面接の髪型は合否に関わる!就活で好印象な身だしなみのルール

このページのまとめ

  • 面接の身だしなみと髪型は清潔感を第一に考える
  • 面接での男性の髪型はショートスタイルが好印象
  • 清潔感があればツーブロックも許容される
  • 面接での女性の髪型は、「ポニーテール」「ハーフアップ」「シニヨン」が定番
  • 髪色の許容度は業界によって違いがある

面接の髪型に悩む新卒に向けて、男女別の定番ヘアスタイルをご紹介します。ツーブロックや明るい髪色は大丈夫なのか、気になる髪型の疑問を解決しましょう。面接の身だしなみは清潔感が第一。整髪料の使いすぎや、面接中に髪を触る動作にも気をつけてください!男女別のスーツの着こなしもご紹介するので、ネクタイの色やブラウスの選び方を学びましょう。

面接の髪型で気をつけたい基本マナー

まずはじめに、髪に関する基本のマナーを学びましょう。

清潔感が第一

面接の身だしなみは清潔感が第一。おしゃれや個性よりも、相手が不快に感じない清潔感があるかどうかを重視しましょう。
髪の毛のマナーとしては、寝癖はもちろん、肩周りにも気を配ります。スーツの上にフケや抜け毛が落ちていないか、面接前に必ず鏡で確認しましょう。
これは男性に多い失敗ですが、整髪料をつけすぎてテカテカした髪は、清潔感がないように見られます。スプレーやワックスは適量を使うように気をつけてください。

前髪が顔にかからないようにする

前髪が目にかかると暗い印象になってしまいます。眉毛を出すと表情が豊かに見えるので、前髪の長さやセットには気を配りましょう。眉毛を出すのに抵抗がある女性は、片方の眉毛だけでも見えるようにしてください。
前髪を上げるのが難しい髪質の人は、面接官に悪い印象を与えない程度に前髪を整えればOKです。男性で前髪をおろす場合は、長くても眉毛までに整えましょう。

面接中に髪を触らない

面接中に髪を触るのは良い印象になりません。特にお辞儀をしたタイミングで髪を直す女性が多いので、注意してください。頭を振って髪の乱れを直すのも駄目なので、あらかじめヘアピンやスプレーで髪を固定しておきましょう。
面接中に緊張して髪をいじるのも、落ち着きがない印象を与えます。面接中は身振り手振りをする時以外、手は膝の上に置いてください。

面接にふさわしい髪型(男性)

ここでは、面接にふさわしい男性の髪型をご紹介します。

髪型に迷ったらショートスタイルがおすすめ

どんな業界・企業でも印象が良い髪型といえば、やはりショートスタイルがベストです。ショートスタイルには爽やかでアクティブな印象があり、フレッシュさが求められる新卒にぴったりでしょう。
ショートスタイルでない場合も、サイドを耳にかからない長さにし、襟足を短くすっきりさせれば、清潔感のある雰囲気を出せます。
髪型は顔の形やその人の雰囲気によって似合う・似合わないがあるので、自分に似合い、なおかつ清潔感があるヘアスタイルにするのが理想です。

ツーブロックは大丈夫?

ツーブロックは個性が強く、面接にふさわしくないという意見があります。
確かにツーブロックは、企業や面接官によってはマイナス印象になる可能性があり、就活を第一に考えるならショートスタイルが賢明でしょう。特に金融や公務員などの堅い業界では、ツーブロックは避けるのが無難です。

しかし、ツーブロックが必ずしも駄目というわけではなく、誠実さや清潔感があればOKという企業も存在します。ITやベンチャー、そのほか自由な社風の企業では、細かな髪型は気にしないことが多いようです。
髪型に迷った時は、自分が受ける業界や企業に合ったスタイルを選ぶのが正解。ただし、男性のロングヘアは多くの企業で清潔感がないと判断されるので、就活中は控えましょう。

丸刈り(坊主頭)は印象が良くない?

