面接の髪型は合否に関わる!就活における身だしなみのルールを男女別に解説

このページのまとめ

  • 面接では清潔感を第一に考え、髪型と身だしなみを整える
  • 就活生の前髪は、眉毛が見える長さが基本
  • 肩にかかる髪は1つにまとめ、顔周りをスッキリさせる
  • 面接での男性の髪型はショートスタイルが好印象
  • 面接での女性の髪型は、「ポニーテール」「ハーフアップ」「シニヨン」が定番

「面接にふさわしい髪型は?」と気になる就活生は多いのではないでしょうか?
「明るい髪色はOK?」「長い前髪はNG?」など、人によって気になるポイントはさまざまでしょう。
面接は第一印象が重要なので、男女ともに清潔感のある髪型が求められます。このコラムでは、面接にふさわしい髪型や身だしなみのマナーを男女別に解説。清潔感を意識して身だしなみを整え、印象アップを目指しましょう。
 

面接での髪型は清潔感が重要

面接の身だしなみは清潔感が第一なので、おしゃれや個性よりも「相手が不快に感じない髪型」を意識しましょう。
初対面の人を判断する際に、見た目の印象は大きな材料になります。髪型は第一印象を左右する大事なポイントなので、きちんと整えることが重要です。
 

清潔感のある髪型に仕上げる4つのポイント

清潔感を出すためには、下記のポイントを押さえる必要があります。

1.顔周りに髪の毛をかけない

表情が見えないと暗い印象になるので、顔周りに髪の毛を垂らさずスッキリさせましょう。
眉毛を出すと表情が豊かに見えるので、前髪は眉上にカットするのがおすすめ。
短い前髪に抵抗がある方は、前髪を上に上げたり、横に流したりしてもOKです。
女性で前髪を横に流す場合は、片方の眉毛だけでも見えるようにしてください。男性で前髪をおろす場合は、長くても眉毛までに整えましょう。

2.髪色は黒が一般的

一般的に、社会人は黒髪が基本のため、髪色は黒を選びましょう。
髪色は必ずしも「黒でないとダメ」なわけではありませんが、あまりに明るいとビジネスマナーを疑われる恐れがあります。
面接の際は黒または「染めている」と感じない範囲でのナチュラルなカラーリングを心掛けましょう。

3.肩周りも清潔にする

肩周りにフケや抜け毛が落ちていると、清潔感に欠けるため注意が必要です。ヘアスプレーやワックスの使い方によっては、肩周りに白い粉がつく場合も。
肩周りは目に入りやすいので、面接前に鏡で確認し汚れがないかチェックしましょう。

4.面接中はむやみに髪を触らない

面接中に髪を触るのは、落ち着かない印象を与えるため避けたほうが無難です。
特にお辞儀をしたタイミングで髪を直す女性が多いので、注意してください。頭を振って髪の乱れを直すのもNGなので、あらかじめヘアピンやスプレーで髪を固定しておきましょう。
面接中は身振り手振りをするとき以外、手は膝の上に置いてください。

▼関連記事
第一印象が勝負!面接で好印象を持ってもらうには
 

男性編:面接時の髪型で押さえておきたいポイント

男性が押さえておきたい髪型のポイントは下記のとおりです。

・癖やハネを抑え整えた髪
・前髪は眉毛にかからない長さ
・もみあげは耳たぶより短い長さ
・サイドは耳にかからない長さ
・襟足はシャツの襟にかからない長さ

寝ぐせがついた髪はだらしない印象なので、外出前に鏡をチェックして整えておきましょう。

前髪は上げても下ろしてもOK

前髪は眉毛にかからない長さであれば、上げても下ろしてもOKです。
前髪を上げる場合は、アクティブな印象のアップバングにするのがおすすめ。アップバングとは、ワックスで前髪を立ち上げ、おでこを完全に出すスタイルのことです。
前髪を下ろす場合は、眉にかからない長さにカットし、横に流すと清潔感が出るでしょう。

▼関連記事
就活にふさわしい男性の髪型は?好印象を与えるスタイルを輪郭別にご紹介
 

男性編:面接にふさわしい髪型

男性におすすめの髪型は下記のとおりです。

迷ったときはショートが無難

どんな業界・企業でも印象が良い髪型といえば、ショートスタイルがベストです。
ショートスタイルは爽やかでアクティブな印象があり、フレッシュさが求められる新卒にぴったりでしょう。
ショートスタイルとひとくちにいっても、ベリーショートやショートレイヤー、マッシュショートなど髪型はさまざまです。顔の形や雰囲気によって似合う・似合わないがあるので、美容師に相談して決めると良いでしょう。

