面接にぴったりのネクタイとは?好印象を与える色や柄から結び方までご紹介

このページのまとめ

  • ネクタイは、面接において第一印象を決める重要なアイテム
  • どんな印象を与えたいかによって選ぶネクタイを変えるのが面接に臨む際のポイント
  • 業界に合ったネクタイの色と柄を選択すると、面接時に好印象を与えられる

就活の面接では、リクルートスーツにネクタイを身に付けるスタイルが基本です。しかし、いざ面接に挑むとなると「どんなネクタイを選べば良いのかわからない」と頭を抱えてしまう方は少なくありません。ネクタイは柄や色によって採用担当者に与える印象が変わる重要なアイテム。このコラムでは、面接で好印象を与えるネクタイの色や柄、結び方などについてご紹介していきます。



 

面接で好印象を与えるネクタイとは

ネクタイは就活の際、面接官に与える第一印象を左右する重要なアイテムです。
色や柄、結び方によって雰囲気が大きく変わるので、ネクタイを上手く使い分けることで自分の印象を操作し、内定を掴み取りましょう。
こちらでは、面接で好印象を与えるネクタイについて、詳しく解説していきます。

面接に合ったネクタイの選び方

面接時に着用するネクタイは、持っているものの中から落ち着いた色や柄のものを選びましょう。
よほど派手な色や柄でない限り、印象を悪くすることはありません。自分の好みやスーツのデザイン、業界のイメージに合わせてコーディネートすれば大丈夫です。
また、一次面接や二次面接でネクタイを変える必要はありません。

面接のネクタイはシルク製がおすすめ

ネクタイの素材はシルク製のものがおすすめです。
シルクは上品で落ち着いた印象があり、就活からフォーマルなシーンまでオールマイティーに対応可能。スーツにも馴染むので、ネクタイの素材に迷ったら、まずはシルク製を選ぶと良いでしょう。シルク製のネクタイは結び目が緩みにくいという特徴もあります。
なお、ウール製やニット製のネクタイはカジュアルな印象を与えるので、就活時には適しません。

価格で選ぶならポリエステル製のネクタイがおすすめシルク製のほか、ポリエステル製のネクタイも選択可能です。

ポリエステル製のネクタイは比較的安価で購入できるだけでなく、シワになりづらいのが特徴。中には自宅で洗えるタイプもあります。
ただし、シルクと比べると光沢感が強く、やや安っぽく見えてしまうのがデメリットです。シルク製とポリエステル製それぞれのメリット・デメリットを把握したうえで、自身に合ったネクタイを選ぶと良いでしょう。

幅は9cmでベルトに少しかかるくらいが最適

ネクタイの幅は一般的な9cm前後が理想です。
最近では、華やかで若々しい印象を与える幅の細いナロータイが人気ですが、面接には不適切なので避けましょう。
逆に太すぎるネクタイも避けるべきです。
最近のスーツは細身のものが主流なので、ネクタイが太すぎると不格好に見えてしまいます。
また、ネクタイは短すぎたり長すぎたりしないように注意しましょう。長さはベルトに少しかかるくらいが最適です。

汚れやシワに注意

汚れやシワが付いたネクタイでは、悪い印象を与えてしまいます。
面接では身だしなみや清潔感もチェックされているので、汚れやシワのない、美しいネクタイでスーツ姿をビシッと決めましょう。
特にネクタイは結び目の部分がシワになりやすいので、ネクタイを脱いだあとは、すぐにネクタイハンガーにかけて保存するのがおすすめです。もしくは、ネクタイを丸めて収納することで、折り目を付けることなく保存できます。

▼関連記事
就活では服装も評価される!スーツや私服の正しいマナーを解説



 

面接で好印象を与えるネクタイの色

ネクタイの色を選ぶときは、派手すぎず、面接に相応しい色を選びましょう。
具体的にどんな色を選べば良いのか、こちらでご紹介していきます。

青、紺色

青や紺色のネクタイは、知的で真面目、勤勉で堅実といった印象を与えられます。
スーツと合わせやすいオーソドックスな色なので、就活の定番カラーです。
幅広い業界の面接で使えるため、オールマイティーな青や紺色のネクタイを選ぶ方は多いでしょう。

