就職するなら大手企業?メリットとデメリットについて解説

このページのまとめ

  • 大手企業の定義は特に決まっていないが、規模が大きく業界内の知名度が高い会社をそう呼ぶ傾向にある
  • 大手企業のメリットとしては、社会的信用度や安定性の高さが挙げられる
  • 一方で、アイディアを実現させにくかったり、一人前になるのに時間がかかったりといったデメリットも
  • 会社選びにあたって大切になるのは、自分なりの価値観と判断基準を持って企業の長所を見出すこと

応募先を検討するにあたり、大手企業を視野に入れている就活生の方は多いのではないでしょうか。中には事業スケールの大きさや福利厚生が充実していそうなイメージから、漠然とした憧れを抱いている人もいるかもしれません。
本コラムでは、大手企業のメリットとデメリットを紹介した上で、会社選びにあたって大切にしたい考え方をお伝えします。「大手企業は魅力的に見えるけれど、知名度や待遇で会社を選んで良いのかどうか不安…」という方は、ぜひ参考にしてみてください。

そもそも大手企業とは

「大手企業」という言い回しは日常的に耳にするものの、この言葉自体に明確な定義はないとされています。各業界で上位シェアを獲得している企業、あるいは規模が大きく知名度も高い会社を指していわれることが多いようです。
大手企業とよく似た言葉には、「大企業」があります。こちらもはっきりとした規定はないとされますが、中小企業の資本金・従業員数を上回る事業所のことをそう呼ぶのが一般的です。
 

 

大手企業に就職するメリット

昔から大手企業を志望する就活生は大勢いますが、憧れる理由にはどのようなものがあるのでしょうか。ここでは、大手企業のメリットを見ていきます。

社会的信用度が高い

大手企業の社員であれば身元が確かであるとみなされ、ビジネス面ではもちろん、住宅ローンを組む時のようなプライベートな場面でも信頼されやすいという利点があります。別の会社に転職する際も、大手企業での勤務経験が「箔がついている」として応募先に評価されることもあるようです。

安定性がある

業績が悪化したとしても、即座に倒産するケースが少ないという点が大手企業の強みです。大手企業の社会的信用度の高さは、この安定性に由来していると考えられます。大手企業にも当然ながら倒産リスクはありますが、中小企業や個人事業主との比較の上では安定性が高いといえるでしょう。

ネームバリュー

ネームバリューも大手企業ならではの魅力です。法人をターゲットとする企業以外であれば、社名を出すことで何をしている会社なのかすぐに把握してもらうことができるでしょう。自分の勤め先を知っている人がたくさんいることは仕事へのやりがいにつながり、働き続けていくための強い動機となることもあります。

教育体制が整っている

新入社員の教育に力を入れている所が比較的多いのが大手企業の特長です。入社数年目の人や肩書がついた社員に対しても、それぞれの立場に応じた研修が適宜実施される場合もあります。会社の制度の下でスキルアップしながら、着実にキャリアを積み上げていけるのがポイントです。

福利厚生が充実している

福利厚生が充実しているのも大手企業の特色の1つです。社会保険のような基本的な制度はもちろんのこと、社宅完備や資格取得支援、ストックオプションといったバラエティ豊かな福利厚生を用意している企業もあります。こうした福利厚生を有効に活用すれば、安心感を持って長期的に働き続けることができそうです。

仕事の規模が大きい

大手企業の中には世界中に拠点を持ち、多数の国の人たちとやりとりするのが日常になっている所があります。たくさんの国や人を巻き込むスケールの大きなビジネスに関わることは、自分自身の視野や能力の幅を広げることにつながるでしょう。また、豊かな人脈に恵まれやすい環境であるともいえそうです。

▼関連記事
大手だからいいワケではない!あなたの就活の正解とは?
 

大手企業に就職するデメリット

大手企業には魅力的な面もあれば、そうでない部分もあります。この項目ではデメリットを確認し、偏りのない視点で大手企業を見られるようにしましょう。

転勤がある

すでに述べた通り、大手には全国に拠点を置く企業がたくさんあります。国内に留まらず、海外にも支社を複数擁している会社もあるでしょう。このような企業では勤務地を自由に選びにくく、突然数か月後の異動を命じられることがあります。1カ所で腰を据えて働きたいと考えている方にはデメリットとなる点です。

アイディアを実現しにくい

大手企業に所属することには、組織の中の小さな歯車となって働くという側面があります。常に希望する仕事が与えられるとは限らず、指定された業務遂行に終始する働き方になる可能性も。そうした環境では、自分のアイディアがいかに優れていても、それを直接事業に活かせる機会は少なくなります。

自立に時間がかかる

教育制度が整っている大手企業が比較的多いというのはメリットの項目で述べた通りですが、人材育成はコストとともに手間もかかるのが特徴です。言い換えれば、社員が一人前になるのに時間がかかるということでもあります。年数をかけずにステップアップしていきたい方には向いていないかもしれません。

出世が遅くなる

大手企業は社員数が多いために社内での競争が激しく、若いうちに大手企業の部長や取締役に就任するのは難しいと考えられます。努力をして出した実績も組織の成果とみなされ、すぐに個人の待遇に反映されるとは限らない点もデメリットです。

意思決定が遅め

案件を進める上で大勢の承認を得るプロセスを経なければならないことも、大手企業のデメリットの1つです。とりわけ保守的な体質の大手企業では、事の大小を問わずミスを防ぐために意思決定に時間をかける傾向があります。こうしたやり方は時に、取引先やクライアントに「この会社は仕事が遅い」と感じさせてしまう要因となるようです。

▼関連記事
大企業に就職すれば安心!と考える前に知ってほしいこと
 

 

結局、大手企業に就職した方が良いのか?

大手企業のメリットデメリットを踏まえた上で、最後に会社を選ぶにあたって念頭に置いておきたい考え方をお伝えします。

大手・中小それぞれに魅力がある

世間で言われている優良企業=大手であると思っている人は多いのかもしれません。しかし、本当にそうでしょうか。大手企業にはデメリットもあり、入社してから自分とは合わなかったと感じる方もいます。また、その企業全体の評判は良くても、部署によっては雰囲気が異なる場合もあるかもしれません。

大手ではない中小企業にも、ユニークな事業や取り組みで注目を集める会社はあるということを覚えておきましょう。個人の裁量が大きい中小企業は、若いうちに豊かな経験を積んで成長していきたいと思っている方に向いている可能性もあります。
大手か中小かといった括りとは関係なく、業界内での重要性や顧客からの信頼度、働きやすい社内制度の整備など、さまざまな面で総合的に優れている会社こそ優良企業であるといえるのではないでしょうか。

会社選びで大切なこと

応募する企業を選ぶ時に大切になるのは、自分自身のキャリアプランと、その実現につながる仕事ができる会社かどうかを考えること。そして、自分なりの価値観と判断基準を持って企業の長所を見ることです。世間的な知名度やイメージに捉われずに企業の特色を客観視することが、あなたにぴったりの職場と出会うために必要な姿勢であるといえます。

▼関連記事
ベンチャーと大手、自分に合う企業はどっち?

新卒生向け就活支援サービス「キャリアチケット」では、マンツーマンのカウンセリングで個々の強みを発見。170社以上の優良企業の中から、あなたの希望や価値観にマッチしそうな会社を数社紹介します。どのような企業が自分に向いているのかがわからないとお悩みの就活生、検討中の会社以外にも良い所があるかもしれないとお考えの方はぜひお気軽にご相談ください。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる! LINE友だち登録をする