就活にふさわしい男性の髪型は?好印象を与えるスタイルを輪郭別にご紹介

このページのまとめ

  • 就活中の男性の髪型は、黒髪×短髪にしておけば間違いない
  • 就活中の男性は、ワックスなどのスタイリング剤で髪型に清潔感を出すのがマナー
  • 就活中の男性はおしゃれな髪型よりも清潔感を意識する
  • 顔型や髪質に合ったヘアスタイルは、より自分らしさを演出できる

就活にふさわしい男性の髪型は?好印象を与えるスタイルを輪郭別にご紹介のイメージ

髪型について悩む男性に向けて、就活で好印象な髪型をご紹介します。
たかが髪型と手を抜いてしまう人もいるかもしれませんが、髪型は第一印象を決める重要なパーツの1つです。このコラムでは、就活で気をつけたい髪型・ヘアスタイルについても解説しています。誰からも好印象を持たれる就活ヘアを知りたい人は、ぜひご覧ください!

就活中で好印象を与えやすい髪型とは?

髪型は、第一印象を左右する大切な要素です。
校則のように厳格な決まりがない分、就活の髪型で悩む人も多いでしょう。就活では清潔感があり、フレッシュな印象を与えられる髪型にすると好印象です。
面接官は就活生の髪型や身だしなみを注意深く観察しているもの。そこから「一般的なマナーが身についているか」「就職意欲の高さ」などを判断しています。だからこそ、身だしなみを整えて状況に見合った外見を普段から心がけておきましょう。
次の項目では、就活の髪型マナーについて具体的に説明します。

自然な黒髪がベター

ビジネスシーンでは、黒髪が支持されています。
悪目立ちしないためにも、カラーリングをしている人は就活に向けて黒髪に戻した方が無難です。自然な黒髪を目指すのであれば、カラーレベル3~4程度に抑えるようにしましょう。

前髪は眉毛が見える長さにする

どのヘアスタイルでも、前髪によって印象は大きく変わります。
眉を前髪で隠してしまうと喜怒哀楽が分かりづらく、表情が乏しく見えてしまうので、就活の髪型では眉毛をしっかり見せるのがポイントです。
だからといって前髪を極端に短くするのではなく、スタイリング剤などを使って爽やかな印象を演出するようにしましょう。

襟足、耳周りはすっきりとした長さを意識する

男性の場合、襟足や耳周りの長さも気をつけるべきポイントです。
全体的に整っていても、ワイシャツの襟に襟足がかかっていては清潔感に欠けてしまいます。きれいにスーツを着こなすためにも、襟足とサイドはすっきり整えておきましょう。

適度なワックスで清潔感を演出する

整えていないヘアスタイルは野暮ったい印象を与えかねません。
ワックスなどのスタイリング剤を効果的に使うことで、自然な毛流れを作れ、清潔感やきちんと感を演出できます。
ただし、使い過ぎは禁物。スタイリング剤のつけ過ぎによるギトギトな髪では、いくら髪型がすっきりしていても不潔感が漂ってしまいます。就活中はワックスや整髪料の使用量は控えめにしましょう。

▼関連記事
就活の茶髪は一体どこまで許されるのか

就活で避けたい4つの髪型

就活で避けたほうがよい髪型について解説します。
最近では私服やカジュアルスタイルを推奨する企業も増えてきていますが、プライベートと同じような個性の出し方では、第一印象でマイナスのイメージを持たれてしまう恐れも。
あくまでも就活の場なので、「清潔感」と「カジュアル過ぎない」ということを意識した髪型を取り入れましょう。

1.金髪、茶髪

金髪や明るい茶髪など、個性的で奇抜に見える髪色は面接官に良い印象を持たれない場合があります。「就活への準備不足」「不真面目」「学生気分」といったイメージを持たれやすく、面接では不利になってしまうことも。
ポジティブな状態で就活に挑むためにも、髪の毛は黒髪をキープしておく方が良いでしょう。

2.オールバック

目と眉毛を出すオールバックは、一見すっきりとした印象にも見えますがやや注意が必要です。
ハード系ワックスでまとめたオールバックは、こなれすぎている印象を与えかねません。就活生の場合、清潔感・爽やかさ・フレッシュさが感じられる髪型が好まれる傾向にあるため、オールバックはは避けたほうが無難です。

3.長髪

ファッション業界や美容業界など、長髪をOKとする企業もありますが、基本的に男性の長髪はあまり良い印象を持たれません。そのため、長髪で就活に挑むのは得策ではないでしょう。
就活中に限らずビジネスシーンでは、清潔かつ誠実な雰囲気を意識したヘアスタイルにしておくのがマナーです。
どうしても長髪にこだわるのであれば、企業訪問や面接の場面で聞いてみるのも1つの手。しかし、「常識が通用しない人」と思われる恐れがあることも頭に入れておきましょう。

4.パーマ

就活では、マイナスイメージを持たれやすい髪型の1つ。特に強めのパーマは好印象を与えにくいため、避けたほうが無難です。
就活中は、おしゃれ感よりも清潔感を意識した髪型を心がけると良いでしょう。

