「簡単な自己紹介」とは?回答のポイントを例文つきで解説

このページのまとめ

  • 簡単な自己紹介とは、初対面の相手に自分が何者であるか説明すること
  • 自己紹介は相手に自分を知ってもらうこと、自己PRは相手に自分を売り込むこと
  • 簡単な自己紹介では、必要以上に自分をアピールしない
  • 自己紹介とESの内容は一貫性を持たせる
  • 簡単な自己紹介は、1分以内を目安に要点を簡潔にまとめよう

「簡単な自己紹介」とは?回答のポイントを例文つきで解説の画像

面接で「簡単な自己紹介をしてください」と言われ、困った就活生は多いのではないでしょうか?
簡単といわれても、どこまで話して良いか悩みますよね。
簡単な自己紹介は、1分以内で簡潔にまとめるのがポイント。要点を分かりやすく伝えれば、面接官の興味を引ける可能性があります。
このコラムでは、簡単な自己紹介について例文つきで解説します。自信を持って自己紹介し、印象アップを目指しましょう。

 

面接対策について相談したい

 

「簡単な」自己紹介とは?

簡単な自己紹介とは、初対面の相手に必要最小限の情報を話し、自分が何者であるか説明することです。
面接では長々と話す時間がないため、簡単な自己紹介を求められる傾向があります。
簡単な自己紹介をするのは、基本的なプロフィールを知ってもらい、話しやすい雰囲気を作るため。
話題のタネになるので、面接での話のきっかけになるでしょう。

簡単な自己紹介で伝えたい情報

簡単な自己紹介では、情報を選んで伝える必要があります。下記で、伝えたい主な情報を確認しておきましょう。

・氏名
・大学名、学部、学科名
・出身地
・アルバイト
・所属する部活動、サークル活動
・趣味、特技
・締めの挨拶

必須項目は、「氏名」「大学名」「締めの挨拶」の3つ。
アルバイトについて面接官に知ってほしいときは、「アルバイトで〇〇をしています」など、目的に合わせて情報を盛り込みましょう。

▼関連記事
印象的な自己紹介とは?押さえておくと良い項目をご紹介

 

面接対策について相談したい

 

簡単な自己紹介をするのは何のため?

面接で簡単な自己紹介をするのは、基本的なプロフィールを知ってもらい、話しやすい雰囲気を作るためです。
話題のタネになるので、面接での話のきっかけになるでしょう。

▼関連記事
大学名も伝えてる?面接で話すべき自己紹介の内容とは
 

 

面接対策について相談したい

 

「自己紹介」と「自己PR」との違い

就活生が間違いやすいことですが、自己紹介と自己PRは似て非なるものです。下記で、それぞれの違いを確認しておきましょう。

・自己紹介…初対面の相手に、自分はどこの誰なのか最初に説明すること
・自己PR…長所や特技など、自分の強みを相手にアピールすること

自己紹介は初対面での挨拶の一環、自己PRは相手に自分を売り込むことといえます。
両者の違いを意識して、簡単な自己紹介を考えましょう。

簡単な自己紹介では必要以上にアピールしない

簡単な自己紹介では、必要以上に自分の功績をアピールしないようにしましょう。
意気込んで「アルバイトで売り上げアップに貢献して、サークルでは副部長を務めて…」と語りだすと、話が長くなってしまいます。
具体的なアピールは、面接官とのやり取りで話せるので、焦る必要はありません。
なお、面接官によっては大学名と氏名だけを問うこともあります。その場合は、純粋に求められたことだけ答えれば良いので、無理に情報を盛り込む必要はないでしょう。

▼関連記事
自己紹介の例文あり!自己PRとの違いを把握しよう
 

 

面接対策について相談したい

 

好印象を与える自己紹介3つのポイント

面接では第一印象が重要なので、自己紹介の伝え方を工夫しましょう。好印象を与えるポイントは下記のとおりです。

1.はきはきと話す

自己紹介では、はきはきと聞き取りやすい声で話すのが重要。面接官に届くように、声の大きさやリズムに気を配って話しましょう。
腹式呼吸を意識し、お腹から声を出すのがおすすめです。

2.笑顔を心がける

無表情では暗い印象を与えかねないので、面接中は笑顔を心がけましょう。満面の笑みではなく、口角を上げて自然な微笑みを作るのがポイントです。

3.背筋を伸ばして面接官の目を見る

面接中は、背筋をまっすぐ伸ばし、面接官の目を見て話しましょう。
背中が丸まっていると頼りなく見えますし、声も小さくなる傾向があります。目線が合わないと「コミュニケーション能力が低い」と判断される恐れも。
面接は面接官との会話の場なので、コミュニケーションを取る意欲を態度で見せましょう。

