就活で好まれるひとつ結びとは?ヘアセットの手順や注意点を解説

このページのまとめ

  • 就活の髪型は「清潔感」と「メリハリ感」を意識する
  • ひとつ結びはシンプルな髪型で顔の表情が見やすいため就活に向いている
  • ひとつ結びにはミディアムからロングの髪の長さが適している
  • 就活でひとつ結びする際の前髪は斜めに流すのがおすすめ
  • 就活のひとつ結びはおくれ毛や毛先のまとまり、結び目の高さに注意する

就活でひとつ結びをする際に意識すべきことはあるのでしょうか。一般的な結び方とはいえ、就活用となると、どうすれば良いのか迷う就活生もいるはずです。
ひとつ結びは結ぶ位置や整え方、前髪の有無などによって印象が変わります。このコラムでは、就活にひとつ結びが適している理由や結び方の手順、注意点などを解説。第一印象で面接官に好感を持たれる髪型を作り、内定獲得を目指しましょう。

就活での髪型は第一印象を左右する!

就活で身だしなみを整えることは欠かせない要素です。その中でも、髪型は顔周りの印象を変えるため、全体のイメージに与える影響は大きいといえます。
それでは、就活で好印象を与えられる髪型とはどのようなスタイルでしょうか。まずは就活の髪型で意識すべきポイントを把握することが大切。ポイントを押さえた髪型で面接に臨んで、自身の印象アップを図りましょう。

就活の髪型は「清潔感」と「メリハリ感」を意識する

基本的に、就活の髪型は清潔感とメリハリ感を意識すると好印象に繋がりやすいでしょう。
清潔感のない髪型はだらしない印象を与え、「仕事に対してもルーズな面があるのでは」と面接官に懸念を抱かせる恐れがあります。
また、顔の輪郭や表情がよく見える髪型にして、メリハリ感を出すことも大切です。人は言葉だけで相手の印象を判断している訳ではありません。表情が見えないと自分の感情が面接官に伝わりづらくなり、せっかくの自己アピールも効果が半減してしまいます。
面接で自分の思いや考えを最大限に伝えるためにも、表情がはっきりと分かる髪型を心がけましょう。

ひとつ結びはどうして就活で好まれるのか

ひとつ結びは女性の髪型の中でもポピュラーな結び方の1つ。就活の場でも好まれる傾向にあります。ひとつ結びが就活で好まれるのは何故でしょうか。以下、具体的な理由を見ていきましょう。

顔がはっきりと見える

ひとつ結びはすべての髪を後ろで結ぶため、顔周りをすっきりとさせる効果があります。先述のとおり、自分の表情を面接官に見えるようにすることで、自分の言葉を相手により響かせられるでしょう。

シーンや服装を選ばない

シーンや服装を選ばないという点も、ひとつ結びが好まれる理由の1つです。
実直な印象を与えられ、万人受けする髪型なため、ひとつ結びにしておけば面接で悪い印象を持たれる可能性は低いでしょう。

シンプルな髪型で崩れにくい

ひとつ結びを作る工程は、ひとつに束ねるだけというシンプルなもの。ヘアセットが苦手な方でもあまり苦労せずにスタイルを作れるでしょう。凝った髪型ではないため、セットが崩れにくいというメリットもあります。

ひとつ結びに適した髪の長さはあるのか

ひとつ結びをするなら髪の長さはミディアムからロングが最適でしょう。
就活では顔周りをすっきりさせることが大切です。後ろで髪を束ねた際に、まとめきれない髪の束があると、だらしない印象になってしまいます。ヘアピンなどで取り繕ってもスマートさに欠ける可能性があり、髪型も崩れやすいでしょう。
ミディアムからロングの長さであれば、後ろで髪を束ねるのに十分な長さがあります。セットがしやすく、ひとつ結びに適した長さだといえるでしょう。

前髪なしでも大丈夫?

