就活中に適した女性の髪型をご紹介!好印象を与えるポイントとは

このページのまとめ

  • 就活中における女性の髪型は清潔感があり、はっきり顔が見えると好印象
  • 就活中に適した女性の髪型は、お辞儀した際に崩れないことが重要
  • 前髪は目にかからないようカットやアレンジをする
  • 就活中において注意したい女性の髪型は、明るい髪色と過度なパーマ

就活中は、どのような髪型が良いのでしょうか?髪型は第一印象を左右する重要なポイントです。好印象を与えられる髪型について知りたい就活生も多いのではないでしょうか。このコラムでは、就活中に適した女性の髪型や、前髪のアレンジ方法などを解説します。就活に適切な髪型を知り、自信を持って面接に臨みましょう!

就活中の髪型は第一印象が大事!

就活において第一印象は大事です。特に髪型は面接官に見られるポイントでもあります。面接では社会人としての常識があるかを就活生の見た目で判断していることも。では、どのような髪型が好印象を与えられるのでしょうか?

好印象を与えるポイント

この項目では、好印象を与えられる髪型のポイントを解説します。
就活中において好印象を与えられる髪型は、顔の表情がよく見え、清潔感があることです。面接官は就活生に清潔感を求める傾向があるので、しっかりとポイントを押さえておきましょう。

おでこと眉毛が見える

眉毛に前髪がかかっていると顔がよく見えず、表情が読み取れないことから、暗い印象を与えてしまう可能性があります。おでこと眉毛が見えると表情がよく分かりますし、明るい印象を与えられるでしょう。
おでこと眉毛を見せるには、前髪を切りそろえるか、横やセンターに分けるなどの方法があります。
また、前髪のセットと同様に注意すべきなが眉毛のお手入れです。
眉毛によって顔の印象は大きく変わります。普段お手入れをしない人は、形を整えたり、長さをそろえたりしましょう。

耳、輪郭が見える

耳を出すと顔全体がよく見え、すっきりとした印象を与えられます。髪の長さに関係なく、顔の輪郭がはっきり見えるようにしましょう。
束ねきれなかった顔周りの毛は、ヘアピンやスプレーで固定してセットしてみてください。その際には、ヘアピンが目立たないように工夫しましょう。
また、サイドの毛を残す「触覚」スタイルも人気ですが、顔全体が見えなくなるので、就活中においては避けたほうが無難です。
耳を出すことで顔が大きく見えるのでは?と思ってしまいがちですが、就活においては小顔に見せるよりも清潔感の方が大事です。

お辞儀をした際に崩れない

面接ではお辞儀をする場面が多いです。しっかり髪をセットしないと、お辞儀をした際に髪が顔にかかったり、髪型が崩れたりすることもあります。また、面接中に何度も髪を直すことは悪い印象を与えかねません。
髪をセットする際は、崩れないようにスプレーやヘアピンを使って工夫しましょう。

就活中に適した女性の髪型

この項目では、就活中に適した髪型を紹介します。髪の長さ別に解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

ロング

ロングの場合、髪は後ろで1つに束ねるのがいいでしょう。高い位置で束ねると子供っぽい印象を与えてしまいます。束ねる際は耳と同じ高さか、耳より低い位置で束ねるようにしましょう。
ロングの人は、髪が長い分、丁寧にまとめないとかえってだらしなく見える可能性もあります。ヘアセットの際は、時間をかけて丁寧にセットするのがおすすめです。

ミディアム

ミディアムの方にはハーフアップがおすすめです。
ミディアムの場合、髪の長さによっては後ろで束ねられないこともあるでしょう。ハーフアップにすることで、しっかり髪もまとまりますし、上品で清楚な印象を与えられます。
ハーフアップにする際はサイドの毛は残さず、しっかりと耳を出しましょう。

ボブ

ボブの方は毛先は揃え、コテやアイロンで毛の流れを整えておきましょう。セットが不十分だとカジュアルな印象を与えかねません。髪を耳にかけると顔周りがすっきりとするので、ヘアピンやスプレーで固定し、崩れないようにセットしてみてください。

