新卒はどんな服装で就活セミナーへ行くべき?身だしなみマナーをご紹介!

このページのまとめ

  • 新卒が就活セミナーに参加する際の服装は、リクルートスーツが一般的
  • 「服装自由」の場合は、オフィスカジュアルが好ましい
  • オンラインの就活セミナーの場合は、私服ではなくスーツがおすすめ
  • 新卒が服装マナーで気をつけるべきは、「スーツのサイズ」「シワ・汚れ」など
  • 新卒が就活セミナーへ参加するときは、ヘアスタイルやアクセサリーにも気をつけよう

新卒はどんな服装で就活セミナーへ行くべき?身だしなみマナーをご紹介!の画像

就活セミナーへ着ていく服装でお悩みの就活生の方はいませんか?
就活セミナーは就職活動の一環であるという考えから、リクルートスーツを着用するのが一般的です。しかし、スーツを着用しているだけでは、身だしなみマナーが守れているとはいえません。
このコラムでは、新卒の方が押さえておくべき服装マナーをまとめました。就活セミナーへ参加する前のチェックポイントもご紹介しているので、ぜひご覧ください。

新卒がセミナー参加する際の服装は?

就活セミナー(就職セミナー)へ参加する際の服装は、主催者側からの指定がある場合はそれに従いましょう。
特に指定されていない場合は、以下を参考に考えてみてください。

リクルートスーツが一般的

新卒が就活セミナーへ参加する際は、「リクルートスーツ」を着ていく人がほとんどです。
セミナーは企業やほかの就活生と関わるイベントのため、「就職活動の一環」と捉えられます。
就職活動における服装の基本はスーツ。新卒なら黒や紺、グレーといった落ち着いたカラーのリクルートスーツを着用するのが一般的です。
「悪目立ちしたくない」「人と違うのは嫌」という方は特に、リクルートスーツを選ぶのが無難でしょう。

オフィスカジュアルでも可

リクルートスーツをまだ購入していない、大学で就活セミナーを受講するといった場合は、スーツでなくてもかまいません。とはいえ「就活の場」であるため、スーツに準じた「オフィスカジュアル(ビジネスカジュアル)」を意識しましょう。

オフィスカジュアル(ビジネスカジュアル)とは

オフィスカジュアルとは、会社やクライアント先で仕事をするうえで適した服装のことです。男性なら、ジャケット・襟付きシャツ・パンツ(チノパンやテーパードパンツ)をイメージ。女性なら、ジャケット・ブラウス・スカートまたはパンツ(スカートは膝丈、パンツはクロップドパンツ可)をイメージすると良いでしょう。

あくまでビジネスの場での服装なので、カジュアル過ぎるもの、華美な装飾などはNG。清潔感を意識した服装が適しています。

オンラインの場合はスーツが無難

オンラインセミナーの場合も、服装はスーツやオフィスカジュアルが無難です。
自宅のパソコンでセミナーを受けるため、「何を着てもいいのでは?」と思いがちですが、セミナーで普段着は控えましょう。
オンラインであっても、企業や講師と直接話す機会が設けられている場合があります。普段着では「マナーに欠ける」印象を与えるでしょう。就活の一環として気を引き締めるためにも、スーツを着用することをおすすめします。

▼関連記事
オフィスカジュアルとは?就活時の私服や髪型を解説
就活では服装も評価される!スーツや私服の正しいマナーを解説

企業が「服装自由」「私服」を指定する意図

就職活動でよく目にする「服装自由」ですが、何を着ても良いというわけではありません。
面接はもちろん、就活セミナーや説明会で悪印象を与えないためにも、企業が服装を指定する意図を知りましょう。

「服装自由」の場合

企業が「服装自由」を指定するのは、「よりリラックスした状態で参加してほしい」という配慮から。決して、「何を着てもOKですよ」という意味合いではありません。
自由を過大解釈して普段着を着てしまい恥をかいた…というのはよくある失敗談。普段着はもちろん、スウェットやデニムといったカジュアル度の高い服装は適していないので注意してください。
「就活の服装自由=オフィスカジュアル」と捉えておくと安心でしょう。

