「企業選びのポイントは何ですか?」の正しい答え方とは?例文つきで解説

このページのまとめ

  • 企業選びのポイントが明確な人は、自分に合う企業を見極められる
  • 企業選びのポイントの質問意図は、応募者の入社意欲と企業とのマッチ度を確認すること
  • 企業選びのポイントに「待遇」を答えるのは避けたほうが無難
  • 企業選びのポイントを見極めるには、自己分析で自分を理解する必要がある
  • 幅広い業界を調べ、気になる企業をピックアップして選択肢を増やそう

「企業選びのポイントは何ですか?」の正しい答え方とは?例文つきで解説のイメージ

「企業選びのポイントは何ですか?」と聞かれて困った就活生は、多いのではないでしょうか。
なんとなくエントリーしていると、何をポイントに企業を選んだか分からなくなりますよね。
企業選びのポイントは、就活をスムーズに進める鍵です。自分に合う企業を選べるので、内定への近道になるでしょう。このコラムでは、企業選びのポイントの決め方や答え方を詳しく解説します。就活の土台を見直したい方は、ご一読ください。

「企業選びのポイントは?」は面接やES頻出の質問

「企業選びのポイントは?」は、面接やES(エントリーシート)頻出の質問なので、答えをまとめておきましょう。
企業選びのポイントは、就活の方向性を決める大事な軸です。企業選びのポイントが決まっていないと、自分に合わない企業ばかり受け不採用が続く恐れも。
ぶれない軸を作るには、企業選びのポイントを見極め、言語化することが重要です。

 

「企業選びのポイントは何ですか?」の質問の意図は?

企業側は、応募者の企業選びのポイントから下記を確認しています。

入社意欲はあるか

企業側は、応募者の企業選びのポイントから自社への入社意欲をチェックしています。企業選びのポイントがある人は、仕事に対して真剣に考えている可能性が高いです。応募先企業のことも深く理解しているため、仕事への熱意を評価されるでしょう。

自社にマッチする人材か

企業側は、応募者の企業選びのポイントから、自社にマッチする人材か判断しています。企業側のニーズと、応募者の価値観や仕事で実現したいことが合っていれば、入社後に活躍できる可能性が高いです。入社後も職場に早く馴染めるため、早期退職を防ぐ効果もあるでしょう。

▼関連記事
よく聞く「企業選びの軸」とは?決め方のポイント

企業選びのポイントを明確にするメリット

企業選びのポイントを明確にしておくと、下記メリットにつながります。

・自分に合う企業を選べる
・説得力のある志望動機が作れる
・入社後のミスマッチを防げる

企業選びのポイントが明確な人は、効率的に就活できるのが一般的。入社後も仕事にやりがいを感じられるため、長期的に働ける可能性が高いです。

志望企業は幅広い業界から選ぶのがベスト

志望する企業は固定観念で絞らず、幅広い業界から選ぶのがベストです。
特定の業界にこだわりがある人は、あえて関係ない業界も調べるのがおすすめ。たとえ自分に合う企業が見つからなかったとしても、NGな理由を考えれば、企業選びのポイントがさらに明確になるでしょう。

大手だけでなく中小企業も視野に入れる

倍率の高い大手企業ばかり受けていると、せっかく資質や才能があってもなかなか内定を貰えない傾向にあります。
知名度がなくても、自分の希望に合った働き方ができる企業はあるでしょう。まずは企業選びのポイントを見つめ直し、就活の方向性を決めることが重要です。

▼関連記事
就活の軸って何?見つけ方や好印象な回答とは?

 

企業選びのポイントになる主な6項目

多くの就活生は、企業選びのポイントとして共通する項目を挙げる傾向にあります。下記、主な企業選びのポイントを確認しておきましょう。

1.社風

社風とは、従業員が感じる企業の雰囲気や文化、価値観のこと。
社風が合う企業は働きやすいので、その分成果を出せる確率が高まります。社風を調べる際は、企業理念に共感できるか、企業風土が自分の性格に合うか調べるのがポイント。
社風が合う企業を選べば、入社後も安心感を持って仕事に邁進できるでしょう。