過度な刈り上げでなければツーブロックもOK

「ツーブロックは面接にふさわしくない」という意見がありますが、地肌が見えない自然な髪型であれば、基本的にOKです。
ツーブロックを自然に仕上げるには、長さを6mm以上に設定し、刈り上げる範囲を短くするのがポイント。
ITやベンチャーといった自由な社風の企業では、細かい髪型まで気にしない傾向にあります。
ただし、企業や面接官によってはマイナス印象になる可能性があり注意が必要です。特に金融や公務員などの堅い業界では、ツーブロックは避けたほうが良いでしょう。

丸刈りは避けたほうが無難

丸刈りは相手に威圧感を与えやすいため、面接では避けたほうが無難です。
中には事情や体質によって、丸刈りで面接に臨む人もいるでしょう。その場合は、明るい表情と挨拶を心がけると、印象アップを図れます。
丸刈りの理由を聞かれたときの回答も準備しておきましょう。

▼関連記事
就活は髪型が勝負!おすすめメンズヘアスタイルとは
 

男性編:髪型のスタイリング方法

癖やハネのある髪型はだらしなく見えるので、下記の流れでスタイリングしましょう。

1.髪全体を根元まで水で濡らす
2.髪の毛の水分をタオルで拭き取る
3.髪の根本からドライヤーをかけ、トップを軽く立ち上がらせる
4.500円大のワックスを両手で伸ばす
5.バック→トップ→サイド→フロントの順で、髪全体にワックスを揉みこむ
6.トップの髪はふんわり感を残し、サイドと前髪をタイトにまとめる
7.20cm以上離した位置からスプレーをかけ、髪型を固定する

ワックスのつけ過ぎは不潔な印象につながるので、手のひらでよく伸ばし、髪にダマがつかないようにしましょう。
 

女性編:髪型で押さえておきたいポイント

女性の場合、下記のポイントを押さえて髪型を整える必要があります。

・前髪は眉毛が見える長さにする
・サイドは触覚を作らず耳を出す
・肩にかかる髪は1つにまとめる
・ヘアゴムは黒や茶色など目立たない色を選ぶ

サイドの髪は耳にかけると、顔周りがスッキリして表情が明るく見えるでしょう。

▼関連記事
髪型は就活女子の命!印象アップするために覚えておくこと
 

女性編:面接にふさわしい4つの前髪

面接では、パッツンやアシンメトリーといったオシャレ重視の前髪はNGです。下記で、面接にふさわしい前髪を確認しておきましょう。

1.斜め前髪

斜め前髪は、長さを問わず作りやすいので就活生におすすめです。
カーラーやアイロンで前髪に自然な流れをつくり、横に流してスプレーで固定しましょう。
前髪を眉上に切りそろえている方は、斜めに流すことで落ち着いた印象に仕上がります。

2.センター分け

前髪が長い人は、センター分けにしておでこを出すのがおすすめ。
前髪を中央で分けてそれぞれ耳の方に持っていき、分け目部分にスプレーをかけて固定します。
童顔な人はセンター分けにすることで、落ち着いた印象に仕上がるでしょう。

3.ポンパドール

ポンパドールはおでこが出るため、アクティブな印象を与えたい方におすすめです。
ワックスをつけて前髪をとったら上に持ち上げ、一度ねじりながら頭頂部にアメピンで固定します。
ピンで固定するので、短め・長めどちらの前髪でもセットしやすいでしょう。

4.オールバック

前髪が長い方は、オールバックにしておでこを出すとキリリとした印象に仕上がります。
スタイリング剤をつけて前髪を後ろに流し、後ろの髪と一緒に1つにまとめましょう。
オールバックの女性は少数派なので、面接官の印象に残る可能性が高いです。

▼関連記事
就活で好印象を与える前髪とは?流し方や伸ばしかけのセット方法も紹介!
 

