リクルートスーツとビジネススーツの違いは何?

このページのまとめ

  • リクルートスーツは安価なかわりに耐久性が低く、黒や紺色の無地のものが多い
  • ビジネススーツはリクルートスーツより高級で、色や柄の選択肢が多い
  • リクルートスーツは必ずお店で試着し、サイズが合ったものを選ぼう
  • ネクタイの定番柄は、ストライプ、ドット、チェック
  • 男性の靴はプレーントゥかストレートチップ

リクルートスーツとビジネススーツの違いをご存知ですか?
就活にふさわしいスーツやワイシャツ、靴の選び方を知り、自信を持って面接を受けましょう!

 

リクルートスーツとビジネススーツの違い

就活で使うリクルートスーツと社会人が着るビジネススーツの違いに明確な定義はありません。
ただ、一般的にはリクルートスーツのデザインは無地で、色は黒か紺、値段は普通のスーツに比べて安価というイメージがあるのではないでしょうか。
実際にリクルートスーツとして売り出されているスーツの相場は1~3万円ほどで、ビジネススーツに比べて割安な印象があります。
値段が安い理由は素材や縫製の面でコストをカットしているからで、就活期間中の着用を前提につくられたリクルートスーツの耐久性はそれほど高くありません。素材としては、ポリエステルやウール(羊)が使われることが多いようです。

一方でビジネススーツに使われる素材は、リクルートスーツと同じような素材から、シルクといったかなり値の張るものまでさまざま。物が良ければ耐久性は高く、見た目にも高級で長く着られるスーツとなります。
ビジネススーツの値段はブランドによって幅がありますが、安くても3万円からというのが相場でしょう。
明るいグレーやストライプ模様が入ったものなど、デザイン的な遊びがあるのもビジネススーツの特徴です。

 

リクルートスーツの選び方

リクルートスーツは紳士服量販店などで手に入れることができます。以下のポイントに気をつけて、新卒らしい清潔感とフレッシュな印象を演出しましょう。

必ず試着をしよう

サイズが大きいスーツはだらしなく見えますし、サイズの小さいスーツは窮屈で不自然に見えます。スーツは必ず店頭に出向いて試着し、自分にぴったりのものを購入しましょう。
店頭で試着をすると店員がアドバイスしてくれるので、スーツを買うのが始めてでも安心です。

色に気をつけよう

就活の時は必ずリクルートスーツでなくてはならない、というわけではなく、入社後のことも考えて最初からビジネススーツを購入する人もいます。
ただ、就活で使う時は色や柄選びに注意が必要。明るいグレーや柄物は避け、どの業界でも違和感を持たれない黒や紺のスーツが無難でしょう。

できれば2着購入しよう

予算に余裕があるなら、リクルートスーツは2着購入するのがおすすめ。2着あると就活スケジュールが詰まっていても1着をクリーニングに出すことができます。
1着目は安価なスーツ、2着目は少し良いスーツにして、会社説明会と面接で使い分けることもできます。

女性はスカートでもパンツでもOK

女性のスーツはスカートとパンツどちらでもOK。女性らしい印象を与えたい美容系ならスカート、アクティブな営業職ならパンツといった具合に、応募先の業界や企業の雰囲気に合わせて選ぶと良いでしょう。

スーツの機能に注目しよう

最近では、消臭効果が高いものや通気性が良いもの、花粉をブロックするものなど、さまざまな機能を持ったスーツがあります。自分が求める機能があるものを選ぶと、就活中も快適に過ごせるでしょう。
クリーニング代を節約したい場合は、自宅で洗濯できるタイプがおすすめです。

▼関連記事
就活の必須アイテム!リクルートスーツの選び方とは?

