就活のコートにおすすめの色や形を男女別にご紹介!着脱時のマナーも解説

このページのまとめ

  • 就活用のコートはスーツに合わせて落ち着いた色のシンプルなデザインのものを選ぶ
  • メンズのおすすめ就活コートはステンカラーコート、背広の裾よりも長めの丈を選ぼう
  • レディースのおすすめ就活コートはトレンチコート、スカートよりやや短めの丈を選ぼう

就活のコートにおすすめの色や形を男女別にご紹介!着脱時のマナーも解説の画像

就活用のコート選びを迷っている人は多いのではないでしょうか。コート選びの際は、身だしなみマナーを意識する必要があります。このコラムでは、デザインやカラーが豊富で迷いがちなコート選びのポイントを、男女別にご紹介します。着脱のタイミングや、脱いだコートの持ち方など、コート着用時のマナーを知り、企業の印象アップを目指しましょう。

就活のコートはどんなものがふさわしい?

就活の場にそぐわないコートを着ていると、悪目立ちしてしまいます。「ビジネスマナーがなっていない」とマイナスの印象を与えないためにも、就活の場にふさわしいコートの選び方を確認しましょう。

色はスーツに合うベーシックなものを選ぶ

コートの色は、スーツの色に合わせてベーシックな色を選びましょう。主にブラックやネイビー、グレー、ベージュを着用することが多いです。

形はフォーマルでシンプルなデザインを選ぶ

コートにはトレンチコートやダウンコートなどさまざまなデザインのものがありますが、カジュアルすぎないフォーマルなデザインのコートを選んでください。ファーやフードなど、装飾のついたものはビジネスシーン向きではありません。シンプルなものを選ぶよう心がけましょう。

冬はライナーやマフラーで防寒対策をする

ライナーがあると秋から春にかけて着用できるため、着脱可能なライナーのついたコートが便利です。冬にはライナーを取り付け、春には取り外して使用すれば1着で長いシーズン着回せます。
マフラーや手袋はベーシックで落ち着いた色を選びましょう。柄はストライプやチェックなどの柄物でもかまいません。女性は男性よりもマフラーの色の自由度が高く、明るい色のコートには暗い色、暗い色のコートには明るい色、といったコーディネートがおすすめです。
しかし、あまり派手な柄や奇抜な色、大判のストールなどは避けましょう。

■関連記事
就活コートの選び方・扱い方を徹底解説

男女別おすすめデザイン

メンズかレディースかによって就活にふさわしいデザインや丈の長さは変わります。男女別でそれぞれおすすめのデザインを確認しましょう。
また、コートを購入するときは、ジャケットの上から羽織るという点を意識する必要があります。スマートに着脱できるよう、肩周りに余裕があるサイズ感のものを選ぶと良いでしょう。

メンズコート

ベーシックでビジネス向けのコートを選びましょう。ビジネスシーンにも使えるものを1着購入しておけば、社会に出てからも着用できます。

デザインはステンカラーコートが人気

メンズコートのデザインとして主流なのは「ステンカラーコート」「トレンチコート」「チェスタ―コート」です。
男性の就活生に人気なのはステンカラーコートで、首元までボタンがあるため、防寒性に優れています。トレンチコートと比べると、よりシンプルなデザインです。就活スーツにも合いますし、ビジネスコートとしても定番のため、社会人になってからも使用できます。

丈は背広の裾よりも長め

メンズコートの丈の長さは、スーツのジャケットより長ければ問題ありません。
コートの下からスーツのジャケットの裾がはみ出ているとだらしない印象になりますので、動いても裾の出ない長さかを、試着して確認すると良いでしょう。逆に、丈が長すぎるコートもぶかぶかでだらしない印象を与えます。
スーツのジャケットより長く、腿から膝にかけての丈の長さのコートを選ぶことがポイントです。

レディースコート

レディースコートはデザインが豊富で選択肢が多く、どのようなものにするか迷いがちです。しかし、あくまでビジネスシーンであることを意識して、シンプルなものを選びましょう。

デザインはトレンチコートが主流

レディースコートのデザインとして主流なのは「トレンチコート」「ステンカラーコート」「チェスタ―コート」です。
特に女性の就活生に人気なのはトレンチコートで、カチッとしたデザインであることからスーツとの相性も良く、きちんとした印象になります。シングルとダブル、どちらのデザインでもかまいません。薄手のため防寒性が低いので、ライナー付きのものを選ぶと良いでしょう。
ボタンを開ける際、ベルトは後ろでちょうちょ結びにします。

丈はスカートよりやや短め

レディースのコートの丈は、スーツのスカートの裾より少し短い、膝上のショート丈が一般的です。丈が長い方が防寒性に優れているのですが、重たい印象を与えてしまうので就活時は控えましょう。
レディースコートはデザインが豊富で種類も多く迷いがちですが、あまりカジュアルにならないように気をつけてください。

コート着脱のタイミング

就活に限らず、ビジネスシーンにおいてコートを脱ぎ着するタイミングは決まっています。失礼にならないよう、マナーを確認しておきましょう。

コートを脱ぐタイミングは建物に入る前

コートは屋外で着るものなので、建物に入る前に脱ぎます。その際、出入り口付近で脱いでいると行き来する人の邪魔になってしまいますので、必ず玄関や入り口の端で脱いでください。
また、複合ビルであってもコートを脱ぐタイミングは同じです。エレベーター内で脱ぐのは乗り合わせた人の迷惑になるのでやめましょう。
雨が降っている場合は、無理に屋外で脱ぐ必要はありません。屋根のあるところまで行って、さっと脱ぐようにしてください。

コートを着るタイミングは建物を出てから

コートを脱ぐときと同様、外で着るものだと意識しておきましょう。コートはもちろん、マフラーや手袋も、建物の外に出てから着用してください。
しかし、雨のときは脱ぐときと同様に、屋根のあるところでの着用でかまいません。

脱いだコートはどうする?

コートのも持ち方にもマナーがあります。状況に応じて対応できるようチェックしておきましょう。

持つときは片方の腕にかける

建物の外で脱いだコートは、軽く畳んで腕にかけておきます。荷物を片手に立ったまま畳むことになりますが、あまり乱雑な畳み方にならないよう気をつけてください。
このとき気をつけるべきポイントは、コートの表面を見せないようにすることです。コートの表面には細かい埃や砂、塵などが付着していることがあるので、汚れを室内に持ち込まないようにする意図があります。裏面を表に、表面を内側にするように畳みましょう。

置くときは畳んで鞄の上に

コートを置くときは、畳んで鞄の上に置きます。椅子の背もたれや、自分の膝に乗せないようにしてください。
企業によっては、受付で上着を預かってくれたり、荷物置き場を用意してくれたりする場合があります。その際は指示に従って、荷物置き場に置いてかまいません。

コートの畳み方

コートをきれいに畳むには、始めにコートの裏地側を自分の方へ向けて持ちます。
次に、コートの両肩の部分に手を差し込み、入れた手を内側に折り込むようにして袖を折り畳みます。このとき、腕の部分まで裏返す必要はありません。
最後に、前身頃(着用時の胸の部分)を、後ろ身頃(着用時の背中の部分)に重ねるようにして畳みます。
縦長の形に折り畳めたら、腕にかけて持ち歩きましょう。このとき、背中側が上になるようにして持ってください。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!