就活では服装も評価される!スーツや私服の正しいマナーを解説

このページのまとめ

  • 企業側から指定がない限りは、就活の服装はスーツが鉄則
  • スーツは男女ともに黒が無難
  • 就活で服装自由と指定されたときは、オフィスカジュアル(私服)かスーツで行くこと
  • 服装自由で困った就活生は、スーツで行っても問題ない
  • アパレル企業の場合は、学生の服装からセンスも評価する

「就活はどんな服装が正解?」と気になる方は多いでしょう。就活の服装はスーツが基本ですが、企業によっては「服装自由」や「私服指定」のこともあり困りますよね。
服装は第一印象に関わるので、いずれの場合も清潔感とTPOを意識することが重要です。就活にふさわしい服装をすれば、面接官に好印象を与えられるでしょう。
このコラムでは、就活の服装をスーツとオフィスカジュアルに分けて解説し、選考突破を応援します。

就活の服装は内定に影響する!

人は見た目で相手の印象を決めるので(メラビアンの法則)、就活の服装は内定に関わる可能性が高いです。
印象アップのためには、清潔感とTPOを意識し、身だしなみを整える必要があります。
正しい服装で面接に臨めば、面接官に「やる気がある」「社会人としての意識が高い」と評価されるでしょう。

就活はスーツが基本!着こなしのルールは男女で違う

企業から服装の指定がない限りは、就活はスーツで臨むのが基本です。
ただし、着こなしのルールは男女によって違うので、それぞれの決まりを知っておくことが重要。男女別にスーツのルールを確認しておきましょう。

スーツ編:就活女子の服装のルール

女子は、男子に比べてスカートやパンツなど選択肢が多いですが、いずれの場合も清潔感を意識するのがポイントです。下記で、就活女子の服装のルールを確認しておきましょう。

顔、髪

ビジネスの場ではメイクは身だしなみの1つなので、すっぴんで就活してはいけません。ナチュラルメイクを心がけ、就活生らしい爽やかな印象を与えましょう。
髪色は黒が一般的なため、茶髪の方は自然な色に戻してください。
また、顔が隠れると暗い印象になるので、髪は眉毛と耳が見えるようにセットするのがポイント。お辞儀する度に髪を直すと不格好なので、ロングヘアの人は髪を1つに束ねておきましょう。

ジャケット(スーツ)

就活では、2つボタンのスーツを着るのが一般的。濃紺やチャコールグレーのスーツでも問題ありませんが、迷ったときは黒を選ぶのが無難です。
女性はジャケットのボタンをすべて締めるのがマナーなので、ボタンを締めたときにシワが寄らないサイズを選びましょう。
また、ジャケットはウエストが程よくシェイプされていると、スマートな印象になるのでおすすめです。

スカート(スーツ)

スーツのボトムはスカートでもパンツでも構いませんが、スカートのほうが柔らかい印象になります。
ボトムはジャケットとセットアップで買い、必ず色を統一させましょう。
スカートの形はタイトやセミタイト、台形を選ぶとフォーマルな印象になります。
丈は、立ったときに膝が半分隠れ、座ったときに膝上5cmになるくらいが理想的。不必要に肌が見えると場違いな印象になるので、試着の際は必ず椅子に座って確認しましょう。

パンツ(スーツ)

パンツはスカートに比べてアクティブな印象なので、行動力をアピールしたい方におすすめです。
形は裾が細いストレートと、裾が広がったフレアの2種類があるので、自分の体形にあったパンツを選びましょう。
丈は、ストレートはヒールのかかとにかかるくらいの長さ、フレアはヒールが半分隠れるくらいの長さが標準的です。

ベルト

パンツにベルト通しがある場合は、ベルトをすることできちんとした印象に仕上がります。
就活には、革製でシンプルなバックルのベルトがおすすめ。ベルトの色はスーツの生地と合わせ、統一感のある着こなしを意識しましょう。

ブラウス

女性のブラウスはレギュラータイプとスキッパータイプの2種類がありますが、どちらを使っても構いません。
レギュラータイプとは首元までボタンを締めるシャツ、スキッパータイプとは鎖骨の下まで襟元が開いたシャツのことです。
レギュラータイプは第一ボタンを締め、ジャケットの中に襟を入れるのがマナー。一方、スキッパータイプはジャケットの外に襟を出して着るのが正しい着こなしです。
レギュラータイプは上品で真面目な印象、スキッパータイプは社交的で明るい印象になるので、見せたいイメージに合わせて使い分けましょう。

コート

就活で使うコートは、トレンチコートやステンカラーコートが一般的。
色はベージュが多いですが、黒や紺でも構いません。丈はスカート・パンツどちらでも合わせやすい膝丈を選び、全体のバランスを取りましょう。
なお、取り外しができるライナーがついていると、春・秋・冬と3シーズン活用できるので便利です。

