就活のYシャツ選びのポイントを解説!男女別マナーを知ろう

このページのまとめ

  • 就活向けのYシャツ選びでは首周りや袖の長さなどのサイズ感を意識しよう
  • 就活のYシャツのデザインは白の無地が無難、襟の種類も注意しよう
  • 就活でYシャツを着用する際は、身だしなみを意識し清潔感のある服装を心がけよう

Yシャツと履歴書の画像

就活用のYシャツは、どのようなものを着用すれば良いのか悩む方も多いのではないでしょうか。無難なのは白の無地ですが、大切なのは清潔感です。サイズ感の合わないものや就活の場に適していない派手なデザインのものは、悪目立ちしてしまいます。このコラムでは、Yシャツの選び方だけでなく、着用時に気をつけるポイントもご紹介します。企業に好感を持ってもらえるよう、身だしなみのマナーも身につけましょう。



 

就活向けのYシャツ選びのポイント

就活での服装というと、よくスーツに着目しがちですが、Yシャツも重要なポイントです。
スーツの下に隠れがちなYシャツですが、採用担当者がチェックしている場合があります。どのようなYシャツを着れば良いのかを知り、就活で着用しても問題ないYシャツを選べるようになりましょう。

サイズ

就活のためにピシッときれいにYシャツを着こなすには、試着が重要になります。肩幅が合っておらず肩線が落ちてしまっていたり、全体が大きくだぼついてしまっていたりすると、だらしない印象を与えかねません。

首回り

首回りのサイズが合っているか確認することは、Yシャツのサイズ選びのなかでも特に大切です。特に男性の場合は、首回りがゆるいとネクタイの結び目がずれてしまい、だらしなく見えてしまいます。
首回りの理想的なサイズは、一番上のボタンを閉めた状態で、首とYシャツの間に指が1~2本入る程度です。

袖丈

就活では夏の時期でも長袖を着用しましょう。半袖の上からスーツのジャケットを着ると、肌が直接ジャケットに触れて不快ですし、ジャケットの生地が痛んでしまいます。
袖は、ジャケットを着た状態で、1~1.5センチ程度ワイシャツが見える長さがバランスが良く見え理想的です。

デザイン

ビジネス用のYシャツの中には、就活には向かないデザインがあります。色や柄、襟など、ポイントごとに就活で着用できるデザインか確認しましょう。

就活で着用するYシャツは、白が基本です。フォーマルな場に適し清潔感があるため、身だしなみも整って見えます。
ビジネスシーンでは薄いブルーなどのYシャツを目にすることもあるでしょう。社会に出て実際に勤務が始まってから色つきのYシャツを着るのは問題ないのですが、就活においてはカジュアルな印象を与えてしまいます。

Yシャツの柄は無地が無難ですが、薄く細い線のストライプなど、あまり目立たないものであれば着用可能です。
しかし、チェック模様や目立つ刺繍のついたもの、太いストライプなどの派手な柄は避けましょう。

Yシャツのデザインで特に種類が多いのが、襟の形です。採用担当者の目に留まりやすい場所にもなりますので、着用しても良いデザインかをしっかりおさえましょう。
「ボタンガウンシャツ」と呼ばれる、襟元にボタンがついているYシャツは、就活ではNGとされています。ボタンダウンは、就活に限らずビジネスでも比較的カジュアルな場で着用されるYシャツになりますので、注意してください。
一番王道なのは、男性であれば「レギュラーカラー」、女性であれば「シャツカラー」です。これらの襟の形は、どの業界・職種の選考においても間違いがない無難な形なので、1枚は持っておくことをおすすめします。

▼関連記事
何色が正解?就職活動に最適なスーツとシャツのマナー



 

