就活は服装から!スーツの選び方や服装自由の正解は?男女別にマナーを解説

このページのまとめ

  • 企業から指定がない限りは、就活の服装はスーツが鉄則
  • スーツは男女ともに黒が無難
  • 就活で服装自由と指定されたときは、オフィスカジュアル(私服)かスーツで行く
  • 服装自由で迷ったら、スーツで行っても問題ない
  • アパレル業界の就活ではブランドコンセプトや最新のトレンドを意識する

「就活のときはどんな服装をするのが正解?」と悩む人は多いでしょう。就活では相手に与える印象を意識することが重要です。服装は第一印象に関わる大事な要素なので、清潔感とTPOを意識した服装を心がけましょう。
このコラムでは、就活での服装をスーツとオフィスカジュアルに分けて解説します。採用担当者に好印象を与えられる、社会人にふさわしい服装マナーを身につけましょう。



 

就活時の服装は社会人としての評価に直結する

人の印象を決める上で、服装が影響する部分は少なくありません。メラビアンの法則によれば、人間が他者とコミュニケーションをとるときに相手に与える影響は、視覚情報が半分以上を占めるとされています。
TPOをわきまえた服装で就活をすることは、「やる気がある」「社会人としての心構えができている」と評価されるための重要な要素となるでしょう。



 

就活はスーツが基本!押さえておきたい服装マナー

ビジネスシーンにおいて服装の基本となるのがスーツです。「みんなと同じような格好では個性が出せない」という声を聞くこともありますが、就活で重視すべきなのは服装で個性を出すことではなく「相手を不快にさせないこと」です。
また、着こなしのルールは男女によって異なります。就活スーツの基本を押さえた上で、正しいマナーを確認しておきましょう。



 

スーツ編:就活における女性の服装ルール

女性の場合、男性に比べてスカートやパンツなど選択肢が多いですが、いずれの場合も清潔感を意識することが大切です。面接では全体の印象だけでなく細かい部分も見られているので、以下のポイントに注意しましょう。

ジャケット(スーツ)

就活では2つボタンのスーツを着るのが一般的です。色は黒を選ぶのが無難ですが、濃紺やチャコールグレーでも問題ありません。女性はジャケットのボタンをすべて締めるのがマナーなので、ボタンを締めたときにシワが寄らないかチェックしましょう。
また、肩幅やウエストラインが緩過ぎるとだらしない印象を与えてしまうので、スーツ専門店などで自分の体に合ったものを選んでもらうことをおすすめします。

スカート(スーツ)

スーツのボトムはスカートでもパンツでも構いません。スカートの方がより柔らかい印象になります。ボトムは必ずジャケットとセットで購入し、色を統一させましょう。丈は立ったときに膝が半分隠れる程度が理想的です。座ったときに膝上5cmくらいになるよう、試着の際は必ず椅子に座って確認しましょう。

パンツ(スーツ)

パンツはスカートに比べてアクティブな印象になります。行動力をアピールしたいときや、たくさん動き回る日におすすめです。形は足に沿って裾が細くなるストレートと、裾が広がったフレアの2種類があるので、自分の体型に合ったパンツを選びましょう。
丈はストレートの場合ヒールのかかとにかかるくらいの長さ、フレアの場合はヒールが半分隠れるくらいの長さが一般的です。前日までにアイロンをかけて折り目をきちんとつけておきましょう。

ベルト

パンツにベルト通しがある場合は、ベルトをすることできちんとした印象になります。革製でシンプルなバックルのベルトがおすすめです。色はスーツと同系色のものを選び、全体の統一感を意識しましょう。

ブラウス

女性のブラウスは襟の形でレギュラータイプとスキッパータイプの2種類に分かれます。レギュラータイプは首元までボタンを締めるシャツで、上品で真面目な印象になります。スキッパータイプは鎖骨の下まで襟元が開いているシャツで、社交的で明るい印象になるので、見せたいイメージに合わせて使い分けましょう。スキッパータイプの場合は襟をジャケットの外に出して着るのが一般的です。
ジャケットの色に関わらず、ブラウスの色は白が基本。女性のスーツの場合ジャケットの袖口からブラウスが出ないようにするのがマナーなので、サイズ選びに注意が必要です。着用前にはシワがないかチェックする習慣をつけましょう。

