スーツに合う靴下は何色?就活で注意すべき身だしなみ

このページのまとめ

  • スーツ着用時の靴下は、黒やグレー、紺などベーシックな色で、柄のない無地が基本
  • 素足が見えるのはマナー違反のため、座っても肌が見えない長さのものを選ぶ
  • 女性はストッキングを必ず着用するのがビジネスマナー
  • 靴下以外にも、ネクタイや鞄といったマナーに気を配ろう

就活を始めるにあたって、スーツや靴を新調したという方は多いのではないでしょうか。
当コラムでは、多くの方が見落としがちな靴下についてまとめています。
靴下やストッキング選びのポイントだけでなく、そのほかの身だしなみについても紹介。
普段と同じ靴下を使用して良いのか悩んでいる…という方は参考にしてください。

 

就活では足元まで見られている!

就活生は、学生でありながら社会人としての意識を持つことが求められています。
そのため、就活生の身だしなみに対して厳しい評価をつける採用担当者も少なからずいるようです。

身だしなみは社会人の基本と言われており、どんなに仕事が優秀でも身だしなみが整っていなければ信用や好印象を与えることは難しいでしょう。
それと同じで、面接の受け答えが完璧な就活生であっても、だらしない服装やマナー違反をしていれば、企業側は良い印象を抱かず選考を通過できない可能性も。
書類や面接の内容が良いのに、見た目やマナーが理由で選考を通過できなかった…というケースもありえるようです。

選考の合否を左右する可能性がある身だしなみやスーツの着こなしマナー。
なかでも靴下は、立っているときは目立ちませんが、座ったときに裾から見えるので注意が必要です。
服装や髪型は目に付きやすいので気をつけている…という方は多い一方で、靴下は隠れてしまうため気にしない方もいるでしょう。
しかし、足元は意外と面接官に見られています。
「見えないからいつも履いている靴下で良いかな」と考えず、細部にまで気を配って身だしなみを整えましょう。

 

就活スーツにふさわしい靴下とは?

では、就活スーツにふさわしい靴下とは具体的にどのようなものなのでしょうか。

まず、スーツに合う目立たない色を選ぶのがポイント。
具体的には黒や紺、ダークグレーなどが適切です。

また、長さは「座ったときに素足が見えない長さ」が基本。
座るとズボンの裾が持ち上がるため、短すぎる丈では素足が見えてしまうかもしれません。
ビジネスシーンでは素足を見せないのが基本のため、脛やふくらはぎを目安に、心配であればハイソックスを着用しても良いでしょう。

上記の条件に当てはまる靴下を持っていない…という場合は、スーツ販売店や百貨店のスーツ売り場などで購入するのがおすすめです。
カジュアルウェアブランドでは条件に当てはまる靴下を販売していないことも多いようですが、スーツを販売しているところなら靴下などの小物も扱っていることがほとんど。
販売員に相談することもできるので、色などで迷ったり売っている場所が分からなかったりする場合は訪れてみましょう。

購入するなら多めに買っておくのもポイントです。
多めに用意してローテーションで使用することで、洗い替えを確保できたり消耗を減らしたりする効果があります。
重要な面接には新品を着用することもできるため、安価で良いので複数用意すると安心です。

また、就活中は説明会や面接を複数はしごするなど移動時間が多くなることが予想できます。
ずっと革靴をはくので足が蒸れてにおいが気になる…という方もいるかもしれません。
その対策に、抗菌防臭効果のあるものや綿100%で通気性の良いものなどを選ぶのもおすすめ。
夏なら速乾性や涼感素材を使用しているもの、冬なら保温効果の高い素材のように、季節や好みによって変えるのも良いでしょう。

▼関連記事
就活で使う靴下はどんな物がいい?注意すべきポイントとは

 

就活に適さない靴下とは?