丸刈りもツーブロックと同じく、就活において賛否両論のある髪型です。なぜなら丸刈りは、相手に威圧感を与えやすく、「顧客に会わせるのが心配」と思われる可能性があるからです。
ですので就活中は控えた方が良いですが、中には事情や体質によって丸刈りで面接に臨む人もいるでしょう。
その場合は、明るい表情と挨拶を心がけると、印象アップをはかれます。丸刈りの理由を聞かれた時の回答も準備もしておきましょう。

面接にふさわしい髪型(女性)

次に、女性の髪型をご紹介していきます。

ポニーテール:活発で爽やかな印象

ポニーテールは活発で爽やかな印象を与えるので、営業職などの活動的な職種におすすめ。しっかりとまとめれば、金融や公務員といった堅い業界にも向いています。

ポニーテールをつくる時のポイント

ポニーテールは髪を結ぶ高さによって印象が変わります。あまり高い位置で結ぶと子どもっぽくなりスーツに合わないため、耳の高さを目安に結びましょう。
髪の広がりが気になる場合は、アイロンでストレートに整えておくのがポイント。頭を後方に倒しながら結ぶと、後ろ髪が膨らむのを防げます。髪が多い人は太いゴムを使ってしっかりまとめましょう。

ハーフアップ:女性らしい優しい印

ハーフアップは女性らしく優しい印象を与えます。パンツスーツよりはスカートと相性が良いでしょう。

ハーフアップをつくる時のポイント

耳の少し上あたりで髪の毛を適量とって結びます。髪の毛がきれいにとれない時は、櫛で髪の表面を整えながら結んでください。
毛先の方向がばらばらだとカジュアルな印象になるので、髪がまとまりにくい人はアイロンで熱を加えておきましょう。

シニヨン:上品で大人っぽい印象

ポニーテールよりさらにすっきりとしたシニヨンは、上品で大人っぽい印象を与えます。すっきりと知的な雰囲気のあるシニヨンは、ホテルやCAを目指す人におすすめです。

シニヨンをつくる時のポイント

ポニーテールと同じで、位置が高いと子どもっぽく見えてしまいます。低い位置~中間の位置でお団子をつくりましょう
シニヨンは最初にポニーテールをつくり、髪をねじって結び目に巻きつけていくのが基本の手順。この時、毛先にワックスをつけると、崩れにくいお団子に仕上がります。お団子ができたらピンで固定し、崩れを防ぐためにハードスプレーをかけてください。
さらに崩れにくくしたい時は、ポニーテールの段階で髪用のネットをかぶせ、同じように結び目に巻きつけてピンで固定します。

ボブやショートは下ろしたままでもOK

結べる長さがない場合、髪は下ろしたままでも構いません。気をつけたいのは、耳をしっかり出すことと、乱れがないよう綺麗にセットすること。
耳出しには、表情を明るく見せる効果があります。耳の横の毛はピンでとめ、お辞儀をした時に髪が落ちるのを防ぎましょう。
ダウンスタイルを綺麗に見せるには、ドライヤーやヘアアイロンで毛先をやや内巻きにするのがポイントです。

前髪のセット方法

前髪は眉毛と額が見えるようにセットしましょう。目にかかってしまうのは就活の髪型マナーとして相応しくないので、切るかセットで整えてください。

ななめ前髪

カーラーやアイロンで前髪に自然な流れをつくり、横に流してスプレーで固定します。

センター分け

前髪を中央で分けてそれぞれ耳の方に持っていき、真ん中の分け目部分に軽めのスプレーをかけます。

ポンパドール

軽めのワックスをつけて前髪を後ろに流し、頭頂部になでつけるようにしてピンで固定します。

オールバック

軽めのワックスをつけて前髪を後ろに流し、後ろの髪と一緒にまとめます。

面接の髪型でよくある3つの疑問

男性・女性の髪型のパターンが分かったところで、よくある疑問を解決していきましょう。

1.髪色の明るさはどの程度まで許される?

就活中の髪色は黒髪が基本。髪を染めたい時は、明るすぎないナチュラルブラウンを目安として考えてください。
髪色は業界によっても許容度が異なるので、受ける業界によって注意が必要です。一般的に、金融や公務員などの”堅い”業界は暗めの色が良いとされます。アパレルや美容業界は明るい髪でも許容される場合があるので、応募先の傾向を考えることが大切です。
髪色で評価を落としたくないのであれば、就活中は黒髪にするのが賢明でしょう。面接の直前に髪を染めると色落ちの危険があるため、最低でも1週間前までには美容院に行くのがおすすめです。

2.履歴書の証明写真と同じ髪型がいい?