コート

就活で使うコートは、トレンチコートやステンカラーコートが一般的です。色はベージュが一般的ですが、黒や紺でも構いません。丈はスカート・パンツどちらでも合わせやすい膝丈を選び、肩幅や腰回りのサイズ感も忘れずにチェックしましょう。取り外しができるライナーがついているものを選ぶと、春・秋・冬の3シーズン活用できるので便利です。
コートは建物に入る前に脱ぐのがマナーです。外の汚れを持ち込まないようにコートの裏側を表にしてコンパクトにたたみましょう。

ストッキング

ビジネスシーンでは素足はNGのため、就活のときは必ずストッキングを着用します。色は素肌に近いベージュを選び、黒や柄の入ったものは避けましょう。パンツスーツの場合は脚が隠れているので、膝下丈のストッキングでも問題ありません。
ストッキングは伝染しやすいので、外出先でも履き替えられるようカバンの中に予備を入れておきましょう。

就活用の靴は、ヒールの高さが3~5cmの黒いパンプスが一般的です。光沢がある靴は派手な印象になるので、本革や合皮のスムース素材のシンプルなものを選びましょう。
ストラップつきのパンプスやヒール部分が太いパンプスは安定感があり、長時間歩いても疲れにくいのでおすすめです。履いているうちにかかとが磨り減ってくるので、時々チェックしましょう。

カバン

就活用のカバンは機能性が重要です。以下のポイントを押さえたものを選ぶと良いでしょう。

・色は黒
・A4サイズの書類が余裕で入るサイズ
・肩からかけられるショルダータイプ
・ナイロン製や合皮製で撥水加工されたもの
・底に鋲が打ってあり床に置いたとき自立するデザイン

内ポケットや外ポケットも確認し、荷物の出し入れがしやすいカバンを選びましょう。できるだけ軽い素材のものを選ぶと疲れにくいのでおすすめです。

ネイル

就活はビジネスの場なので、華美なネイルは避けた方が無難です。ネイルをする場合は薄いピンクやベージュ、透明など自分の爪に近い色を選びましょう。
また、伸び過ぎた爪は不潔な印象を与えかねません。白い部分を1~3mm残す程度に整えましょう。

アクセサリー

アクセサリーは身だしなみではなく「おしゃれ・装飾」に含まれるため、就活では基本的にNGとされています。どうしてもつけたい場合は、スーツと合わせても違和感のないシンプルなものを選びましょう。

腕時計

携帯電話でも時間を確認することはできますが、採用担当者に「携帯をいじっている」と誤解されてしまう恐れがあるため、就活中は腕時計をつけることをおすすめします。デジタル時計はカジュアルな印象を与えるので、避けた方が無難です。シルバーや革製のシンプルなデザインのアナログ時計を選ぶのが良いでしょう。

顔、髪

就活では相手に不快な印象を与えないことが大切です。メイクも身だしなみのひとつなので、ノーメイクや派手なメイクはNG。就活生らしい爽やかな印象を与えるナチュラルメイクを心がけましょう。
髪型も清潔感を意識し、髪色はできるだけ黒に近い自然な色が理想。顔が隠れると暗い印象になりがちなので、眉毛と耳が見えるようにセットするのがポイントです。髪が長い場合は、お辞儀をしたときに髪が顔にかからないように1つにまとめましょう。



 

スーツ編:就活における男性の服装ルール

男性の場合も、清潔感を意識して服装を整えることが大切です。以下のポイントに注意しながら、細かい部分までしっかりとチェックしましょう。

ジャケット(スーツ)

男性のジャケットは2つボタンと3つボタンがありますが、どちらを着ても問題ありません。2つボタンは爽やかな印象、3つボタンは真面目な印象を与えるので、見せたいイメージに合わせて選ぶと良いでしょう。ボタンの締め方は2つボタンは1番上のみ、3つボタンは真ん中のボタンのみを締めるのが正しいマナーです。
色は黒や濃紺、チャコールグレーなどがありますが、就活では黒が一般的です。光沢がある素材や柄が入ったスーツはカジュアルな印象になるので無地を選びましょう。
また、肩幅やウエストラインが緩過ぎるとだらしない印象を与えてしまうので、スーツ専門店などで自分の体に合ったものを選んでもらうと安心です。

