面接に最適なスーツを男女別にご紹介!好印象な着こなしのマナー

このページのまとめ

  • 面接では清潔感とビジネスマナーに気をつける
  • 面接官は、応募者の服装や身だしなみを細かくチェックしている
  • 男性は黒か紺の無地のスーツがおすすめ
  • 女性は黒の無地で2つボタンのスーツがおすすめ
  • 面接の服装は自由と言われたら、スーツで行くのが無難

面接時の服装は、第一印象を決める大切な要素の1つ。マナーをしっかり押さえていないと、高いスキルがあって良い自己PRができたとしても、好印象を与えることは難しいでしょう。
当コラムでは、就活生の面接に最適なスーツをご紹介。面接時のスーツの着こなしマナーや、服装以外の身だしなみについても分かりやすく解説しています。
ビジネスマナーをしっかり理解し、面接突破を目指しましょう。

面接時の服装で第一印象が決まる

第一印象で相手に与える印象は、視覚情報で決まることが多いといわれています。就活の面接では、しっかりとした受け答えや効果的な自己PRができるよう準備をしておくことは大切です。
しかし、それと同時に面接官の目に最初に映る、服装や身だしなみをしっかり整えておくことも、良い第一印象を与えるために重要なポイントとなります。

応募者のスーツや身だしなみは細かく見られている

面接官は、応募者の姿から以下の点をチェックしています。

・面接に最適なスーツを着ているか
・スーツのサイズが合っているか
・スーツの着こなしマナーを守れているか
・服装や髪に乱れがないか
・全体的に清潔感があるか

社会人にとって、整った身だしなみは基本。だからこそ、服装や髪型に乱れがあるとそれだけで大きなマイナスイメージを与えてしまいます。
身だしなみをしっかり整えたうえで明るい笑顔やしっかりした挨拶をプラスすると、良い印象を与えられるでしょう。

清潔感とビジネスマナーに気を配る

多くの企業で、応募者の清潔感が重視されています。清潔感がある姿で面接に挑むことは、社会人として必要なビジネスマナーの1つ。スーツやシャツは面接の前にクリーニングに出しておき、シワやシミの無いものを着用できるよう準備しておきましょう。
綺麗なスーツを着ていても、サイズが合っていなかったり着こなしがだらしなかったりすると、清潔感が伝わらないだけでなく、ビジネスマナーがなっていないと評価されてしまいます。綺麗なスーツを正しく着こなし、清潔感とビジネスマナーを同時にアピールしましょう。
また、長い爪や髪の乱れにも注意が必要。爪は切り、髪の寝癖は直し、表情が見えるすっきりとした髪型にしましょう。

▼関連記事
第一印象が勝負!面接で好印象を持ってもらうには

新卒の就活で選ぶべきスーツとは?

面接に最適なスーツを、男女別にご紹介します。

男性の場合:黒か紺の無地でシングルスーツがおすすめ

男性は、黒か紺の無地のスーツを選びましょう。なかには、ストライプ柄のスーツしか持っていないという人もいるかもしれませんが、就活では無地を選ぶのが無難。形はジャケットの前ボタンが縦一列に並んでいるシングルスーツを選びましょう。ダブルスーツはフォーマルな印象を与えてしまうため、就活の面接には不向きです。
また、ズボンは折り目がしっかりついており、裾は靴の甲にかかる程度の長さにしましょう。
ネクタイは派手な色や白・黒を避け、無地・ドット・ストライプのものを選びます。

女性の場合:黒の無地で2つボタンのスーツがおすすめ

女性は、黒い無地で2つボタンのテーラードジャケットスーツが一般的です。
ボトムは、スカートとパンツどちらでも構いません。スカートは華やかな印象を、パンツはクールな印象を与えます。自分の着やすいものや、与えたい印象に合わせて選ぶと良いでしょう。
スカートの場合は、立ったときに膝が半分ほど隠れ、座ったときに膝上5cmほどの長さになるのが理想。パンツの場合は、パンプスのヒール部分が少し隠れるくらいの長さが良いでしょう。
ストッキングは、無地の肌色で30デニールほどのものを選びます。破れたときのために、予備を必ず持参しましょう。

