就活で好印象を与える前髪とは?流し方や伸ばしかけのセット方法も紹介!

このページのまとめ

  • 女性の就活時の前髪は、社会人としての常識や清潔感が重視される
  • 就活で好印象を与えるのは、眉と額が見えるななめ前髪
  • 額を出すと表情がよく見え、明るく知的な印象を与えられる
  • 就活時は、パッツンや短すぎる前髪は避けた方が良い
  • お辞儀をしても前髪が崩れないよう、スプレーで固めるなどしてしっかりセットする

就活女子が悩む、前髪問題。「就活時に前髪はあった方が良いのか」「どのようなセットが好ましいのか」…鏡の前で考え込んでいる方も多いのではないでしょうか。前髪のセットによって、面接官があなたに受ける印象は大きく変わるでしょう。このコラムでは、就活で好印象を与える前髪や、パターン別のセット方法をご紹介します。現在就活時の前髪でお悩みの女性は、ぜひご一読ください。

就活で好印象を与える前髪とは

就活中の髪型は、社会人としての常識が備わっているかどうか、という点が重視されます。そのため、「お洒落だから」「似合っているから」という理由で自分の好きなセット方法を選択しても、面接官からはマイナス評価を受けてしまう恐れも。
そのため就活では、清潔感を意識し、好印象を与える前髪を意識しましょう。
以下、就活で好印象を与える前髪の具体例を挙げました。ぜひ参考にしてください。

額と眉毛が見えている

好印象を与える前髪の特徴として外せないのが、「額と眉毛が見えている」ことです。額が見えていると、それだけではっきりと明るい印象に。また、眉毛が見えていると、知的な雰囲気と清潔感を出せます。逆に前髪で眉毛か隠れてしまうと表情が見えず、暗い印象を与えてしまう恐れがあるので、しっかりと眉毛が見えるヘアスタイルを意識しましょう。

お辞儀をしても崩れない

就活では、お辞儀をしても崩れない、しっかりと固めてセットしてある前髪が好ましいでしょう。面接の際、一礼後に前髪が崩れていると、表情が見えず暗く見えてしまうだけでなく、清潔感に欠けたマイナスの印象を与えてしまう場合も。また、崩れた前髪を手で直す行為も、落ち着きがなく見え、面接官の意識を逸らしてしまう恐れもあります。そのため、前髪は崩れないよう、念入りにセットしておきましょう。

ななめ前髪は好感度抜群

就活女子の前髪で定番なのが、7:3または8:3の割合で前髪をななめに流した「ななめ前髪」です。清楚で柔らかい印象与える前髪として人気があり、面接での好感度アップも狙えるでしょう。

▼関連記事
就活生の第一印象は髪型で決まる!好印象なヘアスタイルとは

就活中の前髪の注意点

自分では良かれと思ってセットした前髪でも、就活で悪印象を与えている可能性があります。この章では、就活時の前髪の注意点をご紹介。自分の前髪に当てはまっていないか、よく確認しましょう。

前髪パッツンはなるべく避ける

目の上で同じ長さに切り揃えた「前髪パッツン」は、目元を印象的に強調できる髪型ですが、前髪が重すぎると表情が見えず、暗い印象を与えてしまう可能性もあるので注意が必要です。ただし、必ずしも就活に不向きというわけではなく、額が透けて見えるような「シースルーバング」のパッツンであれば爽やかな印象を残せます。
重たい前髪はすっきりと横に流すのがベストですが、どうしても前髪パッツンで就活に挑みたいという方は、前髪が軽く見えるよう、すくなどして工夫をしましょう。

短すぎる前髪は就活に適さない場合も

眉よりも上でカットされた短い前髪は、やや幼稚な印象を与えてしまうため、就活には不向きでしょう。そのため、短い前髪の方は、就活が始まるまでに伸ばしておくことをおすすめします。就活中の場合は、横に流してピンで止めるなど、なるべく幼く見えない工夫をしましょう。

