ベンチャーと大手、自分に合う企業はどっち?

このページのまとめ

  • ベンチャーでは任される業務範囲が広く、スピード感のある業務や組織体制の変化があるため、効率の良い働き方が身についたり、早いスキルアップが可能となったり、自分の意見が通りやすいという特徴がある
  • 大手ではグループの一員として仕事に関わるため、コミュニケーション能力が備わったり、しっかりとした教育を受けられたりする
  • ほとんどのベンチャーは実力主義であるため、向上心やモチベーションを保ちやすい環境であることが多いが、長期雇用を前提とした大手では福利厚生がしっかりしているなど働きやすい環境が整えられている事が多い
  • 中小企業には地域密着型の安定した優良企業も多いが、創業年数や急成長を目指しているかどうかという点でベンチャーと分けることができる
  • 志望企業を選ぶ際は、就活の軸を明確にし、イメージだけではなく企業についてきちんと調べて選ぶ必要がある

就活で最も重要な選択となる志望企業選び。安定の大手企業か、さまざまなことに挑戦できそうなベンチャー企業か…どちらに就職するか迷うという人も少なくないのではないでしょうか?
このコラムでは、大手企業とベンチャー企業の違いから、それぞれの企業の特徴をご紹介します。
憧れやイメージだけでなく、自分に合う企業を選べるよう、ぜひ参考にしてください。

ベンチャーと大手企業の違い:仕事の進め方編

まずは仕事を進める上で、ベンチャーと大手企業ではどのような違いがあるのか見てみましょう。

ベンチャーの場合

会社の規模が大きい大手企業と異なり、ベンチャー企業では少数精鋭の限られた社員数であることが多いため、一人ひとりの業務の幅も広くなりがちです。
任される業務範囲が広い分、ある程度自分のペースで仕事を進めることができるのはベンチャーの特徴ではないでしょうか。
また、マニュアルなどの決まりごとがないのも創立して間もないベンチャーならでは。そのため、仕事のやり方を自分で考えたり工夫したりする必要があり、自然と効率を考えた働き方が身につくようになります。
一人ひとりの働きが会社の成長や業績アップにつながり、目に見えて自分の仕事の成果が分かるため、責任感や達成感が得られることも多いようです。
こうした働き方によって短期間でスキルや経験を積むことができるため、会社同様、社員の成長にもスピード感があり、一人前の社員として働けるようになるまでが早いといわれています。

大手の場合

一般的に大手の場合は、大人数で1つのプロジェクトを遂行することが多いとされています。
そのため、グループの中で自分がどのような役割を担い、どう立ち回ることがベストなのか、という点を考える必要があるでしょう。
さまざまな人の働き方を見ることができるため、1つのプロジェクトを通して多くを学ぶことができるのではないでしょうか。
その一方で、何か1つの事柄を決めるためにたくさんの人とのやり取りや許可が必要になるなど、自分の意志だけでは仕事が進まないという部分も出てくるようです。
そういった中で働くため、相手の行動や考えを汲み取る力や、コミュニケーション能力が身につくと考えられます。
また、規模の大きなや会社や歴史のある会社では、きちんとしたマニュアルがあったり、先輩や上司から丁寧な指導を受けられたりするケースが多いため、長い時間をかけてしっかりと成長できるといった特徴があるでしょう。
 

 

ベンチャーと大手企業の違い:キャリア編

続いては、仕事の内容からベンチャー、大手それぞれのキャリア形成の違いをみてみましょう。

ベンチャーの場合

会社の成長が早いベンチャー企業では、その業務にもスピード感が求められるため、短いスパンで業務内容や組織の体制が変わることもしばしば。
一見ネガティブにも感じられますが、経営陣に柔軟な姿勢があるからこそできることといえるでしょう。そのため、良い意見があればすぐに改善される場合がありますし、自分の意見が通る可能性も高くなるようです。
また、こうしたスピードのある変化によって、新たな出会いや仕事の手段などを得られる機会が多くなるため、向上心のある人にとっては成長の可能性があり、楽しみながら仕事をできるといったメリットもあります。
一般企業では任せてもらえないような大きな仕事を入社して間もない社員が任されることもあるなど、チャンスの多さも魅力でしょう。
業務量が多くなりハードワークとなることもあるようですが、成果を出せば評価される実力主義の働き方を好む人は、こうしたベンチャーの働き方に多くのメリットを感じるのではないでしょうか。
若いうちに重要なポジションにつける可能性が高いという点が、ベンチャー企業で働く上での大きな特徴といえます。

大手の場合

前項でもお伝えしたとおり、大手企業で働くと大きなプロジェクトに関わるチャンスに恵まれることがあります。
ビジネスの規模も予算も大きな仕事に関わることは、貴重な経験や自信になるでしょう。
また、大手は企業や商品にネームバリューがあるため、取引先や営業先でもスムーズに話が進むといったメリットもあるようです。

