面接に説明会…就活の「服装自由」は何を着ていく?スーツが無難って本当?

このページのまとめ

  • 就活で「服装自由」と指定された場合、スーツやオフィスカジュアルが無難
  • 「私服でお越しください」と言われた際は企業の採用基準に準じて服装を考える
  • 就活時のオフィスカジュアルはシャツやジャケットなど、清潔感とシンプルさを意識する
  • 就活時の服装は企業の採用基準によっても異なるのでよく確認しておく
  • 「服装自由」といえど、ビジネスの場で遵守すべき身だしなみのマナーは存在する

説明会やセミナーなどの就活イベントで「服装自由」を指定された場合、企業の意図が分からず何を着ていけば良いか迷ってしまう方も多いでしょう。服装自由の場合、企業は主にスーツやオフィスカジュアルを想定しています。また、私服を指定した場合、オフィスカジュアルが無難ですが、私服が採用基準の一つとなっている企業では事情が変わる場合も。このコラムで、企業や状況に応じた正しい服装のマナーを知っておきましょう。
 

企業が指定する「服装自由」の真意

まず、企業が就活イベントで「服装自由」と指定するのは、「必ずスーツで来る必要はない」ことを伝えるためだと考えられます。スーツを着てきてほしい場合は、明確にスーツ着用を指定する企業が多いです。そのため、「服装自由」といわれたら、頑なにスーツに固執するのではなく、スーツ以外の選択肢もあることを頭入れておきましょう。では、なぜ企業は服装自由の指定をするのでしょうか。以下、考えられる企業の真意を詳しく見ていきましょう。

セミナーや説明会に気軽に参加してほしい

企業が服装自由を指定するのは、気軽に自社イベントに参加してほしいという気持ちがあるからでしょう。企業側はできるだけ多くの学生に来てもらいたいと思っているので、就活を始めたばかりでリクルート用の服装が揃っていない学生でも参加できるよう、服装自由の指定をしている場合もあります。就活イベントのハードルを下げることで、多くの学生に企業を知ってもらうチャンスになるというのが「服装自由」の大きな理由でしょう。

適切な服装を選べるか判断したい

「服装自由」と伝えることで、その場にふさわしい適切な服装を選べる人間なのか判断している場合もあります。服装自由といえど、自由の範囲は企業によって異なるでしょう。志望企業や業界の風土・雰囲気を研究し、その企業にあった服装を選択することで好印象を与えることができます。そのため、就活での服装選びは慎重に行いましょう。

「服装自由」でもスーツが無難?

先述のとおり、服装自由の場合、TPOさえわきまえていればスーツでなくてもかまわないということです。
ただし、就活時の無難な服装は、やはりスーツといえるでしょう。説明会やセミナーに参加する多くの学生はスーツで訪れるので、スーツを着ておけば周りから浮くことがありません。また、その日に他企業の面接が入っている場合などは、あらかじめスーツを着ておくことで着替える手間を省けます。

「私服でお越しください」の場合は?

場合によっては企業から「私服でお越しください」と指定されることもあります。その際は、自身の普段着やオフィスカジュアルで参加するのが無難です。私服が採用基準となっている企業では、スーツでの参加は逆にマイナスポイントとなってしまう恐れもあるので、企業風土や採用ニーズをよく確認しておきましょう。
以下、企業が私服を指定する主な理由を挙げました。

センスを知りたい

私服が採用基準の一部となるファッション業界やアパレルメーカーでは、学生の私服姿からセンスを確かめたいという意図で私服を指定している場合もあります。そういった企業のイベントでスーツを着用すると「無個性」「私服に自信がない」と判断され、マイナス評価に繋がる恐れもあるので気をつけましょう。

学生の普段の姿が見たい

企業によっては、普段の学生の姿を見るために私服を指定する場合もあります。就活中は、リクルートスーツを着て髪型を整え、就活用の自分を演出して挑む学生も多いでしょう。そんな中、普段来ている服装で参加すれば、自ずと気持ちもリラックスし、自然な状態の自分を出せるのではないでしょうか。その効果を見越し、私服を指定する企業も多いようです。

志望企業の社員が業務時に着る服装をイメージすると良い

説明会やセミナーに着ていく服装に迷ったら、その企業の社員が業務時にどんな服装をしているかイメージすると良いでしょう。かっちりしたオフィスカジュアルを推奨している企業もあれば、業務中は滅多にスーツを着用しないラフな風土の企業もあります。その企業の社員に合わせた服装を選ぶことで、企業にマッチした人材だと捉えてもらえる可能性もあるでしょう。

▼関連記事
面接の服装自由はホント?マナーとおすすめアイテムを紹介
 

就活の「オフィスカジュアル」ってどんな服装?

