7月の就活を成功させる方法は?選考が長引く理由や対策のポイントを解説

このページのまとめ

  • 7月からの就活も夏採用や通年採用をしている企業からの募集で挽回可能
  • 7月以降の就活には、留学経験者や公務員志望者などが参加している場合がある
  • 内定が出ない理由には、大手企業へのこだわりや就活の反省不足などが考えられる
  • 7月からの就活対策は、自己分析の深堀りや企業選びの視野拡大などに努めよう
  • 7月の就活はスーツが基本だが、クールビズが許可される場合もある

7月の就活を成功させる方法は?選考が長引く理由を知り内定獲得を目指そうの画像

7月になっても就活で思うような結果が出せず、不安や焦りを感じている人もいるでしょう。夏採用・秋採用・通年採用を行っている企業はあるので、諦めずに活動を続けることが大切です。
今までの就活において「基本マナー」「自己分析」「企業研究」などに問題がなかったかを見直し、改善すべき点を探りましょう。このコラムでは、夏採用にチャレンジする際に意識すべきポイントもご紹介します。

7月からの就活でも間に合う夏採用とは

夏採用とは、6月下旬~8月下旬の期間で行われる採用活動のことです。
多くの企業は、夏採用のエントリーの締め切りを6月後半~7月上旬ごろに設定しています。

大手よりも中小企業の求人が多い

夏採用で大手よりも中小企業の募集が多いのは、大手に決まった学生が中小企業の内定を辞退し、予定の採用枠が埋まらない傾向があるためです。この場合、企業は採用枠を満たせるように、夏採用という形で6月下旬以降にも採用活動を行うケースがあります。
中小企業やベンチャー企業、大手グループ企業などは、8月末近くまでエントリーを受け付けているところもあるので確認してみましょう。

優良企業が夏採用していることもある

夏採用では、就活生に名前を知られていないものの、業績が良い上場企業や採用枠の大きい大手企業といった優良企業の募集に出会えることも。
「内定を辞退された企業などが再度募集する」と聞き、「選ばれなかった企業はイヤ」「6月までの選考で人が集まらないなんて」と感じる方もいるでしょう。しかし、就活が売り手市場になると、予定の内定人数を確保できなかった優良企業が、夏以降も採用を続けている場合があります。

▼関連記事
夏採用ってなに?就活を成功させる効果的な方法とは

7月から始める就活の入社時期は?

夏採用は一般的な就活スケジュールよりも選考時期が遅れますが、入社時期に差はありません。基本的には3月の卒業を待ち、来年の4月から入社になります。
しかし、ギャップイヤーで留学して秋卒業予定の就活生などは、夏の間に採用が決まり10月からの入社というケースも。気になる方は面接の際に、入社時期がいつになるのかを確認すると良いでしょう。

▼関連記事
就活を諦めない!夏採用で効率的に就職を成功させるコツ

7月以降に就活をしている人の4つの特徴

7月以降に活動を続ける就活生には、どのような人が多いのでしょうか?ほかの就活生の主な特徴を知っておきましょう。

1.留学していた

留学から帰国した学生が、7月から就活を始めるケースがあります。留学時期として、大学3年生の秋~大学4年生の春が多い傾向にあるためです。
留学経験のある就活生は、留学によって身につけたスキルや人間性を自己アピールしやすい点がメリットといえます。

2.部活動や勉強が多忙だった

部活動や研究に没頭し、就活をする時間がなかった体育会系や理系の学生もいるでしょう。
体育会系の学生は体力や忍耐力、理系の学生は専門性を評価されやすく、就活のスタートが遅くても企業からの人気が高いと考えられます。

3.公務員を目指している

公務員を志望する学生が、公務員試験対策と並行して7月に就活を行っていることもあります。公務員の試験は4月ごろ~8月ごろにかけて実施されるのが一般的。公務員試験の滑り止めとして、民間企業も受けておこうと考える就活生もいるでしょう。
公務員を目指す就活生は、勉強や面接対策に励んできた学生も多いと考えられます。そのため、企業の採用基準を満たすレベルの高さを保持している可能性が高いでしょう。

4.就活で好結果が出ていない

7月の就活では、春の採用で思うような結果を出せず就活を続ける学生もいます。7月までに好結果を得られなかった就活生は、主に以下の2パターンです。

内定なしの人

内定を1社も貰えていない人の場合、その原因には応募先企業とのミスマッチや就活対策の不足などが考えられます。とはいえ、面接への場慣れや書類内容の改善により、有利に就活を進められる可能性があるでしょう。

内定ありで就活を継続している人

内定を貰っているにも関わらず就活を続けている人は、より自分の希望に叶う就職先を探していることが多いようです。企業の採用ニーズを満たしたからこその内定であることを考えると、就活において水準の高い学生であると予想されます。

▼関連記事
就活を諦めるのはまだ早い!大手企業も行う二次募集とは
 

就活で7月になっても内定が出ない3つの理由

「就活を続けているのに内定がなかなか決まらない…」という人には、うまくいかない原因があります。まずは、自分にどのような課題・改善点があるのかを見つめ直しましょう。
内定がもらえない人には、主に以下のような傾向があります。

1.大手企業にしか目を向けていない

大手企業ばかりに目を向けていると、内定を手に入れづらくなると考えられるでしょう。
大手企業への就職を目指して挑戦する姿勢は大切ですが、大手企業の採用枠は少なく、倍率は高い傾向にあるので、内定獲得は難しいケースも。大手企業以外でも、やりたい仕事ができる職場や待遇面の良い企業はあることを念頭に置き、自身の就職する可能性を狭めないことが大切です。