ヘアアクセサリーは地味なものを

前髪をとめるピンは、黒や焦げ茶など、地味な色を選びましょう。派手な色や、装飾が付いているヘアアクセサリーは就活には相応しくないため、控えます。
ピンを使用する際はなるべく1本で、相手に見えないようさりげなくとめましょう。

就活の定番「ななめ前髪」の作り方3ステップ

先述したように、就活中は上品で優しい印象を与えるななめ前髪がおすすめです。この章では、ななめ前髪の上手な作り方をご紹介します。

1.マジックカーラーで前髪を巻く

まず、上手く髪が流せるよう、マジックカーラーを使って前髪を巻きます。前髪を上下二段に分け、それぞれカーラーを巻くとより毛が流れやすくなるでしょう。カーラーを巻いたら、ドライヤーの弱風で温め、1分冷ましてから外しましょう。
また、直毛の方は、カーラーを使う前にヘアスタイリング剤を付けておくと、髪が巻かれやすくなります。

2.くしで毛先を流す

次に、くしを使って毛先をななめにとかしましょう。前髪は、7:3または8:2の比率で分けるとバランスが良いです。なるべく両眉が見えるように流し、目が隠れないように注意しましょう。

3.スプレーで固める

丁度よく前髪がセットできたら、崩れないよう、最後にスプレーで固めます。髪質が柔らかい方は、ハードスプレーを使用することで崩れる心配が半減します。スプレーを使用しても前髪が崩れてしまう方は、ヘアピンでとめ、固定しましょう。

▼関連記事
就活女子の髪型講座・印象がいい定番前髪のつくり方

タイプ別!前髪セット方法

人によって前髪の長さや厚さは違うでしょう。この章では、就活で好印象を与える前髪のタイプ別セット方法をご紹介します。

伸ばしかけ前髪

伸ばしかけの前髪で、すぐに前髪が落ちてきてしまう場合は、ピンを使ってとめましょう。
まず、落ちてきてしまう前髪の束を残し、残りの前髪をクリップで仮止め。その後、落ちやすい前髪をピンで生え際に押し込みます。このとき、ピンが頭皮から浮いてしまわないよう注意しましょう。仮止めしていた前髪のクリップを外し、スプレーでキープしたら完成です。すっきりと額が見え、清潔な印象を与える前髪ができあがります。

厚めの前髪

前髪が厚い方は、そのままおろしていると表情が見えづらく、暗い印象を与えてしまう恐れも。そのため、前髪が目にかからないようセンターで分けると、表情がはっきりと見えるようなります。また、知的で上品な印象を与えたい場合は、前髪を根元から立たせ、両眉が見えるようななめ流してスプレーで固めましょう。

シースルーバング

前髪を薄くすいた「シースルーバング」は、ヌケ感を演出できる女性に人気の髪型です。就活の際は、そのままでも爽やかさを演出できますが、長いシースルバングはややルーズな印象になってしまうことも。サイドの髪を持ってきて前髪の量を増やし、ななめに流して固めることで、きっちりとした就活向きの前髪をつくれるでしょう。

前髪なし

前髪と後ろ髪の長さが変わらない「前髪なし」スタイルの方は、斜めから流して耳にかけるだけでも落ち着いた印象を演出できます。ただし前髪が長い分、お辞儀をした際にもし前髪が崩れた場合、顔全体を覆ってしまい表情が見えなくなってしまいます。そのため、耳の後ろでピンどめしておくと安心でしょう。
また、髪の毛をすべて後ろにひっつめ、ポニーテール結びをする「オールバック」スタイルも、はつらつとした明るい印象を与えられるのでおすすめです。

▼関連記事
印象アップを狙う就活女子向け・定番前髪のつくり方

就活では第一印象が大切!礼儀をわきまえた身だしなみを意識しよう

以上、好印象を与える前髪やセット方法をお伝えしました。今回は前髪のみ取り上げましたが、就活では服装やメイクなど、社会人の礼儀をわきまえた身だしなみ全般が重要視されます。第一印象で好感を持ってもらうため、派手な髪色やメイクは避け、シワのないスーツと磨かれた靴で清潔感を意識しましょう。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!