ひとつ結びする際に、前髪はどのようにするのが良いのでしょうか。前髪も顔の印象を左右するため大切なポイントです。
基本的に長めの前髪は、そのまま前に垂らすよりも斜めに流した方が清潔感を演出できるでしょう。また、前髪を後ろで全て束ねたり、ピンで留めたりするよりも自然でソフトな印象に仕上がります。
前髪なしは顔の表情が見えやすいという利点はありますが、場合によっては気難しい印象になってしまう可能性も。自分の顔立ちやなりたい雰囲気にもよるため一概にはいえませんが、特にこだわりや制限がなければ斜めの流し前髪がおすすめです。

就活向けのひとつ結びを作る5つの手順

ここでは、就活向けのひとつ結びの作り方をご紹介します。

1.髪の癖などを真っ直ぐに整える

まずは髪のベース作りから始めましょう。ブラシを使って髪の毛を綺麗に梳かしてください。
ドライヤーでブローしながらだと、髪の癖も取れやすいでしょう。なかなか直らない癖がある場合は、ヘアアイロンなどで髪の流れを真っ直ぐに整えることをおすすめします。
毛先をヘアアイロンで軽く内側に巻いておくと、ひとつに束ねた際にまとまりが良く綺麗に見えるでしょう。巻くときには、カールをきつくし過ぎて派手にならないよう注意してください。

2.スタイリング剤を髪につける

毛流れが整ったら、髪全体にスタイリング剤を馴染ませます。スタイリング剤が多すぎるとベタつき感や結びづらさに繋がるため、少量を手に取り少しずつつけていくようにしましょう。

3.ブラシを使って髪を後ろへ寄せていく

スタイリング剤が馴染んだら、ブラシで毛流れを整えつつ髪を頭の後方でまとめてください。
結ぶ位置は耳の高さよりやや低めを意識して、おくれ毛などは残さず束ねましょう。顔周りをすっきりさせることが大切です。

4.太めのしっかりとしたゴムで髪を束ねる

髪を結ぶためのゴムは、太めの丈夫なタイプがおすすめです。おくれ毛が出てきたり、えり足がたるんできたりすることのないように、しっかりとタイトに結んでおきましょう。

5.あほ毛やおくれ毛を整えてスプレーなどで固める

髪を結び終えたら、あほ毛やおくれ毛がないかを確認してください。もしあったら、ワックスなどを使用して収まりを良くします。
仕上げはハードなスプレーで固定すると髪型が崩れにくくなり安心です。ただし、吹きかけ過ぎて髪がバリバリに固まらないよう注意しましょう。

就活用のひとつ結びにおすすめのスタイリング剤

綺麗に髪をセットするためにスタイリング剤を使うと良いでしょう。髪型の維持も期待でき、外出先での手直しなどにも便利です。
髪全体に馴染ませる際は、クリームやエマルジョンタイプのソフトワックスなどを使うと伸びが良くセットしやすいでしょう。ふんわりとした立体感を作ることも可能です。しっかりと揉み込めば、ベタつき感も防止できます。
仕上げの固定にはハード系のスプレーがおすすめ。前髪の流れをキープしたいときにも活躍します。
出先で髪型の崩れやあほ毛が出てきた場合に備えて、スティックタイプのワックスなどを持ち歩いておきましょう。面接前には必ず身だしなみを確認し、乱れた髪のまま面接に臨むことがないようにしてください。

就活でひとつ結びする際の3つの注意点

ひとつ結びと一口にいっても、整え方や結ぶ位置によって印象は左右されます。就活でひとつ結びをする際の注意点を確認しておきましょう。

1.あほ毛やおくれ毛が出ないようにする

綺麗にまとめたつもりでも、短い毛や癖毛のうねりが出ているということはよくあります。
髪を束ねる前には毛流れをよく整えて、あほ毛やおくれ毛はスタイリング剤などで抑えるように習慣づけると良いでしょう。

2.結ぶ位置を高くし過ぎない

髪を結ぶ位置にも注意が必要です。結び目が高すぎると幼い印象を与えてしまう恐れがあります。また、えり足のたるみやおくれ毛などが出やすくなり、髪型が崩れやすくなる可能性も。
髪は耳の高さよりもやや低めの位置で結ぶと収まりも良く、落ち着いた雰囲気が出せるためおすすめです。

3.毛先まで綺麗に整える

髪を結ぶ際には、毛先にも気を配りましょう。毛先がぱさついていたり、まとまりが悪かったりするとだらしない印象を与えてしまうことも。
毛先はストレートか軽いワンカールに整えて、スタイリング剤などで綺麗にまとめると清潔感を演出できるでしょう。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!