就活で服装自由を指定された場合、スーツまたはオフィスカジュアルでの参加が好ましいでしょう。オフィスカジュアルとは、スーツほどフォーマルでなく、私服ほどラフではない、仕事着として中間の服装といえます。オフィスカジュアルでは、派手な色合いやデザインの服装は避け、シンプルさと清潔感を意識しましょう。
以下、男女別にオフィスカジュアルの例をご紹介します。こちらを参考に、就活での服装を考えてみてください。

男性のオフィスカジュアル

シャツ

男性の場合、シャツは襟の付いている長袖の白が好ましいでしょう。シンプルであれば、ストライプや水玉など、柄の入ったシャツでもかまいません。オフィスカジュアルの場合、必ずしもネクタイを着用する必要はないでしょう。

ジャケット

ジャケットを着用することで締まった印象になるので、夏の暑い日以外はなるべくジャケットを着用しましょう。派手な色は避け、ブラック系か紺色、グレーなどが無難です。レザーやダメージ加工のあるジャケットはシンプルさや清潔感に欠ける場合があるので、できる限り避けましょう。

スラックスやチノパン

ズボンは落ち着いていて品のあるスラックスやチノパンを選び、なるべくジャケットと同じ質感になることを心がけましょう。上着がスーツの場合は、パンツもスーツを選び統一感を出します。ジーンズやスウェットなど、ラフすぎるものは避けるのが無難です。

女性の場合

シャツ

女性のオフィスカジュアルは、白シャツや襟付きのブラウスが基本です。色は白以外にも、水色や淡いピンクなど、派手すぎないものを選択しましょう。露出度が高いものや派手な色は控え、仕事に適したシンプルなシャツを着用してください。

ジャケット

上着は基本的にジャケットの着用をおすすめしますが、春や夏であれば、カーディガンの着用も涼しげで良いでしょう。上着の色は、ブラックや紺色のほか、グレーやベージュ、パステルカラーなど、派手すぎないものがおすすめです。

スカート、パンツ

スカートは、膝丈の長さが無難です。ミニスカートやスリットが入ったものは避けましょう。パンツスタイルの場合、スマートな印象を与えられる黒・紺色のスラックスやチノパンがおすすめ。ストッキングは肌色・ベージュタイプを使用するのがマナーです。

アクセサリーを付けるなら華美でないものを

アクセサリーを付ける場合は、華美でないシンプルなものを選びましょう。ネックレスは小ぶりのもの、ピアスやイヤリングは付けた際に揺れるものでなく、小さくさりげないものがベストです。

靴や鞄もフォーマルなものを

就活時のカバンは、オフィスカジュアルの場合でもA4サイズの書類が入るビジネスバックを使用するのが無難です。そのほか、シンプルなトートバッグや肩掛けカバンでも問題ありません。ただし、リュックやショルダーバッグはカジュアルすぎるため、なるべく避けましょう。
靴に関しても、黒や茶系の革靴、ヒールのついたパンプスが無難です。スニーカーやミュール、サンダルなど、ラフすぎるものは控えましょう。

▼関連記事
オフィスカジュアルとは?就活時の私服や髪型を解説
 

シチュエーション別!最適な就活の服装とは

次に、就活のシチュエーション別の最適な服装をご紹介します。

面接

面接は、ビジネスシーンの一つであり、面接官と対面する正式な場。初対面のビジネスパーソンに対して失礼のない格好を心がけます。ジャケットとネクタイは必須で、基本的にはスーツの着用が好ましいでしょう。

説明会・セミナー

個別の企業説明会やセミナーでは、服装の自由や私服の指定があった場合、オフィスカジュアルやシンプルな普段着でもかまわないでしょう。ただし、複数の企業を回る合同の就活イベントの場合、どの企業でも対応できるスーツでの参加が無難です。

夏の就活の場合、採用面接であれば、通常の面接マナーに則りネクタイとジャケット、長袖の白シャツを着用するのが基本です。夏場は汗をかきやすく、半袖シャツのほうが涼しげで印象が良いのではと感じる方もいるでしょう。しかし、半袖のワイシャツの場合、基本的にジャケットは使用しないので、ビジネスの場ではふさわしくない格好となってしまいます。
また、企業側からノージャケットの指定があった場合でも、長袖シャツを着用して面接に臨みましょう。

▼関連記事
就活の服装…半袖シャツでも大丈夫?ネクタイは必須?
 

就活でNGな服装・身だしなみとは?

最後に、一般的に就活でNGとなってしまう身だしなみをご紹介します。自分が下記にあてはまっていないか、就活に挑む前に今一度確認しておきましょう。

奇抜すぎる服

全身にスパンコールが装飾されていたり、トップスに大量の鎖が付いていたりと、明らかに就活に不向きな奇抜すぎる服装は、社会人としての常識を疑われてしまう恐れがあるので避けましょう。

ラフすぎる服

上下スウェット、Tシャツにジーンズなど、部屋着のようなラフすぎる服装は、「やる気がない」と見なされてしまう可能性が高いため、できる限り控えましょう。

露出度の高い服

目のやり場に困るような露出度の高い服装は、どんな企業からも好まれません。社会人としての常識に則ったシンプルで清潔感のある服装を心がけましょう。

派手な髪色

就活では、黒髪が基本です。焦げ茶色程度なら許容範囲ですが、金髪や銀色なのどブリーチカラーや、緑、ピンクといった奇抜な髪色は避けるべきでしょう。

派手なメイク

就活では、ビジネスシーンに適したメイクが基本です。業界によってはしっかりしたメイクが推奨されている場合もありますが、一般的には濃いアイシャドウや派手なカラーコンタクト、長い付けまつ毛などは避けるのがマナーです。

▼関連記事
就活では清潔感が大事!服装のチェックポイントとは

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる! LINE友だち登録をする