面接結果を電話で問い合わせるのはあり?連絡が来ない場合の対処法を解説

このページのまとめ

  • 企業から合否の連絡が届くのは、一般的に最終面接後3日〜1週間前後
  • 結果連絡を2週間以上待っている場合は、こちらから問い合わせてもOK
  • 面接結果を問い合わせる際は、基本的に電話ではなくメールが適切

面接結果を電話で問い合わせるのはあり?連絡が来ない場合の対処法を解説のイメージ

最終面接を終了したのに合否の結果連絡が来るのが遅いと、あれこれ不安が募るものです。そのなかで「こちらから企業に問い合わせるべきなのか」「最適な連絡手段はなにか」など判断に迷うポイントも多いでしょう。

この記事では、企業からの結果連絡が遅い理由と正しい対処法について解説します。また、連絡手段別に面接結果を問い合わせる場合のポイントや参考になる例文も紹介するので、ぜひ参考にしてください。

24卒の就活について相談したい

   
目 次

面接結果の問い合わせは電話よりメールが望ましい

企業に対して、最終面接の結果を問い合わせる場合、電話よりもメールや問い合わせ状などの文章を送るのが適切です。

電話の場合、担当者が多忙で出られないケースもあります。また、電話中は先方の時間を強制的に奪うことになるため、よほど緊急性の高い要件以外は無闇にかけるべきではありません。

些細な要件で先方に電話をかけてしまうと「マナーがなっていない」「相手の目線で物事を考えられない」といった、低評価につながる可能性もあります。

メールであれば、連絡の行き違いはありませんし、採用担当者が余裕のある時間に返信できます。業務を邪魔しないためにも、基本的にメールで問い合わせることをおすすめします。

選考結果のベストな問い合わせ方について知りたい人は「面接の結果はいつまで待つ?選考結果のベストな問合せ方」もあわせてご確認ください。

面接結果を電話で問い合わせても問題ないケースもあります。

最終面接の結果を問い合わせる場合、基本的にメールで連絡するのが適切です。ただし、緊急性が高い状況であれば、電話で問い合わせた方が早く解決します。

例えば、他社への内定承諾を保留しているうえで、第一志望の企業から最終面接の結果が期日を過ぎても届かない場合、緊急性の高い状況です。

内定をもらった企業をいつまでも待たせるのは、失礼にあたりますし、あまり待たせすぎると内定取り消しになってしまう可能性もあるため、迅速に結果が分かる電話での問い合わせがベターです。

原則はメールで問い合わせるのがマナーですが、上記のようなやむを得ないケースもあるため、状況にあわせて臨機応変に対応しましょう。

24卒の就活について相談したい

 

面接の結果通知はいつ来る?日数の目安を解説

一般的に最終面接の結果が通知されるまでの期間は、面接後3日〜1週間程度といわれています。もちろん、企業の採用方針や連絡方法によって通知が届くまでの日数は異なるため、あくまで目安として考えてください。

なお、最終面接の結果は、以下のような方法で通知されるのが一般的です。

・メール
・電話
・書面(郵送)

メールや電話の場合は、遅くとも10日前後で面接結果が届きますが、郵送の場合は時間がかかりやすく、2週間程度が目安となります。

基本的には、選考後に企業から「△月△日までにご連絡します」と連絡されるケースが多いため、伝えられた日にちを覚えておきましょう。

面接の選考結果をいつまで待つべきか悩んでいる学生は「面接結果はいつまで待つ?通知が遅いときはメールや電話をしても良い?」もあわせてご確認ください。

24卒の就活について相談したい

 

面接の結果通知が遅れる5つの理由

最終面接が終わった就活生からすると、合否の結果はできるだけ早く知りたいものです。

しかし、最終面接が終わってからしばらく経っても連絡が来ないケースも珍しくありません。事前に伝えられていた日が過ぎていたり、1週間経っても連絡がこなかったりすると「落ちてしまったのではないか」と気になってしまう人も多いでしょう。

