就活でピアス跡は不利になる?身だしなみマナーとピアスホールの隠し方

このページのまとめ

  • 就活では、耳たぶに左右1つずつ程度のピアス跡は許容範囲といえる
  • ピアス跡の大きさや場所によってはマイナス印象になる
  • 就活中はピアスを外しておくのがマナー
  • どうしてもピアス跡が気になる場合は、ヘアスタイルや透明ピアスで隠そう
  • 就活ではピアス跡よりも身だしなみ全体を意識することが大切

就活でピアス跡は不利になる?身だしなみマナーとピアスホールの隠し方の画像

就活生の中には、「ピアス跡がマイナス印象になるのでは」と不安を感じている人も多いのではないでしょうか。
派手なピアスをしていたり、ピアスホールが複数あったりする場合は、悪目立ちする場合があります。目立つピアス跡は隠すなどの対処をしておくと良いでしょう。
このコラムでは、ピアス跡が就職に不利になるのかという疑問にお答えします。ピアスをしている方は、参考にしてみてください。

就活でピアス跡は不利になる?

面接では、アクセサリーを含む身だしなみマナーを守ることが大切です。
では、ピアス跡がある場合は、面接にどういった影響を与えるのでしょうか。

耳たぶに左右1つずつまでなら問題ない

耳たぶに左右1つずつピアスホールが開いている程度であれば、面接にほとんど影響はないと考えて良いでしょう。
昨今、若者を中心にピアスを開けている人は多く、面接官もそれほど気にしない傾向があります。
そのため、両耳合わせて2つまでなら許容範囲といえるでしょう。

男性の場合は女性よりも注意が必要

両耳1ホールずつであれば許容される傾向があるとはいえ、男性の場合は女性よりも注意してください。企業によっては、男性がピアスを開けるのを「だらしない」と考える場合もあるようです。
アパレル業界や美容業界など、個性を重視する業界でない限り、ピアス跡を隠すなどの工夫をしたほうが安心でしょう。

ホールの大きさや場所によってはマイナス印象になる

ピアスホールを拡張している、鼻や口、耳の軟骨部分などに開いている場合は、面接時に悪目立ちしてしまう恐れがあります。
また、ピアスホールの数が多い場合も同様。ピアス自体を外していても、ピアス跡が目立てば面接官
にマイナス印象を与える可能性があるでしょう。

▼関連記事
就活時には外すべき?ピアスが与える印象と対処法まとめ
就活では服装も評価される!スーツや私服の正しいマナーを解説
家を出る前に確認したい、第一印象で損をしないための就活マナー

ピアス跡がある場合の対処法

片耳1つずつ程度のピアスホールなら気にしない面接官が多いとはいえ、普段ピアスを身に着けている人は注意が必要です。
ここで、ピアス跡がある場合の対処法を押さえておきましょう。

就活の場ではピアスは外す

就活中にピアスしているのはマナー違反。
転職活動であれば、シンプルかつ目立たないピアスをしていても問題ありませんが、就活生の場合は外しておくのが基本です。
就活生ならではの「フレッシュさ」をアピールするためにもピアスは外しておきましょう。

堅い仕事を選ぶ場合はピアス跡を隠す

ピアスを外しても、ピアスホールが目立つ場合は隠したほうが良いでしょう。
特に、公務員や金融系といった堅い仕事の場合は身だしなみにも厳しい傾向があります。目立つピアス跡は隠し、清潔感のある身だしなみを心がけましょう。

▼関連記事
ピアスホールは就職に影響する!目立たなくする方法とは?
私服OKの選考はどうすれば良い?面接官に好印象を与える服装とは

ピアス跡を隠す3つの方法

就活中、ピアス跡がどうしても目立つ場合は、隠す方法があります。
以下3つの方法を試してみましょう。

1.ヘアスタイルを工夫して隠す

最初に試したいのは、髪型を工夫して隠す方法です。
ヘアスタイルをボブにしたり、表情が隠れない程度にフェイスラインに沿っておくれ毛を作ったりすれば、耳のピアス跡が隠れるだけでなく、耳自体に目がいかなくなるでしょう。
ただし、表情が隠れたりボサボサの印象になったりするのはかえって逆効果になるため注意してください。
髪が短い人や耳以外にピアスホールがある場合はこの方法は向かないので、別の方法を試してみましょう。

2.透明ピアスをする

ヘアスタイルでカバーするのが難しい場合は、透明ピアスで隠す方法を試してみてください。
ピアス穴は不自然に黒く見えますが、透明ピアスで塞いでしまうと目立ちにくくなります。
万が一透明ピアスが面接官の目に入っても、「就活の場であることをわきまえている」という印象になるでしょう。

3.メイクやテーピングでカバーする

ピアスホールが多い、鼻や口といった顔の目立つ部分にある場合は、メイクやテーピングを駆使して隠してみましょう。
コンシーラーやファンデーションでカバーしたり、テーピングを小さく切ってピアス跡の上に貼ったりすれば、ピアス跡をカバーできる可能性があります。
面接当日ではあせってうまくいかないこともあるため、あらかじめ面接前に自分のピアス跡が隠れる最適な方法を探しておきましょう。

▼関連記事
ピアスのおすすめ記事一覧ページ
就活では服装も評価される!スーツや私服の正しいマナーを解説

ピアス跡よりも気をつけるべき身だしなみマナー

就活中は、ピアス跡以外にも守るべき身だしなみマナーがあります。
ピアス跡一点を気にするよりも、身だしなみ全体のマナーを守れているかどうかが大切です。
以下の身だしなみマナーを意識して、面接官に好印象を与えましょう。

服装

就活生の服装はリクルートスーツが基本です。
派手な色のスーツやシャツ、ネクタイなどは就活の場にふさわしくないので避けましょう。
また、スーツのサイズや着丈が合っていない、シワや汚れがあるのはNGです。清潔感がないと判断されるため、注意してください。

ヘアスタイル、メイク

就活生のヘアスタイルは「清潔感」と「フレッシュさ」がカギ。
男性なら短髪、女性で髪が長いなら束ねて顔周りをスッキリさせましょう。
お辞儀をしたときに髪が顔にかからないようにするのがおすすめです。
また、女性のノーメイクはマナー違反。健康的に見えるよう、ナチュラルメイクを心がけてください。

アクセサリー、ネイル

就活中は時計以外のアクセサリーを身に着けないのが基本です。
メガネはもちろんOKですが、きれいに磨いておくようにしましょう。
ネイルは男女ともに短く整え、女性は派手なネイルアートを控えてください。
どうしてもネイルをしたい場合は、就活の場に馴染むベージュや淡いピンク、クリアカラーのネイルが好ましいでしょう。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!