就活でパンツスーツだと不利なの?着用するメリットや着こなしのコツを解説

このページのまとめ

  • 基本的に、パンツスーツが就活で不利になることはない
  • 就活でパンツスーツが与える印象は、「活発」「アクティブ」「仕事ができそう」など
  • 就活でパンツスーツを履くメリットは、「動きやすさ」「下半身をカバーできる」など
  • 就活用のパンツスーツは、黒や紺などの無地で光沢感の少ないタイプがおすすめ
  • パンツスーツの丈は、裾のデザインやパンプスの高さに合わせて調整する
     

パンツスーツを着た女性の写真

就活でパンツスーツを着用すると不利になるのでしょうか。レディーススーツにはパンツとスカートの2つのスタイルがあるため、どちらにすべきか迷う就活生もいるでしょう。基本的に、就活においてはどちらのスタイルを選んでも問題ありません。
このコラムでは、パンツスーツが与える印象やメリット、選び方などを解説します。パンツスーツを着こなすコツを掴んで、面接官から好感を得ましょう。
 

就活でパンツスーツを選ぶと不利になる?

結論をいうと、パンツかスカートかの差が採用決定を左右することは基本的にないため、どちらを選んでも構いません。
とはいえ、昔からの考えで、「女性はスカートを履いたほうが良い」という固定概念を持つ人もいるため、「パンツスーツだと就活で不利になるのでは…」と不安に感じて、どちらにすべきか悩む女子就活生もいるでしょう。
就活においてパンツとスカートでは、異なる印象を面接官に与える可能性はあります。次の項で、それぞれが面接官にどのような印象を与えやすいか把握しましょう。
 

就活におけるパンツ・スカートそれぞれの印象

パンツとスカートのそれぞれが与える印象の違いとは何でしょうか。以下で、それぞれの具体的な印象を確認しましょう。

パンツスーツが面接官に与える印象

パンツスーツは、活発でアクティブな印象を与えやすい服装です。仕事のできるキャリアウーマンのようなイメージも持たれやすいでしょう。
機能的な服装なため、フットワークの軽さを演出することもできます。営業職を中心として、体力や積極性、行動力などを必要とされる業界などで好印象につながりやすいでしょう。

スカートスーツが面接官に与える印象

スカートスーツは、ソフトで清楚な印象を与えやすい服装です。「女性らしさ」の演出に適し、優しそうな落ち着いた雰囲気を出せます。
パンツスーツよりも静かでおしとやかなイメージを相手に抱かせやすいため、事務職を中心に、繊細な気配りやホスピタリティを求められる職種で印象アップを狙えるでしょう。
 

パンツとスカートのどちらにするかで迷ったら

基本的に、パンツとスカートのどちらを選んでも問題ないため、自分の好みで選べば良いでしょう。金銭的に余裕がある就活生は、パンツとスカートをセットでそろえて、志望業種の傾向に合わせた使い分けをするのも1つの手です。
どちらかを選ばなければいけないのに決められない…という方は、以下の2点をチェックしてみましょう。

自分に似合っているか

人によって体型や雰囲気はさまざまです。パンツとスカートの両方を試着して、「自分により似合っている」と思えるスーツを購入してください。
足を出すことに抵抗があれば、パンツスーツのほうが適しているでしょう。ヒップラインを目立たせたくない、身長の低さが気になる…という方には、スカートスーツをおすすめします。

どのようなイメージを面接官に与えたいか

先述したように、パンツスーツとスカートスーツでは、相手に与える印象が異なります。パンツなら活発でタフなイメージ、スカートなら華やかでソフトなイメージを演出できるでしょう。
まずは、志望業界の風土やニーズを把握したうえで、どのような自分のイメージを面接官に与えたいか考えることが必要です。業界ニーズを掴んだスタイルは、面接官からの好感度を高める可能性があります。

▼関連記事
就活スーツの選び方!スカートとパンツで悩んだときの対処法
 

パンツスーツを選ぶ3つのメリットとデメリット

パンツスーツにはさまざまなメリットがあります。以下を確認して、スーツを選ぶ際の参考にしてください。

1.下半身の冷え防止やストッキング伝染を隠せる

下半身全体をカバーできるため、足の冷えを防いだり、ストッキングの伝染を隠したりできます。下半身に対する心配事を軽減させられるでしょう。

2.動きやすく機能的

パンツスーツといえば、動きやすく、機能的であるのが特徴です。スカートほど足さばきを気にする必要がなくなる点が魅力だといえます。

3.活発で仕事ができる印象を与えられる

颯爽として仕事ができる印象を与えられるのは、パンツスーツのメリットといえるでしょう。就活における自分のなりたい姿が固まったら、その理想を形作るサポート役として利用してください。

