インターン面接の服装は、スーツと私服どっちが正しい?

このページのまとめ

  • 就活の身だしなみで最も大切なのは清潔感
  • ワイシャツやネクタイも就活にふさわしい物を選ぶ
  • 私服を指定されたらビジネスカジュアルを着る
  • 「私服可」は、スーツと私服どちらでも構わないと捉えよう

インターンの面接は私服を指定されることがありますが、準備はできていますか?
学生の間では「就活はスーツ」というイメージが強いので、私服指定に戸惑う人もいるでしょう。
今回のコラムでは、スーツの正しい着こなしと、私服を指示された時に何を着ていくかを解説します。
面接の服装に悩んでいる方は、ぜひ内容をご覧ください!
 

インターンの面接にふさわしい服装とは

面接では企業によって、スーツを着ることもあれば私服で良い場合もあるでしょう。例えば、銀行などの堅い業界ではスーツが基本ですが、ベンチャー企業では私服指定が多い傾向があります。
志望する業界によって服装の自由度は変化しますが、どんな業界・どんな企業にも共通する身だしなみの基本は、「清潔感」です。
企業側は将来自社で働く人材として学生を評価しています。最低限の常識やビジネスマナーは必ず見られていると考え、誰に会っても恥ずかしくない、清潔感のある身だしなみを整えましょう。

面接の服装に関して特に指示がなかった場合は、スーツを着ていくのが普通です。スーツの色は黒や濃紺、濃いグレーがふさわしく、いわゆるリクルートスーツとして売っているものを購入すれば間違いありません。
スーツを着用する時は、次のポイントに気をつけましょう。

ワイシャツの選び方

ワイシャツやブラウスは白が基本。シンプルなものであれば好きなデザインを選んで構いませんが、派手な色や奇抜な印象を受けるデザインは避けましょう。
女性の襟は、第一ボタンまである「レギュラーカラー」と、第一ボタンがない「スキッパーカラー」がありますが、これはどちらを選んでもOK。レギュラカラーは真面目な印象、スキッパーカラーは活動的な印象になります。

ネクタイの選び方

就活中のネクタイの色は、グレーやブルー、えんじが人気です。爽やかな雰囲気を出すならブルー、熱意を伝えるならえんじ、という風に、相手に与えたい印象で選ぶのも良いですし、自分の顔色に合った色にしても良いでしょう。
柄の定番は次の3つですが、太いストライプや大きな水玉など、目立つ柄は避けるのが無難です。

・レジメンタル:左から右上に向かう斜めのストライプ
・リバース:右から左上に向かう斜めのストライプ
・小紋、クレスト:和風や外国風の小さな柄

靴下の選び方

男性は靴下の色に注意が必要です。靴下は座った時に意外と目に入るので、派手な色や柄は避け、スーツに合った色を選びましょう。座った時に肌が見える短いタイプの靴下も、ビジネスシーンに合わないので避けてください。

靴の選び方

男性は黒色のひも靴が基本。デザインは甲部分に縫い目がなくシンプルな「プレーントゥ」か、つま先部分に横一本の縫い目が入った「ストレートチップ」を選びましょう。
女性はシンプルなデザインの黒のパンプスを選べばOK。光沢のあるエナメルより、皮素材が良いでしょう。機能性を重視するなら、ストラップのあるタイプでも構いません。

鞄の選び方

男女ともに、黒色のビジネスバックがスーツに馴染みます。面接に履歴書を持参したり、資料をもらったりすることを考えると、A4サイズの書類が入る大きさがベスト。面接中は鞄は椅子の横に置くので、自立するタイプだと格好が悪くなりません。
持ち物が多い人はポケットが複数あるタイプや、持ち運びに疲れない軽い素材(合皮など)を選ぶというように、機能面も考慮すると使いやすい鞄が選べます。
 

インターン面接で私服を指定されたら?