ストッキング

ビジネスシーンで素足はNGなので、就活ではストッキングがマストです。
色は素肌に近いベージュを選び、黒や柄の入ったストッキングは避けてください。パンツスーツの場合は脚が隠れているので、膝下丈のストッキングを使っても問題ありません。
なお、ストッキングは伝線しやすいので、いつでも履き替えられるようにカバンの中にスペアを入れておきましょう。

就活用の靴は、ヒールの高さが3cm~5cmの黒いパンプスがおすすめです。光沢がある靴は派手な印象になるので、就活では本革や合皮のスムース素材を選んでください。
ストラップがついたパンプスやヒール部分が太いパンプスを選べば、安定感があり長時間歩いても疲れにくいでしょう。

カバン

就活用のカバンは機能性が大事なので、下記のポイントを満たしているものがおすすめです。

・色は黒
・A4サイズの書類が余裕で入るサイズ
・肩からかけられるショルダータイプ
・ナイロン製や合皮製で撥水加工されたもの
・底に鋲が打ってあり、床に置いたとき自立するデザイン

内ポケットや外ポケットの有無も確認し、荷物の出し入れがしやすいカバンを選びましょう。

ネイル

就活はビジネスの場なので、華美なネイルは避けたほうが無難です。
ただし、爪が痛んでいるときはネイルで整えたほうが印象がアップする可能性も。色は肌になじむ薄いピンクや透明を選び、自然な指先になるよう心がけましょう。
なお、長い爪は不潔な印象を与えるので、白い部分を2mm~4mm残す程度に短く整えてください。

アクセサリー

アクセサリーは仕事に無関係なアイテムなので、基本的にはNGです。
どうしてもつけたいときは華奢なネックレスや小さいピアスなど小ぶりなデザインを選び、悪目立ちしないよう注意しましょう。

腕時計

腕時計は、装飾が少ないシンプルなデザインがおすすめです。ゴールドの腕時計は目立ちやすいので、就活では革製かシルバーを選びましょう。
文字盤はデジタルよりもアナログのほうがフォーマルな印象のため、スポーツウォッチは避けたほうが無難です。

スーツ編:就活男子の服装のルール

男子の場合も、清潔感を意識して服装を整えます。就活男子のスーツのルールは下記のとおりです。

顔・髪

就活生の髪型は、黒髪・短髪が鉄則です。前髪は眉毛が見えるくらい・もみあげは耳たぶの上・襟足はシャツの襟にかからないくらいにすると、新卒らしい爽やかな見た目になります。
ヒゲはだらしない印象になるので、就活中はきちんと剃りましょう。

ジャケット

スーツは黒や濃紺、チャコールグレーなどがありますが、就活には黒がおすすめです。光沢がある素材や柄が入ったスーツは、カジュアルな印象なので無地を選びましょう。
男性のジャケットは2つボタンと3つボタンがありますが、どちらを着ても問題ありません。2つボタンは爽やかな印象、3つボタンは真面目な印象なので、見せたいイメージに合わせて選んでください。
なお、ボタンの締め方は2つボタンは1番上のみ、3つボタンは真ん中のボタンのみを締めるのが正しいマナーです。

パンツ

パンツはジャケットとセットアップで購入し、色を黒で統一します。
パンツはノータックかワンタックが一般的。ノータックは爽やかな印象、ワンタックは上品な印象になるので、好みに合わせて選んでください。
裾は折り返しがないシングルを選び、新卒らしいフレッシュな印象を心がけましょう。
丈は靴の甲に裾がかかり、シワが一度出来るくらいの長さ(ワンクッション)にすると、見栄えが良くなります。

ネクタイ

就活向きのネクタイは下記のとおりです。

・シルク製で幅が7~8cm
・色は青や赤、緑、グレーが無難
・無地またはレジメンタルやドットなど細かい柄物

ネクタイは面接官の目に入りやすいので、印象を左右する大事なアイテムです。華美なネクタイは場違いな印象なので、就活では落ち着いたデザインを選んでください。

▼関連記事
就活は無地のネクタイがおすすめ!好印象な色と選び方のコツを解説

ワイシャツ

就活では、レギュラーカラーの白いワイシャツを着るのが一般的。
ボタンは1番上まで締めるので、首回りに余裕があるサイズを選びましょう。
適宜アイロンをかけたりクリーニングに出したりして、きれいな状態をキープしてください。

ベルト

ベルトは黒の革製でバックルがシルバーのものがおすすめ。凝ったデザインのベルトは悪目立ちするので、スーツに合うシンプルなものを選びましょう。

コート

コートはステンカラーかトレンチコートが一般的。黒や濃紺、グレーなど落ち着きのある色を選ぶと、スマートな印象に仕上がります。
丈は短すぎても長すぎてもアンバランスなので、ジャケットが隠れるくらいの長さが最適です。
長く着たい方は、取り外しができるライナーつきのコートを選び、3シーズン着回しましょう。