パンツ(スーツ)

パンツは必ずジャケットとセットで購入し、色を統一させましょう。男性のパンツはノータックかワンタックが一般的です。ノータックは爽やかな印象、ワンタックは上品な印象を与えます。裾は折り返しがないシングルを選び、就活生らしいフレッシュな印象を心がけましょう。丈は靴の甲に裾がかかり、シワが一度できるくらいの長さ(ワンクッション)にするのがおすすめです。
着用前にアイロンをかけて折り目をきちんとつけておきましょう。

ネクタイ

就活向きのネクタイのポイントは以下のとおりです。

・シルク製で幅が7~8cm
・色は青や赤、緑、グレーが無難
・無地またはレジメンタルやドットなど細かい柄物

ネクタイは採用担当者の目に入りやすく、印象を左右する大事なアイテムです。華美なネクタイは場違いな印象を与えてしまうので、就活では落ち着いたデザインを選びましょう。
ネクタイの結び方に自信のない人はあらかじめ練習しておくと安心です。面接前などは曲がったり緩んだりしていないかをチェックしましょう。

ワイシャツ

就活ではスタンダードなレギュラーカラーの白いワイシャツを着るのが一般的です。ボタンを一番上まで締めたときに、首回りに人差し指が1~2本入るくらいのサイズを選びましょう。袖丈はジャケットの袖口から1cm程度出るくらいの長さが理想です。
襟元や袖口は汚れやすいので、適宜アイロンをかけたりクリーニングに出したりして、きれいな状態をキープしましょう。

ベルト

ベルトは黒の革製でバックルがシルバーのものがおすすめです。ジャケットに隠れて見えない部分ですが、就活ではジャケットを脱ぐ場面も想定されます。凝ったデザインのベルトは悪目立ちしてしまうので、スーツに合うシンプルなものを選びましょう。

コート

コートはベーシックなステンカラーコートかトレンチコートが一般的。黒や濃紺、グレーなど落ち着きのある色を選ぶと、スマートな印象に仕上がります。丈は短過ぎても長過ぎてもアンバランスなので、ジャケットが隠れるくらいの長さのものを選びましょう。長く着たい方は、取り外しができるライナーつきのコートを選ぶと、3シーズン着回すことができます。
外の汚れを持ち込まないよう、コートは建物に入る前に脱ぐのがマナーです。コートの裏側を表にしてコンパクトにたたみましょう。

靴下

就活では、スーツの色に合わせて黒や紺の無地の靴下を着用しましょう。座ったときに地肌が見えないように、すねの中央まであるミドル丈を選ぶのがポイント。スニーカーソックスや白い靴下はカジュアルな印象になるので避けましょう。

黒のベーシックな革靴を選びましょう。主なタイプにストレートチップ(爪先に1本縫い目がある)とプレーントゥ(爪先に縫い目がない)の2種類がありますが、最もフォーマルとされるストレートチップが就活時にはおすすめです。スリッポンは避け、靴ひもを結ぶタイプ(レースアップ)を選びましょう。
汚れやかかとの磨り減りがないかチェックし、こまめに磨く習慣をつけることも大切です。

カバン

就活では、以下の機能を兼ね備えたカバンを使いましょう。

・色は黒
・持ちやすいハンドルの手提げタイプ
・A4サイズの書類が余裕で入るサイズ
・撥水加工された合皮やナイロン製 
・床に置いたときに自立する

就活中は荷物が多くなりがちなので、内ポケットや外ポケットが充実した収納力の高いカバンがおすすめです。

伸び過ぎた爪や汚れた爪は不潔な印象を与えてしまいます。白い部分が見えるか見えないかくらいの長さに切り揃えましょう。切る際は深爪にならないように気をつけ、爪にゴミが挟まっていないかも忘れずにチェックしましょう。