女性編:4つの長さ別おすすめのヘアスタイル

女性の髪型はロングもショートもOKですが、洗いざらしのままではいけません。清潔感を意識し、髪の長さに合わせてスタイリングしましょう。

1.ロングの場合

ロングの場合、後で1つに束ねるのが定番のスタイル。スタイリングによってイメージが変わるので、企業の社風に合わせて変えると良いでしょう。

ポニーテール:活発で爽やかな印象

ポニーテールは活発で爽やかな印象を与えるので、営業職など活動的な職種から、金融や公務員といった堅い業界にも向いています。
高い位置で結ぶと子どもっぽく見えるので、耳の高さを目安にするのがポイント。頭を後方に倒しながら結ぶと、後ろ髪が膨らむのを防げます。
髪が多い人は太いゴムを使い、髪をしっかりまとめましょう。
髪の広がりが気になる場合は、ヘアアイロンでストレートに整えておくのがおすすめです。

シニヨン:上品で大人っぽい印象

髪の毛をお団子にまとめたシニヨンは、上品で大人っぽい印象を与えます。
すっきりと知的な印象があるため、接客業やCAを目指す方に特におすすめです。
シニヨンは最初に耳の高さでポニーテールを作り、髪をねじって結び目に巻きつけていくのが基本の手順。
結び目から毛先にワックスをつけると、崩れにくいお団子に仕上がります。
お団子ができたらピンで固定し、崩れを防ぐためにハードスプレーをかけてください。
さらに崩れにくくしたいときは、ポニーテールの段階で髪用のネットをかぶせ、結び目に巻きつけてピンで固定します。

2.ミディアムの場合

ミディアムの場合、長さによっては1つに結べないこともあるでしょう。
結べない場合は、サイドの髪の毛を耳にかけたダウンスタイルがおすすめ。髪はストレートだけでなく、内巻きのワンカールにしても構いません。

ハーフアップ:女性らしい優しい印象

ハーフアップは女性らしく優しい印象を与えるため、パンツスーツよりもスカートと相性が良いでしょう。
ハーフアップは、耳の少し上あたりで髪の毛を結びます。髪の毛がきれいにとれない時は、櫛で髪の表面を整えながら結んでください。
毛先の方向がばらばらだとカジュアルな印象になるので、髪がまとまりにくい人はアイロンで伸ばしておきましょう。

3.ボブの場合

ボブは髪の毛を1つにまとめるのが難しいため、両耳を出して顔周りをスッキリさせましょう。
お辞儀したときにサイドの髪の毛が落ちてこないよう、ピンで固定するのがおすすめです。
ダウンスタイルをきれいに見せるには、ドライヤーやヘアアイロンで毛先をやや内巻きにするのがポイント。
表面に短い髪の毛が飛び出ないよう、固めのワックスで全体を押さえておきましょう。

4.ショートの場合

ショートは前髪を横に長し、まとまりを出すのがおすすめです。
髪の毛にツヤが出るように、スタイリング剤で整えるのも重要。
シルエットを整えたらヘアスプレーなどで固定し、風や雨で髪型が乱れないようにしましょう。

▼関連記事
就活スーツを引き立てる女性の髪型とは
 

面接の髪型でよくある3つのQ&A

髪型の基本的なマナーを押さえたところで、下記Q&Aをチェックしておきましょう。

1.髪色の明るさはどこまで許される?

明るすぎないナチュラルブラウンを目安と考えてください。
髪色は業界によって許容度が異なるので、応募先企業の社風に合わせるのが重要です。
一般的に、アパレルや美容業界は明るい髪色OKですが、金融や公務員など堅い業界はNGな傾向にあります。
いずれにせよ、髪色で評価を落としたくなければ、就活中は黒髪にするのが賢明でしょう。
面接の直前に髪を染めると色落ちの危険があるため、最低でも1週間前までには美容院に行くのがおすすめです。

2.証明写真と面接で同じ髪型が良い?

別人に見えるレベルでなければ、証明写真と面接での髪型が同じでなくても構いません。
ただし、あまり古い写真を使うのは良くないので、履歴書やESには撮影から3ヶ月以内の証明写真を使いましょう。
証明写真も面接と同様にスーツを着用し、就活にふさわしい髪型で写るようにしてください。

3.天然パーマはストレートにした方がいい?

就活で大切なのは清潔感なので、天然パーマを無理にストレートにする必要はありません。
男性の場合は短くカットし、癖が出る範囲を押さえるのがおすすめ。
女性は髪を伸ばし、後で1つにまとめると髪の広がりを押さえられるでしょう。
髪の毛は乾燥すると癖が出やすくなるため、スタイリング剤でツヤを出し、まとめることも重要です。

▼関連記事
くせ毛が悩みの就活女子におすすめの対策と髪型をご紹介!
 