パンツスーツを選ぶデメリット

パンツスーツのデメリットは、仕事ができそうなイメージを与えられる反面、いわゆる「女性らしさ」を感じさせるような雰囲気は薄まるという点でしょう。
面接官によっては、「気が強そう」「粗雑なのでは」などのイメージを持たれる可能性もあります。
 

就活でパンツスーツを選ぶ際の4つのポイント

就活でパンツスーツを選ぶ際には、以下のポイントに留意しましょう。

1.色

スーツの色は、黒や紺、グレーなどで濃い目のダークトーンを選ぶのが正解です。色味の明るいものは、カジュアルな印象になるため控えましょう。明るめのグレーも避けたほうが無難です。

2.素材、柄

生地や素材は、落ち着いた印象を与える光沢感の少ないタイプにしましょう。柄に関しては、無地をおすすめします。面接官に「着飾っている」「真面目さに欠ける」と思われない素材や柄を意識して選んでください。
業界や企業によっては、ストライプのシンプルで控えめな柄であれば許容する場合もあるでしょう。その際には、志望業界や企業に対する事前のリサーチが不可欠です。

3.ジャケットのサイズ感

試着をした際に、肩の幅に合うジャケットを選ぶと良いでしょう。
サイズが大きすぎるとだらしなく見えたり、小さすぎると上半身を動かしづらくなったりするため、鏡で見栄えを確認し着心地もチェックしてください。
ジャケットの丈感は、やや短めかジャストサイズを意識するとスタイリッシュになるでしょう。

4.パンツの丈やシルエット

パンツスーツの裾は、フレアやストレート、テーパードなどの種類に分けられます。
その中でも、セミフレアは足を長く見せつつ体形もカバーしてくれるため、就活用におすすめです。テーパードは就活ではあまり一般的とはいえません。また、フレアのデザインによっては、カジュアルになるため気をつけたほうが良いでしょう。
ヒップや太もも周りはタイトになり過ぎると不格好に見えます。パンツの形には多少の余裕を持たせ、自分の体型にマッチするものを選びましょう。

パンツの丈は、パンプスヒールの高さと裾のタイプに合わせて調整してください。
フレアならヒールの半分程度、ストレートならヒール上部の数mm程度がパンツの裾で隠れるようにすると良いでしょう。
自分だけでパンツのベストな丈を決めるのが難しければ、店員にアドバイスを求めることをおすすめします。

▼関連記事
スカートは苦手!就活で着るパンツスーツの選び方とは?
 

パンツスーツを着こなす6つのコツ

就活でパンツスーツを着こなすコツをご紹介します。以下を参考にして、好印象を与えるパンツスーツのスタイルを目指しましょう。

1.ワイシャツやブラウスの合わせ方を工夫する

パンツスーツは相手に活発な印象を与えたい場合に適していますが、ワイシャツやブラウス次第でイメージを変えることも可能です。
たとえば、スキッパーシャツよりもレギュラーブラウスの方が柔らかい雰囲気を出せるでしょう。色は白が基本ですが、企業によっては薄いピンクや水色などがOKなところもあるようです。優しい色味をプラスすれば、「女性らしさ」も演出できます。企業に合わせてワイシャツやブラウスの合わせ方も工夫してみましょう。

2.パンツにしわがないように管理・保管する

パンツにしわがあると、清潔感や細やかさに欠ける印象を与えてしまいます。
パンツはハンガーにかけておき、しわが寄らないよう自己管理しましょう。パンツの形状を維持できるように、折り目に沿って畳む習慣をつけることも大切です。
素材によっては、しわになりにくいパンツもあるため、購入時に店員に確認してみると良いでしょう。

3.見えなくてもパンティストッキングを履く

パンツを履くと足先しか見えないため、パンティストッキングの必要性を感じていない就活生もいるでしょう。
しかし、パンツはヒップラインなどが分かりやすいスタイルです。下着のラインが出るのを防ぐ意味でも、パンティストッキングの着用をおすすめします。

4.透けない下着を身につける

就活では白や薄い色のワイシャツやブラウスを着るため、下着が透けないよう注意が必要です。
下着の色は、肌の色に馴染むベージュなどが適しています。鏡越しに、パンツのヒップラインなども
確認するようにしましょう。

5.ベルトを付ける

パンツスーツにはベルトを着用するのが一般的です。ベルトなしだと、身だしなみマナーに疑問を持たれる可能性もあります。
ベルトは、スーツの色に合わせた暗めの色にしましょう。ブランド色の強いバックルは避け、シンプルなデザインを選んでください。

6.裾を引きずらない高さのパンプスを履く

パンツスーツには、適度な高さのあるパンプスを合わせて履きましょう。ヒールの高さが5cm程度のパンプスがおすすめ。裾を引きずる心配がなく、足を長く見せることもできます。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!