ショート

ショートの場合は、顔全体もよく見え、元気で爽やかな印象を与えられます。しかし、ショートの場合はセットが難しいこともお辞儀をする度に顔周りの毛が落ちてくる場合は、ヘアピンやスプレーで固定しておきましょう。

就活中の前髪アレンジ方法

前髪は髪の毛の印象を大きく左右します。面接官にどのような印象を与えたいかによって、前髪をアレンジすると良いでしょう。
この項目では、前髪のアレンジ方法について紹介します。長さ別に解説しているので、前髪のアレンジに迷っている方は参考にしてみてください。

前髪が長い場合

前髪が長い場合は、おでこと眉毛が見えるように前髪を作りましょう。前髪が眉毛や目にかかると、表情も見えにくくなり、暗い印象を与えてしまう可能性があります。いくつかアレンジ方法を紹介するので、自分の顔に合った前髪を作ってみてください。

斜め前髪

斜め前髪は清楚な印象を与えられますし、比較的に作りやすい前髪の形であるといえるでしょう。
斜め前髪はお辞儀をした際に崩れやすいスタイルでもあるので、セットする際はしっかりと固定しましょう。ただし、その際にはスプレーをつけすぎないように注意が必要です。スプレーをつけすぎることによって、不自然になってしまったり、粉が浮いて不潔な印象を与えてしまったりする可能性があります。

センター分け

センター分けは落ち着いた印象を与えることができます。顔が左右対象の方に適しているスタイルです。センター分けもお辞儀をした際に崩れやすいスタイルなので、しっかりと固定することをおすすめします。

オールバック

前髪が長い方・作っていない方に適しています。
オールバックは活発で華やかな印象を与えることができます。顔全体がすっきりして見えますし、前髪を作る方が多い中、オールバックは面接官に強く印象づけられる可能性もあります。
しかし、オールバックは顔の作りや顔立ちによって、似合う・似合わないが分かれてくるのも特徴です。オールバックにしようと考えている場合、一度自分に似合うかを確認してみると良いでしょう。

ぱっつん前髪の場合

ぱっつん前髪は個性的でおしゃれですし、目が大きく見えるといったことから、若い女性には人気があります。しかし、就活の面接においては、短すぎたり、目にかかっていたりする前髪は、あまり良い印象を与えない傾向にあります。また、ぱっつん前髪は幼く見えてしまうことから、ビジネスシーンでは不利となる可能性もあるでしょう。
ぱっつん前髪の方は、前髪をピンで留めたり、横に流すことをおすすめします。

就活中の髪型で避けたい3つのポイント

就活中は社会人としてふさわしい髪型にしましょう。大学によっては髪型に関する規則がなく、カラーリングやパーマなど、おしゃれを楽しんでいる方も多いでしょう。しかし、大半の企業が就活生に求めているのはおしゃれな人ではなく、自社にふさわしい人材です。では、就活中に避けた方が良い髪型はどのような髪型なのでしょうか?

1.派手な髪色

就活中の髪色は黒が無難といえるでしょう。明るい髪色はビジネスシーンにはふさわしくないという印象を与えかねません。カラーリングをしており、髪色が明るい場合は黒く染めることをおすすめします。
地毛が明るい人はわざわざ暗く染める必要はありませんが、医療職や公務員など、髪色に厳しい企業もあります。
そのような業種への就職を希望している場合は、黒く染めるか生まれつきであることを採用担当者に伝えておくと安心でしょう。

2.派手なヘアピンやヘアゴム

就活中は、派手なヘアピンやヘアゴムの使用は避けることをおすすめします。
社会人としてふさわしい、スーツや髪型に合う色の物を使用しましょう。

3.過度なパーマ

過度なパーマはビジネスシーンにおいてふさわしくないと判断されてしまう可能性が高いです。
また、パーマをかけることで髪が傷んでしまい、清潔感がなくなってしまうことも。就活では、清潔感がとても重要になるので、パーマをかけることは避けた方が無難です。
どうしてもパーマをかけたい場合は、ワンカールのパーマや緩いウェーブのパーマなど、派手な印象を与えないものにしましょう。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる! LINE友だち登録をする