「私服」の場合

「私服」を指定するときは、「スーツ以外の服装が見たい」という企業側の狙いがある場合が多いので、スーツを着用する必要はありません。
とはいえ就活の一環であることは変わりないので、オフィスカジュアルを意識すると良いでしょう。
また、アパレル系や美容系の企業は、「センスをチェックしたい」という意図で私服指定している場合も。「自分らしい服装」などと記載されているときは、企業の雰囲気に合ったコーディネートを選んでください。

▼関連記事
「私服でお越しください」に適した面接ファッションとは
就活セミナーでの髪型は何が良い?人事目線の正解を考えよう

新卒が押さえておきたい3つの服装マナー

ここでは、新卒に最低限押さえて欲しい服装マナーをご紹介します。
服装選びの参考にしてみてください。

1.スーツはジャストサイズを選ぶ

スーツは、自分のサイズに合ったものを選びましょう。
家族や友人から借りたり、通販で試着せずに購入したりすると、サイズや丈が合わないことがあります。ブカブカなジャケットや丈の合っていないパンツは、社会人から見ると「身だしなみに対する意識が低い」と悪印象に。これから社会に出て働くのにふさわしい服装を心がけましょう。

2.シワ・汚れに注意する

スーツ選びが成功しても、シワや汚れが目立っては「清潔感に欠ける」印象を与えます。
就職活動中は、そのまま仕事をしてもおかしくない服装を意識するのがポイント。スーツはハンガーに吊るして保管し、シワや汚れが目立つ場合はクリーニングへ出して、きれいな状態を保ちましょう。

3.ベルトやかばん、靴はシンプルなものが好ましい

ベルトやかばん、靴といった小物は、用意したスーツに見合ったものを選びましょう。
ベルトにブランドロゴが光っている、就活向きの靴やかばんを使っているなどは、「TPOが分かっていない」と判断されます。就活中は服装で目立つ必要はないので、スーツに適したシンプルな小物合わせを意識しましょう。

▼関連記事
就活の服装選びのポイント!ビジネスカジュアルとは?
会社説明会はどんな服装で行くべき?

セミナー参加前に注意したい身だしなみポイント

最後に、就活セミナーへ参加する前にチェックしてほしい、身だしなみのポイントをご紹介します。
服装以外の身だしなみにも注意して、好印象を残しましょう。

ヘアスタイル

就活の場に適したヘアスタイルを心がけましょう。
男性なら短髪でさわやかな印象のヘアスタイルがおすすめ。女性なら、ショートやボブといった短めのヘアスタイルや、ハーフアップ、ひとつ結びなどのまとめ髪が適しています。
前髪は表情が見えるよう、短めに整えたりピンで止めたりして顔にかからないようにすると好印象。明るい髪色やパーマは避け、清潔感を意識するのもポイントです。

アクセサリー

就活中、アクセサリーはしないのが基本です。大ぶりなネックレスやブレスレット、ピアスなどを身につけるのは悪印象になるので避けましょう。
ピアスの穴が目立つ場合は、透明ピアスをつけるなどして目立たないように配慮してください。

メイク

ビジネスシーンでは、女性のすっぴんはマナー違反とされることも多いです。そのため、ナチュラルメイクを心がけましょう。
また、つけまつ毛や濃い色のメイクを施すのはNGです。就活に華やかさは不要なので、メイクの盛りすぎに注意しましょう。

ひげ

男性は、ひげの剃り残しのないよう気をつけましょう。
無精ひげは、「清潔感に欠ける」と判断される恐れがあります。ファッションとしてひげを残している場合でも、就活中はきちんと剃ってください。

におい

男性・女性ともに気をつけて欲しいのが、香水やヘアスプレー、制汗剤などのにおい。人によって、「不快」と感じる恐れがあるため注意が必要です。
特に、香水は就活には不必要と考えられます。ヘアスプレーや制汗剤を使用する場合は、できるだけ無香料タイプを選ぶのがおすすめです。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる! LINE友だち登録をする