女性の就活生必見!クールビズの注意点とおすすめアイテム

このページのまとめ

  • クールビズは2004年から環境省が導入した衣服軽装化の試み
  • 基準が曖昧な女性のクールビズは、涼しげで清潔感のある服装を心がけることが大切
  • ラフな格好や過度の露出は印象が下がってしまう恐れがあるので避ける
  • シフォン素材やウォッシャブルの服など、女性のクールビズにおすすめのアイテムを紹介
  • 就職活動でクールビズを着る際は、汗などに気をつけて身だしなみを整えよう

2004年から導入されたクールビズは、現代では夏場のビジネスシーンの定番となっています。
企業からクールビズと指定された場合、女性の方は基準が曖昧で戸惑ってしまうかもしれません。
今回は、クールビズのマナーや女性におすすめのアイテムを紹介しています。

 

クールビズは何を着るべき?

クールビズは、今や夏のビジネスシーンでは定番の身だしなみです。
具体的には、どのような服装を指すのでしょう?

クールビズとは

クールビズは、省エネルギーを主な目的とし、環境省が2004年から導入した夏期の衣服の軽装化キャンペーンを指します。
ノーネクタイ、ノージャケットを基本とした涼しげな服装にすることで体感温度を下げ、エアコンの使用頻度を減らして環境保全に繋げる取り組みです。
軽装といっても、ビジネスの場に溶け込む服装を心がける必要があります。

女性のクールビズはどうしたらいい?

夏場では、多くの企業がクールビズを実施しています。
「ノーネクタイ、ノージャケット」と具体的な基準がある男性に対し、女性のクールビズの基準は分かりにくく、どのような服装にしたらいいか悩む方もいるかもしれません。
先述したように、あくまでもビジネスの場での身だしなみなので、いつものオフィスカジュアルよりも涼しげにしつつ、清潔感がある服装にするといいでしょう。

夏場の身だしなみをしっかり整え、企業に好印象を与えましょう。

▼関連記事
夏のオフィスカジュアルはどう選ぶ?レディース編

 

女性のクールビズで注意すべき点

女性のクールビズは明確な基準が示されていないため、具体的な服装がイメージしにくいのではないでしょうか。
本項では、女性のクールビズで避けたほうがいい服装や注意点を紹介します。

ラフな格好はしない

ビジネスシーンの服装ということを意識し、ラフすぎる格好は避けましょう。
軽装化といっても、身だしなみを忘れてはいけません。
夏場のビジネスに相応しい爽やかさとシンプルさを損なわないことが大切です。

露出は控える

ノースリーブや短すぎるミニスカートなど、露出の激しい服装はマナー違反です。
スカートは膝下か膝が少し出るくらいの丈のものを選びましょう。
また、どうしてもノースリーブを着たいと言う場合は、上にカーディガンなどを着るのがおすすめです。

サンダルや生足は避ける

ビジネスシーンでは、足元にも気を配りましょう。
夏は暑いかもしれませんが、足が固定されないミュールやサンダルは足音が大きくなりやすいので、避けるのが無難です。
また、クールビズであってもストッキングは必ず着用し、伝線にも気をつけましょう。
予備のストッキングを持参しておくと安心です。

ジャケット着用は臨機応変に

クールビズは男女とも基本的にノージャケットですが、商談や会議などではジャケットを着用したほうがいい場合もあります。
場面に合わせて柔軟に対応しましょう。

夏は服装が身軽になる時期ですが、相手に不快感を与えないことを念頭に置いてコーディネートしましょう。

 

女性におすすめのクールビズアイテム

女性のクールビズにおすすめのアイテムを、下記にまとめました。
コーディネートの参考にしてください。

水色や白の爽やかなカラー

クールビズには、白や水色、紺色などの夏らしく爽やかなカラーのアイテムがおすすめです。
シャツやパンプス、バッグなど、どこに取り入れてもおしゃれで、ビジネスに相応しい清潔感も演出できます。

シフォンやレースなどの涼しげな素材

シフォンやレースなどの涼しげな素材を使用したアイテムは、女性のクールビズに最適です。
夏場は重たい印象になりがちなダークカラーも、透け感のある素材だと柔らかい雰囲気になります。

機能性インナー

夏は薄着になる分、汗染みやインナー透けが気になる季節です。
汗染みを防止・軽減するために、機能性インナーを着用しましょう。
機能性インナーは速乾や消臭・抗菌、脇パッド付きなど、種類が豊富なので、自分の悩みに合わせて選ぶといいかもしれません。
また、白いカットソーを着た際のインナー透けが気になる方は、ベージュのインナーを着用すると軽減されます。
目立たないと思われがちな白のインナーは、白い服の下に着ると透けてしまうので、注意が必要です。

自宅で洗える素材

汗をかきやすく、臭いも気になる夏の時期は、着用した服はこまめに洗いたいところ。
ジャケットやスーツは、自宅で洗えるウォッシャブル素材のものを選びましょう。
ウォッシャブル素材は洗えるだけでなく、速乾性や清涼感など、機能性に優れたものもあります。

ワンピース

ワンピースは、カーディガンなどの羽織りものと合わせるだけでシルエットがきれいに見えます。
上下の服装の組み合わせに迷ってしまう、コーディネートが苦手…という方におすすめです。

カーディガン

夏は室内や電車内の冷房で「寒い」と感じることがあるのではないでしょうか。
そのような時にカーディガンがあると、気軽に体温調整ができて便利です。
持ち運びもしやすいので、冷房が苦手な方は一枚持っておくといいかもしれません。

足首が見える丈のパンツ

夏のビジネス用パンツは、クロップドパンツやガウチョパンツなど、足首が見える丈のものがおすすめ。
パンツでも夏にぴったりの爽やかで涼しげな印象になります。

通気性のいいパンプス

サンダルを避けたほうがいいといっても、夏場のパンプスは蒸れや臭いなどが気になる…という場合は、通気性に優れたパンプスを選びましょう。
通気性だけでなく、足の締め付けや歩き疲れを軽減するものもあるので、パンプスが苦手な方はそのようなものを選ぶといいかもしれません。

クールビズの適切なコーディネートで、暑い夏を乗り切りましょう。

 

就活生はどうする?

就活生の場合、企業から「クールビズ」といわれた時にどのように対応すべきなのでしょう?
面接や説明会などの服装にクールビズが指定されていた場合、ノージャケットでも問題はありません。
もし明確な記載がなくて不安であれば、念のためジャケットを持参して周囲に合わせるといいでしょう。
ただし、ジャケットを着用しない場合、その分シャツやインナーの汚れ、シワなどが目立ちやすくなります。
着る前にシミなどがないかよくチェックしておきましょう。

就職活動では、第一印象を良くすることが重要です。
クールビズ期間であっても、ストッキングを履く、汗に気をつけるなど、清潔感のある身だしなみを忘れないようにしましょう。

身だしなみや企業とのやり取りなど、就職活動には多くのマナーがあります。
覚えきれない、自信がないという方は、就職エージェントを利用してプロのアドバイスを受けるのがおすすめです。

キャリアチケットでは、就活アドバイザーがマンツーマンで就職活動の悩みや疑問に対応。
就職活動でわからないことや不安なことがあれば、小さなことでも気軽にご相談ください。
個別で面接対策も行っているため、本番前に受け答えの練習やマナーの見直しができて安心です。
万全の就活対策なら、キャリアチケットにお任せください。

▼関連記事
クールビズの格好って?就活時の服装マナー

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

カウンセリングで相談してみる

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!

お電話からカンタン登録 !

無料

0120-962-647

受付時間:平日/土曜 9:00 ~ 18:00