2.仕事内容

仕事内容がマッチするかどうかは、入社後のやりがいにつながります。仕事内容でチェックしたい主な項目は、下記のとおりです。

・自分の長所を活かせる仕事か
・自分のやりたいことが実現できるか
・業務内容は幅広いか
・働き方はチームワークか個人プレーか
・仕事の成果がすぐに分かる仕組みがあるか
・会社のビジョンを実現するためのシステムはあるか
・成功と失敗を目に見える形で判断する仕組みはあるか
・成果報酬はあるか
・実績次第で責任ある仕事を任されるか

一般的に、どの企業でも下積みをせずに自分がやりたい仕事ができるわけではありません。知識やスキルを習得するためにも、教育制度が整っているか確認するのも重要です。

3.安定性

長期的に働くには、将来の展望が望める企業を選びましょう。安定性のある企業は、主に下記4種類に分けられます。

・創業年数が長く財務基盤がしっかりしている
・業界や企業が発展途上にあり、業績が伸びている
・革新的な技術があり、業界をリードしている
・ロボット化できない業務で安定した需要が望める

ただし、現在の状況から、未来の安全性を確実に予想できるわけではありません。安定性は重視しつつも、「自分の手で業界や企業を作る」という意気込みも必要でしょう。

4.成長性

やりがいを持って働くには、企業の成長性に注目するのが重要です。
企業が成長すれば新しい仕事も生まれ、仕事の規模も大きくなります。ポストも豊富になるため、若いうちから責任ある仕事や役割を任される可能性が高いです。
ただし、成長性は売上や利益といった過去のデータから必ずしも読み取れるとは限りません。現在の商品やサービスが、今後も社会の中で必要とされるか見極める姿勢が求められます。
「日本企業に期待される役割」をグローバルな視点で考え、成長性が高いと見込んだ企業を選びましょう。

5.社会貢献度

社会貢献度の高い仕事は、やる気と誇りを持って働ける傾向にあります。
自分の仕事が誰の役に立つか分かると、仕事への幸福度も上がるでしょう。企業がどのように社会に貢献しているかは、一社ごとに異なります。
たとえば、環境負荷を減らす取り組みをする企業や、途上国の発展に貢献する企業、社会のインフラを支える企業などです。
「自分が社会にどう貢献したいか」を明確にして、応募する企業を選びましょう。

6.待遇

給与・福利厚生・休暇制度など、待遇はライフスタイルに関わる重要なポイント。昨今では社員のプライベートを尊重し、独自の福利厚生や休暇制度などを設ける企業も増えています。
安定して長く働くには、待遇面で働きやすさをチェックする必要があります。
ただし、「待遇が希望通りでないからNG」など厳しく考えず、あくまでも「自分がやりたいこと」を最優先すると良いでしょう。

待遇を企業選びのポイントに挙げるのはNG

「企業選びのポイントは何ですか?」と聞かれた際に、待遇を答えるのは避けたほうが無難です。
待遇目当てと受け取られるため、面接官に「やる気がない」と判断される恐れが。
どうしても答えたい場合は、「待遇が充実していることで自分がいかに貢献できるか」を具体的に説明しましょう。

企業選びのポイントを決める際に役立つ4つの方法

企業選びのポイントを決めるには、自分と企業について理解を深める必要があります。下記、有効な4つの取り組みを確認しておきましょう。

1.自己分析で自分の志向を明確にする

企業選びのポイントを決めるには、自己分析で自分の志向を明確にする必要があります。
そのためには、過去にモチベーションが上がったこと・下がったことを分析するのがおすすめ。モチベーションが上がる理由を考えることで、自分が好きなことややりたいことが見つかります。自分の志向を軸に企業を選べば、入社後に活躍できる可能性が高いでしょう。

2.業界研究・企業研究で自分に合う企業を探す

企業選びのポイントを見つけるには、業界研究と企業研究がかかせません。
業界研究は世の中にある業界を幅広く調べ、視野を広げるのがおすすめ。自分のやりたいことが、今まで興味のなかった業界で実現できる可能性は高いです。
業界を絞ったら所属する企業を調べ、自分の志向に合う企業を選んでおきましょう。企業を選別する際は、「良かった点」「気になる点」をそれぞれ考え、企業選びのポイントを明確にしてください。