2.ほかの学生より就活マナーが劣っている

就活では、ビジネスシーンに沿ったマナーが求められます。たとえば、スーツにシワや汚れはないか、髪型に清潔感はあるかなど、身だしなみをきちんと整えることは基本的なマナーといえるでしょう。
マナー意識の低い人材を採用してしまうと、企業のイメージを損なう恐れがあるため、就活におけるマナー不足は内定を遠のかせる結果に繋がることも。些細な点でほかの就活生と差が開くことのないよう、マナーを身につけて選考に挑みましょう。

3.落ちた選考の反省をしていない

これまでの就活を反省し、問題点を改善しなければ内定を手に入れる可能性は低いままです。
書類選考で落ちた場合は、志望動機の内容や書類の正しい書き方への理解不足が考えられます。筆記試験に対しては、どのような問題でつまずいたのか苦手分野を明確にする必要があるでしょう。面接に通過できないなら、面接官の質問意図を汲んで回答ができていたかを振り返ってください。
選考の各段階における反省点を見つけ、改善に向けて行動すれば、選考が進むごとにブラッシュアップできるでしょう。

◆関連記事
どうして就活の内定が出ない?その理由と対策を解説
 

7月から取り組むべき5つの就活対策

ここでは、7月からの就活で内定を手に入れるために行うべきポイントを5つご紹介します。

1.自己分析に力を入れる

内定が決まらない就活生のなかには、企業の情報ばかりに目を向けて自己分析が不十分の方もいます。
企業の知名度や福利厚生だけ見ていると、企業と自分の接点が分からず、魅力的な志望動機を考えられません。自身の強みや価値観、仕事に対する考え方などを分析し、自分はどのように活躍していきたいのか、どのような仕事が向いているのかを把握しましょう。
すでに自己分析を行った人でも改めて分析を深めれば、就活を始める前と後で気持ちに変化が表れる場合があります。

2.志望する業界や職種の視野を広げる

なかなか内定が出ない理由の1つとして、業種や職種にこだわり過ぎて、企業選びの選択肢を狭めているケースも考えられます。
志望する業界や職種のどのような部分に魅力を感じているのかを明確にすれば、類似した条件の求人を見つけられるでしょう。
また、求人に対するこだわりの強さから、企業選びの基準が自分の適正とミスマッチになっている可能性も考えられます。より一層自分の強みを活かせる仕事を見つけるためにも、業界や職種の視野を広げてみましょう。

3.第三者に相談する

就活を経験した友人や先輩などに相談すれば、客観的な視点で自身の就活について分析してもらえます。自分では気づかなかった課題や改善点が見つかる可能性が高く、行動を改める良い機会になるでしょう。
また、大学のキャリアセンターや就職エージェントを活用するのも1つの手です。どちらも就職支援のプロなので、就活にフォーカスした的確なアドバイスを受けられます。希望条件に適した求人を紹介してもらえるので、積極的に活用してみましょう。

4.就活を続けている理由を明確にする

夏採用の面接では、「なぜまだ就活を続けているのか」「なぜ今のタイミングで会社を選んだのか」
という質問をされることがあります。特に春採用が行われていた企業であれば、「そのときは応募しなかったのだから、志望度は低いのではないか?」と懸念を抱く恐れもあるでしょう。
「7月にも就活を続けている理由」や「今回志望した経緯」を明確に話せるよう準備しておいてください。

5.内定なしの現状を素直に伝える

「内定がない」という状況は、面接官に正直に話して構いません。
新卒採用において、「素直さ」は好印象に繋がりやすい要素の1つ。正直に伝えることで、より自分にマッチした企業に出会える可能性も高まります。
今になって企業に応募することに関しては、「自己分析を改めたことで違う視野で活動するに至った」という角度から答えると良いでしょう。

▼関連記事
諦めるのはまだ早い!7月で内定なしの就活生がすべきこと
 

7月に就活する際の服装はどうする?3つのポイント

就活時の服装はリクルートスーツが一般的です。
7月に就活をする場合の服装では、どのような点に注意すべきなのか確認しておきましょう。

1.7月の就活でもスーツの着用が基本

夏に選考を受ける場合でも、基本的にはスーツの着用が求められます。
暑いなか無理してスーツで出歩くと体調を崩してしまう恐れがあるので、移動中はジャケットを脱いでも問題ありません。ただし、ジャケットを持ち運ぶときはシワや汚れがつかないよう注意しましょう。
選考会場の近くに着いたら、ジャケットをきちんと着用し、身だしなみを整えてください。

夏用スーツを用意するのも1つの手

7月に就活を行う方は、夏用スーツを購入するのもおすすめです。夏用スーツは冬用と比べて素材が薄く、風通しの良いデザインとなっています。
就活中は移動が増えたり、1日に複数の企業を訪問したりするので、少しでも身体に負担をかけない工夫が大切です。

2.企業の指示があればクールビズも可

夏場の就活では、企業側から「クールビズでお越しください」と言われる場合があります。このような指示を受けたら素直に従い、クールビズの服装で選考に向かいましょう。
就活におけるクールビズとは、ジャケットとネクタイのない状態が一般的です。第一ボタンを開けたり、シャツの袖を折ったりする行為は避けましょう。
半袖のシャツはカジュアルな印象を与える可能性があるため、業界によっては注意が必要です。不安に感じる場合は長袖のシャツが無難でしょう。

3.通気性の高い肌着などの対策も有効

就活中は通気性の高い肌着や冷却効果のあるものを着用し、暑さ対策をしましょう。
ジャケットを着用していない状態ではインナーが透けて見える可能性があるので、目立たない色のインナーがおすすめです。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる! LINE友だち登録をする