見た目も重要!就活で印象が良く見えるスーツの色は?

このページのまとめ

  • 就活で着るスーツは男女共に黒が無難
  • 応募する企業の社風や業務内容に合わせてスーツの色を選んでもよい
  • スーツの着こなしは清潔感が重要
  • スーツと併せてシャツや小物選びにもマナーが必要
  • 就活において、服装は人柄をアピールできる重要な要素でもある

ファッションとは奥が深いもの。第一印象が重要と言える、就活の際のスーツ選びにも言えることです。
どんな色のスーツで応募企業を訪れるべきなのか、スーツのサイズや小物選びに至るまで、応募者の人柄を表し、また相手に好印象を与えるマナーがあります。当コラムでは、就活の際のスーツの色や小物選びのポイントや注意点を解説しています。

就活で着るスーツは何色がベター?


就職活動の際、気がかりなことで代表的な事柄の中に「服装」があります。
もちろん、スーツであることは言うまでもありませんが、就活には以下のような、より詳細なマナーが存在します。

・男女ともに黒
・柄は無地
・光沢や織り柄が無い生地

上記は、どのような業種の企業や職種にも汎用性のある無難なものと言われています。
とくに、金融関係や公務員の面接会場などでは、黒の無地スーツが良いでしょう。
一方、広告業界やアパレル業界、外資系企業などの業界であれば、濃紺やダークグレーのスーツでも問題ありません。

リクルートスーツとビジネススーツどちらが無難?


色のほかに、スーツのタイプも気になるところです。
新卒や若い人は、いわゆるリクルートスーツで良いと言われています。
社会人経験のある方や25歳以上など、ある程度の経験や年齢を重ねている人は、ビジネススーツが無難でしょう。

ここで注意が必要なのは、リクルートスーツは1万円~4万円程度で購入可能ですが、ビジネススーツは2万円~10万円など値段に幅があります。
リクルートスーツの相場は、一般的に2万円程度と言われています。自分が「新卒」であることを考慮して、相場より高価すぎるスーツを選ぶのは避けましょう。

スーツを選ぶときのポイント


ここでは、就活用のスーツを選ぶときのポイントを解説します。
以下のポイントを押えたスーツ選びを心がけましょう。

自分の体型に合っているもの

スーツは、自分の体にサイズが合っているかが肝心。
きちんと試着をして肩の位置や、全体の丈、ボタンを閉めた時や座った時にできるシワなどを見て、サイズが合っているかを確認します。

袖や裾の長さに注意する

袖や裾の長さが合ったものにするのも重要で、パンツやスカートの長さなど、形と自分の体系に合った長さにするのがベスト。
女性のスカートは、座った際に短くなりすぎないよう気をつけましょう。

女性の場合のパンツスタイルかスカート

女性は、スカートかパンツのスーツか迷うことが多いようですが、応募する企業や業界、自分の雰囲気に合うものを選ぶと失敗しません。。

中に着るシャツの色、形にも気を配る

スーツの中に着る、シャツの色や襟の形にも気を配りましょう。
シャツの色は、男女共に白の無地が定番です。
ここでの注意点として、就活の際のボタンダウンシャツは、カジュアルな印象になるので避けましょう。

分からないことは、試着する際などにショップのスタッフに相談するのも良いでしょう。
知識が豊富なスタッフであれば、具体的なアドバイスをもらえるかもしれません。
スーツは、手入れが必要なアイテム。クリーニングに出すことも考慮して、2着持っていると便利です。
手入れの行き届いたスーツ、よく磨かれた靴、アイロンをかけてシワの無いシャツを身に付けると、気持ちよく前向きに就活に取り組めるでしょう。

就活の際、応募書類と同様に意外にも「見た目」は重視されると言っても過言ではありません。
採用担当者は、短い期間で応募者の多くの要素を判断しようとします。その際、何よりも「清潔感」を重視する企業が多い傾向にあるのが事実です。
採用担当者に、「この人材と働きたい」と思わせる清潔感のある着こなしに注力すると良いでしょう。

スーツに合わせて小物を選ぼう


気を配るべきなのは、スーツのみではありません。
就活時の服装には、必要不可欠な小物も含まれますので、以下の点に気を配りましょう。

小物を選ぶときはスーツに合わせる

鞄や靴、時計などの小物選びにも注意が必要です。
鞄は、A4サイズの書類が入り、床に置いたときに自立するものが便利。ビジネスシーンで違和感のないもので、リュックサックは避けましょう。
靴は、黒いシンプルなデザインの革靴。女性の場合はヒールの高さが3~5cmの黒いパンプスが好ましいと言われています。
また、靴下は黒か濃紺が無難。白い靴下は、ビジネスの場面には不向きです。
時計は、シンプルなアナログタイプの文字盤のもので、文字盤の色は白や黒、青が定番と言えます。

ネクタイも重要

男性の場合ネクタイは、人柄や感情、季節感を表すと言われ、色や柄で印象が変わるので、こだわるのも良いでしょう。
赤やエンジ色は、やる気に溢れているという印象を与えます。
青や紺は、スマートさやフレッシュさを表現し、グレーは落ち着いた印象になります。
また、春の訪問であれば淡いピンク、夏場であれば水色のネクタイで季節感を出すこともできます。
避けるべきなのは、季節はずれな色や派手な色、大きな模様、ごちゃごちゃした柄のネクタイです。

女性の小物は華美にならないように

女性の場合、アクセサリーは華美にならない物を選びます。
長い髪の人は、ヘアアクセサリーなど過度にならないもので髪をまとめましょう。
基本的にアクセサリーはNGと考え、結婚指輪以外は避けるようにしましょう。
ネイルはしない方が無難です。

就活は、おしゃれに着飾る必要はありませんが、最低限のマナーを押さえた着こなしが必要とされます。
服装は、人の内面を表すツールであることもあります。とくに、清潔感や細部まで気を配れているかなど、見た目が採用担当者へ与える影響は大きいでしょう。

当コラムでは、「無難」「定番」という言葉を多用しました。社会人への第一歩を踏み出すタイミングでもある就活では、「無難」「定番」な行動を知っておくと採用担当者など社会人の先輩に対し、失礼な態度とならず良い印象を与えることができます。
どうしても見た目で、他の応募者と差を付けたい、印象付けたいと考えるのであれば、内定を得てからにしましょう。

就活の際の服装やマナーで不安がある方は、キャリアチケットにご相談ください。
キャリアチケットは、新卒の就活を専門に支援するエージェントです。
専任の就活アドバイザーが、カウンセリングや面接対策させていただきます。
服装、言葉づかいなど、些細なことでも構いません。一人ひとりの不安や悩みに対応いたします。
就活での不安や疑問を解消して、一緒に採用獲得を目指しましょう。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

カウンセリングで相談してみる

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!

お電話からカンタン登録 !

無料

0120-962-647

受付時間:平日/土曜 9:00 ~ 18:00