面接で好印象のメイクとは?パーツごとのポイントや業界別のおすすめを紹介

このページのまとめ

  • 面接でメイクをする目的は「身だしなみ」「相手への配慮」「自分のイメージ作り」
  • 面接のメイクで重要なのは、清潔感とナチュラル感
  • 面接では個性が強いメイクや不自然な印象を与えるメイク、すっぴんはNG
  • メイクが苦手な人は就活用のメイクレッスンを受けるのがおすすめ
  • 面接では、業界や業種ごとに求められる人物像を意識したメイクが効果的

面接で好印象のメイクとは?パーツごとのポイントや業界別のおすすめを紹介のイメージ

「面接のメイク」と「普段のメイク」の違いが分からず困ったり、メイクに不慣れで不安に思ったりする就活生もいるでしょう。
面接では印象も評価ポイントの一つとなるため、適切なメイクで自分を演出することは重要です。
このコラムでは、就活でのメイクマナーやパーツごとのポイントを解説します。また、業界や業種別のおすすめメイクも紹介!メイクはその人の印象を大きく左右します。
コラムを参考に、最適なメイクで面接に臨みましょう。



 

面接でメイクが必要な3つの理由

面接では、身だしなみとしてはもちろんのこと、相手への配慮という観点からもメイクをすることが必要です。また、メイクをすれば自分を見られたいイメージに演出することもできます。
面接でメイクが必要な理由について見ていきましょう。

1.基本の身だしなみ

面接でのメイクは、身だしなみの一つ。
職種にもよりますが、入社後は取引先や顧客への対応が必要な場面もあります。そのようなときに、自分の身なりにも気を配れる人であるかどうかは、企業にとって重要な評価ポイント。
面接で良い印象を与えるメイクをしていれば、TPOをわきまえた身だしなみができる人と判断され、面接官からの印象も良くなるはずです。

2.相手への配慮

メイクは、相手を不愉快な気持ちにさせないための配慮とも考えられています。
普段のメイクは自分のためにするものですが、面接では相手の視点に立ったメイクを意識することが大切です。

3.自分を演出する

メイクで自分を上手に演出することで、企業が求める人物像や自分が見られたいイメージに近づけることができます。また、肌ツヤを良く見せたり、クマや吹き出物をカバーして清潔感を出すことも可能です。

▼関連記事
なにが正解?面接官受けする就活メイクはコレだ



 

面接で注意するべき4つのメイク

面接では、自己主張が強いメイクや不自然な印象を与えるまつげエクステ・カラーコンタクトは注意が必要です。また、「すっぴん」で面接を受けることも避けた方が良いとされています。
面接で注意するべきメイクについて、しっかりと把握しておきましょう。

1.自己主張の強いメイクは避けるのが無難

面接では、自己主張が強いメイクや流行りのメイクは避けるのがベターです。
面接は、自分の個性を見せる場ではありません。自己主張の強いメイクは、「常識がない人」「協調性に欠ける人」といったマイナスな印象を与えてしまう可能性があるため注意が必要です。
また、流行りのメイクもデザイン性重視のものが多く、面接官によっては「奇抜」と感じてしまう恐れがあります。

2.まつげエクステの可否はグレーゾーン

面接でまつげエクステがOKかNGかは、企業や業界によって異なるようです。
比較的堅い業界とされる公務員や金融業界では、「まつげエクステを付けている時点でアウト」と判断されてしまうことも。
目元をぱっちりとさせ、目力がアップするまつげエクステは幅広い世代に人気があり、今や特別なも
のではありませんが、面接では避けるのが無難です。
どうしても面接でまつげエクステを付けたいという場合は、不自然な印象にならないように、上まつげのみにナチュラルなタイプのものを付けましょう。あくまで華美になり過ぎず、ナチュラルに仕上げることが重要です。

3.カラーコンタクトは違和感を与える

おしゃれを目的としたカラーコンタクトや黒目を大きく見せるコンタクトは、ビジネスの場にそぐわないと考える面接官も多いため、避けるのが無難です。
面接ではお互いの目を見て話すのが基本。比較的ナチュラルとされる黒や茶色のカラーコンタクトであっても、違和感を持つ面接官は少なくないようです。
また、証明写真もカラーコンタクトを装着して撮ると、不自然に黒目が強調され、採用担当者の印象を悪くしてしまうことも。
面接をはじめ、就活ではカラーコンタクトの装着は避けた方が良いでしょう。