 

ネクタイとワイシャツの選び方

ネクタイとワイシャツは、どんな点に気をつけて選べば良いのでしょうか。

ネクタイ

就活で着用できるネクタイの柄は、ストライプやドット、チェックが代表的です。反対に避けた方が良い柄は、ブランドのロゴが入ったのものやキャラクターもの、ペイズリー柄など。また、ネクタイの太い部分(大剣)と細い部分(小剣)で色や柄が異なるタイプのネクタイも、ファッション性が強く就活にはおすすめできません。
次にネクタイの色ですが、就活でおすすめなのは、ブルー系やイエロー系、レッド系。ブルーはスマートな印象、イエローは明るい印象、レッドは情熱的な印象と、色によって相手に与えるイメージが変わるので、演出したい雰囲気に合わせてみましょう。避けた方が良い色は、白や黒の無地、ピンク、ゴールド系などです。

ワイシャツ

男性の場合

ワイシャツの色は白とし、襟の種類は基本的にはレギュラーカラーを選びましょう。ただし、体型によってはワイドカラーやショートポイントカラーを選んでも構いません。

女性の場合

就活で着用する襟の種類は、第1ボタンがないスキッパーカラーと、第1ボタンまでしっかり留めるシャツカラーの2種類。首が長くすっきりとした印象を与えるスキッパーカラーは、就活生に人気のタイプです。
ただ、金融系や公務員など、堅い業界ではシャツカラーの方が安心して面接に臨めるでしょう。シャツカラーはどんな業界でも歓迎されるので、身だしなみの不安をなくしたい人におすすめです。

▼関連記事
印象アップを目指す就活女子におすすめのブラウス・シャツ

 

意外と知らない靴の選び方

就活ではビジネスマナーに叶っていることはもちろん、歩きやすい靴選びが大切です。男女別のポイントをご確認ください。

男性の靴選び

就活では紐靴が足にフィットしやすく定番です。選びたいデザインは、甲部分に縫い目がないプレーントゥか、横一本の縫い目があるストレートチップのいずれか。
就活ではどちらでも問題ないので、好きな方を選びましょう。

女性の靴選び

スーツに合う黒のパンプスを選びます。ヒールの高さは3~5センチとし、高すぎるものは避けましょう。ヒール部分が太いと安定感があって歩きやすいので、試着してしっくりくるものを選んでください。
パンプスを履きなれていない人は、ストラップ付きがより歩きやすいタイプです。

▼関連記事
就活用パンプスの選び方&ケア方法のススメ

 

面接前の身だしなみチェックリスト

面接前は以下の点をチェックしましょう。

スーツ・シャツ

・シワや汚れがないか
・しつけ糸がとれているか
・値札やクリーニングのタグがとれているか
・ズボンの折り目はついているか
・パンツからシャツが出ていないか
・肩にフケがのっていないか
・ネクタイは曲がっていないか

・汚れがないか
・かかとが磨り減っていないか
・靴紐がほどけていないか

髪型、顔

・寝癖がないか
・髭の剃り残しはないか
・鼻毛は伸びていないか
・目やにはついていないか
・汗や脂で顔にテカリがないか

スーツやシャツ、靴は前日までに確認し、必要があればクリーニングに出す、磨くなどの対応をしましょう。当日は家を出る時に鏡を見るのはもちろん、手鏡やくしを持ち歩いて出先でも身だしなみを整えるのが理想です。
夏場は化粧が崩れやすいので、女性はメイク直しの道具を持っていると安心。顔のテカリが気になる人は、油取り紙を使うと良いでしょう。

1人での面接対策に不安がある人は、新卒支援のキャリアチケットまでご相談ください。キャリアチケットでは専任のアドバイザーがカウンセリングを行い、その方の希望や適性に合った求人をご提案します。
応募先が決まったら、応募書類の添削や模擬面接を行い、内定までを徹底サポート。自己分析や業界研究のやり方がわからない方には、初歩から丁寧に指導いたします。
相談だけのご利用も歓迎しているので、まずはアドバイザーのカウンセリングを受けてみませんか?

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!