▼関連記事
就活生必見!自己紹介で好印象を与えるコツ
 

 

面接対策について相談したい

 

「簡単な」自己紹介の作り方

印象アップのためには、自己紹介の作り方にこだわる必要があります。下記で、押さえておきたいポイントを確認しておきましょう。

1.自己紹介と応募書類の内容は合わせる

簡単な自己紹介の内容は、ESや履歴書といった応募書類の内容と一致させましょう。
自己紹介と応募書類の内容が矛盾していると、面接官に「嘘をついている」と疑われる恐れがあります。信用できない人間を採用したい人はいないので、一貫性を持たせてください。

2.長さは250~300文字・1分以内が目安

簡単な自己紹介は、文字量では250~300文字・長さは1分以内が目安です。
時間配分を考え、何を話すか情報をピックアップしましょう。
話す時間はスピードによって変わるので、声に出して練習し、タイムを測るのがおすすめ。
なお、面接によっては「30秒以内」「2分以内で」など時間指定される場合があります。パターン別の自己紹介を作っておくと良いでしょう。

3.簡潔にまとめる

簡単な自己紹介では、自分のすべてを知ってもらおうとせず、要点だけを簡潔にまとめましょう。自己紹介で触れた話は、面接中に質問される可能性が高いです。
「面接で質問されたいこと」を概略だけ話し、面接官の興味を引きましょう。

▼関連記事
自己紹介は1分でまとめる!印象に残る話し方とは
 

 

面接対策について相談したい

 

「簡単な自己紹介」3つの例文

自己紹介で知ってほしい情報は、趣味・アルバイト・ゼミなど人によってさまざまでしょう。下記、情報別の3つの例文をご参考ください。

1.例文:趣味

趣味に重点を置いた自己紹介は、下記のとおりです。

「〇〇大学〇〇学部4年の〇〇と申します。
ゼミでは流通について学び、情報がヒトとモノをどう動かすか研究しています。
特に、SNSが飲食業界に及ぼす影響をテーマとしています。
学業以外では、趣味のロードバイクに力を入れ、2年の夏休みには日本1周を果たしました。
道中は自転車の部品が折れたり、宿泊場所がなかったりとトラブルがありましたが、無事に目的を達成し、総走行距離15,000キロを達成しました。
逆境がある分燃える性格で、壁にぶつかってもすぐ立ち直りよじ登ります。
本日は、貴重な時間をいただきありがとうございます。よろしくお願いいたします。」

冒頭でゼミの研究について軽く触れ、学業が本分であることを伝えるのがポイント。
「ロードバイクで日本1周」「逆境に強い」というインパクトのある言葉を入れることで、面接官の興味を引けるでしょう。

2.例文:アルバイト

アルバイトについて知ってほしい場合は、下記の例文をご参考ください。

「〇〇大学〇〇学部4年の〇〇と申します。
ゼミでは化粧品業界のマーケティング戦略を研究テーマとしています。
学業以外では、書店で3年間アルバイトをしており、アルバイトリーダーを務める古株です。
店長からは「ポップ職人の〇〇(氏名)」と呼ばれており、店内のポップを1人で制作しています。
独自のキャッチフレーズと、愛のあるイラストを入れることがこだわりです。
楽しいことは独り占めせず、多くの人と共有したいと思う性格です。人を笑顔にすることに喜びを感じます。
本日は、私のアピールポイントを伝えたいと思い、張り切って参りました。
少し緊張していますが、よろしくお願いいたします。」

アルバイトリーダーやポップ制作を任されていることから、「信頼できる人間」という印象を与えられます。
面接の意気込みや、今の心境を正直に話すことで、素直な人柄も感じられるでしょう。

3.例文:ゼミ

ゼミについて話すときの例文は、下記のとおりです。

「〇〇大学〇〇学部4年の〇〇と申します。
大学ではマーケティング戦略のゼミに所属し、商店街のブランディングについて研究しています。
研究ではフィールドワークを行い、店主に話を聞いたり、商店街主催のイベントに参加したりしてきました。
現場に飛び込み、データでは分からない課題を見つけることに喜びを感じます。
学業以外では、軽音楽部に所属し、バンドではベースを担当しています。
人と関わることが好きで、コミュニケーションが世界を広げると思っています。
本日は、面接の機会をいただきありがとうございます。
よろしくお願いいたします。」

ゼミの話だけでなく、学業以外の活動や性格についても触れるのがポイント。
研究内容を詳しく説明すると話が長くなるので、概要に留めましょう。

▼関連記事
例文あり。「30秒で自己紹介してください」への対処法

 

面接対策について相談したい

 

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。