうことも考えられます。明るい色の髪より黒髪の方がスーツにも合うため、黒髪にするのがおすすめです。
ただし、元々茶色がかった色の髪の場合は、志望している業界が公務員や金融業界、医療業界などでなければ、無理に黒に染める必要はありません。

長さ

髪の長さも気をつけたいことの1つです。
特に男性の場合、襟足が長くなりすぎないように注意しましょう。横髪が耳にかからないようにすることも大切なポイント。額と耳を出すようにすれば、スッキリとした印象になります。
女性も男性と同様に、額と耳を出すのが基本。前髪は斜めに流すと眉毛を見せることができ、明るい印象になるでしょう。ただし、前髪が短すぎるのは就活向きではないと言えます。幼く見える上に、ファション性が強いというのがその理由です。

まとめ方

髪を整える際に使用すると良いのがワックス。香りが強いものや艶が出すぎるものを避ければ、適量のワックスを使用するのは問題ないと言えます。
ただし、使用する際はワックスが固まったまま髪に付いているというようなことがないように、注意が必要です。
女性はヘアピンやヘアネットを活用するのも1つの手です。ヘアピンを使用するのであれば、できるだけ見えない位置で髪を留めるのが基本。
何本も使わないで済むようにするには、しっかり留まるアメリカピンを使用する、ピンを頭皮に沿って差し込むといった工夫を凝らしてみると良いかもしれません。

パーマ

「就活中にパーマをかけても良いのか」という判断に迷う人もいるでしょう。先述したように、第一印象を良くするには清潔感がある髪型にすることが大切です。
清潔感があるのであれば、パーマをかけていても問題ないと言えます。ただし、派手な印象にならないように配慮しましょう。
受ける企業によっては、あまり良くない評価になってしまうこともあります。特に堅い業界を受ける場合は、注意が必要です。
 

就活におすすめの髪型~男性編~

就活をする男性が髪型を選ぶ際に意識したいのは「清潔感」「フレッシュさ」です。
おすすめの髪型は、ベリーショート。額を出すことで、元気が良く意欲的である印象を与えられるでしょう。ベリーショートであれば襟足や耳周りもスッキリするため、就活に最適と言えます。

より清潔感をアピールするなら、サイドや後ろを少し刈り上げるのもおすすめ。特にもみあげや耳周りの髪を刈り上げれば、誠実かつ真面目な印象になるでしょう。
ただし、ファッション性が強くなってしまうため、短く刈り上げすぎないことがポイントです。

額を出すことに抵抗がある場合は、前髪を斜めに流すのも良いでしょう。就活を始める前に長めの髪型だったという方にとっては、元に戻しやすいというメリットがあります。
ただし、この場合に気をつけたいのが、眉毛が見えるようにすること。前髪が長いと、だらしがなく暗い印象を与えてしまいかねません。
また、少しファッション性を残す髪型でもあるため、受ける企業の雰囲気に合っているかということにも気をつけましょう。
 

就活におすすめの髪型~女性編~

女性が就活で好印象を与えるには、「清潔感」のほかに「清楚で上品に見えること」を意識すると良いでしょう。お辞儀をしたときにくずれないことも大切です。
以下に、おすすめしたい髪型についてご紹介します。

ポニーテール

ポニーテールは、生き生きとしていて明るい印象に見せたいときに適しています。地味な印象にならないようにするには、高めの位置で髪を結ぶのがポイント。
サイドや後ろの髪が落ちてくるようであれば、ピンやスプレーを使いましょう。

ハーフアップ

ミディアムヘアの方に適しているのが、ハーフアップです。爽やかさやフレッシュさをアピールできると考えられます。ポニーテール同様、短い髪が出てだらしない印象にならないように、注意しましょう。

シニヨン

シニヨンとは、髪をまとめてお団子にしたスタイルのこと。下の方にシニヨンを作ることで、上品かつ知的な印象を与えられます。
きれいなシニヨンを作るのが難しい場合は、ヘアネットを活用すると手軽に整えられるでしょう。

ショートヘア

はつらつと印象に見えるショートヘアも、おすすめしたい髪型の1つです。
ただしスッキリと見せるには、髪が顔にかかるような中途半端な長さにすることや寝癖が付いたままにしておくことは逆効果。ショートヘアは寝癖が付きやすくハネやすい髪型であるため、スタイリングには注意が必要です。

身だしなみが整っているかどうかの判断は、自分ではわかりづらいこともあるでしょう。その際は第三者に意見を聞いてみるのも1つの方法です。
髪型については、理容室や美容室に行ったときに、「就活をするので爽やかさを出したい」「就活に向けて清潔感がある髪型にしたい」などと相談してみるのも良いかもしれません。

「髪型について第三者の意見を聞きたい」「就活のマナーを身につけたい」とお考えであれば、ぜひキャリアチケットにご相談ください。
キャリアチケットでは、経験豊富な就活アドバイザーによるカウンセリングを実施。面接対策や応募書類の書き方など、就活におけるあらゆるお悩みに対応可能です。プロの目線で的確なアドバイスを行います。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!