水色

水色のネクタイは、清潔で明るい印象を与えられます。
夏に着用すれば季節感があり、爽やかかつ涼やかな雰囲気を演出できるでしょう。
ただし、冬に着用してしまうと寒々しく感じ、季節外れの印象を与えてしまうので、注意が必要です。

赤、エンジ色

赤やエンジ色のネクタイは、活動的で情熱的なイメージを与えられます。
やる気を連想させる色なので、ここぞというときや自分を奮い立たせたいときなど、勝負どころでは赤やエンジの色のネクタイを着用すると良いでしょう。
ただし、派手な赤色は攻撃的なイメージがあるので、面接にはエンジ色やワインレッドなど暗めの赤がおすすめです。

ピンク色

ピンク色のネクタイは優しく穏やかな印象を与えられます。
春に着用すれば季節感があり、温かみのある雰囲気を醸し出せるでしょう。
ただし、ピンクは派手になりがちな色なので、面接で着用するなら淡い色合いのものを選んだり、柄の差し色にしたりすることをおすすめします。

緑色

緑色のネクタイは、協調性や若々しさといった印象を与えられます。
周囲をリラックスさせる効果があるので、他者との協調が求められるグループワークの際に着用すると良いでしょう。
また、春に若草色のネクタイを着けると、爽やかな季節感を演出できます。

黄色、橙色

黄色や橙色のネクタイは、社交的で明るい印象を与えられます。
面接のディスカッションやグループ面接の際に、自分自身を明るく活発に見せたいときやコミュニケーション能力をアピールしたいときに身に着けるのがおすすめです。
ただし、明るすぎる色を選ぶと悪目立ちしてしまう可能性があるので、淡い黄色や暗めの橙色を選びましょう。

茶色

茶色のネクタイは、包容力や落ち着きのある印象を与えられます。
大人の落ち着いた雰囲気を感じさせられるので、派手なことを好まない、堅実で保守的な企業の面接の際におすすめです。
しかし、茶色のネクタイは印象に残りにくいので、別の部分でアピールできるように準備しておく必要があります。

グレー

グレーのネクタイは、穏やかで洗練された印象を与えられます。
一見、地味で控えめな色ですが警戒心を和らげ、人に安心感を与える効果があるようです。
ただし「自己主張が弱い」と取られてしまうケースがあるので、グレーのネクタイを着けたい場合は、柄でメリハリを付けるなど工夫しましょう。

面接の際、緊張して表情が固くなったり、雰囲気が暗くなったりしてしまいそうなときは明るい色のネクタイを着ければカバーできる可能性もあります。
演出したい印象に合わせ、上手にネクタイの色を選びましょう。
 



 

面接で避けるべきネクタイの色

面接で着けるにはタブーとされているネクタイの色をご紹介します。
以下の色のネクタイは就活中ではなく、冠婚葬祭やプライベートで使用しましょう。

白、黒

日本では、白いネクタイは慶事用、黒いネクタイは弔事用と考えられています。
特に白や黒の無地のネクタイは面接にそぐわないので、着けないほうが無難でしょう。
中には「白や黒をベースに、ほかの色の柄や模様があれば問題ないのでは?」と思う方もいるようですが、柄や模様があっても白地や黒地のネクタイは印象が良くないので面接では着けないようにしてください。

就活で紫色のネクタイは厳禁とされているわけではありません。
しかし、紫色は高貴で神秘的な印象を与える色。就活では新卒らしさをアピールすることが大切なので、紫色はそういった若々しい印象が感じられないと考える面接官が多いようです。
採用担当者からの印象はあまり良くないようなので、マイナスイメージを与える可能性がある色は、はじめから着けないほうが良いでしょう。

奇抜な色

ネクタイの色は面接の第一印象を左右する大事なものです。
そのため、あまりにも奇抜な色を着けて行ってしまうと逆に悪印象を与えてしまいます。
中には面接で目立とうとして、ゴールドやシルバーといったネクタイを着ける方がいるようですが、そういった奇抜な色は避けたほうが良いでしょう。
また、どんな色のネクタイでも、ビビットカラーのような発色が良過ぎるものも好ましくありません。

面接では服装を通してきちんと一般常識を身に着けているか見られているので、就活の場にふさわしいネクタイの色を選んでください。



 