とはいえ、企業からの面接結果の連絡が遅れてしまう場合、相応の理由があります。

最終面接の結果通知が遅れてしまう5つの理由を解説するので、適切な対応を判断するための参考にしてください。

なお、面接における代表的な合格・不合格サインを知りたい人は「面接フラグから合否を予想できる?代表的な合格・不合格サインとは」もあわせてご確認ください。

理由1.選考に時間がかかっている

単純に応募者が多く、選考に時間がかかっている場合、最終面接の結果通知も遅れてしまう可能性があります。特に、自分の面接の順番が早い場合は、全応募者の面接を終えるまでに時間がかかるため、その分待つ期間も長くなります。

また、最終面接まで残っている応募者は、優秀な人材が多く似た能力を持っている人材が集まっていることもあるので、評価が拮抗していると考えられます。

そのうえで、採用担当者は自社に貢献してくれる可能性の高い人材を慎重に吟味しなければならないため、選考に時間がかかってしまうのです。

理由2.採用担当者が忙しい

企業からの面接結果に関する連絡が遅れている場合、採用担当者が忙しい可能性も考えられます。

中小企業やベンチャー企業では人事部がなく、総務や現場の担当者が採用業務を行っているケースも珍しくありません。

その場合、普段の業務に加えて採用業務をしなければならず、単純に手が回らなくなって連絡が遅れてしまうケースもあります。

理由3.社内の意見をまとめるのに時間がかかっている

企業から最終面接の結果が届かない場合、採用に関する部署の担当者同士で審議するのに時間がかかっている可能性も考えられます。

なお、最終面接の合否を決定するには、決裁者の判断が必要です。そのため、採用の最終決定権を持つ上層部の役員などと話すタイミングが合わず、結果を出せないでいる場合もあります。

理由4.合格者への連絡を優先している

一般的に、企業は合格者への連絡を優先する傾向があるため、不合格者への連絡が遅れている可能性も考えられます。

また、企業が内定を出したからといって、必ずしも全員が内定承諾するわけではありません。そのため、内定辞退者が出た時の補欠人員をキープするために、具体的な通知を先伸ばしにしているケースもあります。

もちろん、単純に多忙で連絡が遅れているケースもありますが、不採用になる可能性を考慮し、次の一手を想定しておきましょう。

理由5.不合格者には連絡しない方針をとっている

選考人数の多い企業の場合、合格者だけに連絡するケースもあります。その場合、どれだけ待っても企業から最終面接の結果に関する連絡は届きません。

ただ、その場合は面接終了後に「合格の場合のみ連絡します」とアナウンスされるケースがほとんどです。気持ちを切り替えてほかの企業の選考に進むためにも、企業からのアナウンスを聞き漏らさないようにしましょう。

24卒の就活について相談したい

 

問い合わせはいつすべき?連絡が遅い場合の対処法

面接結果の連絡が遅い場合の適切な対処法について解説します。

結果の連絡が遅いと不安になってしまう学生も多いですが、落ち着いて冷静に対処することが重要です。現状を正しく把握し、置かれている状況にあわせて最も適切な対応を判断しましょう。