▼関連記事
就活スーツはいつ用意すればいい?男女別の注意点を解説

押さえておきたい面接スーツの3つの着こなしマナー

面接に最適なスーツについて分かったら、次に確認したいのは着こなしのマナーです。

1.室内ではスーツのフラップを中に入れる

フラップとは、ジャケットのポケットに付いている蓋のこと。
フラップは、屋内では中に入れ屋外では外に出すのがマナーです。物を入れて膨らんだ状態のポケットは不格好なため、何も入れず空っぽにしておきましょう。

2.女性はボタンを全て留め、男性は1番下のボタンを外す

女性はジャケットのボタンを全て留め、男性は一番下のボタンを外して着ましょう。
座るときに全てのボタンを外し、立ち上がるときにボタンを留めるのが本来のマナーですが、就活の面接ではボタンを留めたままにします。着慣れていないとボタンの留め外しがスムーズにできず、不格好な印象を与えてしまうためです。また、だらしない印象を与えてしまうこともあるため、就活の面接では外さないようにしましょう。

3.靴下の色と生地、丈に注意する

・黒や紺などの無地
・季節を問わず、薄手の生地が一般的
・足を組んでも地肌が見えない長さを選ぶ

スーツに合わせる靴下を選ぶ際は、以上の点に注意しましょう。着るスーツに合わせた色を選ぶと、靴下だけ浮くことがなく自然な印象になります。
また、パンツスーツを着る女性はストッキングを着用しましょう。スカートスーツに合わせるストッキングと同様、無地の肌色で30デニールほどのものを選び、予備を持参します。

▼関連記事
就職活動のスーツは第一印象を左右する!選び方と着こなし方

面接では服装以外の身だしなみにも要注意

服装以外で注意したい身だしなみについて、以下で男女別に解説します。

男性の場合:無精髭や長い爪、髪の寝癖はNG

・無精髭
・長い爪
・寝癖
・長い髪

これらは、だらしない印象を与えてしまうため厳禁。清潔感を第一に考えた身だしなみを心がけましょう。
特に、髭の剃り残しや長い爪は、それだけで不潔な印象を与えてしまうため注意が必要です。また、長い髪も印象が良くありません。おでこと耳が出ていて、襟足が短く整えられた髪型が最適です。
面接前に鏡で他角度からチェックして、どこから見ても清潔感のある身だしなみを心がけましょう。

女性の場合:スッピンや濃いメイク、アクセサリーはNG

・濃いメイク
・スッピン
・アクセサリー
・香水

これらは面接に適しておらず、マイナスの印象につながってしまいます。男性と同様、清潔感のある身だしなみを心がけましょう。
濃いメイクはもちろん、スッピンもビジネスの場ではマナー違反。顔色が良く見えるナチュラルメイクが好印象です。
また、面接に香水やアクセサリーは不要であるため、付けていると悪い印象を与えることがあります。面接では避けましょう。

▼関連記事
就活で好印象を与えるには身だしなみに力を入れよう

「面接の服装は自由」と言われたら?

面接の案内に、「自由な服装でお越しください」と書かれていることがあります。その場合は、どのような服装で行くのが良いのでしょうか。

服装自由の場合はオフィスカジュアルがベスト

服装自由といわれた場合は、オフィスカジュアルで行くのが無難。ラフな私服で行くのは避けましょう。
オフィスカジュアルとは、ビジネスの場に相応しいカジュアルな服装のこと。

・清潔感ときちんと感がある
・露出が少なく派手すぎない

この2点がオフィスカジュアルのポイントです。
トップスは、襟のあるシャツにジャケット、ボトムはテーパードパンツやシワになりにくいスカートを選びましょう。色は、全体で2、3色以内にまとめると、スッキリした印象を与えられます。

迷ったときはスーツでOK

「オフィスカジュアルのコーディネートが難しい」「この服装で良いのか不安」と悩んだ場合は、スーツで行きましょう。
多くの企業では、仕事に関わる場にはスーツを着て行くのが常識だと考えられています。服装自由と指定されていればオフィスカジュアルで問題ありませんが、コーディネートによってはカジュアル度が高く出てしまったり、面接官によって感じ方が異なったりすることがあるようです。
なかには、服装自由と言われたのにスーツで行って大丈夫?という人もいるかもしれませんが、その心配はありません。オフィスカジュアルに自信がなかったり、どちらで行くか悩んだりした場合は、スーツを着て行くのが無難です。

▼関連記事
面接の服装自由はホント?マナーとおすすめアイテムを紹介

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

カウンセリングで相談してみる

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!