他己分析とは?有意義かつ効率的なやり方のポイントや質問例30選を紹介

このページのまとめ

  • 他己分析は他人の視点から自己を評価し、自己理解を深めるための重要な手法
  • 他己分析と自己分析の結果を比較すれば、自己PRの強化や面接に活用できる
  • 他己分析を有意義に進めるために、回答を依頼する人の選定も必要

他己分析とは?有意義かつ効率的なやり方のポイントや質問例30選を紹介のイメージ

「他己分析のやり方が分からない」「行う意味はあるのか」と悩んでいる就活生も多いのではないでしょうか。自己理解を深めるためには自分の視点だけではなく、他人の視点も必要です。

この記事では、自己分析と他己分析の違いや、効率的なやり方のポイントなどを解説します。また、他己分析の回答者に合わせた質問例も紹介するので、客観的に自身の強みや改善すべき点を洗い出し、就活成功への道を切り開いていきましょう。

他己分析の方法とポイントを教えてもらう

   
目 次

他己分析とは他人に自分の評価を聞くこと

他己分析とは、自分自身の強みや弱みなどについて、他人から評価やフィードバックを得ることです。他人の客観的な視点から自己認識を深め、自分の視点ではわからない特徴や行動パターンを把握できます。

他己分析を有効に活用すれば、自己の強みや弱み、改善すべき点を発見でき、ESや面接における自己PRなどを考える際の大きなヒントになるでしょう。

他己分析と自己分析の違い

他己分析と自己分析のおもな違いは以下の通りです。

分析方法 それぞれの特徴
他己分析 他人の視点を取り入れて自分の性格や資質・特徴を把握する
自己分析 自分自身で自己の強みや弱み、価値観、行動傾向などを理解する


他己分析では、自分で気づきにくい部分や、他人が価値を見い出す点を把握できるのが大きな特徴といえます。

なお、他己分析をお願いする人との親密度によって、自分に対する印象や注目しているポイントが異なるため、なるべくさまざまな関係性の人に分析を依頼するとより効果的です。

自己分析のやり方について詳しく知りたい人は「自己分析とは?おすすめのやり方と8つの注意点を解説」を参考にしてください。

他己分析を始めるべき時期

就活に向けた他己分析の開始時期は、早ければ早いほどよいでしょう。他己分析を始める具体的な時期は、夏季インターンシップを見据える場合は大学2年の終わり頃が目安です。冬季インターンシップの場合は大学3年の夏頃までに開始しましょう。

人気企業のインターンシップは選考が実施されるケースもあります。選考で魅力的な自己PRをするためにも、事前に準備を進めることが大切です。

他己分析は自分に合ったインターンシップ先や志望企業を選ぶ際の大切な指針となるため、入念に取り組んでください。

他己分析の方法とポイントを教えてもらう

   

他己分析を行う3つのメリット

他己分析のメリットは、自己理解を深めたり自己PRを具体化したりすることが挙げられるでしょう。ここでは、他己分析で得られる具体的なメリットを3つ紹介します。

1.自分で気づけない人間性が分かる

他己分析を通じて自分が気づきにくい特徴、強みや弱み、個性的な癖などが明確になるでしょう。

就活では、まず自己分析で自分を理解した上で、就活の軸や方向性を決定する必要があります。自分を深く把握しているからこそ、将来のキャリア像や仕事内容などとマッチする企業が見つかりやすくなり、選考で効果的にアピールできます。

しかし、自己分析だけでは、先入観や思い込みにより客観的に自分を見ることが難しい場合もあるでしょう。他人の目線から得た情報は、自己理解をより深めるだけでなく、自分の行動や思考パターンについて客観的に見直す機会にもなります。

また、さまざまな回答者から収集した評価から、「どのような関係性の人に、どのように思われるのか」が明確になり、自分の傾向についても把握できるでしょう。

2.社会人として活かせる自分の長所が分かる

他己分析により、自分が持っている経験やスキルのうち、企業にとって魅力的に映るものがあるかを理解できます。

自分が社会に出た際に発揮できる特徴を持っているか具体的に把握するには、社会人や就活アドバイザーに他己分析を依頼するのがおすすめです。ESや面接で自己PRを伝える際に、強調するポイントを考える重要な手がかりになるでしょう。

