就活で使う靴は何がいい?男女別の選び方を解説します

このページのまとめ

  • 男性が選ぶ就活靴の定番は、「ストレートチップ」か「プレーントゥ」
  • 内羽根で紐靴タイプの靴がよりフォーマルで就活向き
  • 女性は3~5センチヒールのパンプスを選ぼう
  • 就活では先の尖ったデザインやウェッジソールは避ける
  • 革靴は正しく手入れすることで綺麗に長く使える

就活でどんな靴を履けば良いか悩んでいませんか?見た目で評価を下げないためには、就活シーンにふさわしい靴を選ぶことが大切です。
このコラムでは、就活で履ける靴のデザインや靴選びのポイント、革靴のお手入れ方法をまとめました。どんなデザインや素材を選べば良いのか、お店に行く前にぜひコラムをチェックしてください。

就活で男性が選びたい靴

就活で男性が選びたいのは、黒色のシンプルな革靴です。詳しい選び方を確認しましょう。

ストレートチップもしくはプレーントゥを選ぼう

就活では、「ストレートチップ」もしくは「プレーントゥ」の靴を選びましょう。
ストレートチップとは、つま先部分に1本の縫い目が入った革靴のこと。ビジネスシーンで最もフォーマルな靴とされるため、就活にぴったりです。
プレーントゥはつま先部分に装飾のないシンプルなデザインの靴で、こちらも就活用の靴として問題ありません。ただし、プレーントゥはつま先部分にシワが寄りやすいため、お手入れに気を使う必要があります。

内羽根を選ぼう

男性の革靴には、「内羽根」「外羽根」と呼ばれる2つのスタイルがあります。
「羽根」とは、革靴の足の甲を覆う部分のこと。紐を通す穴部分(鳩目)が甲と一体化しているデザインを「内羽根」、鳩目が甲の上に乗っているデザインを「外羽根」といいます。
外羽根は着脱が簡単で歩きやすいですが、内羽根の方が見た目がすっきりしており、フォーマルな場面にふさわしいでしょう。外羽根を着用するビジネスマンは多いですが、就活では内羽根を選ぶのが無難です。

紐靴(レースアップ)を選ぼう

ビジネスシーンで使われる革靴には、主に「紐(レースアップ)」「金具」の留め方があります。最もフォーマルなのはレースアップとされているため、就活では紐靴を選びましょう。

色は黒が定番

ビジネスシューズには茶色のデザインもありますが、就活中に履くと「不要なおしゃれをしている」と思われることもあります。特に明るい茶色は目立つので、黒を選ぶのが賢明でしょう。

Uチップやウイングチップは避けるのが無難

つま先部分にU字の縫い目が入った「Uチップ」や、Wの縫い目が入った「ウイングチップ」、つま先から2本の縦の縫い目が伸びる「スワールトゥ(スワロートゥ)」などは、ファッション性の高いデザインなので避けましょう。

▼関連記事
スーツに合う靴下は何色?就活で注意すべき身だしなみ

就活で女性が選びたい靴

就活で女性が選びたいのは、黒色のシンプルなパンプスです。選び方のポイントを確認しましょう。

ヒールは3~5cm

ヒールの高さは3~から5cmが目安。ヒールを履きなれていない人や、歩くときの疲れを軽減したい人は、低めの3cmがおすすめです。

ヒールは太いと歩きやすい

ヒールが太いと安定感が増し、歩きやすく疲れにくくなります。就活時は移動が多くなるので、太めのヒールがおすすめです。

ストラップはあってもなくても良い

甲の部分を留めるストラップはあってもなくても構いませんが、ストラップには足と靴を固定して歩行をサポートする効果があるので、長い距離を歩いたときに疲れにくくなるでしょう。
ただし、ストラップは足がむくむと締め付けられて痛みを感じることもあるため、自分に合った方を選んでください。

かかとの尖った靴やエナメル素材の靴は避けよう

つま先が尖った靴やエナメル素材の靴は、ファッション性が強く就活には適しません。また、靴底が厚いウェッジソールはヒールと比べて歩きやすいと感じますが、カジュアルな印象が強いため、就活には不向きでしょう。

▼関連記事
就活用パンプスの選び方&ケア方法のススメ

就活用の靴選びのポイント4選

ここでは、見落としがちな靴選びのポイントをお伝えします。

1.素材は合成皮革もしくは本革

就活靴の素材は、合成皮革か本革を選びます。合成皮革は、汚れや水に強いのが特徴です。本革
は小まめな手入れが必要ですが、革がのびて足に馴染みやすいメリットがあります。

2.サイズだけでなくワイズにも注目

靴を選ぶときはサイズを気にしますが、同じようにワイズ(足囲)にも注目してください。ワイズとは、足の親指の付け根から小指の付け根をぐるっと1周測った長さのこと。おおまかには、足(靴)の横幅部分と認識しておけば良いでしょう。サイズが合っていてもワイズが合わないと、靴がゆるく感じたり、窮屈に感じたりすることも。
ワイズは「D」「E」「EE(2E)」「EEE(3E)」「EEEE(4E)」のように表記され、Eの数が増えるほど靴の横幅が広くなります。表記がない場合も多いので、実際に試着して履き心地を確かめましょう。

3.スーツ用の靴下、ストッキングで試着する

靴の試着は、就活時に使う靴下やストッキングを履いて行ってください。普段履いている靴下やタイツでサイズ・ワイズがぴったりだったとしても、就活用の靴下やストッキングでは履き心地が違うことがあるからです。

4.靴底がゴムだと歩きやすい

ビジネスシューズの靴底は革かゴムでできていますが、歩きやすさを重視するならゴム底(ラバーソール)がおすすめ。すぐに足に馴染んで履きやすく、耐水性があって滑りにくいのがメリットです。

就活用の靴はこまめにお手入れするのが大事

就活の身だしなみは清潔感が第一です。足元は意外と見られているので、就活中は定期的に靴のお手入れをしましょう。革靴はきちんと手入れすることで、綺麗に長く使えます。

革靴のお手入れ方法

1.ブラシで靴の表面の汚れを落とす
2.汚れ落とし用のクリームを布につけ残った汚れをふき取る
3.別の布やスポンジを使って.靴と同系色のクリームを塗る(革のひび割れを防ぎ、光沢を出す)
4.防水スプレーをかける

簡単なお手入れならこれだけすればOKです。靴を履く頻度にもよりますが、週1回を目安に行いましょう。
合成皮革の場合も3.を除いて手順通りにお手入れすると清潔感が保てます。合成皮革は本革と比べると水に強い性質を持ちますが、スプレーするとより防水性が高まり汚れに強くなるでしょう。

靴を保管するときのコツ

靴を保管するときは、シューキーパーを使うと靴の形を綺麗に保てます。シューキーパーはプラスチック製のものもありますが、木製なら靴の湿気を吸う効果が期待できるでしょう。
さらに、靴が雨で濡れたときは新聞紙を入れて乾かすことで、しっかり除湿できます。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!