なお、面接の結果通知が遅い理由や正しい対処法を知りたい人は「面接の結果が遅いときは不採用?理由と対処法を解説」もあわせてご確認ください。

期日までは必ず待つ

選考結果の連絡期日を伝えられている場合、期間中は待つように心がけてください。

原則として、面接の結果は催促しない方がよいとされています。なぜなら、面接の結果が通知されない場合、企業にも相応の理由があるからです。

早く結果を知りたいといった安直な理由で最終面接の結果を問い合わせるのは、失礼にあたるため、期日までは企業からの連絡を待つスタンスを意識しましょう。

なお、最終面接の際、合否連絡について触れられなかった場合は「結果はいつ頃ご連絡いただけますでしょうか?」と面接時に質問することをおすすめします。

最終面接から2週間以上経つ場合は問い合わせを検討する

就活のなかで、最終面接が終わってしばらく経つのに、企業から結果の連絡が届かないケースもあります。そのような場合、企業に問い合わせてみてもよいでしょう。

具体的な目安としては、最終面接から2週間以上経過した場合、企業への問い合わせを検討してください。

なお、連絡期日が指定されている場合は期日を過ぎたら、問い合わせを視野に入れましょう。

もし、当初伝えられていた期日を過ぎていたり、事前に期日は伝えられていない場合でも、10日〜2週間程度は待ってから問い合わせするようにしてください。

たとえ期日が過ぎていても、選考から問い合わせまでの期間が短すぎると、担当者は急かされるように感じ、印象が悪くなってしまう可能性もあります。

気持ちを切り替えて次の企業を受ける

2週間以上経っても連絡がない場合、不合格のケースもあります。企業側も優秀な人材は確実に採用したいと考えているため、連絡が遅くなればなるほど、選考に落ちている可能性は高いといえます。

学生に不採用通知をしない、いわゆる「サイレントお祈り」を行う企業もあるため、たとえ第一志望であっても、一つの企業に固執しすぎるのはおすすめしません。

複数企業を受けている場合、優先順位次第で、次の企業を受けることに気持ちを切り替えましょう。

また、同じ企業の選考を受けた友人やSNSなどから選考結果の通知が届いているか、情報を集めてみるのもよい方法です。ほかの学生には内定通知が届いているのに自分だけ連絡がない場合は、サイレントお祈りと判断して、ほかの企業の選考に注力しましょう。

24卒の就活について相談したい

 

手段別!面接結果を問い合わせる場合のポイント3選

面接結果を問い合わせる場合のポイントを3つの連絡手段に分けて紹介します。

なお、どのような手段で問い合わせを行う場合でも、先方への配慮を忘れてはいけません。

人と人が会って面接し、雇用するという作業には、どうしても時間と手間がかかります。人材雇用では、就職後にどのような働きをしてくれるのかを見極める必要があり、企業側にとっても大きな決断です。

そのような企業側の事情を念頭に置いたうえで、社会人として適切な対応を心がけましょう。

メールで問い合わせる場合のポイント

まずは、メールの書き方のポイントを紹介します。問い合わせのメールを作成するうえで、重要な2つのポイントを解説するので、ぜひ参考にしてください。

なお、就活における問い合わせメールの書き方を詳しく知りたい人は「就活における問い合わせメールの書き方とは?例文付きでご紹介!」もあわせてご確認ください。

件名は分かりやすく書く

選考結果をメールで問い合わせる際は、一目で要件が伝わるような件名を記入しましょう。

社会人は毎日多くのメールのやり取りを行っているため、見落とされないような工夫が必要です。また、件名だけで要件が分かりやすければ、本文を開かなくても要件が伝わるため、採用担当者の手間を省けます。

先方に余計な手間をかけないためにも、件名は「誰からのメールか」「何の用件なのか」「いつの面接か」が分かるように書きましょう。

[件名の例]
△月△日の最終面接結果につきまして:働楽花子(△△大学)

なお、自分以外にも面接を受けている学生がいるため、同じ苗字の人と混同されないよう、名前はフルネームで書くのが適切です。

本文は簡潔・丁寧に書く

件名と同様に、本文を書く際も簡潔かつビジネスマナーを踏まえた文面を意識しましょう。

なお、企業に送るメールの基本構成は、以下の通りです。

・宛名
・冒頭の挨拶
・自己紹介
・用件
・結びの挨拶
・署名

また、用件を伝える際は「合否を教えてほしい」ではなく、「合否結果はいつ頃分かるのか」を尋ねるようにしましょう。「結果を教えてほしい」では催促の意味合いが強まるため、先方に悪い印象を与えかねません。