面接におすすめの柄

ネクタイは柄1つでも、相手に与える印象が大きく変わります。
こちらでは、面接の際に着用をおすすめするネクタイの柄をご紹介します。

無地

無地のネクタイはどのスーツにも合わせやすく、面接でも定番です。
整然とした印象があり、どんな柄を選べば良いのか悩む必要がないため、就活生から人気があります。
ただし、無地の場合は色の印象が強くなるので、あまり派手になりすぎないよう、紺色やグレーなどの落ち着いたネクタイの色を選ぶと良いでしょう。

レジメンタル

レジメンタル(連帯縞)のネクタイは、最もベーシックで洗練された印象を与えます。
パッと目を引く柄なので、就活やビジネスシーンでよく着用されており、日本ではネクタイの定番の柄として人気です。
どんな業種の面接でも使える柄なので、最低でも1本は持っておきましょう。おすすめはストライプの幅が細く2色~3色でまとまったデザインです。
ただし、ストライプの幅が太すぎるとカジュアルな印象になり、色が多いと派手な印象になってしまうので、レジメンタルのネクタイを選ぶときは注意しましょう。
また、レジメンタルはもともと所属している隊を表すデザイン。欧米のビジネスシーンでは着用を避ける傾向があるので、外資系企業の面接を受けるときは気をつけてください。

小紋

小紋とは、小さな紋章が並んだ柄です。
落ち着いた雰囲気があり、誠実な印象を与えられます。
ただし、柄の紋章が大きいと大雑把な印象になるため、落ち着いた雰囲気の小紋柄を選ぶのがポイントです。
小紋柄はコーディネートしやすく、誰からも好印象を得られる柄ですが、派手な外国風のものや変わった紋章などは避けましょう。
また、レジメンタルに小紋をあしらったネクタイをロイヤルクレストと呼びますが、柄が目立ちすぎるため面接には不向きです。

ドット

ドット柄のネクタイは、真面目で落ち着いた印象を与えます。
さり気なくドットや水玉が散りばめられているネクタイはスーツに合わせやすく、存在感がある割にシンプルなのでコーディネートしやすいのが特徴です。
「派手なネクタイは避けたいけれど無地は寂しい」という方は、最低でもドット柄か小紋柄のどちらかは持っておくと良いでしょう。
また、大きめのドットはカジュアルな印象が強くなってしまうので、上品な雰囲気を演出できる小さめのドット柄がおすすめです。

チェック

チェック柄のネクタイは、親しみやすさや活発な印象を与えられます。
太いチェック柄は大雑把な印象が強くなってしまうので、細かいチェック柄を選ぶのがポイントです。また、落ち着いた印象を加えるために、ベースの色と合わせて3色以内にまとめると良いでしょう。
なお、チェック柄はストライプやドットと比べると、カジュアルな雰囲気になるので、金融業界や公務員などの面接では避けることをおすすめします。

派手すぎる柄は控える

面接の際は、キャラクターものやペイズリー柄、ブランドのロゴが入ったネクタイを着用するのは避けましょう。
こういったネクタイはフォーマルなものではないので、面接で着けていると非常識な人だと思われてしまいます。
アパレルやクリエイティブ職の場合は、私服もしくはカジュアルなネクタイでもかまわない場合がありますが、就活では絶対に使用しないようにしましょう。

▼関連記事
就活は無地のネクタイがおすすめ!好印象な色と選び方のコツを解説



 

業界別・おすすめのネクタイ

業界や職種によって、面接官が求めている人材のイメージは異なります。
そのため、業界や職種ごとに求めているイメージに合わせ、ネクタイの色や柄を選ぶと面接の際に好印象を与えられるでしょう。
こちらでは、業界別におすすめのネクタイの色をご紹介します。

公務員、金融業界

公務員や金融業界など、堅い業界の面接には青やグレーのネクタイがおすすめです。
小紋柄やドット柄と組み合わせると、勤勉で知的、穏やかなイメージを演出でき、より誠実で真面目な印象を与えられるでしょう。
青系のネクタイは、爽やかで清潔感があり、どの業界でもオールマイティーに対応できますが、銀行などの金融系や公務員、事務職など、実直な真面目さが求められる業界にピッタリです。

営業、不動産業界

営業職や不動産業界には、やる気や情熱を感じさせる赤系のネクタイがおすすめです。
ただし、派手すぎず、落ち着いたワインレッドやエンジ色を選ぶのがポイント。柄はレジメンタルやチェック柄が良いでしょう。
営業職志望で、仕事への熱意をアピールしたいときや、最終面接で会社への熱意を伝えたいときなど、勝負どころで着用すると効果的です。

