就活での企業選び…成功のポイントとは?

このページのまとめ

  • 社風や待遇、将来性などを基準に、自分の価値観に合った企業を探そう
  • 自己分析と企業研究などをしっかり行い、企業への理解を深めよう
  • 自分の希望がなかなか見えてこないときは、エージェントを活用しよう

就活をする上で、自分に合った企業選びは重要な要素といえます。
本コラムでは、企業選びの基準や失敗しないコツを詳しく解説していきます。

企業選びの基準

就職活動において、企業選びは重要なプロセスの一つとなります。
せっかく自己PRや面接対策などを完璧にしていても、選んだ企業が自分に合っていなければ意味がありません。
下記を参照し、企業選びで何を重視しているかを見つめ直しましょう。

社風

一般的には、その会社が持つ雰囲気や文化、価値観などを総括したものを社風としています。
社風が合わないと、最悪の場合は早期退職につながってしまうことも。
志望している企業の社風を自分の理想や価値観、仕事へのスタンスと照らし合わせ、そこで長く働いていけそうかじっくり考えてみることも大切です。

やりたい仕事ができるかどうか

自分の希望と噛み合った仕事ができるかどうかで、社会人生活が左右されるといっても過言ではありません。
ただし、どの企業でも下積みをせずに自分がやりたい仕事ができるというわけではないので、そのための知識やスキルを身につけられる環境が整っているかどうかを見るようにしましょう。

待遇

給与、福利厚生、休日など、待遇は自分のライフスタイルに関わってくる重要な部分といえるでしょう。
昨今では社員のプライベートを尊重し、独自の福利厚生や休暇制度などを設けている企業が増えてきているようです。
もちろん仕事にしっかり取り組むことは大事ですが、それだけでは心身ともに参ってしまいます。
自分の時間も大切にしたいという方は、待遇面もしっかりチェックしておきましょう。

企業の将来性、安定性

安定していない・将来の展望が望めない企業は避けましょう。
安定性のない企業を選んでしまうと、コストカット、給与未払い、人員削減など、いずれ何らかのしわ寄せを受けることになるかもしれません。
会社を選ぶ際は、安定しているか・将来性があるかどうかも見極めましょう。

失敗しない企業選びをするには

自己分析

仕事をする上で自分が何を求めているか、将来どうなりたいかなど、自分の希望や価値観とじっくり向き合いましょう。
自己分析をしっかりと行うことで、自ずとどういった企業で働きたいかが見えてくるはずです。

企業研究

失敗しない企業選びには、やはり企業研究は欠かせません。
取り扱っている業種や業務内容はもちろん、福利厚生や社風についても詳しく調べ、自分の希望にマッチした企業を見つけましょう。

大手企業にこだわらない

広告やテレビなどでよく見かけるような大手企業は、それだけ競争率も高くなります。
倍率の高い大手企業にばかりこだわっていると、せっかく資質や才能を持っていても就職先がなかなか決まりません。
知名度がなくても職場環境や待遇が良い企業はありますので、そういった企業も視野に入れて探しましょう。

OB、OG訪問をする

企業を選ぶにあたり、実際に働いている先輩に話を聞くのも有効な手段です。
詳しい業務内容や、やりがい、苦労など、生の声を聞くことでより企業への理解が深まるかもしれません。

エージェントを活用しよう

企業選びについて紹介しましたが、いかがでしょうか。
仕事は自分の生活に深く関わってくることですから、できるだけ自分に合った快適に働ける企業を見つけましょう。
もし、自分のやりたいことがなかなか見えてこないという場合は、就職エージェントを活用するのも一つの手です。
キャリアチケットでは、プロのアドバイザーがあなたにマッチした企業探しをお手伝いします。
自己分析や面接対策など、第三者の目線を交えて行うため、自分だけではわからなかった強みや長所の発見に繋がることも。
一人だけでは心細い、企業探しが上手くいかないという方は、ぜひキャリアチケットまでご相談ください。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!