女子就活生がベリーショートにしてもOK?ヘアセット手順や注意点を解説

このページのまとめ

  • 基本的に女子のベリーショートが就活で不利に働くことはない
  • 就活の髪型で大切なのは、髪の長さではなくTPOを意識できているかどうか
  • 女子就活生のベリーショートが与える印象は、「活発」「清潔感がある」など
  • 女子就活生がベリーショートにするなら、顔周りをすっきりさせ眉毛を出す
  • 就活用のベリーショートは、地毛色か黒色にして個性の強いスタイルは避ける

ショートカットの就活生の画像

女子がベリーショートにすると就活で不利になるのでしょうか。周囲にロングヘアの女子就活生が多いと、「悪目立ちしてしまうのでは…」と不安になる方もいるでしょう。
就活で重要視されるのは、髪の長さではなく身だしなみにTPOがあるかどうか。このコラムでは、女子のベリーショートが与える印象や髪型の注意点、ヘアセット手順などを解説します。就活向けのベリーショートにして、面接での印象アップを図りましょう。
 

就活で女子がベリーショートにするのは避けるべき?

就活において、外見は第一印象に関わる大切な要素です。中でも髪型は、顔や表情の印象を左右します。
ベリーショートにしている女子就活生が周囲に少ないと、「悪目立ちしてしまいそう…」「面接官からの受けが悪いかも…」と心配になる方もいるでしょう。
しかし、女子のベリーショートが就活に不利に働くことは、基本的にありません。就活では髪の長さよりも、「TPOに配慮した身だしなみ」かどうかのほうが重要視されるためです。
とはいえ、ショートとロングでは面接官に与える印象は異なります。以下で、ベリーショートが持たれやすいイメージを知っておきましょう。

▼関連記事
第一印象が大事!就職活動にふさわしい髪型とは?
 

女子就活生のベリーショートが面接官に与える印象

ベリーショートは表情が見えやすくなるため、明るく活発な印象を面接官に与えられるでしょう。基本的に、「元気そう」「爽やか」「仕事ができそう」などと認識されやすく、面接でも好印象だと考えられます。
また、顔周りをすっきりさせられる点も、ベリーショートの特徴です。就活の見だしなみで求められる「清潔感」を演出するのに適しているといえます。
ただし、髪を短くしていれば好印象を与えられるという訳ではありません。長い髪は束ねたほうが清潔感を出せるのと同様に、ベリーショートにも印象を良くするためのコツや注意点があるため、それらに留意して髪型を作る必要があります。
 

女子が就活向けのベリーショートにするには

就活に適したベリーショートとは、どのようなスタイルでしょうか。以下を確認して、ヘアスタイルの参考にしてください。

顔周りをすっきりさせる

前述したように、ベリーショートは顔周りをすっきりさせられるのが利点だといえます。もみあげやえり足に長さを残したベリーショートだと顔周りを隠してしまうため、避けたほうが良いでしょう。
耳は出して、首の形がきれいに見えるようなスタイルがおすすめです。

眉毛を隠さない

髪型を作る際には、眉毛が面接官に見えるようにしましょう。眉毛を見せることで面接官に表情が分かりやすくなるため、アピールする言葉も伝わりやすくなります。アピール効果が高まれば、面接官の印象にも残りやすくなるでしょう。
前髪が眉毛にかかる場合は、ななめ横に流すのがおすすめ。清潔感が出て落ち着いた雰囲気を演出できるでしょう。

▼関連記事
就活でふさわしい髪型とは?男女別でご紹介!
 

好印象を与えるベリーショートにする3つの手順

ベリーショートで好印象を与えるためには、ヘアセットも重要です。以下で、ヘアセットの具体的な手順をみていきましょう。

1.ドライヤーや櫛を使って髪の流れを整える

まずは、ドライヤーや櫛を使って髪の流れを整えます。
短い髪は癖やハネが出やすくなるため、髪を少し濡らしてから毛流れを整えるとセットしやすいでしょう。濡れた髪をドライヤーで乾かす際には、トップを少し引っ張るようにすれば、ふんわり感が出てきれいにまとまります。

2.ワックスをつけて髪の癖やハネを抑える

毛流れを整えたら、髪全体にワックスを馴染ませてください。
ワックスは少しずつ取り、つけ過ぎないように注意しましょう。つけ過ぎるとベタつき感が出て、清潔感に欠けてしまいます。
ワックスが馴染んだら、残っている髪の癖やハネを抑えつつ、シルエットを形作りましょう。トップをやや膨らませて、全体的に丸みが出る髪型にすると、ナチュラルで柔らかい印象になりおすすめです。横や後ろから見たときのシルエットがきれいかどうかも、鏡で確認してください。

3.固定用のスプレーなどで髪型の崩れを防止する

最後は、ハードスプレーなどを髪全体に吹きかけましょう。
ゴムなどで髪を束ねておけない分、ベリーショートは雨や風の影響を受けやすい髪型です。できるだけシルエットを保てるように、スプレーで固定すると髪型の崩れを防止できます。
ただし、はたから見てすぐ分かるほどガチガチに固めるのは、清潔感を損なうためNGです。
面接前には、化粧室などで髪型の崩れをチェックする習慣をつけましょう。
 

女子就活生がベリーショートにする際の3つの注意点

女子就活生がベリーショートにする際には、以下のポイントに注意すると良いでしょう。

1.派手で個性の強すぎるベリーショートは避ける

就活でベリーショートにする際には、派手で個性的過ぎるスタイルは避けましょう。たとえば、アシンメトリーになっている髪型などは、就活の場において好ましいとはいえません。
就活の髪型で大切なのは、長さではなくTPOを意識できているかどうか。面接で場違いだと思われるような髪型は、「常識がない」「真剣味が足りない」と判断される恐れがあります。

2.髪色はナチュラルな地毛の色または黒色にする

就活中の髪色は、地毛の色か黒色が基本です。前述したように、就活ではTPOをわきまえているかが重要になります。そのため、派手な髪色は厳禁です。
企業によっては、染める行為自体がマイナス評価に繋がる可能性もあります。企業の傾向をしっかりとリサーチしたうえで、身だしなみを整えましょう。

3.短いからといってヘアセットは怠らない

就活中は、ベリーショートでもヘアセットは必ず行うようにしてください。
ベリーショートは髪を結ぶ必要がないため、ヘアセット手順がシンプルです。そのため、就活生の中には、ヘアセットに必要性を感じないという方もいるでしょう。
しかし、たとえ短時間であっても、身だしなみに手間をかけたかどうかは全体の印象を左右します。
たとえば、少し毛流れを整えたり、ヘアスタイリング剤をつけたりするだけで、髪にツヤやハリが出て健康的な印象を演出できるでしょう。丸みを帯びたきれいなシルエットを作れば、清潔感が出て柔らかなニュアンスになり、面接官に好印象を与えやすくなります。

第一印象で面接官に良いイメージを与えられれば、その後の展開もスムーズに運ぶ可能性があります。身だしなみは内定獲得への第一歩と考えて、手を抜かないようにしましょう。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!