面接で将来の夢を質問されたらどうする?企業の意図と的確な回答例

このページのまとめ

  • 面接で将来の夢を質問されることは多いので準備しておく
  • 企業が面接で将来の夢を聞くのは応募者のポテンシャルや目標を知るため
  • 応募先企業で叶えられる夢を述べると好印象 
  •    将来の夢がない場合は自分の趣味や企業研究から探すと良い 


採用面接では、「将来の夢を教えて下さい」と聞かれることがよくあります。企業側は応募者の将来の夢を聞くことで、一人ひとりのポテンシャルや仕事への意欲を知ろうとしています。その意図を汲み取り、企業の採用ニーズに繋げて効果的な回答をしましょう。
このコラムでは、面接で夢を効果的にアピールするコツや、面接官に好印象を与えられる例文をご紹介しています。
 

企業が面接で将来の夢を聞く理由

面接という限られた時間内で、面接官は自社の求める人物像に合っているかを確かめるため、就活生の情報をより多く知る必要があるようです。この項目では、企業が面接で将来の夢を聞く理由を挙げています。

どのような目標を持っているかを知るため

就活生に夢を尋ねることで、「将来的なビジョンを持っているか」をチェックしています。
企業は、向上心を持って成長し、会社に貢献できる人を求めているもの、そのため、明確な目標を持って仕事ができる人材を採用したいと考えています。入社後に目的意識を持って働ける人かどうかの判断は、企業にとって重要なポイントでしょう。

自社の価値観とマッチしてるか判断するため

応募者が自社が求める人物像と一致し、長く働ける人かを見極めるために将来の夢を聞くことがあります。どんなに志望意欲が高くても、社風や企業理念に合っていないと入社後に互いにミスマッチを感じてしまうもの。同じ価値観で働き続けられる人物かどうかを判断する必要があります。

応募者のポテンシャルを見極めるため

応募者のポテンシャルを知ることは、採用する上で重要なポイントでしょう。将来の夢や叶えるための方法を知ることで、「目標に対してどのように考え、達成するためにどんな努力ができるか」という点が判断できます。将来に対して自ら考えて行動できる人間は、目的達成意識が高くいもの。企業はそのように自社で成長できる人材を求めているため、将来の夢を尋ねることがあるでしょう。

面接で将来の夢を伝える3つのコツ

将来の夢の内容に正解・不正解はなく、個人によっても大きく異なるでしょう。自由に答えていいですが、面接では企業の採用ニーズに合わせて回答するのが適切です。
たとえば「マイホームを持つことです」というものでは、プライベートな夢であり仕事で成し遂げたいことには繋がりません。
面接では「この企業で叶えたい夢」「そのために取り組みたいこと」を盛り込んで伝えると、志望度の高さだけではなく仕事への意欲もアピールできるでしょう。

1.具体的に夢の内容を答える

面接官が将来の夢で重視しているのは、具体性のある夢かどうかです。「社会貢献することです」「新しい商品を開発したいです」といった抽象的な内容では、どのような目標や意志を持ち、何に取り組みたいのかが伝わりません。将来の夢を効果的に述べるコツは、自分が何を目指し、それに対してどのように取り組み、実現していきたいのかを明確にすることです。

2.なぜその夢を持ったのか理由を述べる

将来の夢を答える上で重要なのは、「その夢を持ったきっかけ」を述べることです。その夢を叶えたい背景を伝えられると説得力が増すだけでなく、聞き手もイメージしやすくなります。また、夢を持った強いきっかけを伝えると、「目標に向かって意欲的に仕事ができる人」と評価されやすくなるでしょう。

3.将来の夢が応募企業での仕事を通して叶えられると伝える

自分の夢が志望する企業で叶えられると述べることで、「目標のために仕事に熱心に取り組める」という魅力を伝えられるでしょう。さらに、「この企業だからこそ叶えたい」「仕事で◯◯を実現したい」など、業務と繋げてアピールできると好印象です。

将来の夢がない場合はどうすればいい?

ここまでの項目では、将来の夢を伝えるポイントを解説しましたが、「夢といえるようなことがない」「働いた経験がないので仕事で実現したいことが分からない」と悩む就活生も多いでしょう。
しかし、このまま面接本番にのぞんでしまうと、質問された際に戸惑ってスムーズに回答できません。そこで、将来の夢を考えるコツをご紹介しているので参考にしてみてください。

趣味や特技から夢を見つける

趣味や得意なことなど、自分にとって身近な関心事を掘り下げてみましょう。その中で自分の長所がアピールでき、仕事でも活かせるような内容を取り上げます。たとえば、パソコンが得意であれば、PCスキルを活かして仕事で実践してみたいことに繋げましょう。

企業研究をして「やりたいこと」に繋げる

どうしても将来の夢が浮かばない場合、企業研究をして多くの情報を集めることがおすすめです。その中で共感する企業理念や経営方針、提供しているサービスなどを挙げていきます。
また、他にはないその企業ならではの強みを見つけましょう。自分と企業の方向性で共通するものを探してみると、具体性のある夢が語れます。

面接で将来の夢を聞かれたときの回答例

ここでは面接官に効果的にアピールできる将来の夢の例文を挙げているので、チェックしてみましょう。

例文1:仕事で成し遂げたい夢の例文

私の夢は、日本の良さを海外に伝えることです。昔から海外に興味があり、知識を深めるために学生時代は英会話スクールに通い、外国経済に関する本も読んできました。御社のサービスや商品は、国内のみならず海外にも展開され高い評価を受けています。また、社内には海外事業部があることを知り非常に興味を持ちました。入社後は、御社のサービスをより多くの国に広め、会社の発展に貢献したいと思っています。

例文2:企業研究からやりたいことに繋げた夢の例文

私の将来の夢は、多くの人が快適に暮らせる住環境を作ることです。もともと建造物を見ることが好きで、趣味で建物めぐりをしていました。そこで気づいたのが、心地よく感じる場所は「安心できる快適な空間」であるということです。御社はマンション設計と建築に強みがあり、多くの人に安定した住まいを提供していることに感銘を受けました。今後はさらに建築の知識を高め、御社の建物作りに携わりながら快適な住環境を増やしていきたいと思っています。
 

「将来の夢はありません」と答えるのはNG

面接では、全ての質問に答えることが基本。将来の夢がどうしても浮かばなくても、「ありません」と答えてはいけません。「自主性がない」「将来性がない」というマイナスなイメージを持たれる可能性があります。また、面接に準備をせずに臨んでいると捉えられ、「志望意欲が低い」と評価されることも。
「将来の夢」は志望動機や自己PRのように明確に述べられる内容ではないため、抽象的になりがちでまとめるのが難しいところ。しかし、面接で効果的にアピールすることが内定への第一歩です。
上記の方法を参考にして、自分の長所や将来性をアピールできるような夢を伝えましょう。
       

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

カウンセリングで相談してみる

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!