まだ結果が出ていない可能性もあるため、あくまでも質問するスタンスで文面を考えましょう。

問い合わせ状を送る場合のポイント

面接の結果を問い合わせる際は「問い合わせ状」を送るのも効果的な方法です。

就活において、企業への問い合わせはメールを送るのが一般的ですが、あえて文章を郵送することで、先方に丁寧な印象を与えられます。ほかの就活生と差別化できるだけでなく、マナーがよい学生という好評価につながる可能性もあるため、試してみるのもおすすめです。

ただし、郵送が届くまでに時間がかかりやすく、連絡の行き違いが発生する可能性もあるため、必ず本文にその旨を記載しておきましょう。

なお、問い合わせ状の基本構成は、以下の通りです。

・日付
・宛名
・差出人の情報(署名)
・タイトル
・本文

基本的な構成はメールとほぼ同じですが、問い合わせ状などのビジネスレターでは、宛名の下に差出人の情報(署名)を記載します。

本文は、頭語(拝啓)から始まり、時候の挨拶を述べたあと、要件を伝え、結語(敬具)で締めくくるのがマナーです。ビジネスレターでは「貴社におかれましてはますますご盛栄のこととお慶び申し上げます。」など、季節を問わず使える挨拶が用いられるケースもあります。

電話で問い合わせる場合のポイント

企業に電話をかける場合は、まずは自分の名前を名乗り、担当者につないでもらいます。

担当者につながったら、用件を簡潔かつ丁寧に伝えましょう。また、メールと同様に催促するのではなく、「選考結果はいつ頃分かるのか」を聞くように意識してください。

担当者が不在だった場合は、電話に出た方に用件を伝言してもらうとよいでしょう。伝言をお願いしておくことで、担当者の手が空いた際に、電話もしくはメールで連絡がくるはずです。

もしくは、「担当者の△△様にメールを送るので後ほど確認してほしい」と伝言をお願いしてもよいでしょう。こちらからメールを送っておけば、電話を折り返す手間が省けますし、電話の行き違いにならずに済みます。

なお、就活における正しい電話対応の方法を知りたい人は「就活の電話はどう話す?基本的なマナーや苦手を克服する方法について解説」もあわせてご確認ください。

24卒の就活について相談したい

 

3つの手段別!面接結果の問い合わせ例文

面接結果を問い合わせる際の例文を紹介します。メール、問い合わせ状、電話の3つの手段別に例文を用意したので、ぜひ参考にしてください。

メールで問い合わせる場合の例文

[件名]
△月△日の最終面接結果につきまして(△△大学 働楽花子)

[本文]
株式会社△△部 △△課 △△様

お世話になっております。
△△大学の働楽花子と申します。
先日はお忙しいところ面接のお時間をいただきありがとうございました。

△月△日の面接結果につきまして、
いつ頃ご連絡をいただけるかお伺いしてもよろしいでしょうか?

ご多忙のところ、このような連絡を差し上げて誠に恐縮ですが、
お手すきの際にご連絡いただけますと幸いです。

お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願いいたします。

------------------------------------------------------------------------------------------
働楽花子
△△大学△△学部△△学科3年
Email:abcd@efg.ne.jp
住所:東京都△△市△△町1-2-3
電話番号:0123-45-6789
------------------------------------------------------------------------------------------

なお、問い合わせメールの例文は「【就活】企業向けメールの書き方や送信のマナーとは?例文付き」にも掲載しているので、あわせてご確認ください。

問い合わせ状を送る場合の例文

令和△△年 △△月 △△日
株式会社△△部 △△課 △△様
働楽花子
△△大学△△学部△△学科3年
住所:東京都△△市△△町1-2-3
電話番号:0123-45-6789
Email:abcd@efg.ne.jp
 
△月△日の最終面接結果につきまして

拝啓 貴社におかれましてはますますご盛栄のこととお慶び申し上げます。
先日はご多忙の中、面接のご対応をしていただき、誠にありがとうございました。

その後の状況はいかがなりましたでしょうか。

大変恐縮ではございますが、
お手すきの際に、選考の状況をお知らせいただけますと幸いに存じます。

お忙しいところ
このような催促めいたお手紙を差し上げますことを何卒お許しください。

お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。
敬具

電話で問い合わせる場合の例文

[電話の流れ]
(1)担当者につないでもらう
先日面接をしていただいた働楽花子と申します。採用担当の△△様はいらっしゃいますでしょうか?