企業から「服装自由」と指示された時は、スーツを着るのが賢明でしょう。
ただ、「私服でお越しください」と私服を指定されている場合は、指示通りに私服を着ていくのが正解です。
「就活中はスーツの方が安心する」という人がいますが、企業が私服を指定するのには、「リラックスして面接を受けて欲しい」「学生の個性を見たい」といった理由があります。あえて私服を指定された時は、企業の意図を汲んで指示に従うようにしてください。

気をつけたいのは、就活でいう「私服」とは、「ビジネスカジュアル」を指しているということです。決して「適当な格好で面接に行って良い」というわけではないのでご注意ください。
ビジネスカジュアルは企業や人によって捉え方が異なりますが、基本的には「取引先やお客様への対応ができる格好」と考えれば良いでしょう。
男女別のビジネスカジュアルの装いについて解説するので、参考にしてください。

男性のビジネスカジュアル

ビジネスカジュアルできちんとした印象を与えるには、ジャケットは必須。黒やグレー、ベージュなどの無地のジャケットを選んでください。
そして中には、襟付きのシャツを着ましょう。Tシャツやポロシャツは企業によって「カジュアル過ぎる」という印象になるので、不安要素をなくすなら避けるのが無難。
ボトムスの定番はチノパンなので、ジャケットと同じく柄のないベーシックな色を選びましょう。社会人はビジネスカジュアルにデニムを取り入れることもありますが、面接の場にはふさわしくありません。

女性のビジネスカジュアル

女性のジャケットは男性より明る色でもOK。インナーはシンプルなブラウスやカットソーとし、フリルなどの派手なデザインは避けてください。
女性の場合はズボンとスカートのどちらを選んでも構いませんが、あまり短いスカートや長いスカートはカジュアルになるのでやめましょう。スカートの長さは膝丈程度が目安です。
ビジネスシーンで生足は許されないので、必ず肌色のストッキングを着用し、足元はパンプスを履きましょう。軽い印象のあるサンダルやミュールは避けるようにしてください。
 

インターンの面接で「私服可」と指示された場合

「私服可」という指示は「私服でもスーツでも良い」という意味なので、自分の好きな方を選んで構いません。私服の場合はビジネスカジュアルを満たす格好をし、TPOが守れることをアピールしましょう。
就活はおしゃれをする場ではないので、「自分を良く見せる服装」ではなく、「相手に不快感を与えないきちんとした身だしなみ」を意識することが大切です。

アパレル業界などの一部の企業では、「あなたらしさが現れた服装でお越しください」といった指示を受けることがあります。この場合、企業は学生の個性やセンスを知りたいと考えているので、画一的なリクルートスーツを着て行くのはマイナス評価。
企業の雰囲気や意図を考えた上で、自分が良いと思う服装を選んでください。どこまで自由度のある格好をして良いのか迷ったら、「応募先企業の職場で働いて違和感がない服装」を基準としましょう。企業のイメージを考えたり、企業のWebサイトで社員の服装を見たりすると、何となく雰囲気がつかめるのではないでしょうか。
 

持ち物やヘアスタイルにも気をつけよう

面接は服装だけではなく、ヘアスタイルや持ち物も第一印象を左右する要素です。注意点を確認していきましょう。

ヘアスタイル

服装と同じく髪型に求められるのも清潔感です。
特に目にかかるような長い前髪は表情を暗くするので、男女ともに眉毛が見えるようにセットしましょう。また、髪の長い女性は、お辞儀をした時に髪が落ちてこないかも気をつけたいポイントです。ボブやショートの人は髪をしっかり耳にかけ、結べる長さの人は、ポニーテールやシニヨン、ハーフアップでまとめましょう。

時計

時間は携帯で確認するという人もいますが、オフィスで携帯を見る姿は不真面目な印象を与えかねません。就活中は時計を着用し、時刻は時計で見るようにしましょう。
安いものでOKですが、スーツに合ったシンプルなデザインの時計を選びます。

アクセサリー

スーツの時は指輪やネックレスなどのアクセサリーは一切身につけないのが良いでしょう。私服の場合も、派手なデザインのアクセサリー、歩くたびに揺れる大振りのアクセサリーは避けるべきです。


面接時の身だしなみについて解説してきましたが、知識が増えることで服装の不安は解消されたでしょうか。
就活の面接対策を完璧にしたい、第三者からのアドバイスをもらいたいという方は、新卒支援のキャリアチケットにご相談ください。キャリアチケットでは経験豊富なアドバイザーがカウンセリングを行い、あなたの希望や適性に合った求人をご提案いたします。
応募先が決まった後は、書類選考や面接対策でバックアップするので、就活対策に不安がある人も安心です。
キャリアチケットを使った場合の選考通過率は、1人で就活した時の1.39倍という実績があるため、「アピールできる強みがない」「面接が苦手」という人もお任せください!
相談だけのご利用も歓迎しているので、まずはアドバイザーのカウンセリングを受けてみませんか?

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

カウンセリングで相談してみる

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!