靴下

就活では、色が黒で無地の靴下を使いましょう。
座ったときに地肌が見えると不格好なので、すねの中央まであるミドル丈を選ぶのがポイント。スニーカーソックスや白いソックスはカジュアルな印象なので、就活で使うのは避けてください。

就活の靴は、黒の革靴が鉄則です。
主なタイプにプレーントゥ(爪先に縫い目がない)とストレートチップ(爪先に1本縫い目がある)の2種類がありますが、どちらを履いても構いません。
革靴は、靴ひもを結ぶレースアップが最もフォーマルなので、スリッポンは避けてください。

カバン

就活では、下記の機能を兼ね備えたカバンを使いましょう。

・色は黒
・持ちやすいハンドルの手提げタイプ
・A4サイズの書類が余裕で入るサイズ
・撥水加工された合皮やナイロン製
・床に置いたときに自立する

就活中は荷物が多くなりがちなので、内ポケットや外ポケットが充実した、収納力の高いカバンもおすすめです。

長い爪は不潔な印象なので、短く切りそろえるのが鉄則。
白い部分が見えないくらいの長さに切り、間にゴミなどが挟まっていないかこまめにチェックしてください。

腕時計

デジタルウォッチはカジュアルな印象なので、就活ではアナログウォッチを使いましょう。
革やシルバーでできたシンプルなデザインを選び、腕時計が悪目立ちしないよう気を付けてください。
なお、高価なブランド品は華美な印象を与えるので、就活で使うのは避けたほうが無難です。

服装自由の場合は迷ったらスーツがベター

企業側から「服装自由」と指定された場合は、スーツで行っても構いません。
服装自由の場合、オフィスに適した私服(オフィスカジュアル)かスーツで行くのが一般的。
マナー違反の私服では評価を下げかねないので、迷ったときはスーツで行くのが安全です。

私服指定のときはオフィスカジュアルが無難

「私服でお越しください」と指定があったときは、オフィスカジュアルで行きましょう。
企業側は、応募者の私服から飾らない姿や人となりを見たいと考えているからです。
オフィスカジュアルの場合も、清潔感とTPOの意識が重要。男女別オフィスカジュアルのルールを確認しておきましょう。

オフィスカジュアル編:就活女子の服装のマナー

女子のオフィスカジュアルのマナーは下記のとおりです。

・自然な髪色、ナチュラルメイク
・ジャケットやカーディガンといった羽織もの
・ブラウス、シャツ
・膝丈またはミモレ丈のスカート
・パンツはテーパードやスラックス、チノ
・ワンピースは膝丈またはミモレ丈で、ウエストがマークされたもの
・靴は3cm~7cmのパンプスやローファー
・A4サイズの書類が入る革製かナイロン製のカバン
・シンプルなアクセサリー

服装は「ジャケット+シャツ+パンツ」「カーディガン+ブラウス+スカート」など好みに合わせて決めましょう。
色は白やベージュ、紺といったベーシックカラーのほか、パステルカラーのような明るい色も使えま
す。
派手な柄や露出の激しい服は下品な印象なので、就活では避けたほうが無難です。

▼関連記事
オフィスカジュアルとは?就活時の私服や髪型を解説

オフィスカジュアル編:就活男子の服装のマナー

男性のオフィスカジュアルのマナーは下記のとおりです。

・ジャケット
・シャツ
・スラックスやチノパン
・シンプルな革のベルト
・A4サイズの書類が入る革製の手提げカバン
・黒または茶色の革靴

オフィスカジュアルは、ネクタイをつけないジャケパンスタイル(ジャケット+パンツ)が基本。ジャケットにセットアップでないパンツを合わせるのがマナーなので、上下の色は変えたほうが無難です。ジャケットは黒や紺など濃いめの色、ボトムをベージュなど薄めの色にすると、爽やかで洗練された仕上がりになります。
全体的に色数を抑え、統一感のあるコーディネートを心がけましょう。

▼関連記事
オフィスカジュアルの正解とは?面接での服装マナー

アパレルは私服のセンスも評価される

アパレルの場合はセンスが問われるため、私服も評価の対象になります。無難なオフィスカジュアルでは、「ブランドイメージに合わない」「仕事への適性が低い」と判断されかねません。
私服を指定されたときは、ブランドコンセプトに合った服装をするのが効果的。アイテムの1つに応募先企業のブランドを取り入れ、入社への意欲をアピールしましょう。
また、ファッション感度の高さを示すためにも、最新のトレンドを取り入れることも重要です。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる! LINE友だち登録をする