4.すっぴんはNG

面接ですっぴんはNGとされています。
「相手に不快感を与えなければすっぴんでも問題ないのでは」と考える人もいるでしょう。
しかし、メイクをすることは、相手に不快な思いをさせないという社会人としての最低限のマナーです。面接の際、スーツを着用するのと同様に、メイクは身だしなみの一つとされています。すっぴんで面接を受ければ、「TPOをわきまえていない人」「身なりに気を配れない人」と判断され、マイナス評価につながりかねません。
普段はメイクをしないという人も、面接ではビジネスマナーとしてメイクを施しましょう。

▼関連記事
就活ですっぴんはだめ?清潔感のあるナチュラルメイクが好印象のカギ



 

面接で好印象を与えるメイクのポイント

この項目では、日ごろのスキンケアや面接で良い印象を持たれやすいメイクのポイントを紹介します。参考にして、実際の面接で活かせるように練習してみましょう。

日ごろのスキンケア

日ごろからスキンケアに気を配ることも大切です。肌のコンディションを整えておけば、化粧ノリが良くなりメイクもしやすくなります。乾燥を防ぐため、顔の保湿はこまめにするよう心掛けましょう。
また、メイク落としは忘れずに行い、肌を清潔に保つことも重要です。メイクが残ると、肌荒れやニキビの原因にもなります。
睡眠や食事も肌の状態を左右する要素になり得るため、夜更しを避け、バランスの良い食事を摂る習慣をつけておきましょう。

ベースメイク

スキンケアをした後、化粧下地で肌の状態を整えてからファンデーションを塗ります。ファンデーションだけでは隠せないクマやニキビがある場合は、コンシーラーをプラスして使うと良いでしょう。
以下にベースメイクの要となるファンデーションの選び方や塗り方のポイントを解説します。

フェイスラインの色を基準にする

ファンデーションの色を選ぶ際はフェイスラインに試しづけして、自分の肌に最も馴染む色を選ぶのがおすすめです。肌の色に合わないファンデーションを使うと顔だけが白く浮き上がったり、くすんで見えたりしてしまうため注意しましょう。

肌質に合った種類を使う

ファンデーションは、自分の肌質に合うものを選ぶとメイクが崩れにくくなるでしょう。ファンデーションにはパウダーやリキッド、クリームといった種類があります。顔がテカりやすければパウダーで皮脂を抑え、乾燥しやすければリキッドで潤いとツヤをプラスする、というように肌質に合わせて使い分けるのがおすすめです。

適量を丁寧に塗り広げる

ファンデーションを使う量は、パウダーなら顔の半分に対してスポンジの1/2くらい、リキッドなら顔全体に対してパール大くらいを目安にして、少しずつ丁寧に塗り広げます。厚塗りにならないように注意し、ナチュラルに仕上げましょう。

アイブロウ

眉毛は、自然と弧を描くような角度でやや太めにすれば優しい雰囲気になります。細過ぎたり、角度があり過ぎたりすると、気難しい印象になるため注意が必要です。
形が決まったら、アイブロウで眉毛の色を髪の色に合わせましょう。髪の色と眉毛の色にギャップがあると、不自然な印象を与えてしまいます。使用する色はナチュラルな濃い茶色や黒ががおすすめです。

アイメイク

「目は口ほどに物を言う」と言われるように、目元の印象は重要です。以下に面接のアイメイクのポイントを紹介します。

アイシャドウ

アイシャドウの色はブラウンやベージュ系がナチュラルに仕上がります。ごく控えめなラメやパールでツヤを出す程度なら問題ありませんが、光沢感が目立つアイシャドウは避けましょう。

アイライン

アイラインは黒か濃いめの茶色を選び、太過ぎない控えめな線を引くようにすると良いでしょう。目の周りを囲んだり、目尻を跳ね上げたりすると、派手になる恐れがあるためおすすめしません。

マスカラ

マスカラは塗り過ぎには注意し、ダマがあれば取り除きます。不自然で華美な印象にならないように、まつげエクステやつけまつ毛の使用は控えるのが無難です。

チーク

チークはピンクやオレンジ系の色を使うと、明るく健康的なイメージになり、相手に好印象を与えられるでしょう。笑ったときに頬が最も高くなる位置を中心にチークを入れると、立体感が生まれ顔の印象が明るくなります。濃くなり過ぎないよう注意し、頬が少し色づく程度の薄付きでソフトな印象に仕上げましょう。