面接では髪型を含めた身だしなみが重要

せっかく髪型を整えても、スーツや靴に汚れがあれば、不潔な印象につながる恐れがあります。
身だしなみを整えるには、相手に対する配慮と敬意が必要です。
見た目だけでなく、日常的に入浴したり口腔ケアを行ったりして、匂いにも気を配りましょう。

男性編:基本的な身だしなみのマナー

下記で、男性の身だしなみマナーを確認しておきましょう。

スーツ

黒や紺、グレーといった落ち着いた色のスーツを選びましょう。
背面のデザインは、中心にスリットが入った「センターベント」か、左右にスリットが入った「サイドベンツ」が一般的です。がっしりした体型の人は、サイドベンツを選びましょう。
ボタンは一番下以外をすべて留めるのが基本です。

シャツ

就活では、レギュラーカラーの白のワイシャツを選びましょう。
ボタンダウンはカジュアルな印象なので、就活では避けた方が無難です。シワがあると清潔感に欠けるので、アイロンをかけてきれいな状態を保ちましょう。

ネクタイ

ネクタイの色は、冠婚葬祭のイメージがある黒や白、派手な色を避ければOKです。
青、水色、灰色、赤、黄色などから、自分の顔色や企業の雰囲気に合ったものを選びましょう。
柄は無地やドット、ストライプが定番です。大きなブランドのロゴやキャラクターが入ったものは、悪目立ちするので避けましょう。

ベルト

黒や茶色など、靴の色に合わせた革製のベルトを選びましょう。
バックルはシンプルなシルバー製がおすすめ。
派手なデザインはスーツに合わないため、就活では避けましょう。

就活では、皮または合皮でできた黒のビジネスシューズを選ぶのが一般的。
デザインとしては、甲の部分に縫い目がない「ストレートチップ」と、爪先に1本の縫い目がある「プレーントゥ」が王道です。
つま先にWの縫い目がある「ウイングチップ」や紐がない靴は、カジュアルな印象なので避けましょう。

靴下

黒や濃紺などスーツに馴染む色で、無地の靴下を選びましょう。
長さはすねまであると、地肌が見える心配がなく安心です。

カバン

A4サイズが入る黒の手提げカバンがおすすめ。
面接ではカバンを床に置くことが多いため、床に置いたときに自立するデザインを選びましょう。
撥水加工されていると、カバンの中身が濡れる心配がありません。

女性編:基本的な身だしなみのマナー

女性の身だしなみのマナーは下記のとおりです。

スーツ

スーツの色は黒・紺・グレーなど落ち着いた色を選びます。
女性の場合、ボタンは全部留めるのがマナーです。

ボトム

パンツスーツとスカートはどちらを選んでも問題ありません。
パンツスーツは活発な印象を、スカートは女性らしく柔らかな印象を与えるので、応募する企業や職種に合わせて選びましょう。
パンツスーツの種類は、フレアタイプとストレートタイプのどちらでもOK。
丈はヒールに数センチかかる長さが良いでしょう。
スカートの丈は、座ったときに膝上5センチになるくらいがベストです。

ブラウス

就活に使えるブラウスは、第1ボタンまでしっかり留める「レギュラーカラー」と、第1ボタンを留めずに襟を上着の外に出す「スキッパーカラー」の2種類。
レギュラーカラーは真面目で誠実な印象、スキッパーカラーは活発で華やかな印象を与えるため、見せたいイメージに合わせて選びましょう。
企業によっては薄いピンクやブルーもOKな場合がありますが、就活生は白いブラウスが無難です。

ストッキング

黒ではなく、ベージュのストッキングを履きましょう。ベージュといってもライトベージュやダークベージュなど種類があるので、自分の肌色に合うものを選ぶと自然です。
ストッキングは破れやすいので、就活中は忘れずに予備を持ち歩きましょう。

革もしくは合皮の黒いパンプスを選びます。光沢のあるエナメル素材や、つま先が過度に尖った靴はカジュアルな印象のため避けてください。
ヒールの高さは3~5センチが目安。太めのヒールが歩きやすくおすすめです。

カバン

就活では、A4サイズが余裕で入る黒の肩掛けカバンを使うのが一般的。
ブランドロゴが目立つカバンは悪目立ちするので、避けたほうが無難です。
床に置いたときに自立するカバンを選ぶと、面接中にカバンに気を取られる心配がありません。

メイク

就活では、血色が良く見えるナチュラルメイクがおすすめです。
派手なアイメイクやチークはふさわしくないので、素顔に近いメイクを心がけましょう。
ノーメイクだと顔色が悪く見える傾向にあるため、普段すっぴん派の人もファンデ・アイブロウ・リップといった最低限のメイクはしておきましょう。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる! LINE友だち登録をする