就活の服装…半袖シャツでも大丈夫?ネクタイは必須?

このページのまとめ

  • クールビズとは、夏のオフィス内の適温化と軽装を推奨する取組みのこと
  • 「面接は軽装で」という場合でも、具体的な指定がなければジャケットとネクタイを着用するのが無難
  • 面接はフォーマルな場なので、ジャケット着用が基本
  • ジャケットが不要の場合もシャツは長袖を着よう
  • 夏の就活では、髪型やシャツの乱れなどに気をつけて清潔感を心がけよう

就職活動中は説明会や筆記試験、面接など企業に訪問する機会は多いもの。そのため、ビジネスマナーとして身だしなみに気をつける必要があります。就活中の基本的な服装はリクルートスーツですが、暑い時期はジャケットやネクタイの着用に悩む人も多いでしょう。
こちらのコラムでは、クールビズの定義や夏の面接の服装マナーについて解説しています。

 

就活でクールビズは許される?

クールビズとは、政府が推奨している「夏の室内温度を28度以上で快適に過ごす」という生活スタイルのことです。
主にオフィスの室内温度の適正化と、それに対応した軽装を提唱しているもの。具体的な取組みは、機能性の高い省エネエアコンへの買換え、日よけのブラインドや遮光効果の高いカーテンを付けるなど、簡単に実践できる内容です。
地球温暖化の防止や節電対策だけではなく、快適な服装で過ごすことで、業務の生産性向上にも繋がっています。
クールビズの定義は、「ネクタイ・ジャケットは不要」というものですが、実際は半袖シャツの着用も浸透しています。

クールビズを採用している企業の中には、就活生にも「面接はクールビズでお越しください」と伝えているケースもあるようです。その場合、「ネクタイとジャケットは無しでOK」など具体的な指定があれば、それに沿って訪問しても問題はありません。

しかし実際、どのような服装がベストなのかは企業の風土や面接官によっても異なるでしょう。そのため、服装の告知がされていない場合に「ノージャケット・ノーネクタイ」で向かうのは、リスクを伴う可能性があります。

「軽装で」という場合でも、あくまでも本人の判断に任せるという企業は多いのが現状です。「ジャケットを着ずに行ったら、周りの就活生はほとんど着用していた」というケースもあるでしょう。そのような状況を回避するには、リクルートスーツとネクタイで挑むのが無難と言えます。

さらに、「クールビズを取り入れていない」「そもそも否定的」といった企業があることも現状です。「暑い時期は涼しい格好の方が良いだろう」「服装で他の応募者と差をつけたい」という自分の判断でクールビズで出向くのは避けましょう。
また、服装はクールビズの指定があった場合でも、カバンや靴は普段の就活で使用しているものを身につけるのが基本です。

 

夏の就活スタイル

採用面接は、自身の第一印象を左右する重要な場面と言えるでしょう。ネクタイとジャケットを着用するのがビジネスマナーであり、清潔感とTPOをわきまえた服装が求められます。

しかし、暑い夏場は汗をかきやすく「半袖シャツの方が涼しげで良いのでは?」と感じる人もいるかもしれません。しかし、ワイシャツが半袖だと一般的にジャケットは着用しないので、フォーマルな場である面接には不向きと言えるでしょう。

もし企業側から「ノージャケットでも良い」と伝えられていても、シャツは長袖を着ましょう。その場合、汗を吸いやすいインナーや涼感素材のものを選ぶと快適に過ごせます。また、いつでも汗を拭えるよう、吸水性が良く清潔なハンカチを持っておくと良いでしょう。

「暑いとすぐに汗だくになってしまう」「炎天下でスーツを着て歩くのが辛い」という場合、ジャケットは屋外では手に持ち、会社に着く直前に羽織っても良いでしょう。その際、手に持ったジャケットはシワにならないように気をつけます。汗をかいた場合は、クールダウンして汗が引いてからジャケットを着るのがポイントです。

また、「ヘアスタイル」も夏の就活で気をつけておきたいことの1つ。
顔や首周り、頭は汗をかきやすく、さらに目立ちやすい場所です。面接で汗だくの状態では、「清潔感がない」というマイナスな印象を持たれてしまうでしょう。

夏に就活を乗り切るために髪を短くする必要はなく、いくつかのポイントを押さえておくことで印象を良くできます。
まず、男女ともに汗や風で乱れにくいようにあらかじめ整えておくと便利でしょう。男性の場合は前髪を上げる、女性で髪が長い人はヘアゴムで結ぶ、前髪はピンでとめるなど工夫します。面接ではおじぎの際に髪が顔にかからないようにするのがマナーなので、これらは夏場に限らず意識しておきたいポイントです。

就活中は面接に限らず、説明会などの際も早めの行動を心がけましょう。時間に余裕があれば身だしなみのチェックや事前準備もでき、気持ちに余裕を持って訪問できます。

▼関連記事
クールビズの格好って?就活時の服装マナー

 

ワイシャツをきちんと着こなそう

就活生の身だしなみに関して、スーツよりも「ワイシャツ」に注目する企業は多いようです。
具体的には襟元のよれや目立ったシミやシワ、中のインナーに派手な柄のTシャツを着ていないかなどをチェックしています。

また、「シャツの袖をまくる」「裾がウエストあたりからはみ出している」「ボタンが外れている」といった状態はだらしない印象に。スーツに着替えてから長時間経つと抜けがちなポイントなので、こまめに確認しましょう。

人事から「ノーネクタイで」と言われていても、シャツの第一ボタンは留めるのがマナーです。
就活生のシャツは男女ともに白の無地が基本のため、目立つ色やストライプなどは避けましょう。

面接が連日続く場合、洗濯やアイロンがけが間に合わない可能性も。防汚加工や防しわ加工、形状記憶など機能性が高いものを数枚揃えておくと便利です。

サイズに関しては袖丈や首周りに着目し、スタイルにフィットするものを着用するとスッキリ見えます。自分のサイズが分からない場合は、お店で採寸してもらっても良いでしょう。

インナーは、シャツに合わせて白かベージュなどシンプルなものを選びます。肌着もシャツと同様に、「透けにくい」「防臭加工」などの機能がついているものも多くあるため、就活中はそれらを選ぶのも良いでしょう。また、シャツの首元から見えないように配慮することもポイントです。

以上のことから、就活の身だしなみで大事なのは「清潔感」です。ビジネスにはそれぞれの場面でマナーがあり、覚えることは大変かもしれません。しかし、それらを一つひとつ押さえることで企業に好印象を残すことができるでしょう。

キャリアチケットでは、新卒向けの就職支援のサービスを提供しています。
経験豊富なアドバイザーが、マンツーマンで一人ひとりの就職活動をサポート。企業選びや履歴書の添削、面接対策などを行い、内定までを全面的にバックアップします。
「プロの目線でアドバイスが欲しい」「企業選びを手伝ってもらいたい」とお考えの方は、ぜひ一度ご相談ください。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

カウンセリングで相談してみる

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!