3.面接に活かせる

他己分析から得た情報は、面接時に自己PRをより具体的に伝えたり、面接官からの質問に対する答えを考えたりするのに有用です。

自己認識と他人の視点とのギャップを理解すれば、自分をアピールする際に長所や強みをどの角度から伝えるのが有効かが明確になりやすいでしょう。また、身だしなみや仕草の癖なども分析してもらえば、面接官によい印象を与えられるよう今からイメージを変えることもできます。

他己分析を通じて、周囲からどのように評価されているかを把握すれば、企業の採用担当者に対して自分をより魅力的にアピールするための具体的な戦略を立てることも可能です。

なお、面接の自己PRで評価につながる強みの特徴を知りたい人は「面接の自己PRで効果的にアピールするコツとは?例文もあわせてご紹介」を参考にしてください。

他己分析の方法とポイントを教えてもらう

   

他己分析の効果的なやり方を5ステップで解説

ここでは、他己分析のやり方から活用する方法までを5ステップで解説します。

1.質問シートを作成する

他己分析を依頼する前に、まずは具体的な質問リストを記載したシートを作成するのがおすすめです。

他己分析で「私ってどんな人間だと思う?」のような漠然とした質問をすると、聞かれた人も回答に困ってしまうでしょう。そのため、他己分析を依頼する際は、事前に質問したい内容を整理して、質問集を作っておくとスムーズです。質問集があれば、「知りたいことを聞き逃した」といった失敗も避けられます。

2.他己分析を依頼する

次に、可能な限り多くの人に分析してもらいましょう。全員に対面で質問するのが難しい場合は、事前にアンケート方式にまとめ、メールや書面で回答してもらうのがおすすめです。

面と向かっては答えにくい質問の回答も得やすく、見返す時にも内容が把握しやすくなります。なお、依頼する際は「相手の貴重な時間を割いてもらう」意識を持ち、丁寧に質問しましょう。

3.他己分析と自己分析の結果を照らし合わせる

他己分析が終わったら、自己分析の結果と比較してください。

他己分析と自己分析を比較して、共通している点やギャップが少ない部分は、「強み」や「弱み」と判断できます。一方、ギャップが大きい部分は、日頃から意識して改善していきたい課題です。

しかし、長所と短所は表裏一体のことが多いため、落ち込む必要はありません。たとえば、「優柔不断」という短所が見つかった場合、「先のことを予測した上で、慎重に対応できる」という長所であるとも考えられます。短所が見つかったら、それを「強みに変えるチャンス」だと捉え、自己成長のために活用していきましょう。

また、たとえば自己分析で「リーダーシップが得意」と漠然と出した長所に対して、他己分析で「相手の意見をしっかり聞いて導いてくれる」といった回答があった場合、アピール内容をより具体化できる可能性があります。

なお、自己分析と他己分析を比較する際は、結果がひと目で分かるように1枚の紙にまとめるのがおすすめです。

4.志望する業界や仕事と照らし合わせる

他己分析と自己分析を踏まえて、自分が志望する業界や仕事内容で求められる人物像を改めて照らし合わせてみてください。より自分に合った業界や企業、仕事内容を選べるでしょう。

なお、自己分析とのギャップが大きければ、志望先の再選定も視野に入れるのがおすすめです。

たとえば、自分では「継続が得意」と思っていたとしても、他己分析では「飽きっぽい」という結果が多く出た場合、就職後も同じような認識を持たれる恐れがあります。そのため、自分が本当に携わりたい業界や輝ける仕事は何か、どのような資質がマッチするのかなどを、再度見直してみてください。

5.強みや長所をエピソードに取り入れる

最後に、他己分析で得た内容を強みや長所のエピソードに取り入れてみましょう。他己分析で具体的なエピソードの回答がなかった場合でも、相手との交流を思い返してみてください。

就活の選考では、主張に対する根拠の提示が欠かせません。たとえば、「私の長所は△△です」と伝えても、具体的な根拠となるエピソードがなければ「本当のことを言っているのか」と疑われる可能性があります。

他己分析で得たエピソードは客観的な視点のため、より説得力のあるアピールにつながるでしょう。

これらを参考にして他己分析を行い、有効活用してください。なお、自己分析のツールとして、ノートを活用するのもおすすめです。具体的な方法を知りたい人は「自己分析はノートを使うのがおすすめ!やり方や書いておきたい内容を解説!」を参考にしてください。