クリエイティブ、アパレル業界

クリエイティブ、アパレル業界では、ピンク色や黄色のネクタイをしてみるのがおすすめです。
ピンク色や黄色を面接で着用するのはあまり一般的ではありませんが、服装が比較的自由なクリエイティブ、アパレル業界なら着けていっても問題ありません。
女性受けの良い色なので、女性面接官がいる場合や女性の多い業界の面接に向いているでしょう。
ただし、派手すぎる色は面接に相応しくないので、明るさを抑えた落ち着いた色や淡い色のものを選びましょう。

IT、サービス業界

IT、サービス業界では、黄色や橙色のネクタイで親近感をアピールするのがおすすめです。
明るさやコミュニケーション能力が求められる傾向があるITやサービス業では、コミュニケーションカラーと呼ばれる黄色のネクタイで社交的で明るいイメージを演出しましょう。
協調性をアピールできる緑色のネクタイもおすすめ。
情熱を感じさせる赤やエンジのチェック柄と組み合わせることで、より活発なイメージを演出できるでしょう。



 

面接向けのネクタイの結び方

自分に合ったネクタイが見つかったら、次は面接向けのネクタイの締め方を確認しておきましょう。
いくら好印象を与える色や柄のネクタイを選んだとしても、締め方が雑だったり間違っていたりしたら、だらしなく見えてしまいます。社会人としてふさわしい格好で面接に臨むため、正しいネクタイの締め方をマスターしておきましょう。

プレーンノット

小さな結び目を作る基本的な締め方で、就活において最も一般的で簡単な方法です。
就活だけでなく、さまざまなビジネスシーンや冠婚葬祭で使える締め方なので、覚えておくことをおすすめします。

1.首に回したネクタイの大剣を長めにし、小剣の上にクロスする 
2.そのまま大剣を小剣に巻きつけるように1周回し、前へ持っていく
3.さらに半周大剣を回し、小剣の後ろに持っていく
4.ループ状になった部分に、大剣を上から通す
5.結び目が小さく整うように形をつくっていく
6.小剣を引っ張り、上にあげる

ゆるく結んでしまうとだらしなくなるので、結び目は固く引き締まるように意識しましょう。

ダブルノット

縦に長い結び目が特徴で、比較的簡単な締め方です。
体格に関わらずバランスが良くみえるので、ビジネスシーンやフォーマルな場面に適しています。

1.小剣を短めになるようにかけ、大剣が前にくるようにクロスする
2.上に重ねた大剣を、小剣を軸にして後ろから2周する
3.ループ状になった部分の手前側の方から大剣を通す
4.結び目が綺麗な形に整うように調整する
5.小剣をひっぱりながら上にあげる

結び目のボリュームが大きくなる締め方なので、生地が薄めで細いネクタイを使用するとやりやすいでしょう。

ウインザーノット

結び目が大きく、正三角形に近い仕上がりになる締め方です。
大柄な方でもバランスが取りやすく、大らかで安定感のある印象を与えられます。

1.小剣を短めにとり、大剣を小剣にクロスさせ後ろに出す
2.大剣をループから通す
3.上に重ねた大剣を首側に通す
4.大剣を前から回し首側に通す
5.ループ状になった部分に大剣を上から通す
6.結び目を綺麗な形に整うように調整する
7.小剣をひっぱりながら上にあげる

幅が広いネクタイだと、結び目の大きさが目立ちすぎてしまうので、注意しましょう。

ネクタイピンを着けても良い?

面接では、ネクタイピンを着けても構いません。
ネクタイピンはネクタイが揺れたり、曲がったりするのを防ぐアイテム。移動中などでネクタイの揺れが気になる方はネクタイピンでおさえましょう。
ネクタイピンを着けるのであればシルバー系の装飾が少ないシンプルなデザインがおすすめ。クリップ式もしくはワニ口式のものを選びましょう。
留める位置はジャケットの第一ボタンより少し上で、ジャケットに隠れるか、少し見える程度が適切です。

▼関連記事
就活生にネクタイピンは必要?正しく付ければ印象アップにつながる可能性も



 

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。