そのほか、長期雇用を念頭に入れている大手企業では、研修などがしっかりしていたり、1つの仕事を時間をかけて身につけることができたりといった点があります。
社内でそれぞれに特化した仕事をしているさまざまな部署の人と関わることがあるので、いろいろな価値観を知ることができ、視野を広げて仕事を見られるようになるでしょう。
しかし、時間をかけてスキルを得られるというメリットは、一方でステップアップ、キャリアップに時間がかかるということにもなります。また、大勢の中で働くため、自分の仕事が直接評価されにくいということも、大企業では少なくないようです。
以上のことから、大手でキャリアアップを目指すのであれば、キャリアビジョンを明確にし、それに向かって取り組む必要があるといえるでしょう。
 

ベンチャーと大手企業の違い:組織編

ここでは、ベンチャーと大手企業には、社内の雰囲気や環境面でどのような違いがあるのか見てみましょう。

ベンチャーの場合

ベンチャーは、創業間もない小中規模な企業であり、若い世代で構成されているため、社内の風通しが良いことが多いという点が特徴。社長や経営に関わる幹部との距離も近く、企業によっては直接話しをできるケースもあるなど、会社の運営や仕組み、社長の考え方などを知ることができるというメリットがあります。
また、実力主義であることが多く、上下関係がさほど厳しくなかったり、頑張り次第で若くしての出世も可能になったりということも少なくないようです。
ほかにも、会社が常に挑戦、成長しているベンチャー企業では、ともに働く社員も挑戦意欲や向上心のある人が集まりやすい傾向にあります。そのため常に刺激がある環境で働くことができ、仕事やキャリアアップに対するモチベーションが保ちやすいのではないでしょうか。

大手の場合

大手では産休や育児休暇など福利厚生を充実させ、長く働ける仕組みを整えるなど、職場環境が良い企業が多いという点が特徴です。
また、配属された部署での仕事や人間関係がうまくいかなかった場合は、人事異動などで新たな環境に移ることができる可能性があるのも大きい企業ならではでしょう。
一方で、社員数が多いために競争が激しかったり、意に沿わない転勤があったりという面もあるかもしれません。しかし、1つの仕事を極めたプロフェッショナルとも呼べる人々、いろいろな立場の人々に出会える大企業では、さまざまな考え方やスキルを吸収することでき、将来のキャリアプランを考える上でとても役に立つでしょう。
 

 

中小企業とはどんな違いがある?

日本にある企業のほとんどは中小企業といわれています。大手のような大きな収益がなかったとしても、地域との繫がりが強い企業も多く、その地域でほかに代わりのない事業を展開している企業であればその安定性は高いため、優良企業といわれる企業も存在します。
ベンチャー企業は、創業年数の若い成長途上の企業であるため、企業の規模で考えた場合、中小企業に分類されるケースが多いようです。
しかし、一般の中小企業はベンチャー企業のように常にチャレンジングな事業を行い急成長をしているわけではないので、そういった面や創業年数などで両者を差別化することができるでしょう。
社員数の少ない中小企業では、ベンチャー同様アットホームな環境であることが多いようですが、反面、人間関係がうまくいかなかった場合働きづらくなるケースも。
伝統や社風が重んじられる歴史のある企業もあるため、そのような企業であれば新しいことに挑戦したいと考える人には不向きかもしれません。

▼関連記事
中小企業やスタートアップは違う?ベンチャーの定義とは
 

就活の軸を明確にして企業を選ぼう

ご紹介してきたように、ベンチャーと大手では働き方や環境などさまざまな面で大きな違いがあるようです。
もちろん上記はあくまで一般的な例であり、どのような働き方ができるか、どんなキャリアを積んでいけるかという点は企業によって異なりますので、気になる企業があればその企業についてきちんと調べる必要があります。
また、具体的な仕事内容や社風を知るためにインターンに参加したり、OB・OG訪問をしたりして実際に働く人たちの生の声を聞くことも企業を知るために有効です。

就活をする上で一番大切なことは、就活の軸をはっきりさせること。
就活の軸とは、自分がどんな点を重視して就活を行うかを判断する、就活の基準となる点を指します。
それがないと、イメージだけで魅力的に感じる企業や表面上条件が良く見える企業に応募してしまったり、一貫性のない企業の選び方をしてしまったりして、魅力的な志望動機を作れず、内定が遠のいてしまうかもしれません。
就活を成功させるには、まずは何を基準に就活を進めるのかを決め、しっかりと筋を通す必要があるでしょう。

就活の軸がはっきりしない、ベンチャーで働きたいけど自分に合うか分からないという方は、キャリアチケットにご相談ください。
キャリアチケットでは、業界・規模別のベンチャー特性からあなたに合った企業の選び方をご提案することができます。これまで多数のベンチャー企業とやり取りをしてきた就活アドバイザーが、マンツーマンであなたの就活をサポートします。
 

 

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる! LINE友だち登録をする