就活に必要なものとは?基本アイテムと役立つアイテムをまとめてご紹介

このページのまとめ

  • 就活グッズのなかでも、リクルートスーツは早めに準備しておくと安心
  • いざという時に備えて持っていた方が便利な就活グッズがある
  • 就活グッズの購入は、気軽に安く入手できる100均や通販などを活用するのも手
  • ある程度の就活費用を見込んでおく必要がある

就活に必要なものとは?基本アイテムと役立つアイテムをまとめてご紹介

就活をこれから始める方に向けて、「定番の就活グッズ」と「あると便利なアイテム」を男女別にご紹介。「知っていること」は就活を進める際に大きな強みとなります。
このコラムでは、面接で好印象を与えるスーツ選びや就活にはふさわしくないアイテムについても詳しく解説。就活にかかる費用の平均などにも触れているので、就活準備にお役立てください。

事前に準備しておくべき就活グッズとは?

就活をスムーズに進めるためにも、「必要なもの」を早めに揃えておくことが大切。では、就活を進める上で必ず用意しなければいけないものとはなにか?男女では役立つグッズが多少異なる場合があるようです。
ここでは、「必需品」と「便利なグッズ」のカテゴリーに分けて、就活にきっと役立つアイテムをご紹介します。

定番の男性用就活グッズ

就活生の必須アイテムの一つといえば、リクルートスーツ。 ここではスーツを選ぶ基準として、押さえておきたい基本ポイントをご紹介します。
直前で焦らないためにも、就活用品一式は早めに準備を進めましょう。

スーツ

リクルートスーツは、黒・濃紺の無地が主流です。
準備のタイミングは、インターンシップ応募前または採用選考前がベストだとされています。なかには「私服」を指定する企業もありますが、最低1着はスーツを準備しておくといざというときに慌てずに済むでしょう。

ワイシャツ

就活では、業界や場所を選ばず安心して着ていくことができる「白無地のワイシャツ」が定番です。
白以外に取り入れやすいカラーは淡いブルー。ストライプなどの柄物シャツもありますが、カジュアルな印象を与えてしまうので、就活時に柄物のシャツは避けましょう。
また、ボタンダウンシャツに関しても、本来カジュアルなシーンで着用されるものなので、就活においては避けたほうがベターです。
ワイシャツは白無地を基本に、4~5枚揃えておくことをおすすめします。

ネクタイ

ネクタイは無地にこだわらず、ストライプやチェックといった柄物を取り入れても大丈夫です。
色は業界を選ばずに使えるオールマイティーなブルー系がおすすめ。業界によっては赤系や淡いピンク、黄色などを取り入れてみるのも良いでしょう。
ただし、派手な色・柄物や大きなロゴ入りデザインのもの、一見してブランド物と分かるネクタイは避けたほうが無難です。また、冠婚葬祭のイメージが強い無地の黒・白色のネクタイも就活では避けましょう。

靴下

靴下は座ったタイミングなどで、意外と見られているポイントです。
デザインは黒色や紺色の無地がベスト。ビジネスシーンにおいて、基本的に白色の靴下は避けたほうがいいでしょう。

ベルト

黒のシンプルなデザインのものを選びましょう。
バックル部分はシルバーのものが無難。本皮もしくは合成皮革を基本に、つや消し加工のシックなものが就活には適切です。また、ベルトは主張しすぎないためにも、太すぎないタイプのものを選ぶようにしましょう。

カバン

ビジネスシーンを意識した黒・紺などのシンプルなものを用意しましょう。A4サイズの書類が入り、床に置いたときに倒れないタイプのものがベター。過度に目を引く高級ブランドのバッグは、就活生であれば避けたほうが無難です。

定番の女性用就活グッズ

ここでは、どの業界にも通用するスーツをご紹介。女性の場合、身だしなみの選択肢の多さが特徴。一口にスーツといっても、スカートとパンツの2種類があり、デザインも豊富です。好印象を残すスーツの選び方を覚えておきましょう。

スーツ

定番となる色は、黒・紺・グレーの3色です。
リクルートスーツの中にはストライプが入ったものもありますが、就活ではオーソドックスな無地が好ましいとされています。
スカートの丈は、座った時のことを意識して膝にかかる程度の長さが良いでしょう。パンツスーツに関しては、基本的に似合っていれば着用OKです。ただし、企業によってはパンツスーツを推奨していないこともあるため、事前にリサーチしておいたほうが良いかもしれません。

シャツ

白色の無地であれば、ボタンや襟はどのタイプを選んでもマナー的には問題ありません。ボタンのないスキッパーシャツも許容範囲です。
襟を出さないタイプのシャツが最もベーシックとされており、業界・シーンを選ばず使いやすいでしょう。

ストッキング

就活に限らず、スーツ着用時には女性はストッキングを履くのがマナーです。これはパンツスーツも同様で、靴下や素足は厳禁とされています。
柄やポイントのない無地のもので、肌色に近いベージュのものが基本です。
なお、着用時にはきちんと伝染していないかを確認するように心がけましょう。

パンプス

ヒールの高さは5cm未満で、色は黒が主流です。
ヒールの中でも、ある程度太さがあるものやストライプ付きのものが歩きやすく、パンプスに慣れていない方におすすめ。また、長時間履いていることを想定して、クッション性が高い履き心地のよいものを用意するようにしましょう。

