就活の夏採用を成功させる方法をご紹介!注意点も解説

このページのまとめ

  • 就活の夏採用は、一般的に6月ごろから8月ごろにかけて行われる
  • 就活の夏採用は、春採用で採用予定人数を集められなかった場合に実施されることが多い
  • 就活の夏採用は春採用に比べて選考のスピードが早いため、事前に対策しよう
  • 夏採用で内定を獲得するには、就活の軸を定め視野を広げて企業選びをしよう

就活の夏採用を成功させる方法をご紹介!注意点も解説のイメージ

「就活の夏採用はいつ始まるの?」とお悩みの学生はいるでしょう。
3月ごろに情報が解禁され、6月ごろから選考が始まるのが一般的な就活スケジュールですが、6月ごろにすべての選考が終わるわけではありません。
このコラムでは、6月以降に選考を行う「夏採用」や「秋採用」をまとめました。それぞれの概要や選考を受ける際の注意点、効果的な就活の進め方などもご紹介。
夏採用で内定を獲得したい方は、参考にしてください。
 

夏採用のスケジュール

大学3年次の3月ごろに情報が解禁され、大学4年次の6月ごろから選考が始まる…というのが一般的な就活のスケジュールです。

しかし、6月ごろにすべての選考が終了するわけではなく、中にはそれ以降も採用活動を継続する企業も。
6月ごろから8月ごろまで行われる採用活動は「夏採用」と呼ばれ、春採用で予定人数を集められなかった企業が行ったり、企業の意図で最初から時期を分けて採用活動をしたりする場合が見受けられます。

夏採用では6月末ごろからエントリーを開始し、8月末ごろまでに内定が出るのが一般的。
企業によっては7月初旬ごろエントリーを締め切ることもあるため、夏採用を視野に入れている場合はスケジュールを把握しておくことが大切です。

ただし、どの企業も夏採用を行っているとは限りません。
前述のように、夏採用を行う主な目的は「春採用で埋められなかった採用人数を集めるため」。
そのため、実施する企業が限られていたり、募集人数が少なかったりするケースは珍しくないと捉えておきましょう。

▼関連記事
7月の就活を成功させる方法は?選考が長引く理由や対策のポイントを解説
 

夏採用の注意点

春採用で納得いく結果を得られなかったり、研究や留学などで春採用に間に合わなかったりする方が参加する夏採用。以下で選考に参加する際の注意点を解説していきます。

まず、夏採用の場でよく聞かれるのは、「春採用を受けなかったのか」という質問。
「志望度の高い企業であれば、採用人数の多い春採用を受けているのでは?」と考えることから問われるケースが多いようです。
この質問に対しては、その理由を正直に説明するのが効果的。
志望業界を変えたのであれば、「◯◯という軸を持って△△業界を中心に就活を行っていたが、その軸は✕✕業界でも叶えられると考えた」など具体的に説明するのがポイントです。

「これまでに内定は出たか」というのも頻出度の高い質問。
これも正直に回答するのが基本で、内定を持っている場合は「なぜ内定先でなく選考を受けている企業なのか」をしっかりと伝えることが重要です。
また、内定を持っていない場合もその旨を伝えて問題ありません。内定がないことは選考に影響しないでしょう。
ただし、「内定が出ない理由は何だと思うか」といった深掘りした質問をされる可能性はあります。これまでの就活を振り返って反省点を明らかにしておくと良いでしょう。

夏採用を行う企業の中には大手企業も多くありますが、大手ばかりに応募するのは避けたほうがベター。
大手企業は夏採用でも人気が高く、募集人数も少ないので倍率は高くなりがちです。ライバルの質も高いため、大手にこだわっていると内定をもらえないまま夏採用が終わることも。
夏採用で内定を得るためには、ベンチャー企業や中小企業、知名度は低くても業績の良いBtoB企業、大手のグループ会社などに視野を広げておくことが大切です。
 

夏採用で内定がもらえなかった場合

夏採用でも結果が出なかったからと就活を諦めるのは早いです。
採用活動は秋~冬にかけても行われており、これらを「秋採用」「冬採用」と呼んでいます。
しかし、秋・冬採用の募集人数は、夏採用よりもさらに少ないのが一般的。そのため、夏採用以上にしっかりと対策を行わないと内定を得るのは難しい可能性もあります。
秋・冬採用に挑戦するにあたって気をつけるべきなのが、「とりあえずエントリーする」というのは避けること。
内定がないことや卒業時期が迫っていることから、焦って秋・冬採用を行っている企業に片っ端からエントリーする方もいるでしょう。
しかし、秋・冬採用は夏採用と同様に選考期間も短いため、エントリー数が多ければ多いほど選考対策に時間を取られてしまい非効率。
エントリーしただけで選考に参加できなかったり、選考に参加できても対策が中途半端だったりすれば良い結果は望めないでしょう。
そうなると、本命企業の対策も不十分になり結局内定をもらえなかった…という可能性も考えられます。
確実に内定を得るためには、エントリー先をしっかりと見極めることと、十分な対策を立てることがポイントになるでしょう。