男女別おすすめのYシャツの選び方

男性と女性では、Yシャツの形そのものが異なっています。そのため、男女それぞれの特徴を知り、自分に合ったYシャツ見つけましょう。

メンズのYシャツの選び方のポイント

どんなYシャツを選ぶべきかは、男女で違っています。男性の場合、どのようなYシャツを選べば良いのか確認しましょう。

就活で男性が着用可能なYシャツの襟のデザインは、基本的に「レギュラーカラー」「ワイドカラー」「ショートポイントカラー」の3種類です。
「レギュラーカラー」のYシャツは、襟開きの角度が75〜90度で、オーソドックスで最も無難な形です。固く見えるスタイルなので、かっちりと見せたい官公庁や金融関係の選考の際に向いていると考えられます。
「ワイドカラー」のYシャツは、襟開きの角度が100〜120度です。レギュラーカラーに比べると左右の襟の開きが広く、ややゆったりとしています。首が太めであったり、がっしりとしていたりする体型の方におすすめです。
「ショートポイントカラー」のYシャツは、襟開きの角度が75〜90度で、襟の長さが少し短い作りになっています。襟がすっきりとしていて、コンパクトなので、スリムな体型の人におすすめです。
これらの3種類のどれを選んでも問題ありません。

サイズ感

男性の場合はジャストサイズのYシャツを選んでください。既製品でも、採寸してもらえば自分に合ったサイズのものが見つかるでしょう。

レディースのYシャツの選び方のポイント

女性用のYシャツは男性よりも種類が多く、迷ってしまいがちです。業界や職種など、イメージごとに着用するデザインを変えるために、複数枚持っておくと良いでしょう。

女性の場合、襟の形は「スキッパーカラー」「シャツカラー」の2種類から選ぶことをおすすめします。
「スキッパーカラー」は第一ボタンがなく、首元が少し開いたデザインです。襟をジャケットの外に出して着ます。活発な印象を与えやすいので、人と対話をする営業職のような仕事の選考で着用することをおすすめします。
「シャツカラー」はオーソドックスな襟です。無難なデザインなので、迷ってしまう方はこちらを選ぶと良いでしょう。真面目、誠実といった印象を与えやすいので、事務職など正確性を求められる仕事の選考で着用することをおすすめします。

サイズ感

女性の場合は、サイズ感は少しだけゆとりのあるYシャツを選びましょう。ジャストサイズよりわずかに大きめのサイズにすることで、動きやすくなります。一度試着してお店の人にも確認してもらうと良いでしょう。

▼関連記事
失敗しないシャツ選び!就活シャツ男女別マナー
就活のワイシャツにルールはある?基本とポイントを解説
印象アップを目指す就活女子におすすめのブラウス・シャツ



 

就活でYシャツを着るときに気をつけるべきこと

就活では身だしなみも評価の対象の1つです。Yシャツの選び方だけでなく、着こなし方も注意しましょう。

清潔感

就活生に限らず、社会人として清潔感は重視すべきポイントです。Yシャツのシミや汚れはもちろん、しっかりとアイロンをかけてシワのないようにしてください。
特に袖口や襟元は汚れやすく、汚れていると案外目立ってしまいます。洗濯機で洗っただけでは汚れが落ちないこともあるので、汚れが残っていないか確認しましょう。
清潔感がないとそれだけで第一印象が悪くなってしまう恐れがあります。Yシャツ選びだけではなく日々のメンテナンスもしっかりすることで、「清潔感のある就活生」のイメージを保てるよう心がけ、好感度アップを目指しましょう。

第一ボタンまで留めているか

就活の際は第一ボタンまでしっかり留めましょう。会場に行く前にランチをしたり、カフェで休憩したりした際に、首元が窮屈でネクタイやボタンを緩めてしまうこともあります
選考会場に向かう前に、一度鏡の前で身だしなみをチェックする癖をつけましょう。

サイズ感

先述のように、サイズ感は襟元や袖を中心に自分にフィットしているか試着して確かめることをおすすめします。特に襟元はジャケットからも出ていて、顔付近であることから目立ちやすいポイントです。
Yシャツ自体のサイズも、小さいと窮屈で動きにくいですし、大きすぎるとだらしなく見えてしまう恐れがあります。お店の人に測ってもらい、ちょうど良いサイズのものを選ぶと良いでしょう。



 

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。