スカートは苦手!就活で着るパンツスーツの選び方とは?

このページのまとめ

  • パンツスーツを着用しても就活が不利になることはない
  • パンツスタイルはアクティブで活発、スカートスタイルは女性らしくて柔らかい印象
  • パンツスーツは動きやすく温かいが、女性らしさに欠ける
  • パンツスーツを選ぶ時は、サイズ、丈、形、色を意識することがポイント
  • スカートよりもしわがつきやすいため、着用後は必ずチェックし、手入れすることが大切

就活中は、過度な装飾を控えたリクルートスーツを着用するのが日本の就活スタイルです。
男性でも女性でもそれは変わりませんが、レディーススーツにはパンツスタイルとスカートスタイルがあるので、女性の就活生はどちらを着れば良いのか悩んでしまうことがあるでしょう。
そこで、パンツとスカートが与える印象の違いや、パンツスーツのメリット・デメリット、パンツスーツの選び方、気をつけるポイントをご紹介します!
 

パンツスーツは就活に不利なのか?

就活時にリクルートスーツを着用する際、パンツスタイルにするかスカートスタイルにするか迷う女性は多いようです。
「面接ではスカートの方が好印象」「パンツスーツだと不利」と言われていることが多く、スーツ店の店員からも「スカートの方が良い」と薦められてしまうと、余計悩んでしまうかもしれません。
パンツとスカート、両方1着ずつ持っておくという方法もありますが、難しい場合もあるでしょう。
しかし、結論を言ってしまうと、どちらを着ても問題ありません。
パンツスタイルだから不採用、スカートスタイルだから採用、といった採用基準は存在しないので、自分が着たいほうを選んで着用しましょう。
無理に我慢して着たくないほうを選ぶ必要はなく、着やすくて落ち着けるほうを選ぶことが大切です。

また、パンツスタイルとスカートスタイルでは面接官に与える印象が異なります。
まずパンツスタイルは、アクティブでフットワーク良好、行動的、積極的、活発なイメージ。
バリバリ働くキャリアウーマンになりたいと考えているのなら、タフさをアピールするのに最適です。
事務職よりも営業や広報など、人との関わりが多い職種において、好印象を与えやすいでしょう。
実際に働くイメージを持ってもらうことは、就活においてとても大切です。
次にスカートスタイルは、女性らしくて清楚、爽やか、優しい、柔らかいイメージ。
パンツスタイルとは対象的に、落ち着いた女性らしさ、清楚なおしとやかさをアピールすることができます。
事務職や細やかな気遣いを必要とするサービス業などで好印象を与えやすいでしょう。
志望業界や職種、面接形式、与えたい印象に合わせて、パンツスタイルとスカートスタイルを使い分けるのも良いかもしれません。
 

パンツスーツのメリット・デメリット

就活でパンツスーツを着用することのメリットは、何と言ってもその動きやすさです。
スカート着用時より足さばきが良くなり、颯爽と動くことができるでしょう。また、ストッキングが伝線してしまっても、他人に気づかれにくいです。
さらに、冬場に企業説明会に参加する際や企業を訪問するための移動が多い場合、スカートよりも足元が温かいので、風邪をひきにくくなります。
また、パンツスーツを着ている女性の就活生は数が少ないため、面接官の印象にも残りやすくなるでしょう。

しかしその一方で、パンツスーツは女性らしさに欠ける、との声もあるようです。
スカートは女性が履くものなのだから、「女性は女性らしくスカートを着用するべき」だと考えている面接官に当たってしまうと、パンツスーツは不利に働くことがあるかもしれません。
パンツスーツを着ている女性は気が強そう、プライドが高そう、などの印象を持たれることもあるようなので、業界によってはスカートを履いたほうが良いでしょう。
 

パンツスーツの選び方

就活の際にパンツスーツを着用することを決めたのなら、サイズ、丈、形、色を意識して選びましょう。

サイズ

パンツスーツを選ぶのなら自分の体型にフィットするものを選びましょう。サイズが合っていないと、不格好になってしまいます。
ただし、ジャケットは肩幅に合わせ、きつすぎず、緩すぎず。パンツは食事をしたり、長時間座ったりすることを考慮して、ウエストやお尻、太もも回りに余裕があるものを選ぶと、見た目が悪くなることもなく、シワにもなりにくいです。