他己分析の方法とポイントを教えてもらう

   

他己分析を効率的に行うために重要なポイント4つ

他己分析を有効かつ効率的に行うためには、質問の具体性や徹底した自己分析が鍵です。ここでは、他己分析を行う際に重要なポイントを4つ紹介します。

1.質問は具体的にする

他己分析を依頼する際の質問は、「私ってどんな人?」といった漠然としたものではなく、「私がよくやる癖って何?」のような具体的な内容にし、相手が回答しやすいよう心がけましょう。

具体性がある質問は、相手も具体的な事例を思い出しやすく、より深い自己理解につながります。

なお、リアルタイムや追加で質問できる場合は、返答に対して深掘りするのもおすすめです。

2.さまざまな関係性の人に頼む

他己分析は、親や兄弟などの家族・友人といった親しい人以外に、バイト先の社会人やOB・OG訪問をした人など、さまざまな関係性の人に診断してもらうとよいでしょう。異なる関係性の人から評価を得ることで、多面的に自分を分析できます。

なお、OB・OG訪問の進め方に不安がある人は「OB訪問ってどうやるの?アポ取りから進め方まで徹底解説!」を参考にしてください。

3.自己分析もしっかり行う

他己分析の効果を最大限に得るためには、自己分析との比較が欠かせません。そのためにも、自己分析を徹底的に行うことが重要です。

なお、自己分析のやり方は、人生を節目で区切りエピソードから強みや長所を見つける「自分史」や、過去の成功・失敗した出来事に対して点数をつけ可視化する「ライフラインチャート」などが挙げられます。

就活サイトでは、自己分析を簡単に行えるツールもあるので利用するのもよいでしょう。他己分析だけでなく自己分析も入念に行い、相乗効果を狙ってください。

4.他己分析の結果に振り回されない

他人からのフィードバックに振り回されないことも、他己分析を有効かつ効率的に行う上で大切なポイントです。

たとえば、他己分析の結果に一喜一憂したり、「自分ではこう思うけど相手の意見が正しいんだ」などと自分の価値観や思いを抑えたりすると、相手との関係性で新たな悩みが生まれたり、自己認識に食い違いが起きたりする恐れがあります。

自分にとってショックな結果だとしても、他己分析の依頼に対する率直な意見だと冷静に受け止めましょう。また、「これは違うな」と思えば取り入れないことも大切です。

人の意見に振り回されすぎると、就活が思うように進まない原因になりかねないため、他己分析はあくまでも他人のフィルターを通した評価であると一線を引いて捉えましょう。

他己分析は具体的に質問するほど、リアルな回答が返ってきます。自分と他人の意見は別と捉えるためにも、自己分析を入念に行ってください。

他己分析の方法とポイントを教えてもらう

   

他己分析を有意義にするには?おすすめの回答者の特徴

他己分析を依頼する人は誰でもよいわけではなく、ポイントを押さえることが重要です。依頼する相手を間違うと、参考になる結果を得られにくいでしょう。

ここでは、有効な回答を得られやすい人の特徴を3つ解説します。

本音で向き合ってくれる人

他己分析を依頼する際は、本音で向き合ってくれる人を選びましょう。中には気を遣ってよい面だけを伝える人や、「ちょっと嫌だな」と思っている部分に対しても肯定的に答えてくれる人がいるからです。

それらが悪いわけではありませんが、就活のアピール内容には取り入れにくい可能性があります。

志望業界や社会人としての経験がある人

自分が志望する業界や、社会に出た経験のある人に他己分析を依頼するのもおすすめです。

志望業界に携わっている人は、どのような性格や能力が必要なのかを把握した上で分析を行ってくれるでしょう。また、社会人としての経験がある人には、企業で働く上で注意すべきポイントを踏まえて評価を依頼することも可能です。

なお、志望業界のインターンシップに参加すれば、社員に直接聞く機会に恵まれる可能性も。インターンシップの選考に受からないと悩んでいる人は、「インターンに受からない共通点は?特徴や受かるためのポイントをご紹介!」を参考にしてみてください。

