就活ではズボンとスカートどっちを着用すべき?その選び方のコツをご紹介!

このページのまとめ

  • 女性は就活では、ズボンとスカートどちらのスーツを着用しても問題ない
  • 就活のスーツは、ズボンは「活発」でスカートは「柔らかい」などの印象を与える
  • 就活スーツではズボンは動きやすく、スカートは体型カバーなどのメリットがある
  • 就活のスーツは、落ち着いた色で体型に合っているものを選ぶと良い

就活ではズボンとスカートどっちを着用すべき?その選び方のコツをご紹介!の画像

就活の場ではスカートを履いている人が多く、ズボンを履いて良いのか迷ってしまう就活生もいるはずです。しかし、どちらを選んだかによって面接などの合否が決まるということはありません。それぞれのスーツから受ける印象は変わりますが、大切なのは清潔感を意識することです。特徴やメリット、選び方のポイントを学び、自分に合ったスーツを見つけましょう。

就活ではズボンとスカートのどちらを着用するべき?

就活時に着用するのは、パンツスーツとスカートスーツ、どちらにするべきか迷う就活生も多いはずです。ズボンかスカートかの選択によって企業の心象が変わらないことを確認し、安心して就活に取り組めるようにしましょう。

どちらでも構わない

結論から述べると、ズボンでもスカートでもどちらでも構いません。どちらか片方が好印象であったり、どちらかのスーツだと採用されにくい、などの有利、不利の差はありません。
スーツは正しく着こなせていれば問題ないので、自分が着やすい方を着用しましょう。
無理に自分の着たくないものや不慣れなものを選んでしまうと、落ち着かなくなってしまいます。就活の場では、リラックスすることで実力を発揮できる可能性もありますので、いつもの自分でいられる方を選択してください。

▼関連記事
就活で女性のズボンはOK?印象アップに繋がる着こなしのコツもご紹介

スカートの割合が高い

どちらでも構わないとはいえ、企業説明会などではスカートを着用している就活生が多く感じられるのも事実です。最近は増えてきたものの、まだズボンは少ない傾向にあります。
スカートの割合が高い理由としては、単純に「女性のリクルートスーツ=スカート」という印象が残ってしまっているためです。
そのため、念のためにとスカートスーツを着用する就活生が多いという実態があります。しかし、本来はどちらのスーツを着用しても問題ありません。先述のように「自分らしくいられる」ことが大切ですので、安心して着用してください。

大事なのは清潔感

スーツにシワがあるなど、身だしなみがだらしなく、清潔さを感じられないことは大きな問題です。清潔感のない服装は、それだけで就活において不利になります。そのため、清潔感を意識してスーツを着用しましょう。
シワや埃、汚れがついていないかは、清潔感を意識するという点でもっとも気をつけるべきポイントです。また、「自分の体型や雰囲気に合っているか」という点も意識することが必要です。体型に合わずダボっとしていたり、裾を引きずったりしているようなスーツは見栄えも悪く、不潔な印象を与えてしまいます。
自分の体型に合ったスーツを着用し、帰宅後はすぐにハンガーにかけ、定期的にクリーニングに出すように心がけましょう。

▼関連記事
就活スーツの選び方!スカートとパンツで悩んだときの対処法

就活におけるズボンとスカートの印象の違い

リクルートスーツはズボンとスカートで与える印象がそれぞれ異なります。どちらのスタイルで挑むかによって企業に与える印象は異なるでしょう。
女性はどちらも着用が認められているため、どちらを選んでも問題ありません。ズボンだから、スカートだからといって、減点対象にはなりませんが、印象は評価の一部になり得ます。それぞれにどのような印象の違いがあるのかを把握し、身だしなみの理解を深めましょう。

パンツスーツは明るく活発な印象

就活スーツでズボンを履いていると、「アクティブ」「フットワークが軽い」「キャリアウーマンのよう」といった活発な印象を与えられます。積極的な印象があるため、バリバリ仕事をこなしたいと考えている就活生にぴったりでしょう。
特に、営業職や販売職などを目指している方におすすめです。

スカートスーツは爽やかで柔らかい印象

スカートで就活をしていると、「親しみやすい」「優しそう」「女性らしい」など柔らかい印象を与えられます。
就活生らしいフレッシュで清楚な印象があるため、女性らしい華やかさを求められる企業にぴったりです。
特に、スカートが制服となる受付業務やキャビンアテンダントなどは、制服着用時のイメージが湧きやすくなります。そのほか、事務職やアパレルを目指す方におすすめです。

就活でパンツスーツを着るメリットとデメリット

ズボンはスカートに比べてどのようなメリットとデメリットがあるのかを知り、自分がどちらを着用するか決める際の参考にしましょう。

メリット

まず第一に「動きやすさ」が挙げられます。就活では移動が多くなりますが、ズボンは足さばきが良く、歩きやすいのがメリットです。
ほかにも「冬は暖かい」「ストッキングが電線しても気づかれにくい」などのメリットがあります。

デメリット

ズボンはスカートに比べシワになりやすいのがデメリットの1つです。立ったり座ったりすることでシワになりやすいので、帰宅後はすぐにスーツを脱いで、ハンガーにかける必要があります。
また、ズボンの中央にある折り目がしっかり出ているかどうかもポイントになります。この線は「センタークリース」もしくは「センタープレス」と呼ばれるもので、精悍な印象を与えるための重要なポイントです。センタークリースをきれいに保つためにも、着用しないときはハンガーにかけて保管しましょう。