3.インターンシップで仕事における価値観を見つける

インターンシップで実務を体験し、仕事における価値観を見つけるのも効果的。
インターンシップは志望業界や企業が決まっていなくても参加できるので、就活生にとってメリットが大きいです。実際に働くことで、業界や企業との相性を判断できます。
相性が良ければ同じ業界を中心に、悪ければほかの業界を視野に入れられるので、企業選びのポイントを強化できるでしょう。

4.OB・OG訪問で企業について理解を深める

OB・OG訪問で社会人の先輩に話を聞き、企業について理解を深めるのも有効な方法。実際に働く先輩に話を聞くことで、業界や企業、仕事内容など気になることを質問できます。具体的な働き方をイメージできるため、企業選びのポイントを決める際に役立つでしょう。
先輩の企業選びのポイントや、就活の進め方について話を聞くのもおすすめです。

▼関連記事
会社選びの軸を決めよう!就活を有利に進めるためのコツ

 

企業選びのポイントを答える際の3ステップ

企業選びのポイントは、下記3ステップを押さえて分かりやすく説明しましょう。

1.結論

最初に「私の企業選びのポイントは〇〇です」と結論から答えます。結論から始めることで要点が分かりやすくなるからです。

2.根拠

根拠となる実体験を説明し、説得力を出します。過去の成功体験や失敗体験を伝え、企業選びのポイントの背景を説明しましょう。

3.企業との共通点

企業選びのポイントを、応募先企業がどう満たしているか合致点を説明します。
合致点を明確にすることで、「それならうちを受けるのも当然だ」と企業側に納得してもらえるでしょう。

3つの理由別!「企業選びのポイントは何ですか?」の回答例

1.例文:社風

私の企業選びのポイントは、「チャレンジできる環境かどうか」です。
大学では演劇部に所属し、「進化する舞台」をモットーに脚本・演出を担当しています。お客様に喜んでもらうには、既存のスタイルにこだわらず、変化させる姿勢が必要です。公演ごとに客層や反応を振り返り、役者と意見を交わすことを心がけています。話し合いをもとに公演ごとにセリフや演出を変え、積極的にアドリブも受け入れます。
結果として、口コミのお客様が増え乗員数が伸び、立ち見が出るまでになりました。
この経験から、仕事においても固定観念に捉われず、挑戦し続けたいと思うようになりました。貴社の説明会に参加した際、「変化を恐れない人材を求めている」とお聞きしたことは、就活のポイントを見極めるきっかけになりました。
手段を限定せずゴールを目指す企業であれば、摩擦を恐れず対話する力を発揮できると考えています。

2.例文:社会貢献

私の企業選びのポイントは、「環境保全に貢献できるかどうか」です。
高校生の頃から自然環境保護に興味があり、大学ではボランティアサークルに所属しています。
サークル活動では地元の山が荒廃するのを防ぐため、市に掛け合って森林整備を行いました。結果として荒れていた山に道ができ、子どもたちの遠足スポットに選ばれるまでになりました。夏休みには、間伐材を使ったワークショップを企画し、子どもたちとアイデアを出し合いコースターやランプシェードを製作したことが楽しい思い出です。
この経験から、新しいアイデアで環境保全に取り組み、若い世代に関心を持ってほしいと思うようになりました。
貴社は、商品の多くを廃材から作っており、「手入れをしながら長く使うこと」を提唱しています。
環境への取り組みでリードしている企業において、新しいアプローチでこれまでにないサービスを提案していきたいです。

3.例文:成長性

私の企業選びの軸は、「世の中が変わっても、社会に必要とされる仕事」かどうかです。
大学1年次には地元の川が氾濫し、自宅が床上浸水したため家族で避難所に避難しました。当たり前の日常が崩れるなか、不安を解消してくれたのが日本の防災用品です。
お湯や器不要で食べられるレトルト食品や、手回しで充電できる充電器があることで、避難時でありながら日常を取り戻せました。
この経験から学んだことは、どんなに世の中が便利になっても、危機的状況からは逃げられないということです。そのためにも、救助を待つ前に自力で生活する知恵やアイテムが、世界規模で求められると思います。
貴社は、人々のニーズにあった防災グッズを展開し、時代に合わせて進化し続けています。安心と安全という普遍的なニーズに応える企業において、多くの人の心を支えるため活躍していきたいです。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる! LINE友だち登録をする