▼関連記事
諦めるのはまだ早い!7月で内定なしの就活生がすべきこと
 

夏採用を行っている企業の3つの特徴

この項目では、夏採用を行っている企業の特徴をご紹介します。

1.採用を一時停止していた

採用を一時的に停止していたことから、企業によっては夏採用を行うようです。
採用を一時停止していた企業は、当初に決めた採用人数を確保しようと考えている傾向にあります。

2.知名度が低い

知名度が低い企業は、春採用の際に人を確保できず、夏まで採用を続けることがあります。
特にBtoB企業や大企業のグループ会社は条件が良くても、就活生からの知名度は低いため、人が集まりにくいこともあるようです。

3.ベンチャー企業

ベンチャー企業の多くは即戦力となる人材を求めているため、夏採用を行うようです。
ベンチャー企業は、新しいサービスを展開することから、応募者の能力を重視している傾向にあります。
そのため、即戦力として働ける人材は時期を問わず、受け入れたいと考えている企業が多いようです。
 

夏採用を行っている企業の3つの探し方

この項目では、夏採用を行っている企業の探し方についてご紹介します。

1.就活サイトを利用する

夏採用を行っている企業を探すには、就活サイトの利用がおすすめです。
利用する際の注意点は、就活サイトだけで企業選びをしないこと。就活サイトには、良い情報しか掲載されていない場合もあります。
以下に紹介する方法も活用し、企業選びをするようにしましょう。

2.企業説明会に参加する

夏採用を行っている会社は、企業説明会を開催しているため、参加するのがおすすめ。
企業の事業内容や組織構造などの情報を得られるほか、実際に会社の雰囲気を把握できます。
自分に合う企業が明確になるというメリットもあるため、気になる企業があれば参加してみましょう。

3.就活エージェントを利用する

就活情報に長けたスタッフのサポートを受けられる「就活エージェント」を利用するのも効果的。
プロ目線からのアドバイスを受けられるので、自分では気づけないポイントを改善できたり、より企業に響く回答を用意できたりするといったメリットがあります。
春採用が終わりに近づくと、周囲に内定を持つ方が増えて焦ってしまう方もいるでしょう。
しかし、焦りから「とりあえず内定を」と考えて行動すると、マッチ度が低い企業や就労環境の良くない企業に就職してしまう可能性も。
夏採用だからこそ、しっかりと企業研究や自己分析を行って納得のいく結果を出すことが大切です。
 

夏採用で内定を獲得する5つの方法

この項目では、夏採用で内定を獲得する方法についてご紹介します。

1.スケジュールを立てる

夏採用や秋・冬採用は、春採用のように「就活生が一斉に応募する」のではなく、企業ごとに応募していく形式を取っています。
また、前項で述べたように春採用よりも選考がスピーディーに進んでいくため、闇雲にエントリーするのは避けたほうがベター。
しっかりとスケジュールを立てて、エントリー先や選考日程をコントロールしましょう。

2.視野を広く持つ

夏採用でも春採用と同じ業界に挑戦する…という方も少なくないと思われますが、夏採用は実施企業が限られるため、業界や職種などを絞り込み過ぎるのは避けましょう。
また、大手企業にこだわるのも同様。関連業界を調べたり、自分の価値観を改めてみたりして視野を広げることが、内定獲得への一歩になるでしょう。

3.就活の軸を定める

就活の軸を定め、自分の進路を考えましょう。
自己分析が不足していることにより、就活の軸がブレてしまい、失敗の原因となる可能性もあります。
失敗を繰り返さないためにも、徹底的に自己分析を行い、就活の軸を明確にしましょう。
そのうえで、企業研究に取り組むのがおすすめです。自己分析の結果から、自分に合った企業を選んでいきましょう。

4.エントリー数を増やす

エントリー数を増やして、内定獲得の可能性を上げるのがおすすめです。
ただし、闇雲に興味のない企業にもエントリーするのは避けましょう。
就活の軸に沿って、自分に合った企業にエントリーするのがポイント。また、夏採用は選考の進むペースが早い傾向にあるため、志望度の高い企業から受けるようにしましょう。

5.選考の改善策を考える

過去の選考を振り返り、通過しなかった原因を探りましょう。
書類が通過しにくければ内容や書き方を工夫してみる、面接であれば回答内容やマナーを確認するなどが有効です。
「受からなかったのは縁がなかったから」と考えず、書き方や回答内容をブラッシュアップしていきましょう。

▼関連記事
就活を諦めない!夏採用で効率的に就職を成功させるコツ
 

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる! LINE友だち登録をする