パンツスーツの場合、ジャケットは丈が気持ち短めのほうがバランスよくスマートに見えます。
丈が長いと一気に野暮ったくなってしまうので気をつけましょう。なお、袖はシャツの袖がはみ出さないようにするのがポイントです。
パンツの丈は、パンプスのヒールの高さに合わせましょう。立った時に裾がヒールに1cmから2cmかかる程度、座った時にくるぶしが見えない位置がベストです。
なお、パンツスーツの裾は、裾上げされることを前提としているため、長めに作られています。
そのため、裾上げにかかる時間を考慮した上で、早めに購入しておくのがオススメです。

パンツスーツには、裾が広がったフレアタイプと、裾が細いタイトなストレートタイプがあります。
オススメなのは、足を長くすっきりと見せるノータックのセミフレアですが、この形のものでなければ駄目、という決まりは特にないので、自分の体型に合ったものを選ぶと良いでしょう。
ただし、裾が広がりすぎたデザイン性の高いフレアタイプだと、カジュアルすぎてしまいます。
また、パツパツしたタイトすぎるストレートタイプだと、印象が悪くなってしまうので、就活の場に相応しいものを選びましょう。

リクルートスーツはパンツでもスカートでも黒や紺、グレーなど落ち着いた色合いのものだけです。
白やライトグレーは既卒や中途のイメージを与え、派手な色はカジュアルなイメージを与えてしまうので就活には向いていません。
特に、志望業界が金融や大手メーカー、商社なら、黒を選ぶのがポイントです。
それ以外の業界なら、自分の顔や肌色に合わせてダークカラーのスーツを選びましょう。
黒より埃や汚れが目立ちにくい、というメリットもあります。
 

パンツスーツで気をつけるポイント

パンツスーツはスカートよりもしわが付きやすく目立つので、着用後は必ず手入れとチェックをするようにしましょう。
帰宅したらすぐハンガーにかけ、センターラインに合わせて畳み、形が崩れないようにするのがポイントです。
クリップの付いたボトムス用のハンガーがあると便利なので、用意しておきましょう。
センターラインをきちんと合わせて裾側をクリップで留めると、下に来るウエスト部分の重みで自然としわが回復します。
また、アイロンはかけすぎると生地に焦げ付きやテカリができてしまうこともあるので、生地を傷めないように気をつけてください。

パンツスーツを着用する際は、コーディネートとして女性もベルトを着けるのがマナーです。
意外と知られていませんが、ベルトは面接官も評価するポイントとしてよく見ているので、ちゃんと身につけましょう。
幅は2cmから2.5cm程度、色はスーツの色と合わせて黒や焦げ茶などの落ち着いたものを選び、バックルは控えめなシルバーがオススメ。派手なものやブランド物と分かるものは避けましょう。

ベルトと同様に、ストッキングも着用必須です。
パンツスーツならストッキングを履く必要はない、と思う人もいるかもしれませんが、パンツスーツを綺麗に着こなすには着用したほうが良いです。
何故ならパンツスーツは下着のラインが浮き出てしまいやすいから。恥ずかしい思いをしないためにも、ストッキングはきちんと身につけましょう。冬場は防寒にも一役買ってくれます。


パンツスーツでの就活は、さまざまなメリットがあります。
しかし、着こなしが不格好になってしまったり、身だしなみが整っていなかったり、清潔感を感じられなかったりすれば就活で不利になってしまうこともあるでしょう。
そうならないためにも、身だしなみは自分だけでなく第三者にも確認してもらうことが必要です。
そして、そんな確認をしてもらう相手としてオススメなのが、就活エージェントのキャリアチケット。
キャリアチケットは新卒向けのサポートサービスを提供しています。就活に関する豊富なノウハウを活かし、業界・職種ごとのスーツの着こなしから就活全般のサポートまで行っているのでぜひご利用ください。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!