(2)担当者に用件を伝える
△△大学の働楽花子と申します。先日は面接のお時間をいただきまして、ありがとうございました。お忙しいところ恐縮ですが、△月△日の面接の選考について、いつ頃結果が分かるのか教えていただけないでしょうか?

(3)「合否はまだ分からない」と返答された場合
承知しました。それでは、ご連絡をお待ちしております。お手数ですが、引き続きよろしくお願いします。失礼いたします。

(4)担当者が不在の場合
それでは△△様に△月△日の最終面接の合否の連絡はいつ頃になりそうかお伺いしたいと、ご伝言をお願いできますでしょうか?

もしくは、

それでは△△様にメールを送りますのでお手すきの際にご返信いただきたいと、ご伝言をお願いできますでしょうか?

なお、面接結果の電話への適切な対応方法や参考になる例文を知りたい人は「面接結果の電話への適切な対応方法と例文を紹介!連絡がくる時間の目安は?」もあわせてご確認ください。

24卒の就活について相談したい

 

面接結果の問い合わせ電話をかける場合の注意点2選

面接結果の問い合わせを電話で行う場合に、意識するべき2つの注意点を紹介します。

問い合わせる前に通知が届いていないか再確認する

こちらから問い合わせする前に、一度自分のメールボックスや留守電をチェックし、見落としがないかを確認しましょう。

特に、メールの場合、迷惑メールフォルダに入っていて気づけなかったというケースもあるため、念入りにチェックしてください。

郵送の場合は、企業に伝えた住所が間違っているケースや、なんらかの手違いで実家に送られている可能性も考えられます。

採用担当者の無駄な手間を省くためにも、自分のなかで考えられる可能性をすべて排除したうえで、連絡するように心がけましょう。

言葉遣いや時間帯などのマナーに注意する

面接結果を電話で問い合わせる際には、言葉遣いや時間帯などマナーに充分注意してください。

原則として、始業直後や12時〜13時の休憩時間、定時後などの時間帯に電話をかけるのは避けてください。また、企業の営業時間を調べ、担当者が不在になる可能性が高い時間帯や忙しいであろう時間帯は避けるなど、相手目線での配慮が必要です。

もちろん、電話越しでも対面時と同様に、丁寧な言葉遣いや正しい敬語を使うように心がけましょう。

なお、就活中の電話のかけ方について詳しく知りたい人は「これだけ覚えれば大丈夫、就活中の電話のかけ方」もあわせてご確認ください。

24卒の就活について相談したい

 

面接結果の問い合わせ方など就活のマナーを身につけたい学生へ

面接結果を問い合わせる場合など、就活にはマナーが重視されるシチュエーションは多々あります。

しかし、初めて就活に臨む大学生の場合「採用担当者との電話をどのように進めるべきか分からない」「失礼にあたらない問い合わせメールの書き方・送り方が分からない」と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

そのような悩みを抱える就活生は「量より質」の就活エージェント「キャリアチケット」をご活用ください。

キャリアチケットでは、企業の採用活動を知り尽くしたプロフェッショナルが自己分析や業界・企業研究などの就活準備からES添削、面接対策まであなたの就活をすべて無料でサポートします。

もちろん、メールの書き方・送り方や正しい電話対応の方法など、就活におけるマナーについてもお伝えします。就活のマナーを効率よく身につけたい人は、ぜひ「キャリアチケット」までお気軽にご相談ください。

24卒の就活について相談したい

 

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。