ここでは、就活に適さない靴下を紹介します。
以下を参考にして、ビジネスシーンに合う靴下を着用しましょう。

明るい色や柄物、白の靴下

スーツはフォーマルウェアのため、明るい色や柄物は避けます。
また、白い靴下はビジネスシーンに適していないと考える方が多いので避けたほうが安心です。

ポイントデザイン

靴下の中には、ブランドロゴなどワンポイントが施されているものもあります。
ビジネスでは許容されていますが、就活ではポイントデザインも避けるのがベター。
デザイン性のない、無地のものを選ぶようにしましょう。

くるぶし丈

くるぶし丈のスニーカーソックスをスーツに合わせる方を見受けますが、これもマナー違反です。
前述したように、ビジネスシーンで素肌を見せることは良くないとされているのが理由。
さらに、くるぶし丈の靴下はスポーティでカジュアルな印象が強いため、フォーマルウェアであるスーツには適していないと言えるでしょう。

履き古したもの

何度も着用して洗濯すると、どうしても生地が傷んでしまいます。
くたびれた靴下はだらしない印象を与えやすいため、洗濯を繰り返して色褪せが目立ってきたり、かかと・つま先の生地が薄くなったりしてきたら新しいものに替えるタイミングです。

靴下はスーツや髪型のように目立つ部分ではありません。
ですが、目立たないからこそ気を使っているかが顕著に現れる部分でもあります。
スーツにそぐわない靴下を履いていると、「詰めが甘い」「細部に気を使えない」という印象を与える可能性もあるため、気をつけて選びましょう。

 

女性はストッキングを選ぼう

男性はビジネスソックスを着用しますが、女性の場合はスーツ着用時に靴下を履くこと事態がマナー違反とされています。
そのため、スカートでもパンツでもストッキングを着用して、素足を見せないようにする配慮を忘れないようにしましょう。

ストッキングを選ぶ際は、柄物やラメが施された華やかなものは避けて肌の色に近い自然なベージュを選ぶのがポイント。
黒のストッキングやタイツはビジネスシーンに不向きなので注意します。

パンツスーツなら膝丈のストッキングを着用するなど、用途に合わせて選ぶのもおすすめ。
消臭効果が施されているものや着圧効果があるもの、伝線しにくいものなどが販売されているので、自分のニーズに合うものを選ぶと快適に過ごせるかもしれません。

また、ストッキングの伝線はとても目立つため、鞄に予備を用意するのも忘れないようにしましょう。

 

靴下以外の身だしなみチェックポイント

靴下以外にも、注意すべき身だしなみポイントがあります。

まず、スーツのズボンやスカートの丈。
スーツはサイズ感が非常に大切なので、購入前に必ず試着して丈を確認しましょう。
男性は靴の甲にかかる長さ、女性は膝が半分隠れる長さが基本です。

男性はネクタイの柄や色にも注意。
派手なものは避け、無地やストライプ、ドットなどの定番を選びます。
色は青系や赤系が定番。2本あるとクリーニングに出せるので安心でしょう。

男女ともに注意したいのが鞄です。
リュックなどのカジュアルバッグを使用している方もいるようですが、基本は黒のビジネスバッグ。
A4サイズが折らずに入るサイズで、床に置いても倒れない自立するものを選びましょう。

ほかにも、時計はシンプルな金属製を選ぶ、男女ともにパンツスタイルにはベルトを着用するなど細かなチェックポイントは多くあります。
自分の就活スタイルが合っているか不安…という方はキャリアチケットがおすすめ。
新卒専門の就職エージェントとして、年間3,000人以上の就職相談実績を持つのが特徴です。
就職カウンセリングや適性に合う仕事の紹介はもちろん、書類添削や面接練習も実施。
スーツの着こなしや身だしなみマナーといった、自分では気づけない点までしっかりとアドバイスを行います。
なかなか内定が出ないとお悩みの方はご相談ください。専任アドバイザーがお待ちしております。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる! LINE友だち登録をする