就活で成功した経験のある人

他己分析を有意義にするために、就活で実際に内定をもらった経験がある人に依頼するのもよいでしょう。就活で成功した経験のある人は、評価につながる他己分析や自己分析のやり方を把握している人が多いです。そのため、的確な回答を得られたり、選考を勝ち抜くポイントを聞けたりします。

ただし、「内定をもらえればどの企業でもよい」という考えを持っている人に依頼すると、自分の意図しない方向に流れてしまう恐れがあるため注意してください。

なお、他己分析を依頼する人の中には、時間の捻出が難しい人もいるかもしれません。そのため、依頼する際はできる限り簡潔にまとめたり、回答に手間がかかりにくい形式にしたりするなど工夫してください。

インターネット上で他己分析を簡単に回答できるツールもあるため、利用してみるのもおすすめです。

他己分析の方法とポイントを教えてもらう

   

他己分析をお願いしたい人の例

他己分析は、身近な人から付き合いが浅い人まで幅広く依頼し、より多角的な視点で分析を行いましょう。ここでは、他己分析を依頼する人の例を紹介します。参考にして、より多くのフィードバックをもらうのがおすすめです。

親しい友人

親しい友人であれば親密度が高く、それだけ自分のことをよく知っているといえます。

学校の友人やアルバイト先の仲間などは一緒に過ごす時間が長く、よい面も悪い面も理解しているでしょう。近い間柄であれば、包み隠さずに率直な意見をもらえるかもしれません。

家族

小さい頃から近くで関わってきた家族は、自分の性格や長所・短所などを、最も深く掴んでいる可能性が高いです。一番よく理解してくれている家族の意見を通じて、自分では気づいていなかった部分を発見する場合もあります。

家族ゆえに、よい面も悪い面も正直な意見を伝えてくれることが多く、自分の強みや改善点が明確になるでしょう。また、家族からの意見には具体的なエピソードによる裏付けが多く、信憑性の高い情報を得られます。過去と比較して成長や努力の成果が分かりやすいため、より深い自己理解につながるでしょう。

大学の先生

大学のゼミや部活動の先生に聞いてみるのも1つの手段です。授業での取り組み方や部活動での努力などを理解している先生の意見は、同年代の友人や家族とは異なり、新たな発見もあるでしょう。

また、多くの学生と接してきた経験から、他の学生との比較も含めた視点を提供してくれるのも、大学の先生に他己分析をお願いするメリットといえます。

付き合いが浅い人

就活で知り合った人など、付き合いが浅い人に他己分析を依頼するのは、客観的な意見を聞けるチャンスです。

付き合いが浅く、性格や長所、短所などを深く知らない分、第一印象の正直なイメージを聞き出せるでしょう。また、相手の他己分析に協力すれば、お互いにメリットが生まれます。自分の第一印象を知ることは面接官に与える印象の参考となるため、分析すべき重要な項目です。

アルバイト先の社会人やOB・OG訪問で知り合った人

アルバイト先の社員やOB・OG訪問で知り合った人からは、社会人としてのあなたの働きぶりや職業人としてのスキルを評価してもらえます。

社会人の視点は同級生とは異なり、社会で活躍するための価値を一歩引いたところから判断してくれる可能性が高いです。ESや面接で伝える自己PRを考える際、社会で自分の能力やスキルをどのように活かせるか把握しておけば、有効なアピールにつながりやすいでしょう。

キャリアセンターや就活エージェントのアドバイザー

大学のキャリアセンターや就活エージェントなどのアドバイザーに依頼すれば、採用担当者の目線で分析してもらえます。

また、多くの学生を就職に導いてきた経験から、他己分析の質問の作り方から効果的な活用方法、有効なアピール方法まで、一貫したアドバイスも受けられるでしょう。時間の都合がつけにくい場合、メールやチャットなどのツールを用いて連絡できるアドバイザーを選んでみてください。

他己分析で自分の短所を把握すれば、ESや面接で弱みについて質問された際に活用できます。「就活での弱みはどう伝える?伝え方の例文や注意点を解説」を参考にして、自分の特徴に合わせた回答を準備しましょう。

他己分析の方法とポイントを教えてもらう

   

他己分析で聞きたい質問例30選

他己分析の際は、相手から自分に対する評価をしてもらうための質問が必要です。ここでは、他己分析を依頼する相手との関係性に分けて質問例を30個紹介します。

仲のよい友人や同級生の場合6選

仲のよい友人や同級生の場合は、率直な意見を聞きやすいでしょう。人間関係やコミュニケーションについての質問をすると、有用な回答を得られるはずです。

・私と友人になったきっかけは何ですか?
・私のどんなところが好きですか?また、改善すべきところは何ですか?
・私が困難に直面したとき、どのような対応を取ると思いますか?
・私が他人と関わるとき、どのような態度を取ると思いますか?
・私のどのような行動や言葉が印象的ですか?
・私のどのような点が他人と異なると思いますか?

