前髪はどうしたら良い?就活に向いている髪型とは

このページのまとめ

  • 就活ヘアは、眉毛と耳を出す、下を向いても顔が隠れないといった清潔感のある印象が大切
  • 前髪は「横に流す」「センター分け」「オールバック」から与えたい印象に合わせて選ぼう
  • 短すぎる、長すぎる前髪は避け、ビジネスシーンに合うヘアスタイルを心がける
  • ヘアアイロンやワックスなどの道具を上手く使って崩れにくい髪型を作ろう

就活をしている人の中には、普段と違う「就活ヘア」に困っている…という人もいると思います。
第一印象を左右するため、清潔感を与える身だしなみが良いと言われていますが、具体的にはどのような髪型が就活向きなのでしょうか。
当コラムでは、就活におすすめのヘアスタイルを紹介しています。
どのような髪型にするかお悩みの方、前髪の扱いに困っている方は参考にしてみてください。

 

就活ヘアのポイント

「人の印象は出会って数秒で決まる」と言われているように、見た目はその人の印象を大きく左右する大切な要因です。
面接などで採用担当者に「第一印象が悪い」と思われてしまうと、エントリーシートの内容が良くても不採用になる可能性も。
好印象を与えるためには身だしなみを整えることが大切ですが、ヘアスタイルはどうしたら良いのでしょうか。
就活ヘアのポイントは以下の通りです。

眉毛を出す

眉毛の下まで前髪があると「重い」「暗い」という印象を与えてしまい、内向的と捉えられてしまう可能性があります。

耳を出す

耳を出すと、明るく清潔感のある印象を与えられるでしょう。

お辞儀をしたときに顔が隠れないようにする

就活ではお辞儀をする機会が多くありますが、その都度髪型を直したり髪を触ったりするのは良くありません。
顔にかかる長さの場合はピンで止める、後ろでまとめるなどして対処しましょう。

ヘアピンは見えないように

顔が隠れないようにヘアピンで髪を固定する人も多いと思いますが、その際はヘアピンは見えないように「隠しピン」で使用します。
「身だしなみを整える道具」として使用するため、相手に見えないよう配慮するのがマナーとされているようです。

面接中に髪を触るのは避ける

普段からの癖で無意識に髪を触ってしまう人もいると思いますが、面接中に髪を触ると落ち着きのない印象を与えてしまうので避けましょう。

▼関連記事
印象アップを狙う就活女子向け・定番前髪のつくり方
 

 

好印象な前髪

では、好印象を与えやすい前髪にはどのようなものがあるのでしょうか。

斜め前髪

就活の定番であり、多くの就活生が選択する前髪です。
表情が面接官に伝わりやすく、明るく活発な印象を与えやすいのが特徴。
カーラーやヘアアイロンで軽く前髪を巻き、クシで整えたらしっかりとスプレーで固定します。
前髪が長い場合は耳の上あたりでピンで留めても良いでしょう。

センター分け

顔の真ん中で前髪を左右に分けるセンター分けは、清楚で誠実な印象です。
斜め前髪と同様に軽く巻いてからクシで整え、スプレーで固定。
しっかりまとめすぎると貧相な印象になってしまうので注意しましょう。

オールバック

華やかな印象を与えたければ、顔が全て出るオールバックがおすすめです。
髪全体にワックスを揉み込み、前髪を後頭部に沿って流して固定しましょう。

▼関連記事
就活で好印象を与える前髪とは?流し方や伸ばしかけのセット方法も紹介!
 

 

こんな前髪はマイナス印象!

マイナス印象を与えてしまう前髪もあるので注意が必要です。

目が隠れる長さ

就活に限らず、人の目を見て話すのは最低限のマナー。
目が隠れる長さの前髪では、「暗い」「コミュニケーションが苦手」「消極的」といったイメージを与えてしまいます。

短すぎる前髪

「オン眉(眉毛より短い前髪)」にしている人もいると思いますが、短すぎる前髪は幼くカジュアルな印象が強くビジネスシーンには合わないので避けましょう。
就活の時期が近づいてきたら前髪を切らずに伸ばすなどの対処が必要です。

▼関連記事
就活女子の髪型講座・印象がいい定番前髪のつくり方
 

 

就活にオススメの髪型

次に、就活にオススメの髪型を紹介します。
業界によって向いている髪型が違うこともあるので、与えたい印象を考慮したうえで髪型を選びましょう。

ポニーテール

就活ヘアの定番といえるポニーテールですが、高い位置で結ぶと幼い印象を与えやすくなるため、耳の高さに合わせて後頭部の真ん中で結ぶよう意識します。

ハーフアップ

広告やアパレル、外資系などの自由な社風の企業に向いているヘアスタイルです。
長すぎる髪の場合は清潔感を損ねる可能性があるので避けましょう。
また、耳が隠れやすいので、明るい印象を与えるためにも耳が出るよう意識することが大切です。

シニヨン

ポニーテールをまとめた「お団子ヘア」のシニヨンは、特にホテルやエアライン業界を目指す就活生に人気のある髪型。
下の方でまとめると上品で知的、上の方でまとめると若々しい印象を与えるので、与えたい印象によって作る位置を変えるのもおすすめです。

ショートやボブなど、短めの髪型の人は下ろしたままでも大丈夫です。
どんな長さであっても、ドライヤーを使用するなどして清潔感を保つよう心がけましょう。

▼関連記事
就活中に適した女性の髪型をご紹介!好印象を与えるポイントとは
 

 

あると便利なアイテム

就活に向いているヘアスタイルを作るのに便利なアイテムをまとめたので参考にしてみてください。

くし、ヘアプラシ

毛流れを整えたり髪をきっちりとまとめるときに使用します。
プライベートでは手ぐしの人も、就活ヘアのために用意しておきましょう。

ヘアアイロン、カーラー

張り付いたような前髪は「古臭い」「貧相」といったイメージに繋がることもあるようです。
前髪を軽く巻くことで軽さを出し、若々しい印象に繋げましょう。

スタイリング剤

ワックスやフォーム、スプレーなどを、好みやヘアスタイルによって使い分けても良いでしょう。
つけすぎるとベタッとして清潔感が失われたり、匂いの原因になったりするので、適量の使用を心がけます。


ヘアスタイル以外にもスーツの着こなしやカバンの選び方など、就活には多くの「ルール」が存在します。
「このスーツで大丈夫かな…」「髪は切るべき?」など、就活に関する相談は新卒向け就職エージェントのキャリアチケットにお任せください!
多くの就活生に携わってきた経験を持つ転職のプロが、あなたの専任となってサポートします。
基本的な就活マナーの確認はもちろん、あなたの適性に合った求人の紹介やエントリーシートの添削などを実施。
対策セミナーも随時行っているので、準備を念入りに行いたい方にもおすすめです。
カウンセリングや求人紹介などのサービスは全て無料で利用可能!お気軽にお問い合わせください。


 

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!