就活でスカートスーツを着るメリットとデメリット

スカートはズボンに比べてどのようなメリットとデメリットがあるのか押さえておきましょう。それらを参考に、自分がどちらを着るか決めることをおすすめします。

メリット

太ももやヒップラインが気になる方は、体型をカバーしやすいという点がメリットです。腰回りが気になる方には着痩せ効果があるため、スカートの着用をおすすめします。
また、「夏は通気性が良いため涼しい」「座った際に足をしっかり閉じるように意識することにより所作がきれいに見えやすい」と考えられます。

デメリット

スカートではズボンとは逆に「動きにくさ」や「冬の寒さ」がデメリットです。また、ストッキングを引っ掛けてしまう危険性が高く、伝線してしまうと履き替えるしかないという点で手間とコストがかかるおそれがあります。

スーツの選び方と着こなしポイント

先述のように、スーツで大切なのはスカートかズボンかよりも「清潔感」です。ただ適当なスーツを着ただけではサイズが合わずにだらしない印象を与えてしまうこともあります。
それぞれのスーツの選び方をおさえ、自分に合ったスーツを選びましょう。

パンツスーツの場合

一口にパンツスーツといっても、スーツのシルエットやデザインはさまざまです。その形ごとに見え方も変わってくるので、選び方のポイントをおさえておきましょう。

シルエット

シルエットは自分の体形にフィットするものを選びます。その際、あまりにぴったりしていると座ったときに余裕がなくなってしまうので、試着して、座ってもきつくない程度の、余裕のあるサイズを選ぶのが好ましいです。
パンツスーツには大きく分けて2種類の形があります。「裾が広がったフレアタイプ」と「裾が細いストレートタイプ」です。どちらかの形の方が良い、というルールはないので、自分に似合う形を選びましょう。ただし、あまり裾が広がりすぎたデザイン性の高いものは、カジュアルな印象を与えてしまうので注意してください。

就活の際には、スーツの色はズボンかスカートかに限らず、黒や濃紺、濃いグレーなどの落ち着いた色を選びましょう。
柄は主張の少ない細めのストライプであれば着用可能ではありますが、無難なのは無地で黒のスーツと考えられる傾向にあります。

パンツスーツにおいて丈の長さは重要です。丈が合っていないと不恰好になってしまうので、試着をしてから購入するようにしましょう。丈の長さは、裾が足の甲に当たる程度の長さのものを選んでください。
また、就活の場では立ったり座ったりすることが多いので、実際に座ってみて長さを確認することをおすすめします。立ったときにヒールが少し隠れ、座ったときにはくるぶしが見えないくらいの丈の長さが良いでしょう。
フレアタイプであれば靴を履いた状態でヒールが半分隠れる長さ、ストレートタイプであればヒールが数ミリ隠れるくらいが丁度良い長さです。

ベルト

ベルトの色はスーツと同系色の落ち着いたものを選びましょう。バックルはシルバーのシンプルなデザインのものが好ましいです。
パンツスーツの際は必ずベルトを着用しましょう。腰回りが見えたときにベルトがないと、違和感を与える場合があります。

スカートスーツの場合

スカートスーツも、サイズ感が重要になります。自分の背丈に合っていて、体にしっかりフィットしたものを選びましょう。
パンツスーツ同様、サイズが合っていないものだと、だらしない印象を与えてしまう恐れがあります。

シルエット

基本的に就活のスーツは、かっちりとしたシルエットのものが好ましいです。
スカートは「タイト」「セミタイト・台形」「フレア」などさまざまな形のものがあります。
「タイト」タイプは腰から脚にかけてのラインにフィットする形状のスカートです。女性らしい雰囲気を出せます。
「セミタイト・台形」タイプはタイトタイプよりも体のフィットがやや緩やかな作りをしています。
「フレア」タイプはAラインで裾がふわりと広がった形状のスカートです。華やかな雰囲気ではありますが、少しインフォーマルな印象があるので気をつけましょう。

パンツスーツ同様、黒やダークグレー、紺などの落ち着いた色合いのものにしましょう。銀行など金融関係や大手メーカーといった堅めの業界では黒がおすすめですが、自分の顔色に合った色を選んだ方が馴染みが良く見えます。
しかし、明るい色は派手な印象を与えてしまいますので、あくまでダークカラーの中から選ぶようにしてください。

スカート丈は短すぎず、長すぎず、自分の体形に合ったスカートの長さのものを選びましょう。短すぎると軽薄な印象に、長すぎると重たい印象になる可能性があります。
立った状態で膝にかかるほど、座った状態で膝上5~10センチ以内に収まる長さが理想です。必ず試着をして、あらゆる角度から丈を確認しましょう。椅子に座ったり、おじぎをしたりして、丈の長さの変化を見ることをおすすめします。

ベルト

スカートはズボンとは違い、ベルトは必須ではありません。もしするのであれば、ズボンと同じく同色の落ち着いた色のものを選びましょう。バックルもやはりズボン同様シルバーでシンプルなデザインのものがおすすめです。

▼関連記事
スカートは苦手!就活で着るパンツスーツの選び方とは?

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!