親などの家族の場合6選

親などの家族は、あなたの人生の大半を近くで見てきています。幼い頃の話や、長期的な視点からの分析を得られるような質問を用意しておきましょう。

・私が小さい頃、どんな子どもでしたか?
・私の長所と短所はどのようなところですか?
・私の何が一番誇りに思えますか?
・私の人生で最も印象に残った出来事は何ですか?
・私が改善すべき点は何だと思いますか?
・私は他人からどのように見られると思いますか?

大学の先生や付き合いが浅い人の場合6選

大学の先生や付き合いが浅い人には、第一印象とのギャップや授業中の様子などを聞くのがおすすめです。関係性が薄いからこそ見える部分もあるはずです。

・私の第一印象はどのようなものでしたか?
・第一印象と現在の印象が異なる場合、どのようなギャップですか?
・私の話し方や仕草で気になるところはありますか?
・私の授業(ゼミ)中の取り組み方について、どのような印象でしたか?
・私の授業(ゼミ)への取り組みから、どのような企業や職種に向いていると思いますか?
・私の授業(ゼミ)中の様子から、改善したほうがよいところはありますか?

OB・OG訪問などで知り合った社会人の場合6選

バイト先やOB・OG訪問で知り合った社会人からは、あなたの経験やスキルについて、社会でどのような活かし方ができるかを尋ねると効果的です。

・私のどんな行動や発想がプロフェッショナルだと感じますか?
・私のどんなスキルや経験がビジネスの現場で役立つと思いますか?
・私のリーダーシップはどのように感じますか?
・私が改善すべき職場での態度や行動は何ですか?
・私の仕事に対する熱意や意欲はどの程度感じますか?
・私が適していると思われる職種や業界は何ですか?

なお、OB・OGなどに他己分析を依頼する際は、マナーに注意する必要があります。「OB・OG訪問で使える!場面ごとのメールの書き方」を参考にして、失礼のない対応を心がけてください。

キャリアアドバイザーの場合6選

キャリアアドバイザーは就活に関するノウハウを持っているため、仕事や就職に直結する内容を質問するとよいでしょう。

・私はどのような仕事に適性があると思いますか?
・私は将来どのようなキャリアを歩んでいると思いますか?
・私が△△業界で活かせる長所や強み・特徴は何ですか?
・私と話した印象はどのようなものですか?
・私が就職するに当たり改善すべき特徴はどのようなところですか?
・私を企業に紹介するとしたら、どのように伝えますか?

これらの質問例を参考に、他己分析を進めてみてください。なお、他己分析の質問で困った時は、質問があらかじめ用意されたツールを使用するのもおすすめです。

他己分析の方法とポイントを教えてもらう

   

他己分析のやり方が不安なあなたへ

就職活動の一環として他己分析を始めたものの、どのように進めればよいのか、どのような質問をすればよいのかなど不安に感じる人も多いでしょう。他己分析を行う際は具体的な質問を用意し、適切な相手に依頼することが重要です。

なお、他己分析のやり方が不安で前に進めない人は、就活エージェントを利用してみるとよいでしょう。

中でもキャリアチケットは、経験豊富なキャリアアドバイザーがあなたの状況に合わせたアドバイスをするのが特徴です。他己分析の進め方や具体的な質問例、フィードバックの受け取り方、活用方法などをツールを使用してマンツーマンでサポートします。

他己分析は就職活動にとどまらず、社会人としての自己理解やキャリア形成にも役立つ重要なプロセスです。キャリアチケットを活用して、自己理解を深め、自分自身の可能性を最大限に引き出しましょう。

他己分析の方法とポイントを教えてもらう

 

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。