腕時計

就活中は時間を確認することが多くなるので、腕時計をつけることをおすすめします。シルバーや革製のシンプルなデザインのアナログ時計を選ぶのが良いでしょう。デジタル時計はカジュアルな印象を与えるため避けた方が無難です。また、高価なブランド品は華美な印象を与えるので就活時は着用を控えましょう。

顔、髪

就活生の髪型は、黒髪・短髪が基本です。前髪は眉毛が見えるくらい・もみあげは耳たぶの上・襟足はシャツの襟にかからないくらいにすると、就活生らしい爽やかな印象になります。寝癖がついていないか鏡でしっかりチェックしましょう。
また、ヒゲは清潔感に欠けるので、就活中はきちんと剃る習慣をつけることをおすすめします。



 

服装自由の場合は迷ったらスーツがベター

面接や説明会の際に「服装自由」と指定され、どんな服装で行けば良いのか戸惑う人は多いのではないでしょうか?服装自由の場合はスーツか私服(オフィスカジュアル)を着用するのが一般的です。
私服の場合はビジネスに適した服装を意識する必要があります。TPOをわきまえない私服で悪印象を与えてしまう可能性もあるので、迷った場合はスーツで行くのが無難です。



 

私服指定のときはオフィスカジュアルが無難

「私服でお越しください」と指定があったときは、オフィスカジュアルで行きましょう。企業側が応募者の飾らない姿や人となりを見たいと考えているからです。

しかし、私服だからといって自分の着たい服を着れば良いというわけではなく、清潔感とTPOを意識することが重要です。男女別オフィスカジュアルのルールを確認しておきましょう。

オフィスカジュアル編:女性の服装マナー

女子のオフィスカジュアルのマナーは以下のとおりです。

・自然な髪色、ナチュラルメイク
・ジャケットやカーディガンなどの羽織もの
・ブラウス、シャツ、ラウンドネックやVネックのカットソー
・膝丈またはミモレ丈のスカート
・パンツはテーパードやスラックス、チノ
・ワンピースは膝丈またはミモレ丈で、ウエストがマークされたもの
・靴はヒールの高さが3~7cmのパンプスやローファー
・A4サイズの書類が入る革製かナイロン製のカバン
・シンプルなアクセサリー

組み合わせは「ジャケット+シャツ+パンツ」「カーディガン+ブラウス+スカート」など好みに合わせて決めましょう。色は白やベージュ、紺といったベーシックカラーのほか、パステルカラーのような明るい色も華やかに見えるのでおすすめです。
派手な柄や露出の激しい服は下品な印象なので、就活では避けた方が無難です。

オフィスカジュアル編:男性の服装マナー

男性のオフィスカジュアルのマナーは以下のとおりです。

・テーラードジャケット
・シャツ
・スラックスやチノパン
・シンプルな革のベルト
・A4サイズの書類が入る革製の手提げカバン
・黒または茶色の革靴

男性の場合は、ネクタイをつけないジャケパンスタイル(テーラードジャケット+パンツ)が基本です。ジャケットにセットアップでないパンツを合わせるのがマナーなので、上下の色は変えた方が無難です。ジャケットは黒や紺など濃いめの色、ボトムをベージュなど薄めの色にすると、爽やかで洗練された印象になります。
シャツはノーネクタイでもカッコ良く着られる襟の高いシャツやボタンダウンがおすすめです。全体的に色数を抑え、統一感のあるコーディネートを心がけましょう。



 

アパレル業界の就活では私服のセンスも見られている

アパレル業界の場合はセンスが問われるため、私服も評価の対象になります。無難なオフィスカジュアルや、例えおしゃれであってもブランドイメージに合わないコーディネートでは、「本当にうちで働きたいのかな?」と思われてしまいます。
私服を指定されたときは、ブランドコンセプトに合った服装をするのが効果的。応募先企業のブランドのアイテムをコーディネートに取り入れ、入社への意欲をアピールしましょう。
また、ファッション感度の高さを示すためにも、最新のトレンドを意識することも重要です。雑誌や店頭で新作アイテムをチェックし、自分に合うものを取り入れましょう。



 

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。