証明写真との髪型の違いを気にする人がいますが、別人に見えるレベルでなければ問題はありません。ただし、あまり古い写真を使うのは良くないので、履歴書やESには撮影から3ヶ月以内の証明写真を使いましょう。
証明写真も面接と同様にスーツを着用し、就活にふさわしい髪型で写るようにしてください。

3.天然パーマはストレートにした方がいい?

天然パーマはイメージが悪いと考える人もいますが、無理に縮毛強制などをする必要はありません。就活で大切なのは清潔感なので、女性は髪をしっかり結び、男性は髪を短くして整髪剤でまとめれば大丈夫。
生まれつきの髪質や色に不安がある人は、履歴書にひと言書き添えておいても良いでしょう。

面接では髪型を含む身だしなみが大事

髪型と合わせて、スーツの着こなしもその人の印象を左右する要素です。男女別の身だしなみのポイントをまとめたので、面接前にチェックしてください。

男性

男性のスーツは自分に合ったサイズ選びが重要。必ず店舗で試着し、肩幅や袖の長さが適切か確認しましょう。
ネクタイの色も印象を左右するので、自分の顔色や企業の雰囲気に合ったものを選ぶのがポイントです。

スーツ

黒や紺、グレーといった落ち着いた色のスーツを選びましょう。
背面のデザインは、中心にスリットが入った「センターベント」か、左右にスリットが入った「サイドベンツ」が一般的です。がっしりした体型の人は、サイドベンツを選びましょう。
ボタンは一番下以外をすべて留めます。

ネクタイ

ネクタイの色は、冠婚葬祭のイメージがある黒や白、派手な色を避ければ何でもOK。青、水色、灰色、赤、黄色などから、自分の顔色や企業の雰囲気に合ったものを選びましょう。
柄は無地やドット、ストライプが定番です。大きなブランドのロゴが入ったものは避けましょう。

黒もしくはこげ茶のビジネスシューズ(革)を選びます。
デザインとしては、「ストレートチップ」と「プレーントゥ」が王道。つま先にWの縫い目がある「ウイングチップ」や紐がない靴は、カジュアルな印象なので避けましょう。

女性

女性の身だしなみは、スカート丈やメイクが注意ポイント。スカート丈が短すぎないか、メイクが濃すぎないか、鏡の前でチェックしてください。
就活では、ナチュラルで清潔感のある見た目が好まれます。普段はお化粧が濃いという人も、つけまつげやチークが過度になっていないか気をつけましょう。

スーツ

男性と同じく、スーツの色は黒、紺、グレーを選びます。ボタンは全部留めましょう。

ボトム

パンツスーツとスカートはどちらでも問題ありません。パンツスーツは活発な印象を、スカートは女性らしく柔らかな印象を与えるので、迷ったら応募する企業や職種に合わせて選びましょう。
パンツスーツの種類は、フレアタイプとストレートタイプのどちらでもOK。丈はヒールに数センチかかる長さが良いでしょう。スカートの丈は、座った時に膝上5センチになるのが目安です。

ブラウス

リクルートスーツに合わせるブラウスは、第一ボタンまでしっかり留める「レギュラーカラー」と、第一ボタンを留めずに襟を上着の外に出す「スキッパーカラー」の2種類。
レギュラーカラーは真面目で誠実な印象を、スキッパーカラーは活発で華やかな印象を与えます。

ストッキング

黒ではなく、ベージュのストッキングを履きましょう。ベージュといっても、ライトベージュやダークベージュといった種類があるので、自分の肌色に合うものを選ぶと自然です。
ストッキングは破れやすいので、就活中は忘れずに予備を持ち歩きましょう。

革もしくは合皮の黒いパンプスを選びます。光沢のあるエナメル素材や、つま先が過度に尖った靴は避けてください。
ヒールの高さは3~5センチが目安。太めのヒールが歩きやすくおすすめです。


ここまで、面接の髪型や身だしなみをお伝えしましたが、自信を持って面接に臨めそうですか?
髪型や服装、面接の受け答えに自信がない人は、模擬面接で事前に練習しましょう。プロの就職エージェントを使えば、面接官目線の的確なアドバイスが得られます。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!