似合う髪型のヒントは輪郭

顔の形や特徴によって、同じ髪型でも印象はかなり違ってくるもの。自分をより良くアピールできる髪型を知ることで、面接も自信をもって挑めるでしょう。
ここでは、顔型タイプ別に似合うヘアスタイルのポイントを解説しています。

面長

面長の人は、顔の面積をなるべく小さく見せるのがポイント。
サイドや襟足は厚みを残しつつ、トップの部分はすっきり整えた髪型がおすすめです。
前髪アップや短い前髪は、すっきりとした印象を与えますが、縦の面積を広げてしまう髪型なので面長の人には不向き。また、トップにボリュームを持たせてしまうと、顔の面積が必然的に広くなってしまうので、こちらも避けたほうが良いでしょう。

丸顔

丸顔の人は横幅をカバーするため、「縦長シルエット」を意識するのがポイント。
全体的に幼い印象のある丸顔の人は、フェイスラインに長さを残した髪型がおすすめです。あくまでもサイドは短く切って、シャープな印象を作りましょう。前髪をサイドに流したり、アップバングにしたりするのもおすすめ。
ただし、トップにボリュームを出しすぎてしまうと、面長なシルエットになってしまうので注意が必要です。

逆三角形

逆三角形の人は頭のハチ張りをカバーするため、髪全体を短くまとめて頭をコンパクトに見せるのがポイント。
逆三角の人に特におすすめなのが、ベリーショートです。ハチを押さえることで顔全体がソフトな印象になるほか、清楚感やフレッシュさも演出できます。
髪の毛の長さやボリュームによっては、顔のシャープさが強調されて冷たい印象を持たれることもあるので注意しましょう。

就活中の髪型にまつわる3つの疑問

以下に就活生が疑問に感じるポイントをまとめました。 

1.地毛が茶髪の場合、黒染めをするべき?

生まれつき地毛が茶髪の人のなかには、就活に際して髪を黒く染めたほうがいいのか悩んでいる方もいるでしょう。
地毛なのだから無理に黒染めをする必要はありませんが、もし志望している企業が茶髪禁止であるのなら染めるのがベター。実際、就活には圧倒的に黒髪がふさわしく、茶髪禁止という考え方が主流のため、黒髪が無難でしょう。

2.天然パーマはどうすればいい?

そのままで問題ありません。
パーマは清潔な印象を与えにくい理由から、就活では避けるべき髪型とされていますが、天然パーマの場合は別。縮毛矯正などで無理にストレートにするよりも、もともとの髪質を活かす髪型・スタイリングにしたほうが自然で好印象です。
いずれにしても「清潔感があるかどうか」が気を配るべき重要ポイントといえます。
天然パーマや強いくせ毛の人は、できるだけフレッシュな印象にまとめるセットを心がけましょう。

3.ツーブロックはだめなのか?

ツーブロックがNGかどうかは企業によって異なります。
業種によってはプラスに転じることも。そのため一概にNGとはいえませんが、ツーブロックに対する考え方も受け取り方も人それぞれ違うので、避けたほうが無難でしょう。

用途・髪質別おすすめスタイリング剤

ここでは、就活の髪型におすすめのスタイリング剤をご紹介します。スタイリング剤は、仕上がり感や髪質に合わせて選ぶことがポイントです。

柔らかい髪質×キープ力重視

髪型をきっちりまとめるなら「ワックス」です。なかでも、軟毛の方におすすめなのがハード系のワックス。立体感をキープしてくれるので、ボリューム感の演出にも最適です。
しっかりとホールドしてくれるのがワックスの大きなメリットで、 細い髪質や柔らかい髪質も思いどおりにスタイリングができます。

全髪質対応×ツヤ感重視

ツヤ感と束感を重視するなら「ジェル」がおすすめです。髪への馴染みも良く、髪全体にツヤとウエット感を出せます。
ひんやりとした使用感もジェルの特徴。髪の質感や量を問わず、多様なヘアスタイルに対応できるのが魅力です。

硬めの髪質×濡れ感重視

うるおった質感とソフトなキープ力を求めるなら「ムース」が最適です。
ほかのスタイリング剤と比較して水分量の多さが特徴のムースは、硬い髪質の人でもしっかりアレンジできるのが魅力。ナチュラル系・ハード系・ウェット系といったように、ムースにも多くの種類があるので、髪質やスタイリングによって使い分けするのが良いでしょう。 

清潔な印象を与えるのは髪だけではない

面接官が見ているのは髪型だけではありません。髪型とあわせて注意したいのが、服装のシワと眉毛・髭の処理。身だしなみがきちんとしていないようでは印象が台無しです。
以下に注意すべきポイントをまとめました。

髪型以外の注意したいポイント

印象を左右するそのほかのポイントは以下のとおりです。髪型がばっちり整えられていても、ほかの部分の確認を怠るとマイナスな印象を与えかねません。就活中に気をつけたい身だしなみについて、しっかり確認しておきましょう。

・スーツ、シャツのシワ
・靴、カバンの汚れ
・ボサボサの眉毛
・伸びた髭

就活中は髪型だけでなく、全体の身だしなみに気を配るようにしましょう。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる! LINE友だち登録をする