カバン

女性の場合、肩掛けタイプのトートバッグが定番です。
色は黒が一般的。床に置いたときに自立するタイプで、雨に強い合成皮革のものを選ぶようにしましょう。

就活中に持っていると役立つグッズ

ここでは、あると便利な持ち物をご紹介します。
「あらかじめ準備しておくこと」は就活ではとても大切です。事前準備を万全にしておくことで、不安や心配を取り払うことができます。自信を持って就活に挑めるよう、不測の事態に対応できる準備をしておきましょう。

身だしなみ編

就活に際して揃えておくべき身だしなみグッズは以下のとおりです。
・汗拭きシート
・スタイリング剤(ワックス、ジェルなど)
・ヘアゴム、ヘアピン
・メイク道具
・消臭スプレー
・携帯用靴磨き
・予備のストッキング
・ミニソーイングセット

身だしなみをきちんと整えておくためにも、ポーチなどにまとめておき、就活中は常に持ち歩くようにしましょう。

持ち物編

あると役立つ持ち物をご紹介します。起こりうるトラブルに対して、あらかじめ対処できる準備をしておくことは重要です。

・現金
・モバイルバッテリー
・筆記用具、メモ帳
・印鑑
・履歴書、ES
・証明写真
・学生書
・腕時計
・折りたたみ傘
・会場までの地図コピー
・絆創膏

上記のアイテムを参考に、持ち物リストを作成するのもおすすめです。 面接当日に慌てないためにも、事前準備はしっかりしておきましょう。 

就活グッズどこで買う?

ここでは購入場所や購入時の注意点などを解説しつつ、効率よく就活準備を進めるポイントをご紹介します。

就活用品一式は同じお店で複数揃えておくのがベター

就活用品一式(リクルートスーツ、シャツ、ネクタイ、靴・パンプスなど)は、百貨店やデパート、スーツ量販店などで揃えるのがおすすめです。
多彩なラインナップと広い店舗が特徴で、予算と希望に合ったものを探しやすいメリットがあります。また、セット価格を打ち出しているところが多く、コスパの良さも魅力。
スーツは1着では消耗が早く、清潔な状態を保ちにくいため、最低でも2着以上は揃えておくと安心です。

100均が使える

就活でかかる費用を少しでも抑えるために、消耗品は100円ショップを活用するのがおすすめ。100円なら気兼ねなく揃えられますし、気軽に買いに行けるのが魅力です。
こちらでは、100円ショップで購入可能な就活グッズを厳選してまとめました。

・ネクタイ
・ベルト
・ストッキング
・印鑑
・メモ帳
・ペン
・履歴書
・バッグハンガー
・スマホ用充電器、充電用ケーブル 

ネクタイやベルトなどの身だしなみアイテムは、選び方によっては安っぽく見えてしまうので注意しましょう。基本的には専門店で揃え、出先でどうしても必要になった時は100均を利用するなど、上手に使い分けをしてみてください。

ネットショッピングを有効活用するのもおすすめ

決められた就活スケジュールをスムーズに進めるためにも、時間を有効活用するのはとても重要なことです。なんでも揃うネットショッピングは便利ですし、スキマ時間を使って就活の準備ができるので、効果的に活用するといいでしょう。

就活準備にかかる費用はどのくらい?

「就活の資金づくり」こそ就活準備の第一歩。ここでは、就活費用がどのようなところでかかっているかをご紹介します。

就活費の主な出費

就活の際に必要な費用の平均額を見てみましょう。就活はつい履歴書の内容や面接対策に気を取られがちですが、実はそこそこ出費がかさむもの。あらかじめ予算が分かっていれば、気持ちに余裕をもって選考に臨めます。

スーツ

就活スーツの相場は10万円未満、平均は3万前程度です。靴やカバンなどの備品は、2万円前後で揃える人が多いようです。
就活が長引いた場合、各シーズンに適したスーツの出費を視野に入れなければいけないので注意しておきましょう。

交通費

住んでいる場所や就活する場所によって大きく変動するのが交通費です。U・I・Jターン就活によっても変わりますが、1~10万円程度の出費があると想定しておいたほうがいいでしょう。

宿泊費

遠方で就活をするのであれば、交通費と合わせて滞在費の工面も必要になります。
行楽シーズン中は値段が高くなるので注意が必要です。

履歴書

エントリーする数にもよりますが、25社以上で約5,000円の出費となります。応募する会社が少なければ少ないほど、抑えられる部分ではありますが、予備のことも考えてある程度の枚数を確保しておくのがベターです。

証明写真

1社あたり1~3枚は必要なので、500円~2万円程度は写真代として用意しておきましょう。証明写真機でも十分ですが、仕上がりにこだわりたい場合には写真館がおすすめです。ただし、プロが撮るので、写真にかかる費用は少し高めに見積もっておく必要があります。

書籍

SPI対策の参考書や自己啓発、ビジネス書などにかかる費用の平均は5000円前後です。
書籍から就活のイロハを学ぶのも手ですが、大学の就活講座や学外の無料就活セミナーに参加することで、書籍にかかる費用を節約できます。

意外なところでも出費がかさむ

見落としがちなのが、「通信費用」と「美容代」です。
就活をしていない時に比べて使用頻度が高くなるのが、スマホやタブレットなどの通信アイテム。ネットは定額制にしておけば料金が変化することはありませんが、電話に関しては使用頻度によって料金がかさむ恐れがあるので注意しましょう。
また、美容院に行く頻度が増えたり、メイク用品や整髪料を揃えたりするなど、美容代も就活以前より支出が増えたと感じる人も多いようです。

▼関連記事
就活の費用はどれくらいかかる?

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる! LINE友だち登録をする