リップ

口紅は自分の唇の色に近い色味を選ぶと、自然な血色感を出せます。オレンジやピンク、ベージュ系の色で品良く仕上げましょう。
口紅を塗る前にリップクリームなどで唇に潤いを与えておけば、ナチュラルなツヤ感を出すことができます。リップグロスは華やかになり過ぎてしまう恐れがあるため、面接メイクでの使用は控えましょう。
塗り終わりにティッシュで軽くオフすれば、顔への馴染みが良くなります。

▼関連記事
就活に化粧は必要?好印象を与えるメイクのパーツ別ポイントを知ろう



 

メイクが苦手な人はメイクレッスンを活用しよう

メイクが苦手で自信がないという人や、これまであまりメイクをしてこなかったという人は、美容系の企業が開催している就活用のメイクレッスンを受けるのがおすすめです。
企業が好むメイクや自分がなりたいイメージをプロに相談しながら、適切なメイクの方法を教わることができます。
また、レッスンによっては、パーソナルカラー診断を受けられる場合も。自分に合った色を知ってメイクに取り入れれば、自身の魅力をより引き立てることができ、さらなるアピールにつながるでしょう。

▼関連記事
就活メイク、眉毛はどうする?色や太さ、書き方をチェック!



 

業界・職種別のおすすめメイクとは?

受ける業界や業種によって、好まれるメイクに違いがあります。求められる人物像を踏まえた理想のメイクを把握しておきましょう。

一般的なオフィスワーク

ポイントは親しみやすさを意識すること。
柔らかい印象を出すために、眉はゆるやかなアーチ型にするのがおすすめです。また、チークはツヤ感のあるものを使うと、顔に立体感が出て、いきいきとした明るい表情を演出してくれます。

公務員・金融系

公務員や金融系などの誠実さや真面目さが求められる業界では、落ち着いたメイクが好まれるため、ベージュ系でまとめるのがおすすめです。アイメイクやチークは控えめにし、リップにはピンクベージュといったナチュラルな色味のものを選びましょう。
幅広い年齢の顧客に対応するこれらの業界では、特定の世代だけではなく、全世代に良い印象を与えられるメイクが理想です。

航空・アパレル・美容系

航空やアパレル、美容系の業界は、ほかの業界に比べて華やかな印象のメイクが好まれます。アイラインをしっかりめに入れて目元を強調したり、チークやリップにコーラルピンク系の色を使ったりすると良いでしょう。
華やかな印象とはいっても、「就活用のメイク」では清潔感が重要ということを忘れてはいけません。華美なメイクになり過ぎないよう注意しましょう。



 

面接当日のメイクで心掛けるべき3つの注意点

面接当日に心掛けるべきメイクの注意点を確認しておきましょう。
面接にふさわしいメイクをして家を出ても、直前に確認をしたら濃すぎたり、崩れてしまっていたりすることも。また、慌てて人前でメイク直しをするのはマナー違反のため避けるべきです。以下で注意するポイントを確認しておきましょう。

1.メイクに過不足がないかを自然光の中で確認する

メイクを終えたら、自然光に顔を当ててその仕上がりを確認しましょう。部屋の明かりだけでは実際のメイクの濃さが分からず、つい塗り過ぎてしまうこともあります。チークの色が濃過ぎないか、マスカラは綺麗に塗れているかなどを確かめ、不自然なメイクで面接に臨むことがないようにしましょう。

2.面接前にメイクが崩れていないかを確認する

家を出る前に完璧に仕上げたメイクでも、面接の会場に着くころには崩れてしまっていることもあります。崩れたメイクは清潔感に欠けるイメージを相手に与える恐れがあるため、そのままの状態で面接を受けることは避けた方が良いでしょう。
面接の会場へは早めに到着するように心掛け、メイクの状態を確認する時間を持つことをおすすめします。あぶらとり紙やリップクリーム、パウダーなど最低限のメイク道具を持ち歩くようにして、必要があればメイクの手直しをしましょう。

3.人前でメイクをすることは避ける

必要に応じてメイク直しをすることは良いことですが、場所は考えて行いましょう。公衆の面前でのメイクはマナー違反と考える人も多くいます。面接官や応募企業の関係者が見ていた場合、周囲への配慮に欠けると判断され、マイナス評価につながる可能性も。
人の目がある場所でのメイク直しは避け、トイレやパウダールームなどを利用するよう心掛けましょう。



 

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。